金曜日に学内の研究コンソーシアムの成果発表のコロキウムを開きました。

学外からのゲストもお呼びしてぼくとしては満足のいく会が開催できました。 会の後の打ち上げでワインを飲みすぎました。

 

土曜日の朝から日当直でした。 O方先生とでしたので論文の作業を進めることができると期待していましたが前日からのcarry overで途中すごく眠くなり作業効率が爆減してしまい加えて深夜に某緊急対応が未明まで続き予定の50%,全体の25%位まで進んだということで取りあえず満足しました。


東北関連の本

土曜日は東北大震災から6年でした。

少し前に,「魂でもいいから、そばにいて ─3・11後の霊体験を聞く─」という本を読みました。

ノンフィクション作家の奥野修司氏が東北大震災の遺族たちを訪ね取材した「霊体験」-まさに霊体験としか言いようの無い体験です-を紹介した本です。あまりにリアルな体験ばかりです。 小林秀雄氏の「学生との対話」に収録されている「信ずることと知ること」はこういうことにどう対峙するのかという小林秀雄の考え方が述べられています。

 

東北と言えば宮沢賢治の評伝 「宮沢賢治の真実 : 修羅を生きた詩人」を昨日から読み始めたのですがこれもすごいです。

大学生の時に見田宗介さんの宮沢賢治の評伝「宮沢賢治―存在の祭りの中へ 」を読んで以来の衝撃です。

宮沢賢治―存在の祭りの中へ 」は現在は岩波現代文庫の一冊となっています。


Natureにこんな記事が出ていました。

記事に引用されている図は”the American Council on Science and Health”という団体が発表したものです。 一言で言えば米国の科学報道は相当危ないから眉に唾を付けて受容する必要があるという主張です。

Natureのこの記事では,ここのratingの当否は置いておくとして実態はそう単純でないと結んでいます。

日本でも,医学的には不適切と思われる健康情報がネットや既存のメディアで不適切に取り上げられて社会問題化しているという状況があります。 日本でもこういう団体があると参考になるのでしょうか。大手新聞は軒並み「右下」圏外となるかもしれません。


「悪魔の勉強術 」

枚方市駅前の蔦屋書店は朝7時から開いています。土曜日の日当直で読もうと思った本を仕入れに土曜日の朝寄ってみました。 そこで入手した本を紹介します。

「悪魔の勉強術 年収一千万稼ぐ大人になるために」 です。

同志社大学神学部特別講義を完全収録

ということで佐藤優さんが同志社大学神学部の学生を対象に2016年の6月から8月にかけて行った4回の講義の内容がまとめられています。 1回5時間の長丁場。 一読まとまりが無い感じもあったのですが通読すると味わい深い本です。

目次は

  • 第1講 天国か地獄か
  • 第2講 天使のように貪欲に
  • 第3講 悪魔のように勤勉に
  • 第4講 復活の日に向けて

といった感じで神学部仕様となってて実際の広義もキリスト教神学に関する話題から入って行きます。この部分もなかなか味わい深いのです。 年間1500時間,悪魔のように学ぶことを勧める一冊です。

p223-p227のアドバイスは淡々と語られる故に説得力があります。

p286『「神学者」佐藤優はこうして生まれた』以降から最後までも読み応えがあります。

これは必読ですよ。 これでたったの702円。Kindle版もあります。

同志社大学神学部も一緒に読んでね。

 

研究者を目指す人は悪魔のように実験しましょう。これが言いたかったのですけど。

ぼくも大学院の時は,臨床関連の某学会とか某学会とかには4年間参加しませんでした。でも某学会の指導医にはズルせずになれました。いい時代だったんですね。

一年360日くらい実験していた年もありました。それで何とかなった友いえますが,家内にはそれでもこれだけって意味がないとも言われます。


PDF
Tagged with:  

5月になりました。

 

N’oublie pas Mai 誰か教えて 私たちの5月はどこ?

N’oublie pas Mai 緑だけが街を染める-

1989年の曲です

 

最後に追加した項目-490

 


Cure: A Journey into the Science of Mind Over Body

 

先日梅田の紀伊國屋で『「病は気から」を科学する』という本を見かけました。

Jo Marchant氏の”Cure: A Journey into the Science of Mind Over Body“の邦訳でした。

New York Timesの書評でこの本を知って英語版を読んでいました。 (参照: Review: In ‘Cure,’ Accepting the Mind’s Role in a Body’s Health)

書評子はこの”Cure”が他の同種のものと異なって際だったこととして次の二点を挙げています。

First, Ms. Marchant writes well, which is never a guarantee in this genre; you often must make a choice between authors who understand science but can’t write, and authors who can write but don’t understand science.

Second, Ms. Marchant has chosen very moving characters to show us the importance of the research she discusses — we forget that those who turn to alternative medicine are often people in extremis — and she possesses an equal flair for finding inspirational figures. I will always like a book, at least a little, if it mentions a 102-year-old Costa Rican woman who can recite a six-minute Pablo Neruda poem from memory.

