停職って?

On 2015/5/7 木曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

ちょっと前に

こんな報道がありました。

どこがどう「倫理的な問題」なのか詳細が解らないのですが以前にも停職処分を二人とも受けていたのですね。

調べると公務員なら「停職」だと給与が支払われないようです。北海道大学ではどうなのでしょうか?

また実際には停職中って研究室にも出入りできないのでしょうか?

 

しっかりと研究活動を行っていても任期に阻まれる場合もあるのに一度正式に採用されるとその地位は強いのですね。

ある意味感心します。

IMG_5681


研修医への推薦図書

毎年研修医の先生が麻酔研修をするときに読んでおいた方がよいと思う本を推薦しています。

ワニコ書店に行ってもなにか雑然と本が積んであるだけで要するにどれが一押しなのかの情報が全くありません。-あそこももう少し何とかなりませんかね-

というわけで何冊か推薦します。 去年と一昨年の研修医の皆さんに推薦したものとほとんど同じですが今年は絞り込みました。

まず

麻酔科臨床の書

日本語で書かれた麻酔の本の最高峰です。英語で書かれた本でもこれを凌駕するものは無いと断言できますので世界最高峰ということになりますね。 なので読んでください。これだけ絶賛してもこの本を持っている人が増えないのは七不思議です。というかぼくのいうことが全く信用されていないと云うことなのもしれません。

 

ウエスト呼吸生理学入門:正常肺編」または 「人工呼吸に活かす! 呼吸生理がわかる、好きになる〜臨床現場でのモヤモヤも解決!

どっちを読んでも同じだと思いますがどちらかは読んでください。

後者はぼくの学生講義でも参照しています。

妙な呼吸管理の本を読む前にまずどちらかを読みこなして呼吸生理の基礎知識をしっかり身につけてください。 

酸素化が悪い患者さんがいたとしてPEEPを掛ける前に考える事がいくつもあることが解ります。

ウエストさんの本は翻訳です。読んだ事がありますが全く日本語にはまったく問題が無いと思いました。

“Respiratory Physiology: The Essentials “ がオリジナル。版も新しいです。

 

臨床にダイレクトにつながる 循環生理〜たったこれだけで、驚くほどわかる!

この本に書いてある以上の蘊蓄を身につけても実際には役に立たないのではという位の良書。

こちらの原書は” Cardiovascular Physiology Concepts

実はぼくは翻訳は読んだ事がありませんが多分大丈夫と思います。英語の勉強をするのが目的ではないと思いますので好きな方をどうぞ。

 

この4冊を理解していればそうそう困ることはないと思いますというかこの4冊の内容を理解し活用できなければ、麻酔の医者として独り立ちはできませんし医者としてやっていくのも困難が伴うと思います。

それではgood luck !!

 

自分のフォトストリーム-192

 [追記]

 ぼくが研修医の皆さんに「教えられることは」以上の本に書いてある程度です。それ以上をぼくに期待されても困ります


PDF
Tagged with:  

推薦図書 10冊

On 2015/4/9 木曜日, in book, books, Lifehacking, by bodyhacker

四月から研究生活に入るみなさんが読んだらよいと思う10冊を推薦します。
昨年にもほぼ同じラインナップでエントリー書いています。

これら10冊は、ぼくの場合、本棚のアクセスしやすい場所においてあり年に一回は何らかの形で眼を通すぼくにとっての「座右の書」です。

新書、文庫本を優先的に選びました。値段が安いし通読するのが容易だと思うからです。一度は隅から隅まで眼を通すことが重要です。

 

イシューからはじめよ

安宅和人さんの2010年出版の本です。

四の五と言わず黙って読んでください。

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

 

 

日本語作文術

「文」から「段落」そして段落の組み立てである「論証」へと流れていく過程が丁寧に解説してあります。

日本語作文術 (中公新書)

 

 

発表の技法

諏訪邦夫先生の1995年出版のブルーバックス。

人前で話すのは得意ではありませんが学校の教員ですのでいろんな機会にいろんな聴衆に向けて話すことがあります。以前に紹介したことがありました。

基本的にこの本の教えを踏襲しています。20年経ってもまったく内容は現代的です。
本は絶版ですが、Kindle版はあるようです。

発表の技法―計画の立て方からパソコン利用法まで (ブルーバックス)

 

 

数学文章作法 基礎編

数学文章作法 推敲編

タイトルは「数学」とありますが、全ての理科系の文章に当てはまると思います。
基礎編」は以前に紹介しました。

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫)
数学文章作法 推敲編 (ちくま学芸文庫)

 

 

科学者という仕事

認知脳科学者の酒井邦嘉さんの2006年出版の新書です。

研究というものを考えるのに役立つ一冊です。

科学者という仕事―独創性はどのように生まれるか (中公新書 (1843))

