医療機器メーカーのテルモ社が6月から新聞,雑誌に「医療の挑戦者たち」というシリーズ広告を掲載しています。

新聞広告としては朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、静岡新聞、山梨日日新聞の各紙に掲載されているようです。

なかな興味深い内容です。どの広告で取り上げられている内容もそれ自体ノーベル賞の対象となってもよいような業績で第4回でとりあげられたヴェルナー・フォルスマンは実際にノーベル賞を受賞しています。

フォルスマンの発明は,現在のノーベル賞の受賞対象から考えれば「こんな単純な発見で」という業績なのですが医学の発展への貢献は計り知れません。

中心静脈カテーテルを用いた栄養法も単純ですがこの技術無しには現在の先進医療は成り立たないほどの大きな技術です。

パルスオキシメーターの開発も医療に変革をもたらした発明です。

現在パルスオキシメーター無しのcritical care medicineは考えられません。手術中に使うモニターを一つしか選べないとしたら多くの麻酔科医はこのパルスオキシメーターを選ぶと思います。血圧測定より麻酔管理にとって有用な情報を提供してくれます。

パルスオキシメーターの技術は日本人が日本で発明したという事は麻酔科医にはよく知られていることですが一般的にはあまり知られていないことだと思います。

これにノーベル賞が出ても誰も異議を唱えられないと思います。助けた命の数は計算できないほど多いと思います。

肺がんの治療でも変異EGFRを標的とした治療が実用化されEML4-ALKを標的としたものも実用一歩手前です。ヘルペスウイルスを利用した脳腫瘍の治療法の開発も行われていています。後者の二つは日本人による成果です。

これらは完璧な技術ではなく欠点もあることは素人のぼくでも指摘できるのですがそれを書くことは目的ではありません。

日本発の治療法がいくつもあるということを強調したかっただけです。

iPS細胞はすばらしい発明です。今年ノーベル賞が出ても問題ないし,疾患の治療への応用が確立してから受賞してもそれはそれでどちらでもよいというような偉大な業績だと思います。

個人的には早い目にノーベル賞と文化勲章を同時に受賞,受章して騒ぎから解放された方がよいと思うので今年に,と思います。 どうなのでしょうか? あと数時間で結果は出ます。

もちろんそれ以外にも日本人がなした発見でノーベル賞に値するものはいくつもあると思います。

カメラロール-1613

最新号の医学雑誌”New England Journal of Medicine”にThe Past 200 Years in Diabetesというタイトルの総説が掲載されています。

糖尿病研究の200年を回顧したものです。その総説によれば糖尿病研究から7つのノーベル賞が出ていると言うことです。詳しく見てみると牽強付会の嫌いも無きにもあらずですが素直にそうだと言うこともできます。

原因,インシュリンの同定,その配列の決定,遺伝子の単離,組換えタンパク質を使った治療,またその後の研究はこの疾患の多くは生活習慣によるということの発見,さらに患者の疾患の自覚とそれへの教育体制の確立へと至までの過程は,現代の慢性疾患への人類の挑戦のロールモデルになっています。 200年の蓄積というか歴史の上に現在の治療が立っています。

“Standing on the shoulders of giants”という言葉がありますが全て学問はそのようになり立っているのだと思います。

ぼくは大学院に入った時にはもう亡くなった指導教授に「自分の研究が世の中の役に立つ」などと思うなと言われて研究を始めましたが最近では発見が直接臨床に還元されるというようなものも増えてきていると思います。若い先生はどんどん挑戦してください。でも一方臨床現場で患者に張り付くような臨床医としての活動も意味があることだと思います。

マスコミによれば今年はiPS細胞以外に文学賞を村上春樹氏が受賞することになっているようです。

文学体験は勝れて個人的な体験でありノーベル賞作家の小説がそれ以外の作家の小説より劣っているとか勝れているとか一般的に議論することに意味があるとは思えませんが仕方ありません。

ぼくは個人的には高校生の時代に読んだ大江健三郎氏の小説で人生が変わったと思っています。だからといって現在の彼の活動を評価しているわけではありません。村上春樹氏がノーベル賞を受賞しても小説の執筆に全力を投入してもらいたいと思います。領土問題などを彼が論じる必要など無いと思います。


