春休みに観たい・読みたい映画・本

On 2016/2/28 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

〆切のある原稿にかかっていて98%くらいまで終わったので家内と映画を観に梅田に出ました。

本当に気持ちの良い陽気でした。


門川さんの「春休みに読みたい10冊」に触発されて少し書いてみます。

うちの職場では、3回生の学生が1月に各講座を廻る「配属実習」というプログラムがあります。 実験室でいろんな体験実習をしていただく待ち時間の合間に映画を鑑賞してもらう事にしています。

今年はこの三編でした。

「赤ひげ」という言葉は知っていても映画を観たことのある医学生はごく希です。一度は映画を観てもらいたいと思います。

わたしを離さないで」 は今テレビドラマとしても放送中ですね。映画とはまったく印象が異なりますし強調している点も違うと思います。

伊藤計劃の「ハーモニー」 をアニメ映画化したものを観てもらいたいと思いましたがDVDがまだ利用不可能でしたので今年は断念。

IMG_0592

 

この他に邦訳のない医療もののnon fictionを三つ勧めておきます。

“Being mortal”ここで“Do No Harm”ここで言及したことがあります。

“When Breath Becomes Air”は今年の2月に発売になったばかりです。

雑誌New Yorkerに抜粋が掲載されています。 ステージIVの肺がんを患った脳外科医Paul Kalanithiの回想録です。

医者という職業を巡るいろんな哀感が書き込まれていて見事です。英語はちょっと難しいかも。


雑誌New YorkerにThe Stress Testと題された文章が掲載されています。

STAP騒動が主題です。

例の手記の出版を受けて書かれた文章で、Vancanti氏本人へのインタビューも折り込まれていて日本で日本語で書かれたあらゆる文章と趣がまったく異なります。ますますこの一件について解らなくなりました。

日本でも小保方さんの手記はでたものの東京女子医大・早稲田大学の人たちや理研でも小保方研で働いていた人たちの声などが一切出てこないので何が何だか解らんという状態です。

英語はすこし難しいと思います。

Annals of Science FEBRUARY 29, 2016 ISSUE

The Stress Test

Rivalries, intrigue, and fraud in the world of stem-cell research.


PDF
Tagged with:  

8月中にあと3つ投稿すべく日夜努力しています。

だからというのではないのですが今回は全然まとまりのないメモの寄せ集めになりました。


「キラキラネームやめて」…小児救急医つぶやく を読みました。

キラキラネームでなくとも難読というかどう読むのかその場では決まらない名前はいくらでもあります。

例えばぼくの名前。「喜一」というのですが親は「きいち」と読むと思っていたようです。しかし,1991年に宮沢喜一氏が総理大臣になるまでは、多くの場面で「よしかず」と呼ばれてきました。その当時そう読むことが普通だったわけです。宮沢氏のおかげで「きいち」と読まれる方がデフォールトとなりました。

漢字一文字の名前たとえば「海」なども「かい」と読むのか「うみ」と読むのか聞いてみないと解りません。男の子なら「かい」で女の子なら「うみ」だとは思いますが。

「修」などもこれだけ出てきたら「おさむ」と読むのが普通と思いますがこの子のお兄さんが「俊」ならたぶんこの子の親は「しゅう」と読んでもらいたいとおもっているのではないでしょうか。

 

芥川龍之介は自分が「りゅうのすけ」でなく「たつのすけ」と呼ばれることがある事を嫌って子供には比呂志、多加志、也寸志と読み間違えのしようのない名前を付けたのだと聞いたことがあります。それぞれ「ひろし」「たかし」「やすし」としか読みようがありません。

とにかく名前は一見した「キラキラネーム」でなくとも一意に決まることがぼくは重要であると思っています。すこし難しそうでも一意に読み方が決まればそれでよし。そうで無ければfunctionalにはキラキラネームと等価です。

そもそもぼくら麻酔科医は患者の名前がどんな名前かについてたいして関心はありません。 IDとバーコードで認証されればそれでOK.