Jo Marchant氏は雑誌Natureにも寄稿するすごく「有名な」scientific writerでNatureだけでもかなりの分量彼女の論文というかessayが掲載されています。

最近のものはこの本の内容と直接に関連しています。 (参照) Nick LaneとかCarl Zimmerみたいな存在ですね。

 

調べてみると日本語でも書評がでていました。 例えば書評サイトHONZでは、 『「病は気から」を科学する』心に治癒力はあるのか? というタイトルの書評があります。

内容がよく要約されていると思います。

 

心(mind)と身体の相互作用は医者に限らず誰でも知っていることで、これを前提として臨床医学は成り立っているといっても言い過ぎではありません。

この本の邦訳のタイトルは『「病は気から」を科学する』 ですが、「科学」という言葉が示す内容はそうそう単純ではありません。

医者として患者と接したことのない医学・生命研究者は往々にして「科学的」という側面を理想化して捉えがちです。しかし実は世の中で行われている医療はそう単純ではありません。実例はこの本で繰り返し提示されています。

ぼくは、二十数年前医者になる時に麻酔科医として生きる事を選択しました。

理由はいろいろとあったのですがその一つは、麻酔科診療は患者の心との相互作用の影響を他の診療科ほど受けないだろうと考えたということがあります。

この考えは今でも変わっていません。

ぼくがペインクリニックを全くしない、するつもりがまったくない理由の一つでもあります。

この本に

  • TALK TO ME Why caring matters

との一章があります。

当時のぼくは”caring“が「ものをいわない」医療に参加したかったのです。

 

邦訳は読んでいません。

しかし、英語版の英語は特に難しくありません。 紹介したNatureのessayを読めば本を全部読む必要はないかも知れません。

日本語訳の目次を載せておきます。

  • 第1章 偽薬――プラセボが効く理由
  • 第2章 型破りな考え――効力こそすべて
  • 第3章 パブロフの力――免疫系を手なずける方法
  • 第4章 疲労との闘い――脳の「調教」
  • 第5章 催眠術――消化管をイメージで整える
  • 第6章 痛み――バーチャルリアルティと鎮痛剤
  • 第7章 患者への話し方――気遣いと治癒
  • 第8章 ストレス――格差と脳の配線
  • 第9章 マインドフルネス瞑想法――うつと慢性疾患
  • 第10章 健康長寿――老化と社会的つながり
  • 第11章 電気の刺激――神経で病気を治す
  • 第12章 神を探して――ルルドの奇跡と科学

この本びっくりすることがもう一点あります。 英国と米国でこの本が出版されたのは2016の二月と一月です。邦訳は4月に出版されています。 こういう時代に突入しているのでしょうか。

値段も日本語版が法外に高いわけではありませんというか十分に安価です。多分どちらを読んでも同じだと思います。

すべての写真-2874


昨日、最寄り駅前の書店で 蝶々、ママになる。 という本を見かけてあらかた読んでしまいました。 おもしろかったです。

本で使われている写真は川島小鳥氏の撮影です。

ネット検索するとこんな記事がありました。基本これをもっと面白く拡張した内容です。

 

以前に、「きみは赤ちゃん」をすこし紹介しました。(参照)

蝶々さんは硬膜外鎮痛は受けなかったようです。

 

とにかく子どもを産むという経験をすると他人に何か語りたくなるのでしょうか皆さん。

すべての写真-2869


最近は一日一回はこれ聴いています。


PDF
Tagged with:  

春休みに観たい・読みたい映画・本

On 2016/2/28 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

〆切のある原稿にかかっていて98%くらいまで終わったので家内と映画を観に梅田に出ました。

本当に気持ちの良い陽気でした。


門川さんの「春休みに読みたい10冊」に触発されて少し書いてみます。

うちの職場では、3回生の学生が1月に各講座を廻る「配属実習」というプログラムがあります。 実験室でいろんな体験実習をしていただく待ち時間の合間に映画を鑑賞してもらう事にしています。

今年はこの三編でした。

「赤ひげ」という言葉は知っていても映画を観たことのある医学生はごく希です。一度は映画を観てもらいたいと思います。

わたしを離さないで」 は今テレビドラマとしても放送中ですね。映画とはまったく印象が異なりますし強調している点も違うと思います。

伊藤計劃の「ハーモニー」 をアニメ映画化したものを観てもらいたいと思いましたがDVDがまだ利用不可能でしたので今年は断念。

IMG_0592

 

この他に邦訳のない医療もののnon fictionを三つ勧めておきます。

“Being mortal”ここで“Do No Harm”ここで言及したことがあります。

“When Breath Becomes Air”は今年の2月に発売になったばかりです。

雑誌New Yorkerに抜粋が掲載されています。 ステージIVの肺がんを患った脳外科医Paul Kalanithiの回想録です。

医者という職業を巡るいろんな哀感が書き込まれていて見事です。英語はちょっと難しいかも。


雑誌New YorkerにThe Stress Testと題された文章が掲載されています。

STAP騒動が主題です。

例の手記の出版を受けて書かれた文章で、Vancanti氏本人へのインタビューも折り込まれていて日本で日本語で書かれたあらゆる文章と趣がまったく異なります。ますますこの一件について解らなくなりました。

日本でも小保方さんの手記はでたものの東京女子医大・早稲田大学の人たちや理研でも小保方研で働いていた人たちの声などが一切出てこないので何が何だか解らんという状態です。

英語はすこし難しいと思います。

Annals of Science FEBRUARY 29, 2016 ISSUE

The Stress Test

Rivalries, intrigue, and fraud in the world of stem-cell research.


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License