カメラロール-1615

昨日家内と25年以上ぶりに山辺の道を歩きました。

桜井から入って天理までと思いましたが,崇神天皇陵を過ぎたところで横にそれて柳本でJRに乗って桜井まで戻りました。

天気がよくハイキング日和でした。大和青垣の風景は素晴らしく来年は春に訪れようと思いました。

【追記】
首尾よく今年に受賞されたようです。よかったです。近年まれに見る発明だと思います。


PDF

ドクターヘリってありますよね。
関西エリアでは公立豊岡病院・但馬救命救急センターが出動回数日本一なのだそうです。
あんな回数飛んでどうなんだろうと言う気もしますが,院長先生に聞くと随分役に立っているのだそうです。
いったい誰がヘリコプター代を負担しているのかと心配していたのですが国と兵庫,京都,鳥取の三府県の負担なのだそうです。
小林先生は夜でも例の飛行服を着たまんま病院内を闊歩されていますよ。

R0010485

Kindleですが,村上春樹氏の長編は「羊をめぐる冒険」から「海辺のカフカ」まで電子版で読むことができます。
便利なので全部電子版でも持っています。便利で読みたいときに読むことができます。
昨日から”Dance Dance Dance
を読み始めてさっき読み終わりました。日本語でないので少し時間が毎回かかります。

この小説の15,16章は大好きです。
大学院生の時代から留学するくらいまでホントに基礎研究に打ち込んだ時期があります。成果が出たかどうかは別としてこんなに楽しいことが世の中にあるのかと思っていました。
その当時は,研究関連のすべての「事」,「もの」に興味をもっていました。メーカーのカタログを眺めているだけでも楽しかったのを覚えています。

“I used to be glued to the radio every day. I spent all my allowance on records. I thought rock ‘n’ roll was the best thing ever created.” (参照

まさにこんな境地です。

もうそういうわけにはいかないのです。そもそもそんな時間も無いしね。それでも当たり前に研究の事が頭を離れることはないーというかそういう訳にはいかないという事情もあるーのだがひと頃とは全く関与の仕方が違ってきています。

小説で語られるとおりに

Maybe it’s because after all this time I think that really good songs—or really good anything—they’re hard to find (参照

ということもあるし,頭が固くなって自分の価値観でしか他人の研究成果を評価できなくなっていると言うこともある。実際,どの雑誌に出ているからどうとかほとんど最近は気にならなくなってきていますし,また,”この世界”の穢いものも随分見てしまったしそういうことかもしれません。それでもたまに自分たちのデータによる知的興奮を味わうことがありこれだから止めずに続けている。また真理ーあえてこの単語を使えばーの探究って本当に”善なる”ことなんですよ。あんまり人に言うことでも無いんだけどね。

ここら辺が主人公と13歳の少女の会話にうまいこと表現できていて読む人の琴線に触れてしまうところが彼の「小説」の偉大なところだとぼくは思っています。済みから済みまで日本語でまた英語で読む必要のある所以ですね。

R0010488

Kindleってタッチパネル版がでるそうですね。確かに便利になるかもしれません。時々画面を触りかけます,iPad, iPhoneの影響が大きすぎますから。でもこれは買い換えるつもりはありません。今のままで壊れるまで行きます。

件の先生にとってはヘリコプターが”rock ‘n’ roll”なのだと思います。同好の士が集まってやっているんだし廻りにはほとんど迷惑はかかっていないのだから直接関係の無い人たちがとやかく言うことは無いと思います。ウソだと思ったら豊岡で働いてみたらいいんですよ。

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)


PDF

昨年出版され米国でロングセラーとなっているThe Immortal Life of Henrietta Lacksの日本語訳が出版されるようです。以前紹介しました (参照1参照2
Amazon.comのkindle eBookもいまだにかなり売れているようです-$9.83です-。確かに読み応えのあるnon-fiction作品です。実験でHeLa細胞を使っているような人であればかなり面白いと感じると思います。邦訳がどの程度のできなのかは読んでいないので解りませんが最近は悪い翻訳本は随分と減ってきました。
あるとすれば大きな教科書を何人もの医者が訳しているというような場合に限られてきているのではないでしょうか(具体的に名指しをするのは差し控えますが,ぼくらの領域にも何冊かあります)。

