東京

On 2017/2/19 日曜日, in book, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

東京

火曜日から二泊で東京出張をしてきました。

要件は詳しくは書けませんがすごく珍しい体験でした。会う人会う人に聞いてもらいたいのですが語れないということでフラストレーションが溜まっています。

水曜日に知り合いの先生に神楽坂に連れて行っていただきました。 ああいう風情の場所は大阪にはありません。

 IMG_3919

総武線と中央線の違いがやっと解りました。

間違えると秋葉原にたどり着けないのですね。

 

梅田駅では考え事をしながら歩いていても他人とぶつかることはほとんどないのですが東京ではそうはいきません。

怖いところです。

 

IMG_3909 

 


しんせいかい

芥川賞の受賞作は雑誌文藝春秋で読むことにしています。

今回の「しんせいかい」も読みました。 あらすじ,批評はいろんなところで紹介されています。 

ぼくには十分おもしろかったです。

「長い時間がたち、あのときの自分に対して肯定的でも否定的でもない境地になれたから執筆できた」と作者も話しているようにホントの意味での一種の青春小説です。

 

【谷】の生活って【研究室】とか【医局】の生活と共通の部分がたくさんあります。【先生】がいてすごく理不尽な制約を課せられます。

 しかし,【研究室】と【医局】で違うところもあります。

 

研究はこれを生活の糧として行うのと一種の趣味として行うのでは大違いです。

趣味にできたら「普通の人」にとってはある意味幸福なのかも知れません。ここでいう趣味とはおもしろいと思った事だけをおもしろくやることです。これだけやるだけならそうお金がなくとも十分にやっていけます。生活のタメでなく研究をやっていてそれを楽しめなかったら最低です。

結局,才能の問題に帰着します。

 

一方【医局】では才能が問題になることはありません。方法をよほど踏み外さなければ誰でも所期の目的は達成できます。

 IMG_3922

選考委員の吉田修一は「胸ぐらをつかんでもらえる期待感を持って【谷】に行ったのに、そうはならないという『空振り感』が主人公にある。王道の青春小説」と評したとありますがこれはうまいこと言うなと思いました。

 


レジデント初期研修用資料 医療とコミュニケーションについて

先日「死にゆく患者と,どう話すか」を紹介しましたが本棚をながめていたらmedtoolz氏の「レジデント初期研修用資料 医療とコミュニケーションについて」を見つけました。

名著です。

この本はまさに実践的な本で読んだことがない人は一度は読むべき本です。

このエントリーを見た人はラッキーです。 2011年の本ですが,Amazonに二冊残っています。中古もあります。

IMG_3920

自分のmacからUSBメモリ経由で他人のWindows機にファイルを移そうとしてできないという現象に見舞われてしまいました。すこし前にはできていたのに変だなと。 今までfileはmailで送ったりgoogle driveで受け渡しをしたりで事なきを得ていたのですが先週それでは困るという事態に陥り問題の打開に取り組みました。

まずうまくいかないUSBメモリを再フォーマットすることにしました。

macの付属ソフト「ディスクユーティリティ」でUSBを選択して「MS-DOS(FAT)」でフォーマットをしたのですが状況は変わりません。

ここでググると「方式」を「マスター・ブート・レコード」にしてから行わないとうまくいかないことが解りました。

こんなことで20分くらい時間を費やしてしまいました。

 


日当直

朝から日当直です。今までまったく麻酔していません。

このまま残り10時間で朝までたどり着けばいいのにと思っています。

IMG_3917

 

今日の午後大学院生がいつの間にか全員集合していました。

ぼくも結構いろんな事をかたづけました。論文の「寄せ」もできたので大満足です。

 

【谷】からの脱出にはdataが必要です。いくら趣味でできたらと思っても博士号は取りましょう。

 

【追記】よく眠れました 


PDF

昨日当直でした。20時前に手術が全て終了というぼくの当直史上初の出来事が起こりました。

 

IMG_4932

 

土曜日の朝からの某任務のため金曜日から東京でした。

任務を無事終えて帰宅した翌朝出かけようとしたらiPhoneで使っていたearphoneが見当たりません。

鞄の中など全て探しましたがありません。

新幹線の中で音楽を聴いたことは覚えていますから新幹線かそれ以降ということになります。

JR東海、JR西日本に電話連絡をして阪急池田駅と梅田駅、土曜の夜によったラーメン屋に尋ねましたが該当のものはありませんでした。

家内にはまた怒られ「だから出世しないのだ」とかいわれ散々な目に遭いました。仕方ないのでiPhone 5Sについていたearphoneを使って一日を過ごし「結構いい音だな」と自分を慰めていました。

いっそ新しいものをと思ったのですがほとぼりが冷めるまで我慢しようと考えていました。

夜を迎えて風呂から上がって月曜日の朝に着るものなどを用意していつもの場所におこうとするとearphoneがそこにありました。一旦、居間においてある鞄の横に移して別のことをして部屋に戻ると家内が怒りまくっていました。どうもぼくが昼間のうちに新しいものを買ったのだと思ったようなのです。説明すると納得してもらいましたが同時に「お前の様な不注意な人間はもうダメだ」と再度言われました。

そんなことならいっそ新しいのを買ったらよかったと思いました。

 


Apple Macintoshが1984年の1月24日に発売されて30年なのだそうです。

ぼくのfisrt macは1989年に買ったSE/30でした。ハードディスクと一緒に通販で買って確か80万円位しました。

HyperCardというアプリがついていて HyperTalkという言語を使って結構いくつものstackを作りました。

その後インクジェットプリンターも買ったので結構長くSE/30は使っていました。

大学院に入って当時出ていたmac cloneを使っていましたが持ち運びしたいということでJY先生のお下がりのPowerBook Duoも同時に使っていました。このころからInternetとかe-mailとかが一般的になってきて研究生活にも無くてはならないものとなっていました。

