春休みに観たい・読みたい映画・本

On 2016/2/28 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

〆切のある原稿にかかっていて98%くらいまで終わったので家内と映画を観に梅田に出ました。

本当に気持ちの良い陽気でした。


門川さんの「春休みに読みたい10冊」に触発されて少し書いてみます。

うちの職場では、3回生の学生が1月に各講座を廻る「配属実習」というプログラムがあります。 実験室でいろんな体験実習をしていただく待ち時間の合間に映画を鑑賞してもらう事にしています。

今年はこの三編でした。

「赤ひげ」という言葉は知っていても映画を観たことのある医学生はごく希です。一度は映画を観てもらいたいと思います。

わたしを離さないで」 は今テレビドラマとしても放送中ですね。映画とはまったく印象が異なりますし強調している点も違うと思います。

伊藤計劃の「ハーモニー」 をアニメ映画化したものを観てもらいたいと思いましたがDVDがまだ利用不可能でしたので今年は断念。

IMG_0592

 

この他に邦訳のない医療もののnon fictionを三つ勧めておきます。

“Being mortal”ここで“Do No Harm”ここで言及したことがあります。

“When Breath Becomes Air”は今年の2月に発売になったばかりです。

雑誌New Yorkerに抜粋が掲載されています。 ステージIVの肺がんを患った脳外科医Paul Kalanithiの回想録です。

医者という職業を巡るいろんな哀感が書き込まれていて見事です。英語はちょっと難しいかも。


雑誌New YorkerにThe Stress Testと題された文章が掲載されています。

STAP騒動が主題です。

例の手記の出版を受けて書かれた文章で、Vancanti氏本人へのインタビューも折り込まれていて日本で日本語で書かれたあらゆる文章と趣がまったく異なります。ますますこの一件について解らなくなりました。

日本でも小保方さんの手記はでたものの東京女子医大・早稲田大学の人たちや理研でも小保方研で働いていた人たちの声などが一切出てこないので何が何だか解らんという状態です。

英語はすこし難しいと思います。

Annals of Science FEBRUARY 29, 2016 ISSUE

The Stress Test

Rivalries, intrigue, and fraud in the world of stem-cell research.


PDF
Tagged with:  

停職って?

On 2015/5/7 木曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

ちょっと前に

こんな報道がありました。

どこがどう「倫理的な問題」なのか詳細が解らないのですが以前にも停職処分を二人とも受けていたのですね。

調べると公務員なら「停職」だと給与が支払われないようです。北海道大学ではどうなのでしょうか?

また実際には停職中って研究室にも出入りできないのでしょうか?

 

しっかりと研究活動を行っていても任期に阻まれる場合もあるのに一度正式に採用されるとその地位は強いのですね。

ある意味感心します。

IMG_5681


研修医への推薦図書

毎年研修医の先生が麻酔研修をするときに読んでおいた方がよいと思う本を推薦しています。

ワニコ書店に行ってもなにか雑然と本が積んであるだけで要するにどれが一押しなのかの情報が全くありません。-あそこももう少し何とかなりませんかね-

というわけで何冊か推薦します。 去年と一昨年の研修医の皆さんに推薦したものとほとんど同じですが今年は絞り込みました。

まず

麻酔科臨床の書

日本語で書かれた麻酔の本の最高峰です。英語で書かれた本でもこれを凌駕するものは無いと断言できますので世界最高峰ということになりますね。 なので読んでください。これだけ絶賛してもこの本を持っている人が増えないのは七不思議です。というかぼくのいうことが全く信用されていないと云うことなのもしれません。

 

ウエスト呼吸生理学入門:正常肺編」または 「人工呼吸に活かす! 呼吸生理がわかる、好きになる〜臨床現場でのモヤモヤも解決!

どっちを読んでも同じだと思いますがどちらかは読んでください。

後者はぼくの学生講義でも参照しています。

妙な呼吸管理の本を読む前にまずどちらかを読みこなして呼吸生理の基礎知識をしっかり身につけてください。 

酸素化が悪い患者さんがいたとしてPEEPを掛ける前に考える事がいくつもあることが解ります。

ウエストさんの本は翻訳です。読んだ事がありますが全く日本語にはまったく問題が無いと思いました。

“Respiratory Physiology: The Essentials “ がオリジナル。版も新しいです。

 

臨床にダイレクトにつながる 循環生理〜たったこれだけで、驚くほどわかる!

