「日暮れて道遠し」

On 2016/12/5 月曜日, in book, books, hypoxia reseacrh, iPhone/iPad/Mac, twitter, by bodyhacker

三日前から某Dry解析のためのいろんな作業をしていて目が痛くなってきました。 紆余曲折はあったのですが軌道に乗ってきています。

とはいえ今日も師匠にtwitterでいろいろと教えてもらいながら進んでいます。「日暮れて道遠し」という感覚はあります。

 

院生のSさんのMacBooK Proの具合が悪くなりました。内蔵のSSDがdiskutililyでは認識され異常なしなのですがmountできなくなったのです。

枚方駅のT-siteに入っているカメラのキタムラに行くというので向学のため土曜日に同行しました。

genius bar的な雰囲気です。

持ち込んだMacBooK Proを診断装置で診断してもらうとやっぱり「異常なし」。でもSSDはマウントできず。

という訳でSSDの交換を提示されたのですが-まさか!!-提示額も高かったので保留としたのですがshopでもう少し検討すると言うことでMacBooK Proはshop預かりとなりました。

ぼくはまだまだやってみるべき事はあると思いました。

【追記】

結局ターミナルからdiskutilコマンドを使ってmountできて解決したそうです。

昨日対応してくれた女子でない別の人が解決してくれたようです。ホントあのかわいいshopの人の言うことを素直にきいていたらすごい出費でした。危なかったです。

直ったMacBook Proはぼくの15 inchより速いです。

 


「自分の時間を取り戻そう」と「生産性」

 

ちきりん氏の自分の時間を取り戻そうを読んでみました。

生産性」がキーワードです。

皆さんの今までの働き方は生産性が低い 生産性を上げよう

という話で以下が「もくじ」です。

  1. 高生産性シフトの衝撃
  2. よくある誤解
  3. どんな仕事がなくなるの!?
  4. インプットを理解する
  5. アウトプットを理解する
  6. 生産性の高め方①
  7. 生産性の高め方②
  8. 高生産性社会に生きる意味

この本の内容と関連して

ちきりん氏のtweetですがちょっとした炎上状態となりました。

 

ちきりん氏の擁護をするわけではないのですが自分の時間を取り戻そうの文脈の中では特に違和感のないtweetです。今の大学は出席を取るのだとか言われてもそんなの知らんがな。自分で決めてくださいよ,といいたいところですが実際真に受けて授業に出ないと大変な事になるかも知れませんね。

ぼくは大学時代,入学して二年,専門課程に進んでの二年はかなり多くの授業に出席していました。単純におもしろかったのです。勉強が好きだったし-いまでも勉強するのは大好きです-。臨床系の授業が始まって講義がまったく「おもしろくなくなり」授業に出る機会が大幅に減りました。ここに書くと差し障りがあるのではないかと思われるくらいに授業に出ませんでした。クラブのボックスには毎日顔をだしていたので引きこもっていた訳ではありませんでした。塾の講師をしていましたがアルバイトには元気に通っていましたし。塾長はぼくが「足を向けて寝られない」と思う恩人の1人でよく話しましたが,この塾で社会勉強をしたという感じはありませんでした。 その後臨床実習が始まりこれをさぼったらさすがにヤバイだろうというバランス感覚も働きほぼ皆勤でした。

 

医学部は職業訓練をおこなっている場所で,最終的に国家試験に合格すれば学生時代の成績など長期的には誰も気にしないという特殊でまた圧倒的な売り手市場であるので授業に出ないという戦略が成立しやすい場所かも知れません。

前の職場では授業の出席は取っていませんでしたが,現在の職場では学生証をリーダーにかざす方法で出席を取っていますし遅刻した学生が遅延証明を提出してくる場合もあります。 一定の出席率がないと試験を受けられない仕組みがあるのです。

かわいそうだと思いますが仕方ありません。

となると出席してくれた学生に何らかの利得がある授業をしないといけないという事になるのですがそれが果たせているかどうかはよく解りません。準備は結構します。毎年Millerの教科書の該当部分は読み,改訂部分の有無はネットで確認して授業に臨みます。しゃべることは全て暗記しているので時間通りに授業を終えますし。

 

最後に追加した項目-392

 

