台風で家にいます

On 2014/8/10 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

台風です。

関西では金曜日の夜から降り始めて土曜日の午前は大雨になっていました。 土曜日のお昼過ぎに突然晴れ上がりここだとばかり買い出しに出かけました。 途中猪名川の川縁を走るのですがこんな感じになっていました。

自分のフォトストリーム-503

あのくらいの雨でここまで増水するのですから四国はどんなになっているのでしょうか

という訳で、久しぶりに週末に家にいます。子どもが模試の監督にいくというので石橋まで出かけましたが結局模試は中止となったそうです。でも監督者の出欠をとっていて○をすると半日分と交通費がもらえるのだそうです。

本やら録画したテレビ番組やらを消化していました。

自分のフォトストリーム-505

NHKのEテレで 「戦後史証言プロジェクト」の一環で「日本人は何を目指してきたか」というサブシリーズが7月の上旬から放送されていました。

今回は

  • 第1回 湯川秀樹と武谷三男
  • 第2回 鶴見俊輔と「思想の科学」
  • 第3回 丸山眞男と政治学者たち
  • 第4回 司馬遼太郎

で一応完結ですがこの後4回の放送が予定されているそうです。

この番組を見て日本人は第二次世界大戦から以降何か学んだことがあったのかと少し暗い気持ちになりました。今日的な問題と思っていたものの多くは少なくとも第二次世界大戦後も何度も繰り返された問題だったのです。

ここで取り上げられている思想家とくに鶴見俊輔、丸山眞男は熱烈な信奉者がいると同時に苛烈な批判を加える人もいます。

丸山眞男は鶴見俊輔を批判したし、丸山眞男は全共闘運動への立ち位置から多くの批判を浴びました。 このような事実も番組で取り上げられていました。特に丸山眞男は「ここまでいわれますか」というくらいだったと思います。当然と言えば当然とも思いますがテレビでやられるとちょっとびっくりします。

特に丸山眞男の息子さんの証言は丸山の人間としての立ち位置を象徴するような貴重な証言だったと思います。

 

今回のシリーズ決定的な人物が欠けていました。 吉本隆明です。 おそらく次のシリーズには取り上げられると思います。

現在晶文社から全38巻の予定で全集が刊行されています。 特別のサイトもあって推薦の言葉が掲載さています。 読んで感動しました。

 

「才覚と機転」」というタイトルで鶴見俊輔が推薦文を書いています。

ネットで公開されているものですから鶴見俊輔の部分を全部引用してみます。

戦時下の体験を戦後もしっかりと持ち続ける。そこに吉本隆明の特色と力強さがあった。 戦後まもなく、学生だった吉本が「春の枯葉」の上演許可を求めて太宰治に会いに行ったのも、彼が太宰の中に同質のものを読み取っていたからだろう。自宅には不在で、教えられた行きつけの飲み屋に行くと、果たして太宰が居た。そこで上演許可をもらい、しばらく雑談をした。 戦時中に太宰の作品に出会い、その世界に引き込まれた私もまた、吉本と同じ頃、講演の依頼で二度ほど太宰のもとを訪れた。あいにく二度とも留守だったため、私はあきらめて帰った。運不運もあるが、その場で吉本のような才覚と機転を、私は持っていなかった。 吉本は自分の立つ場所というものを、当時からすでにしっかりと持っていた。太宰との出会いも、その中から生まれたものだったろう。

実際これはあります。 研究も結局は出会いだと思います。 そこに「才覚と機転」を見いだすのは評価する側の審美眼の問題だと思います。 大抵はそうはならずにはじめから関わっていた人は「運が良かった」程度にあしらわれて、はじめから自分たちがやってきたような顔をするエラい人がほとんどですけど。

人間的な、あまりに人間的な」というタイトルの見城徹氏の文章は特に感銘を受けました。 ぼくも「転位のための十篇」は時々読み返します。

吉本隆明も「擬制の終焉」で大々的な丸山眞男批判をしていました。晩年は「不謬ならざる法皇」ともいわれた事もあるはずで思想が同時代性を保つことの難しさを教えてくれます。