この本に書いてある以上の蘊蓄を身につけても実際には役に立たないのではという位の良書。

こちらの原書は” Cardiovascular Physiology Concepts

実はぼくは翻訳は読んだ事がありませんが多分大丈夫と思います。英語の勉強をするのが目的ではないと思いますので好きな方をどうぞ。

 

この4冊を理解していればそうそう困ることはないと思いますというかこの4冊の内容を理解し活用できなければ、麻酔の医者として独り立ちはできませんし医者としてやっていくのも困難が伴うと思います。

それではgood luck !!

 

自分のフォトストリーム-192

 [追記]

 ぼくが研修医の皆さんに「教えられることは」以上の本に書いてある程度です。それ以上をぼくに期待されても困ります


PDF
Tagged with:  

一気に日常生活に戻り今日はすごく疲弊しました。


さてお約束の第11会がんハイポキシア研究会の雑感をお届けします。

東北で初めての開催です。 昨年の横浜の会の懇親会の会場で酔った勢いで鈴木教郎さんが世話人を引き受けてくれたのでした。 酔いが醒めた後でも断りたいという申し出もなくこれは本気でやるつもりなのだと安堵の胸をなで下ろしたのを覚えています。

今回の会場は東北大学の片平キャンパスの片平さくらホールでした。 「さくら」という名前は桜小路という名前の通りがこのキャンパス内の土地を通っていたことに由来するのだとキャンパス内の桜の木の下に書いてありました。

カメラロール-881

仙台駅からも簡単に歩いてたどり着ける良いキャンパスです。

工学系の研究室が多くを占めているようです。 大学の史料館には魯迅記念展示室が設えてあります。ぼくは取りあえず入ってみました。

カメラロール-888カメラロール-892

カメラロール-884

 

このようにいろんなところに引っかかりながら会場に到着すると 東北大学の 創生応用医学研究センター 酸素医学コアセンターの方々、東工大の皆さんが設営の真っ最中です。 K園、K●両氏の指揮下の東工大の皆さんはなんと前日から仙台入りという気合いの入れ方です。

IMG_3453

といわけでシンポジウムです。
今回のお題は 『11年目からのハイポキシア研究 〜低酸素応答機構の新展開〜
鈴木さんに全面的にお願いしてスピーカーを決めていただきました。

ラインナップは

  • 鈴木教郎(東北大学) 酸素供給の恒常性維持における赤血球産生制御機構


  • 辻田忠志(東北大学)低酸素応答系を調節する低分子化合物の探索と創薬研究

  • 船本健一(東北大学)低酸素マイクロ流体デバイスの開発

  • 三浦恭子(慶応大学) ハダカデバネズミの老化・がん化耐性と低酸素耐性


  • 南学正臣(東京大学) 腎臓病と低酸素

の5題に一般演題として応募された中からこれまた鈴木さんの趣味で

  • 北島正二朗(Cancer Science Institute of Singapore) 代謝性ストレスによる新規 HIF-α活性化機構と 腫瘍発生及び進展におけるその意義

  • 大澤 毅(東京大学 先端科学技術研究センター) 低酸素・低栄養の腫瘍微小環境が脂質分解を促進し癌悪性化に寄与する  

  • 原田 浩(京都大学 大学院医学研究科) Aberrant expression of IDH3α promotes HIF-1-mediated aerobic glycolysis and angiogenesis and consequently enhances tumor growth 

の3題を加えたものになりました。(皆さんの敬称は略させていただきました)

鈴木さんの話はerythropoietin(EPO)の発現制御に関するものです。 EPOの発現制御は鈴木さんの師匠山本雅之先生のライフワークの一つです。筑波大学に研究拠点があった時代から延々と続けてきた研究がここ数年めざましい成果となって論文として世に問われています。何度聴いても感動します。

辻田さんはdrug designがテーマです。HIF-a水酸化酵素活性を修飾する化合物をどうやって効率よくスクリーニングしていくのかというお話のなかでFIF-1特異的な阻害薬を発見したという話が出てきて興奮しました。最近FIH-1がすこしずつはやり始めているのです。

船本さんの話はマイクロ流体デバイスの酸素分圧をどのようにコントロールするのかという話で実物を見せていただきましたが確かに”マイクロ”でした。 顕微鏡でないと流路などは確認できません。あの溝にどうやって細胞を撒いたりするのか一度実地で見学させていただきたいと思いました。