ぼくは,研究面での「生産性」が低いのではないかという問題を抱えています。

家内に指摘されるほどです。

土曜日も大学に行っているのに新聞に出るような業績があるわけでも無いしあんたは何か間違っているのではないかという訳です。まったく家内の言うとおりだなと思っていて何とかしたいのです。

という事もあり何かヒントになることが書いてありそうな本は読むようにしています。

 

余勢を駆って伊賀泰代さんの生産性も読んでみました。 自分の時間を取り戻そうは個人の日常生活における生産性に力点を置いているのですが生産性は組織・集団としての生産性により力点を置いています。

「もくじ」は

  • 序章 軽視される「生産性」
  • 第1章 生産性向上のための4つのアプローチ
  • 第2章 ビジネスイノベーションに不可欠な生産性の意識
  • 第3章 量から質の評価へ
  • 第4章 トップパフォーマーの潜在力を引き出す
  • 第5章 人材を諦めない組織へ
  • 第6章 管理職の使命はチームの生産性向上
  • 第7章 業務の生産性向上に直結する研修
  • 第8章 マッキンゼー流 資料の作り方
  • 第9章 マッキンゼー流 会議の進め方
  • 終章 マクロな視点から

  • 第5章 人材を諦めない組織へ

は示唆的でした。

ぼくの研究室は優秀なポスドクを自由に使える環境にはありません。 二人の教員と現在では3人の大学院生で研究活動を行っています。大学院生は研究室に参加した時点では国家試験に合格した医師が持っているであろう生物学的な知識をもっているに過ぎません。それだけでは圧倒的に足りない訳です。そこから始めて数年間で博士号にふさわしいとはいわないけど恥ずかしくないだろうというレベルまで引き上げていく過程で研究室の生産性の向上に貢献してもらわなければなりません。

最後に追加した項目-375

 

生産性の冒頭にもあるように

そこには「生産性を上げるとクリエイティビティが失われる」とか,「非効率の中にこそイノベーションのヒントが含まれている」「生産性の高い組織はギスギスしている」などといった考え(誤解)はありません

これは重要な指摘だと思います。

 

最後に追加した項目-379

 

臨床業務で時間が取られて研究ができないといった泣き言をよく聞きますがそんなこと自分で解決すべき問題です。別にあんたが研究をする必要などないかも知れません。そもそも論で言えば人には向いていることと向いていないことがあります。不向きなことに時間を割くこと自体に問題があるという可能性もあります。 それでも「やりたい」なら戦略を考える必要があります。

 

最後に追加した項目-386

病院は,生産性の観点ではトンデモ無く生産性が低い職場だと思います。収益をさせることが求められる一方で旧態依然とした方法がまかり通り生産性などどこの話ですかという状態です。外科手術などの医療行為の本体では生産性を云々するのに不適切な局面はあることは確かだと思いますがとにかくそれ以外がひどい。

すごく卑近な例を挙げれば電子カルテの日本語変換さえログインしている個々人に最適化されていません。 患者の取り違えがこれほど問題となっている状況でまたダブルチェックなどと云う単語が全てを解決する魔法の呪文として強調されています。 医療安全でも職員に年間二回の講習会出席を求める制度などどのようなエビデンスに基づいているのか誰も明確には応えられません。

 

という訳で,自分の時間を取り戻そう」と生産性は結構ためになりました。

悩んでる人には二冊とも一読することをお勧めします。

 

生産性 でも紹介されていましたが イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」を一読する事を強くお薦めします。

 


蝶々結び

今年話題の某映画をようやく観ました。

確かに面白い。うける要素が満載でこれは当たるだろうと素直に思います。

冒頭から気合いを入れて観ていないと後後展開について行けなくなるとのことで結構気合いを入れて観ました。

監督は「ど真ん中のエンターテインメント」を作りたいと思ったそうですがそれを越えた国民的な映画になりました。

とはいえ,「セカイ系」のストーリー。

口噛み酒をドロッと口から出す,奥寺先輩がいとも簡単にスカート脱ぐとか先輩のブラの色が黒だとか,三葉のノーブラやパンチラがあったり「サービス満点」な映画でした。全てぼけとツッコミ的に回収されてエロくならないような工夫がしてあります。 テーマにしても小学生がこれを見るとしてかなり難解な映画だと思います。