IMG_6239


林真理子さんの「野心のすすめ」を遅ればせながら読みました。

口述筆記されたような文体で逆にすこし読みにくい感じもしましたが「バカの壁」みたいな感じもして読んでいるというか聞いている感じでどんどん前に進みます。 すでに40万部なのだそうです。 ここまでくるとキャリアポルノを超越したと言えると思います。

露悪的に書いていますが今の林真理子の占める位置はひとえに彼女の文筆家としての能力が高いと言うことに理由が尽きると思います。

例えば ミカドの淑女白蓮れんれんRURIKOと女の伝記を書かせたら右に出るものは日本にはいないと思います。

六条御息所 源氏がたりの三部作も素晴らしい。

要するに天才なのです。 しょうがありません。

ところでぼくが一番好きなのは「天鵞絨物語」です。10回以上は読み直しました。


「平成25年度「研究大学強化促進事業」の支援対象機関の決定について」という発表がありました。(参照)

いくつかの「研究大学」に10年間にわたって資金を提供するという事業だそうです。

国の科学研究費補助金に採択された数、同補助金の研究者1人あたりの獲得額、他の研究者に引用される回数が上位10%に入る影響力の高い論文の割合、成果の民間企業への移転など10の指標で評価した

のだそうです。

こういった大学に所属している人たちはプレッシャーですね。


葛西 龍樹氏の「医療大転換:日本のプライマリ・ケア革命」を偶然読みました。

専門医制度の改革に伴い、「総合診療専門医」が誕生します。

諸外国で「家庭医」と呼ばれるこの専門医(参照)がいかにすごくて日本の医療を変革する原動力になる可能性を秘めているかと言うことを力説した新書です。

本書では「家庭医」が過剰に評価されていると思います。「家庭医」が万能の医者であるかのごとき記述がそこここに見られて読むとはっきりと「引き」ます。

また「全人的医療」とか「患者中心の医療」などを余りに強調している部分も現代風ではないなと思いました。 患者の人生と関わりたくないというモチーフで麻酔科を選んだぼくとしては「全人的に患者に関わる」などとても怖くてできません。

また著者が認める「家庭医」はいったい何人くらい存在すると日本の医療の「変革」ができるのでしょうか。現在開業している医師は著者によれば「家庭医」たりえないということですがこういう人たちはどうなっていくのでしょうかなどの素朴な疑問が湧いてきます。

その他ツッコミどころ満載です。興味があればどうぞ。

しかし提起されている日本の医療の問題点は正鵠を射ていると思います。


最近読んだ論文から紹介してみます。

Patient-Satisfaction Measures in Anesthesia: Qualitative Systematic Review

一種のメタアナリシスです。

麻酔科領域で「患者満足度」を計測する方法論を提示している71篇の論文についてreviewをしたもの。 34のpatient-satisfaction score法が検討されています。これは面白い論文です。

 

話題になっている論文を読んでみました。

Meta-analysis of secure randomised controlled trials of β-blockade to prevent perioperative death in non-cardiac surgery

日本でも臨床研究上の不正が問題となっていますがこっちも大概です。 このような手術後の予後が研究のゴールとなっている場合,日々の麻酔臨床を丹念に行っているだけでは結果を実感できません。結果としてある程度大きなRCTの結果やメタアナリシスを信用して臨床を行うしかないので妙な研究結果を発表されると困ってしまいます。

立派そうに見えるRCTも話半分くらいに思っている必要があると思います。(参照)

 

Integrated molecular analysis of clear-cell renal cell carcinoma” も読みました。 要約すると腎癌は代謝疾患であるという結論でOKなのでしょうか?

 

最後にもう一つ論文を。

Scarred for life” と題された学位論文です。

副題は”How conditions in early life affect socioeconomic status, reproduction and mortality in Southern Sweden, 1813-1968″です。

1813年から1968年までのスウェーデンの田舎の5つの地域の戸籍を調査すると寿命が38歳から80歳まで変化していることが解りました。この間の百日咳、はしか、猩紅熱の流行が数回ありまた飢饉も3回あったのだそうでそれらに小児期に暴露された場合の寿命に与える影響を検討した論文です。 百日咳への罹患は寿命が短くなることと相関があるのだそうです。もちろん理由は不明です。 飢饉による食材の高騰の影響は簡単ではなく性別や土地もちか小作かで複雑な結果となっています。 壮大な研究ですね。

日本には「エコチル調査」という研究があります。大きな病院だとポスターが張ってあって参加者を募っています。どんな結果が出てくるのか結構期待しています。

現在では個人のライフログをもっと詳細に採ることができる時代です。100年単位でデータを集めるような研究を始まるといろんな事が解ると思います。


日曜日に家内が行くというのでついていって「風立ちぬ」を見てきました。出かけた大阪駅の映画館はほぼ満員でした。

でもよくわかりませんでした。

最近の宮崎駿の映画は難解だと思います。今回も「ポニョ」以上にぼくには難解でした。もう一度観たらいろいろと気づく事があると思います。「ポニョ」も三回くらい観てやっと解った様な気がしましたから。