しかし、その吉本隆明もレトロスペクティブには間違っていたところもあります。

でも「彼は戦後の反体制運動のなかで扇動者の役割を果たしたり時局発言をしたりしたが、また大衆消費社会に迎合したとも言われたが、そしてオウム事件の時には麻原彰晃を擁護したり反原発運動に対立したりというフライングを犯したりもしたが、そういうふるまいの瑕疵はかれの業績を傷つけない」という指摘は正しいと思います。

擬制の終焉」の『「私」的利害』の問題などぼくの中でまったく克服できていない問題です。

「医療」にはヒューマニズムの実現という側面がありそこを強調する意見も根強くありますが「医療人」とても職業人です。おなじ事が科学にもいえます。「科学」には真理の探究という側面がありますが「科学者」は現在では職業人です。これが現時点での科学の孕む問題の多くの根源だと個人的には思っています。

 

実は吉本隆明の講演を録音したものが出ています。 ぼくは持っています。 iPhoneにいれてあるので時々電車で聞き直します。 すごいよ。

 

鶴見俊輔の番組の彼の言葉を紹介します。

真理は間違いから、逆にその方向を指定できる。こういう間違いを自分がした。その記憶が自分の中にはっきりある。こういう間違いがあって、こういう間違いがある。いまも間違いがあるだろう。その間違いは、いままでの間違い方からいってどういうものだろうかと推し量る。ゆっくり考えていけば、それがある方向を指している。それが真理の方向になる。

この部分は本になって出版されていますが本人があの真剣さで話すとすごい説得力でした。 (参照: 日本人は何を捨ててきたのか: 思想家・鶴見俊輔の肉声)

真理は方向性だ」という指摘は重要です。これをネタにして今度どこかで話し見たいと思いますが注文があるかどうかはわかりません。

敬称は省きました。

カメラロール-3333

金曜日の夜から本を何冊か読みました。

「絶対に受けたくない無駄な医療」もその一冊でした。

米国で展開されているChoosing Wiselyキャンペーンの内容を部分的に日本語でまとめて解説を加えたものです。

一般の人が読んでも今ひとつわかりにくいかも知れません。これだけを患者さんとその家族が読んでも混乱します。

費用対効果が低いという事と治療としての効果が無いとか低いという問題は不可分にむすびついていて取り分けて考える事ができにくい場合もあります。 本書でも書いてありますが医療制度の違いの問題もあります。

日本では患者の自己負担の割合が少ないのでCT検査も「しない」で済んだと思うより「してもらって安心」したいと思う人がほとんどだと思います。 医療行為のゴールをどこに設定するか、つまり疾患の治療に設定するのか患者の満足または幸せと設定するのかで医療従事者の行動は変わってきます。 ぼくは麻酔をする医者なのですが外科系の医者が手術すると言ってきた場合多くの場合適応を議論しません。言われたままに麻酔をする程度には「意識の低い」医者です。

そのような麻酔科医も米国ではChoosing Wiselyに参加していています。

以下の5項目がASA(american-society-of-anesthesiologists)の提案です。

  • 1 Don’t obtain baseline laboratory studies in patients without significant systemic disease (ASA I or II) undergoing low-risk surgery – specifically complete blood count, basic or comprehensive metabolic panel, coagulation studies when blood loss (or fluid shifts) is/are expected to be minimal.
  • 2 Don’t obtain baseline diagnostic cardiac testing (trans-thoracic/ esophageal echocardiography – TTE/TEE) or cardiac stress testing in asymptomatic stable patients with known cardiac disease (e.g., CAD, valvular disease) undergoing low or moderate risk non-cardiac surgery.
  • 3 Don’t use pulmonary artery catheters (PACs) routinely for cardiac surgery in patients with a low risk of hemodynamic complications (especially with the concomitant use of alternative diagnostic tools (e.g., TEE).
  • 4 Don’t administer packed red blood cells (PRBCs) in a young healthy patient without ongoing blood loss and hemoglobin of ≥ 6 g/dL unless symptomatic or hemodynamically unstable.
  • 5 Don’t routinely administer colloid (dextrans, hydroxylethyl starches, albumin) for volume resuscitation without appropriate indications.