なんか昔のことを思い出してしまいました。

ところであのGLSさんのfirst macもSE/30のはずです。彼の部屋に飾ってあります。初めてのRO1 grantをそれで書いたのだそうです。

 IMG_4934


今年最大級の発見が昨日から話題になっています。

素人のぼくでもいろんなことが思いつくopenな問いを話題を提供する大きな発見なのだと思います。

着想は相当早くからということですが、おそらくこの話を聞いて「ああそうなんだ」と思う人はいると思います。

例えばMUSE(Multilineage-differentiating stress-enduring)細胞も詳細の異同はあるとしてもコンセプト的には似たようなものかも知れません。しかしMUSE細胞について今回全然言及されていませんね。大丈夫なんでしょうか?というよりいまどうなっているんでしょうかMUSE細胞。これは突っ込むとやばそうなので止めておきます。

またこれも方向性は似てますよね。

 

アイデアに対する信念とそれを可能にする道具立てがそろうと「何かが可能になる」と云うことなのかもしれません。条件の設定とかにすごく手間が掛かったのだと思います。実験量も大量でそのわりには著者が少なく結局はほとんどの実験は彼女自身でやったのではないでしょうか。

iPS細胞で細胞のreprogrammingを起こすことができるという確固とした事実があるから意味突き進めたのかもしれません。やっぱりiPS細胞ありきだとは思います。

 

研究の推進者が30歳の女性だったという事もこの報道を大きくしている理由だと思います。

学位を取得してまだ三年くらいなのだそうです。

 

数学とか理論物理学は特権的な学問です。つまり努力では如何ともしがたい知的能力がないと一人前になれないという非情な分野だということです。

生物学はまだまだアイデアと熱意で何とか突っ走れる民主的な学問分野だということが今回の一件でもあきらかになったと思います。

ノーベル賞ランナーの向こうを張ってアイドル研究者になってもらいたいと思います。臨床応用なんて暇のある人任せにして王道を歩んでもらいたいと思います。

多くの理系女子学生の星にもうなっているしね。

 小保方さん今現在「今まで生きてきた中で、一番幸せです」状態なのでしょかそれとももっと他に幸せなことがあるのでしょうか。

学会に出かけたら多くの人が自分らが命名した分子や細胞の名前をしゃべっていたらホント痛快ですよ。ぼくも某分子でそういう経験したことあります。エレベータで握手求められたりしますから。今回はそれだけじゃ済んでいないようですけど。 

でもすごいのは理研の力です。大学院を出る前の研究者のアイデアをここまで大きく膨らませるなんて。 竹市先生ってすごいと思います。上田さんを連れてきたり小保方さんを連れてきたり。

若いマウス由来の細胞だけで無くいろんな種類の細胞でSTAPが起こるかどうかなどが一番の焦点なのでしょうがもう検討は相当進んでいるんでしょうね。 [New York Timesに出てますね。大人の猿からはOK、ヒト新生児の皮膚からもいけるけど大人のヒトからはまだだそうです。] 

 

この細胞控えめにpluripotentと言っていますがso far totipotentでいいじゃないんでしょうかというかそこが言いたいのでは。

つまりiPSじゃないよと。なのでSTAPじゃなくてiTS cellとホントは命名したかった、でもなんぼなんでもこれはヤバイか。

またこれってiPSじゃなくてiTSだからiPSの特許とは無縁なんでしょうか。人ごとながら気になります。もっとうまくいったら特許を独り占めにしてじゃんじゃん稼いじゃってください。

IMG_4931

たぶん今日家に帰ったら家内に「お前はもう研究止めろ」と言われると思います。彼女はまともな研究はテレビとか最低限新聞に取り上げられるからそうでないぼくの研究は意味がないと本気で思っていますから。

 


PDF
Tagged with:  

呼吸器学会で上京しました

On 2013/4/20 土曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

転勤して三週間経ちました。

「手抜き」のやり方がわかってきて日々の生活にリズムが出てきました。

会う人会う人に痩せたと言われるのですが家内に話したら「いい気になっているんじゃないよ」と言われました。実際には痩せているのです。疲れとかストレスとかでなくただ単に夕食のカロリーが今までに比較して格段に減っているだけなのです。

呼吸器学会

第53回呼吸器学会学術講演会に参加のために上京しています。

学会自体は金曜日から行われています。ぼくの仕事は日曜日のシンポジウム「急性肺損傷・肺循環障害の分子病態」への参加です。

新幹線を降りて会場の東京国際フォーラムに向かいました。地下道だけを通って到達することができるのですね。

KITTEって何だと考えていたらこれは「切手」に由来しているのですよね。日本郵便のビルですし。

カメラロール-3253

16:00からの「公開講演会」に参加しました。

カメラロール-3255

あの桑平 一郎先生の「低酸素環境をいかに生き抜くか―鳥や恐竜、K2登山隊、潜水哺乳類に学ぶ」

長崎大学の石松 惇先生の「海と陸地の狭間に住む魚たち―有明海の干潟に住むトビハゼとムツゴロウを中心に」を聴きました。

石松先生のトビハゼの生態の話しには年甲斐もなく感動してしまいました。

桑平先生方の出版された「呼吸のトリビア -レスピ・サピエンス-」という本があるのですが,学会会場の書籍販売所で売り上げ一位を獲得していました。

「トリビア2」も販売開始されていましたがamazonではまだですね。

カメラロール-3262

某打ち合わせのために帝国ホテルを訪ねたのですが結婚披露宴などですごい人でした。某打ち合わせは何とか成功裏に終わり良かったです。この会でも「痩せた」と言っていただきました。


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License