あんなに薄情な夫に最後までついていくという妻がそもそも理解できません。 そもそも奈緒子はもっと可愛く-性格ではなく顔のことですー描くことができたとおもいます。コクリコ坂の「海」みたいに。

家内は娘が観ても解らないだろうなという感想を述べていましたがたぶん自分が何も解っていなかったのだと思います。

 

最後に流れる「ひこうき雲」が余りに映画の内容にマッチしているのにびっくりしました。というかどう考えても歌に合わせて作っている部分があると思います。

 

最後に今日のtweetです。 確かに云えてますよね。 しゃべる方もどこにも書いていない面白い話しにして欲しいですよ。論文のreviewみたいな話って聴く気がしません。

IMG_6235

貴婦人と一角獣展にもいってきました。


PDF

牡蠣

On 2012/12/25 火曜日, in book, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

いつの間にか選挙も終わり,生化学会後怒濤の一週間を経て落ち着きました。

金曜日には24年ぶりに手術部の忘年会にも参加しました。参加人数が120人くらいだったと幹事さんに教えてもらいました。そもそも人が10人以上集まる畳に座って行う宴会にはここ10年以上縁が無かったのであの大人数には素直に驚きました。 国立大学病院で手術件数が一番になったのでよかったです,ぼくとしては。

IMG_1281

今年はもう出張はないし,来年も一月に東京に出かけるだけで全く予定無しということでいよいよ論文の処理に力を注いでいきたいと思います

  と思っていたら査読依頼が二つも舞いこみました。何なんでしょうね。この嫌がらせ。

IMG_1395


一昨日映画を観ようと家内と梅田に出かけました。 ぼくは「悪の教典 」が観たかったのですが意見が折り合わず昼ご飯を食べて帰宅することになりました。

IMG_1351

牡蠣を食べました。

IMG_1356

IMG_1359

 

家内はコースの牡蠣以外にアホみたいにどんどんと注文して食べまくっていました。いい気なものです。

 

映画は昨日,伊丹のショッピングモールで「レ・ミゼラブル」を観るはめになりました。教養というものが欠如している家内はどんな内容の映画かは知らなかったようです。ぼくはどちらかと言えば「今日,恋をはじめます」が観たかったのですがあっさりと却下されました。

 

「レ・ミゼラブル」

アン・ハサウェイが鬼気迫っていましたね。ホントに化けて出てきた感じ。あの歌は自分で歌っていたのでしょうか。

でも2時間40分は長いと思います。腰が痛くなりました。


日曜日の日経で紹介されていたので「田中角栄 – 戦後日本の悲しき自画像-」を読んでみました。

田中角栄の選挙地盤はぼくの生まれた地域でもあります。

彼が総理大臣に就任した時ぼくは小学生で図書館に入っていた(というか配られていたのだと思います)彼の「自伝 わたくしの少年時代」は当然的に熟読しました。

ロッキード事件後の総選挙では彼が農協の駐車場でミカン箱の上で演説をしているのを見たこともあります。

確かに30年ほど前の新潟の冬の豪雪というのはすごかったのです。

例えば1983-1984年のシーズン。ぼくの住んでいた六日町の隣の隣の湯沢町では降雪は5mを越えて積雪も3.5mを越えていました。(参照)

このような状況では,冬は週に最低一回多いときは週に二回ほど屋根の雪を降ろさないと家の戸が開かなくなり最悪つぶれてしまいます。降ろした雪は家の周りに積み上がるので家を掘り起こす作業もしないといけません。しかも悲惨なことに雪は春になると消えてしまうのです。ばからしくてやっていられません。

今年も結構降り積もっています。(参照)

確かにこんな場所に住んでいると田中角栄のような政治家を待望する気持ちはわいてくると思います。しかしぼくはこのような豪雪に耐えかねて新潟から脱出するという選択をしました。

彼の演説は何度もビデオで見たことがあります。印象に残っていたのは「新幹線と高速道路ができたら東京から医者が出稼ぎに来るようになる」と彼が話していたことです。これは見事その通りになりました。

この新書では田中角栄を美化しすぎていると思います。

 

田中角栄は「金脈問題」を主たる要因として政権を降りたわけではなく彼の内閣の政策の破綻による狂乱物価などの責任をとって政権を放り出したのです。現在でも彼のようなタイプの政治家を待望する意見があるのはぼくには全く理解できません。彼は,政策に失敗して退陣してその後10年以上少なくとも竹下登が内閣総理大臣に就任するまでの間,日本の政治を蹂躙し続けたのです。

このことは皆によく理解してもらいたいと思います。


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License