日本では「普通の意識の高さ」の麻酔科医にでもほとんど考慮されていないのが現実ですね。というかこれを実践しようとしたら「変わり者」だと呼ばれると思います。

 

米国にAmerican College of Cardiology、American Heart Associationという組織があってこんなガイドラインを出しています。

2014 ACC/AHA Guideline on Perioperative Cardiovascular Evaluation and Management of Patients Undergoing Noncardiac Surgery: A Report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines

「特に意識の高くない」麻酔科医でも一応熟読して完全に理解しているだろうというガイドラインです。

今回改定されました。

ちょっと気になったのはAngiotensin II receptor blocker, Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitorsの扱いです。これらの薬剤は「継続」すべきという勧告となっていました。

 

麻酔に関する部分を読んでちょっと暗い気持ちになりました。 少なくと周術期の心血管イベントの防止に麻酔ができる事はすごく限定的だという研究結果が淡々と述べられているのです。


PDF
Tagged with:  

On 2013/1/14 月曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

ずっと風邪気味でした。やっと呼吸器系がwetになって最終段階と思っていたところ「居間から出て行け」という指令でずっと蒲団の中でKindleで本を読んでいました。バックライトもついていてPaperwhiteは便利です。

iPadは重いしまた光が強すぎて長時間の読書をする目的には余り適していません。mail,twitterなどのサービスにもアクセスしやすく読書に集中する目的には適していないという側面もあります。

 

雪の思い出 in Baltimore

首都圏は大雪だそうです。

北摂は大雨でしたがその雨も止みました。太陽が出ています。窓を通して陽が差し込んできて結構暖かくなっています。

雲が流れて六甲山麓がかいま見えたのですが冠雪していました。これは珍しいです。

カメラロール-2350

 

京都は年に数回雪が降りすこしまとまって降ると東山が真っ白になります。いろんな京都の風景の中でも最も美しいものの一つだと思います。

徒然草に以下のようにあります。

雪のおもしろう降りたりし朝(あした)、人のがり言ふべき事ありて、文をやるとて、雪のこと何とも言はざりし返事に、「この雪いかが見ると一筆のたまはせぬほどの、ひがひがしからん人の仰せらるる事、聞き入るべきかは。返す返す口をしき御心なり」と言ひたりしこそ、をかしかりしか。今は亡き人なれば、かばかりのことも忘れがたし。

枕草子には

雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子まゐりて、炭櫃に火おこして、 物語などして集まり候ふに、 「少納言よ、香炉峰の雪いかならん」と仰せらるれば、 御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせ給ふ。 人々も「さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそよらざりつれ。 なほこの宮の人にはさべきなめり」と言ふ。

とありますのでぼくも何か雪について書いてみます。

10年以上前に米国ボルチモア市に住んでいたときの事です。ボルチモアは京都に似た気候で冬は雪が結構降って積もっていました。ある程度まとまって降ると公立学校や病院までが簡単に”close”となります。テレビを見ているとテロップで-Johns Hopkins University Hospital Close-とか出るわけです。これは患者さんへのメッセージであると共に職員へのメッセージも兼ねています。つまりシャトルバスのサービスなども止めますということです。これにより通常の方法で研究室に行くことはできなくなります。 ーここら辺の思い切りの良さには感心しました。雪の朝に30cmの積雪をおして病院に来る必要はないと思います。日本でこんなことになれば非難囂々だと思います。ー

降っている雪の量としては雪国育ちのぼくにとっては大した事もないし研究室に出ます。light railやMetroなど鉄道が動いていることを確認して出発です。light railの駅まで歩き市内でMetroに乗り換えるとか,Metroの駅まで東西に自動車で移動してMetroを使うなどいくつかの方法を試してみました。雪の時のボルチモアを見ることができて新鮮な体験です。

Metroの終点が病院の地下ですので便利です。ー病院の真下に地下鉄の駅があるなんてすごいですよね。さすがにボルチモアの最大産業です。ーlight railの駅までアパートからは普段は徒歩20分くらいの距離ですが雪なのですこし時間はかかります。そうすると途中何度も自動車の運転手から声を掛けられるのです。要するに「あんた大丈夫?」という事です。日本でこんなこといわれた経験はありません。一回は行為に甘えて乗せてもらったことがあります。