そしてハダカデバネズミです。ハダカデバネズミは英語ではnaked mole rat(NMR)と呼ばれるのだそうですが三浦さんはDEBAと呼んでいました。どう考えてもDEBAの方がそぐう見てくれをしています。このDEBAという呼び名を世界標準にするためには日本をDEBA研究のメッカにする必要があると思いました。 DEBAは日本ではいくつかの動物園では飼育されているということですが研究室レベルで維持しているのは慶応大学の三浦さんの研究室だけだそうです。三浦さんって山中研だったんだそうです。

トリは東大の南学さんです。南学さんは腎臓内科の臨床家で腎臓病の病態から出発して低酸素応答の分子機序に迫るという研究を続けられておられます。部分的には何度もお話をお聞かせいただいたのですが今回のボリュームは初めてでした。これまた感動ものです。実はぼくは昨年の夏札幌郊外で行われた内藤コンファレンスで南学さんと同室になって二晩も一緒に過ごした仲なのです。その時のことはあまり人には話してはいませんけど…

たぶんお弟子さんのなかにもそんは人はいないのではないかと「自負」しています。

三浦さん、南学さんのトークは東北大学 創生応用医学研究センター 酸素医学コアセンターの共催でもありました。

シンポジウムの後半からは研究会のメンターである山本雅之先生も駆けつけてくれました。

 

懇親会は「さくらキッチン」という学食の二階の「レストラン萩」行われました。ここ結構いけますよ。東北大学万歳!!

 自分のフォトストリーム-688

仙台では光のページェントという催しが行われていたはずなのですが目もくれず二次会で毒を吐いてホテルにたどり着きました。雨が雪に変わっていました。

 

この研究会の第一回は京大会館の狭い部屋でこじんまりと行われました。当時日本で低酸素誘導性因子を専門に研究している人はそう多くなく、「がん」との関連を追及している人はさらに少なかったのです。横浜市立大学の泌尿器科の近藤さんや世話人の一人の谷本さんはそういう研究者の一人でぼくはがんなどには興味は無くHIF-1の活性化の分子機序に興味があっただけでした。世話人の一人の井上さんは「がんと酸素代謝」には興味があってもHIFは敬して遠ざけようとする「あまのじゃく性」を持っていたと思います。近藤さんはがんの低酸素領域のマーカとしてHIFを使うという方向性だったし結構ばらばらの興味で10年以上やってきました。

村上春樹の短編小説に「タイランド」というのがある。 finalvent氏が旨く紹介している。(参照

主人公の「さつき」は世界甲状腺会議に出席するためにタイのバンコックを訪れている。 甲状腺会議がこのように描写される。

世界甲状腺会議はバンコック・マリオットの会場で、四日間にわたっておこなわれた。甲状腺会議は、会議というよりはむしろ世界的なファミリー・リユニオンのようなものだった。参加する全員が甲状腺の専門医であり、ほとんど誰もがほんとんど誰をも知っていたし、知らない場合には紹介された。狭い世界なのだ。昼間には研究発表があり、パネル・ディスカッションがおこなわれ、夜になるとあちこちで小さなプライベート・パーティーがひらかれた。親しい友人が集まって旧交を温めあった。みんなでオーストラリア・ワインを飲み、甲状腺の話をしたり、ゴシップを囁いたり、仕事のポジションについての情報を交換したり医学ねたのきわどいジョークを披露したり、カラオケ・パーでビーチボーイズの「サーファーガールズ」を歌ったりした。

こんな感じの研究会なのです、ぼくにとっては。

某麻酔科学会などではこの人何が目的でこんな事やっているのだろうかと思う時もあるのですが、この「がんとハイポキシア研究会」では「いかなる技術、いかなる研究も、同じくまた、いかなる実践や選択も、ことごとく何らかの善を希求していると考えられる」というニコマコス倫理学の冒頭の一節の通り「研究をすることそれ自体が「善」なのだ」という気持ちになれるのです。

ぼくがこんな清らかな気持ちでサイエンスに臨むのはこの研究会の期間中だけです。

今日はこれくらいにして続きは明日以降に。


仙台行きの飛行機の中でアルキメデスは手を汚さないを30年振りくらいに再読しました。

飛行場で見つけたのです。あの小説実は豊中の辺りが舞台だったのですね。トリックなどは少し古くさい感じもしますが現代でも十分通用すると思いました。


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License