 

映画で流れる音楽も大ヒットということですが,歌詞がこの映画の内容を完全になぞるというか歌があってストーリーがあるのではないかというほど一体化ししていて映画を観て何らかの感動を得た人たちは曲を聴けば追体験ができるのですね。

Aimerさん-これは「エメ」と読むのでしょうか- の「蝶々結び」はこの映画のテーマのひとつと同じだなと思って調べると「蝶々結び」はRADWIMPSの野田氏の曲でした。

また「セプテンバーさん」はRADWIMPSのカバーだと土曜日に知ってびっくりポン。


PDF
Tagged with:  

海よりもまだ深く 空よりもまだ青く

On 2016/5/23 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

某論文のrevision終わって再投稿しました。誰かの学位が掛かっているというようなのと違うので気長にいきます。

別の論文取りあえず完成したので英文校正に出しました。

 

別の論文に取りかかります。英語がヘタなのでちょっと時間がかかるかもしれませんがどんなに遅くとも7月になるということはないと思います。

このペースで行くと紅葉の季節までには予定が達成できそうです。

そしたら…

 


海よりもまだ深く

 

昨日映画を観ました。いつもの通りに家内とです。彼女は週に一回は映画観てると思いますがぼくはそうそう映画ばかり観ている訳にはいかないので久しぶりです。

家内のリクエストで是枝裕和さんの「海よりもまだ深く」にしました。 ぼくは広瀬すずさん主演のかるたの映画を観たかったのですが …

 

大阪駅の映画館だったのですが観客の平均年齢が多分65歳は越えていたと思います。五六人のグループの老人がたくさんいらっしゃいました。

 

あらすじはここからどうぞ。

なりたかった大人に なれなかった人に

贈る映画だそうです。「東京タラレバ親父」です。

 

ちょっとベタすぎるだろうというくらいの演技が各俳優から繰り出され軽い笑いで会場が満ちていき、ドラマの進行に引き込まれていきます。

競輪のシーン、野球で三振した息子をみて「フォアボールを狙っていたんだ」とつぶやくシーン、母親の貯金をお約束の通りに探すシーン、宝くじが台風で地面に散らばってしまうシーンとか全部ベタな芝居なのですがまったくイヤミがない。

とにかく主人公を演じる阿部寛が好演です。ほんとダメな大人の権化みたいな素晴らしい演技でした。

歩く後ろ姿までダメな感じがにじみ出てますよね。

 

彼は作家になろうとして、こんなデス・スパイラルに完全にはまり込んでいます。

 

すべての写真-3095

何にもシリアスなことが起こらない映画なのですが観ていると「これでいいのだ」と言われているような気持ちになってきます。

映画の後、家内に「あんたーぼくのことですーなんの取り柄もないけどどうなんかね」と言われたくらいですから家内も同じ事を考えていたのでしょう。

 

IMG_3852 

この映画は「団地」がもう一つのテーマです。 団地って都会にしかないのでぼくのような田舎者にとってはピンとこないところがあります。

団地のなかで「どこそこ棟の〇〇号室」と聞くだけで、賃貸の部屋か、分譲の家か理解してしまう箇所があります。 橋爪功演じる老人の家は「分譲」なのです。 ここら辺の感覚はぼくには解らんな。

滝山コミューン一九七四

団地の空間政治学

レッドアローとスターハウス: もうひとつの戦後思想史

団地の時代

などは読みました。

団地の人間関係が重要な役割を果たしています。

 

タイトル「海よりもまだ深く」はテレサ・テンの歌の歌詞に由来するのだそうです。

映画中にもラジオから流れます。  歌詞がこの映画の主人公と別れた妻の心情をうまくあらわしていて感動を誘います。

 

時間があれば映画館に出かけてくださいませ。多分空いています。

 

ちょっと前にこれまた家内と観た、「リップヴァンウィンクルの花嫁」はこれは一回観ただけではちょっと全貌が解りにいところがあったのですがこっちは大丈夫。

予告編からして難解ですよね。


河よりも長くゆるやかに

走ってきました

すべての写真-3102

淀川もここまでくるとゆったりと流れてます

 


PDF
Tagged with:  