米国の田舎の人たちはいい人ばっかりです。

もちろん研究室には誰もいません。雪が降っている日に研究室に出て実験をする人は当時の某GLS件では皆無でした。

という雪の日の体験です。


今シーズンに買ったユニクロのスマホ用の手袋の片方が見当たらなくなり家内に話したらさんざん罵倒されました。あげくにもう研究活動をやめろとだめ出しをされました。どういう関連があるのかよく解りません。

この家内の言い方も以下で紹介する「(日本人)」の論理に従えばごく自然なものだとはぼくも理解はしています。

結局手袋は見つかりました。

この手袋はじめは反応もよく重宝していたのですが最近では反応が悪くなりちょっと困っています。


「二重らせん」

土曜日に帰宅の途中で寄った書店で,ワトソンの「二重らせん」の訳本がブルーバックスで出ているのを見つけました。”Double Helix“は英語で何回か読んだ事がありましたが考えたら日本語で読んだことがなかったので買い求めて読みました。1968年の訳で,所々妙な味わいの翻訳箇所があると感じましたが理解には問題にならないと思いました。そもそもWatson氏の「英語」は難しくこの”Double Helix”も例外ではありません。

ノーベル賞の決闘」や「マリス博士の奇想天外な人生」も合わせて読みたいですね。特に「ノーベル賞の決闘」は医学部の学生の時に読んでびっくりしました。amazonで簡単に古本が手に入ります。


英語の論文の表現

日曜日にあるブログのエントリーを二つ読みました。

(英語版)こう言い換えろ→論文に死んでも書いてはいけない言葉30

言葉と思考の解像度を上げる→つぶやきをフォーマルな英文に仕上げる4つの技術

科学英語になれていない先生方の英文を読むとここで指摘されているような問題点が見いだされます。提示されたものを読むと主張の内容はある程度解るのですが全体に「妙で」「ここままよそには出せない」のです。たぶんこのような言い換えができるかどうかは慣れの問題だと思います。大量に論文を読めば自ずと解ってきます。”Nature”や”Science”でも論文の部分とNews and Viewsのような部分では語り口が全く異なります。以外と後者のほうが難しかったりします。 ある程度大量の英文を読んで感じはつかんでおくしかりません。

(英語版)こう言い換えろ→論文に死んでも書いてはいけない言葉30」 の左のカラムの表現もreviewerのcommentなどでは結構見かけます。ぼくもこのように書く場合もあります。”And”で文を始める表現も結構見かけますよね実際は。

ところで”Inevitably”って単語結構好きで使います。

この前テレビを見ていたらブラッドピットがChanelの香水のCMで”inevitable”という単語を使っていてこんな風にも使うんだと妙に感心しました。 調べました。これですね。あの日本語の字幕って誰が付けたんでしょうね。ちょっとニュアンスが違うような…


(日本人)」を読み返しました。

国際的な価値観調査によれば,日本人は世界でもっとも世俗的な国民だ。日本人は世界の誰よりも,「他人に迎合するよりも,自分らしくありたい」「自分の人生の目標は自分で決めたい」と考えている。

という指摘はあたっていると思います。

特に19章「電脳空間の評判経済」の主張には説得させられました。

自分が「よい評判」を得たいという願望を捨て去れば残りは「楽して儲ける」しか残らないというのは道理です。ここまで吹っ切れれば経済的な成功は得られるのかもしれません。そういう考えた人にいろいろといったところでどうしようもありません。それで問題なら「制度」を変えるしかないのです。

カメラロール-2335

ガラガラの車内 こういった地域にも医療の需要はあります

PDF
Tagged with:  

台風なみの風雨を突いて土曜日から高知に行ってきました。

二日目,日曜日はすっかり晴れ上がり桂浜で坂本龍馬像を見学して帰阪しました。

R0012402

30年前からの知り合いの先生とも昨年に続いて話すことができました。
会のオーガナイズに関わった皆さんにあらためて感謝します。

IMG_4831

(日本人)」を読みました。

作家の橘玲さんによる日本人論です。
日本人による日本人論というと「自己言及のパラドックス」的な危険性もあるのかもしれないと思いましたが杞憂でした。

「(日本人)」は文字通り「かっこにっぽんじん」と読むそうです。「日本人」を「()」に入れて考えてみるという意味合いが込められています。
冒頭であるアンケートの結果が三つ提示されます。