不死細胞ヒーラ  ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生

http://farm3.static.flickr.com/2366/5803784300_b43bfdfdf9_m.jpg

生物学の研究において独創性とはどのように定義されるかというのはすごく昔から議論されてきた問題です。
生命科学まで間口を拡げればiPS cellの研究などは発明だし,創薬などについては独創という概念は比較的に適応しやすいと思いますが基礎的な生物学は生物が生物たる構造や機能の解明が目的である以上,また生物はそこにあり生きている以上,その仕組みを人間が”創造”するということはあり得ないとぼくは考えています。蛋白質や遺伝子のクローニングなどもその最たる例でしょう。対象となった蛋白質,遺伝子は研究者が見つける以前に存在しています。研究者はそれを「発見」しただけです。
発見法に新奇性はあったとしても蛋白質,遺伝子自体を「創造」したわけではありません。
そういう状況の中でまったくのconventionalな手法である性質を持つ蛋白質を同定して解析するという手法は健在です。
MCM Proteins Are Negative Regulators of Hypoxia-Inducible Factor 1

Molecular Cell, Volume 42, Issue 5, 700-712, 10 June 2011

GLS研ではこの手法で過去にいくつもの論文を報告しています。質量分析計を利用するようになりプロセスが高速化しているだけです。
そもそもHIF-1自体も考えられるもっとも正攻法を用いて単離された転写因子です。彼の方法論の根底にこれらを可能にする何かあるのだと思います。二年半彼といてかなり解ったと思ったのですがまだまだです。
同じ号のMolecular Cellに
A HIF-1 Target, ATIA, Protects Cells from Apoptosis by Modulating the Mitochondrial Thioredoxin, TRX2

Molecular Cell, Volume 42, Issue 5, 597-609, 10 June 2011

も掲載されていました。これはなかり興味深い論文です。
TRXとHIFっていろんな経路で深いつながりを持っています。その一端ですですね。
そうそう「細胞を創る」というような研究も最近あります。

平野啓一郎さんの小説「決壊」が文庫本になったようです。
以前に紹介したことがあります(参照)。

決壊〈上〉 (新潮文庫)

決壊〈下〉 (新潮文庫)

上・下合わせて1360円。タダみたいな値段ですね。

月曜日に投稿していた院生のKさんの論文の審査結果が帰ってきました。
初回は6人のreviewerにいろんな事を言われたのですが今回は3人まで減ってコメントもほとんど些末な事項になっていました。でも,一つだけ言っていることがよく理解できないコメントがありここ二日づっと悩んでいました。共著者のH田さんにアドバイスを求めたところナイスな指摘をしていただき疑問氷解です。よく考えたら初めの時のコメントもこのことを主に問題にしていたんですよ,reviewer1は。
というわけで追加実験無しでrevisionを終える決心がつきましたしこれで落とされることもないと確信しました。
久々ですねこんなにスカッーとしたのは。

ホントこうなると他人の論文を暢気に査読している場合ではありません。とっと問題点を挙げて残り一つをかたづけてしまおう。査読は一種の義務とはいえいくらやっても誰もほめてくれませんしね。自分たちの論文にはいろんな意味で人生がかかっているんだよ。

村上春樹の”What I Talk About When I Talk About Running”から

Pain is inevitable. Suffering is optional. Say you’re running and you start to think, Man this hurts, I can’t take it anymore. The hurt part is an unavoidable reality, but whether or not you can stand any more is up to the runner himself. This pretty much sums up the most important aspect of marathon running.

ほんと良いこと言いますよね。文学者の責任とかいって妙な政治的な発言などしなくて良いのに。
ぼく,中学生の時は陸上部でタダひたすら走らされていました。しんどいときに唱える言葉というか歌というか思い出すある情景がありました。研究でも臨床でも”しんどい”時に唱える「マントラ」って誰にでもあるのです。

The Immortal Life of Henrietta Lacks


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License