大学院生への推薦図書 5冊

On 2016/4/2 土曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

推薦図書 5冊

最後に追加した項目-345

 

新学期スタートです。 恒例の推薦図書紹介をやります。 前年度は「推薦図書 10冊」でやりました。(参照:推薦図書 10冊) 

今年度は、これと重複しない5冊を推薦します。

 

「シャーロック・ホームズの記号論―C.S.パースとホームズの比較研究」

すこし古い本ですがamazonなどではまだまだ入手できます。

以前に紹介したことがありました(参照:「仮説、モデル、問い」)

 

シャーロック・ホームズの記号論―C.S.パースとホームズの比較研究 (同時代ライブラリー (209))

 

「心脳問題」

「心脳問題」は部分的には三回くらい読み返しました。 麻酔科の医者ですので麻酔状態ってどんな状態かに興味があります。それに関する研究も多く発表されていますがぼくとして満足なものはありませんでした。理由が「心脳問題」を読んで解ったような気がしました。 麻酔科の領域でこの分野の研究をしている人たちは少なくとも「心脳問題」や「意識をめぐる冒険」の問題提起に答えを出す様な研究をやってもらいたいと思います。現状では、小難しい話をして皆を煙に巻いているとしか言いようがないと思います。 「文体の科学」はともかく「理不尽な進化論」と「心脳問題」はすこし難解だと思います。行ったり戻ったりを繰り返さないとぼくには通読せきませんでした。特に「心脳問題」は難しいけど通読する価値は大いにあると思います。医学部・医科大学の授業で教科書として取り上げる価値がある思います。 (参照: 2014年のベスト〜本〜)

この本を推薦する理由は、脳科学のよい教科書になりうるからではありません。 まえがきにある通りに、

しかし、提供される脳情報があまりに多量かつ多彩であるため、どの情報を信じて良いのか、重要な問題がなんであるのかを判断するのがとても難しくなっています。へたをすると情報の海でおぼれてしまいかねません。ウソや怪情報も飛びかっています。

こんな時に必要なのは、闇雲に新たな情報を仕入れることではありません。それでは混乱の度が増してしまうだけです。必要なのは、そもそもそうした情報とどのようにつきあえばよいのかをあらためて考えて見ること、いいかえれると「脳情報のリテラシー(読み解きかた)」を身につけることではないでしょうか。まさにそれがこの本のテーマです。最初に述べた「基礎知力」とは、このリテラシーにほかなりません。

科学を学ぶための前提となるリテラシーを学んでもらいたいからです。

最後に掲載されている解説がついた大量の参考文献のリストも役に立ちそうです。

心脳問題―「脳の世紀」を生き抜く

 

「知」の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用

自分が科学者だと自任する人は一流でも二流でも三流であっても一回は読んでおいた方がよいかと。

いわゆるソーカル事件と関連の深い本です。

こんなサイトも存在します。 ここの議論だけ読んでももしかしたら十分かも。

 

「知」の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用 (岩波現代文庫)

 

ライフハックで雑用上等〜忙しい研究者のための時間活用術

Macを研究に使う人なら一回は眼を通しておくと良いと思います。

今まで使っていたアプリでも知らなかった使い方を発見するかも知れません。

 

参照:出版社による紹介 詳細な「もくじ」が載っています。

ライフハックで雑用上等〜忙しい研究者のための時間活用術

 

考えながら書く人のためのScrivener入門 小説・論文・レポート、長文を書きたい人へ

ライフハック本でも紹介されているScrievenerの日本語による解説書です。

ここ数年論文や申請書の執筆に使ってきましたがこの本を読んで機能の1/3位しか使っていなかったことに気付きました。

まあそれでも十分だったのですが…

考えながら書く人のためのScrivener入門 小説・論文・レポート、長文を書きたい人へ

 


映画 「リップヴァンウィンクルの花嫁」

先週の日曜日に岩井俊二監督の映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」を観ました。

上映時間で3時間!!

 

綾野剛さん

すばらしかったです 産科医の役などやってお茶を濁している場合じゃ無いよ。

 

というわけで「花とアリス」も今日、観直しました。

蒼井優あの時、19歳だったって今日知ってびっくりポン

ちなみに鈴木杏は17歳だったようです。

 

最後に追加した項目-332


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License