 

 

医学と仮説

岡山大学の津田俊秀さん一連の著作の中で一番中立でためになると思っている一冊です。

医学と仮説――原因と結果の科学を考える (岩波科学ライブラリー)

 

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義

it worksという感じの一冊。これも新書です。以前に紹介しました。

参照

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

 

 

科学的方法とは何か

1986年出版の中公新書です。
以前に紹介しました。

内容はいまだ全く色あせていません。

(参照)

科学的方法とは何か (中公新書)

 

 

小林秀雄全作品〈26〉信ずることと知ること

リケジョでもそうでない人も是非一度は読んでください。

参照

小林秀雄全作品〈26〉信ずることと知ること
これも以前に紹介しました。

 

 

医科学者のための知的活動の技法

これも諏訪本です。これも以前に紹介しています。

NewImage

 



PDF
Tagged with:  

10冊の推薦図書

On 2014/2/24 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

学生さんの実習もレポート提出までこぎ着けて一応の区切りがつきました。

お疲れ様でした。


「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」というテレビ番組(NKH Eテレ)を土曜日の夜偶然に観ました。

評論家の古市憲寿さん(1985年生まれ)とNHKの青井実アナウンサー(1985年生まれ)の司会の座談会形式の番組です。

今回は「今 読者はどこに? 2014編集者の挑戦」ということで出版界で活躍中の4人の「編集者」がゲストとして登場していろいろと語るという趣向でした。

皆さん1980年前半生まれでぼくからしたら一廻り以上離れている人たちです。

キャッチコピーも「1970年以降生まれ以外「立ち入り禁止」の新鮮なスタジオで、新世代がジレンマを解く!」とあってぼくなんて観てもいいのかという雰囲気な番組です。

皆さんすごい。こういう業界でもどこでも30歳そこそこですでにノーベル賞候補じゃなくて業界では知る人ぞ知るという存在の人たちはいるのですね。

ぼっとして聞いていましたが録画もしたので後で観直してみよと思いました。

偶然観たと書きましたが「94歳の荒凡夫(あらぼんぷ)?〜俳人・金子兜太の気骨〜」の続きで観たのです。 こっちもすごかった。「兜太」って本名なんだそうです。


二月も終わりもうすぐ四月です。

四月から研究生活に入るみなさんが読んだらよいと思う10冊を推薦します。

この10冊は、本棚の直ぐにアクセスできる場所においてあり年に一回は何らかの形で眼をとおすぼくにとっての座右の書です。

新書を優先的に選びました。値段が安いし通読するのが容易だと思うからです。

今年高校を卒業して医学部で学び始める人にはすこし難しいかも知れません。けれど最初の三冊は熟読してもらいたいと思います。

 

イシューからはじめよ

安宅和人さんの2010年出版の本です。

四の五と言わず黙って読んでください。

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

 

 

日本語作文術

「文」から「段落」そして段落の組み立てである「論証」へと丁寧に解説してあります。

日本語作文術 (中公新書)

 

 

発表の技法

諏訪邦夫先生の1995年出版のブルーバックス。

人前で話すのは得意ではありませんが学校の教員ですのでいろんな機会にいろんな聴衆に向けて話すことがあります。

基本的にこの本の教えを踏襲しています。

発表の技法―計画の立て方からパソコン利用法まで (ブルーバックス)

 

 

暇と退屈の倫理学

國分功一郎さんの2011年出版の本です。

以前に紹介したことがあります。 (参照)

暇と退屈の倫理学

 

 

科学者という仕事

認知脳科学者の堺邦嘉さんの2006年出版の新書です。

研究というものを考えるのに役立つ一冊です。

科学者という仕事―独創性はどのように生まれるか (中公新書 (1843))

 

 

医学と仮説

最近いろいろと大変な岡山大学の津田俊秀さん一連の著作の中で一番中立でためになると思っている一冊です。

医学と仮説――原因と結果の科学を考える (岩波科学ライブラリー)

 

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義

it worksという感じの一冊。これも新書です。

参照

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

 

 

科学的方法とは何か

1986年出版の中公新書です。

いまだ全く色あせていません。

(参照)

科学的方法とは何か (中公新書)

 

 

小林秀雄全作品〈26〉信ずることと知ること

リケジョでもそうでない人も是非一度は読んでください。

参照

小林秀雄全作品〈26〉信ずることと知ること

 

 

医科学者のための知的活動の技法

NewImage

 


某ノーベル賞級発見、遂に週刊誌ネタになりました。

以前実験結果の再現性についてぼくの考えを書いたエントリーがありました。(参照

今でも考えは変わっていません。

自分の研究室で質的な再現が取れるなら堂々としてるしかないと思っています。


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License