「あなたは進んで国のためにたたかいますか?」「あなたは自国民(日本人)であることに誇りを感じますか?」の二つの質問です。
日本人の「はい」はそれぞれ15.5%と57.4%です。

極めつけは三つ目で,「権威や権力はより尊重されるべきですか?」という質問に対しては「はい」と答えた日本人はたったの3.3%です。ちなみにこの質問「アメリカ人」は59.2%で「中国人」は43.4%であっで,逆に「悪いこと」と答えた日本人は80.3%に及んでいました。

このような前振りから出発して社会学,政治学,生物学などなど多岐にわたる学問の成果を援用して淡々と「日本人」が語られていきます。といっても日本人はあくまでも人やヒトであり特に他の外国人と異なる性質を持っている訳では無いと云うことがまずは強調されます。
余りに広範な学術研究のサマリーとなっているため,読んでいるとこれが日本人論?という疑問をいだくですが,すこし読み進めると結局は一気に読み終わるほかに選択肢はなくなりその結果最後までたどりついてしまうので細切れ感は最終的には払拭されます。

要約すると

それでも「日本人的なもの」があるとすれば。,それはむしろ世間(ムラ社会)ではなく,世俗(神を信じずに功利的に生きる)の方にある。
日本人性の謎を解くカギは「空気=世間」ではなく「水=世俗」にある

という事になります。

この日本人論を援用して「医局制度」の現状なども十分に説明できます。「自由」「平等」「共同体」「功利主義」のキーワードを用いて医者の行動を説明することは十分可能です。医者といえ結局「ヒト」として行動しているにしか過ぎないのです。
医者は多くの日本人と同じで「権威や権力」に従うつもりなどありません。
加えて医者に特有な「一捻り」があります。この四月に研修を始めたばかりの医者でも30年以上一筋に診療に携わってきた医者でも医者は性別を問わず等しくある種の自尊心というか俗物性を持っています。有能な医者でも余り能力の高くない医者-発展途上の段階も含めて-でも,おしなべて自己評価は他人の評価より高いという特徴もあります。これが他の職種と異なる雰囲気をこの業界に醸しだしています。
かつては悪い不評判が立つと次の就職先に困るというようなしかけもあったと思いますが,今や少なくとも麻酔科の領域ではそういった制限は限定的だと思います。極端な話,京都を追い出されても東京で就職先が見つかります。免許の関係で医者はほぼ完全な実名主義原理に則っているにもかかわらず…

しかし,最後までこの本を読んだ「日本人」である読者が落胆させられる訳ではありません。最終章「自由のユートピア」では希望が明確に描かれています。

「退出不可能な閉鎖的なイエである「伽藍」を抜け出していつでも出て行くことのできる開放的な空間「バザール」へ向かうことは,個人としてはじゅうぶん可能だ」(参照)

ローカルな共同体のようなものからの退出を実現するのはなかなか大変だと思いますがやってみないことには始まりません。
というわけでよりグローバルなフレームワークの構築をやってみようと思っています。
もちろん皆がそうする必要はありません。「伽藍」の内側で満足な人もいるしそれが向いている人もいます。

IMG_4835

進行のスピード感は「「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)」などとよく似ているとおもいます。

読後感は「一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル」と似ていました。

この本「民主党の失敗」「福島問題」「ハシズム」までカバーして読者サービスにも余念がありません。
読むなら「今」です。

カメラロール-669

今日6/18は京都大学の創立記念日でした。数年前から病院も休日体制となっています。理由はよく解りませんがどうもこの日に病院を開いてしまうと多くの職員に代休を支給する必要が出て収拾に大変手間取るということが理由の一つだときいたことがあります。
市内某所では記念行事が行われていたようです(参照)。
2007年にはこんなこともやっていたんですね。

(日本人)

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License