「新対話編」を読みました

On 2020/5/7 木曜日, in book, books, by bodyhacker

新対話編

3/14に「雑感: COVID-19」というエントリーを書きました。

この時からCOVID-19に対する考えに変わりはありませんが、家内にいわれて人前ではマスクをするようになりました。

つくづく医学は未だ不完全な学問なのだと思います。

 

正義は剰余から生まれる――いま哲学の場所はどこにあるのか」を読みました。

東浩紀さんをホストとした國分功一郎さんとの対話です。2017年に出版されました。

部分的にネットで読むことができます。 対談の全ては先日出版された「新対話篇」で読むことができます。

途中以下の様なやりとりがあります。 ネットで公開されている部分なので大きく引用します。(太字はぼくが入れました。引用に省略があります)

國分: とくにぼくが大きなインパクトを受けたのは、大衆社会の大衆は「なにも信じていない。だからなんでもすぐに信じる」、そして「なんでも可能だと思っているが、なにも真理ではないと思っている」というふたつの指摘です。そのような状況に対するアーレントの答えは、真理を信じることの回復でした。「信じる」ことはどうしたら可能かを、アーレントは考えようとした。

東: 重要な問題提起ですね。さらにつけ加えて言えば、いまは、ひとになにかを信じさせることが、情報を与えることとイコールだと思われてしまっているんですよね。イデオロギーの問題から疑似科学の問題まで、あらゆることについて「Aか反Aか」というふたつの立場があり、陣営が分かれ、たがいに敵は嘘つきだ、なぜならばこれこれのデータやエビデンスがあるからだと言いあっている。しかし、それはひとを「信じさせる」ことではない。情報をいくら与えても、ひとの意見は変えられない。

國分: 情報提供のテクノロジーはインターネットの登場で格段に進歩しましたが、一方でひとを「信じさせる」テクノロジーに関しては、ぼくたちはまったく原初的なものしか持っていない。それこそ、結局、会って握手するとかがいちばんだったりする。情報を与えることが意味をなさない世界にぼくたちは生きている。

まさに今現在起こっている事です。

ぼくは別に専門家会議の見解を信じろといっているわけではありません。念の為。

 

この「新対話篇」どの「対話」も興味深いのですが以下の二つは特に印象に残りました。

鈴木忠志氏との「テロの時代の芸術」

芸術だけでなくなぜ科学をする必要なあるのか腑に落ちたというかこれからはこういう云い方をしようと思った表現が見つかりました。

原武史氏との「国体の変化とジェンダー」

神々の乱心 (上)(下)」を再読したくなりました。


COVID-19関連研究

COVID-19関連で何もしないのも何なので若い人と協力して論文を一つ作成中です。

多分来週中には(もしかしたら今週中に)紹介できると思います。


青空文庫から

少し前に「推薦図書 10冊 2020年4月版」というエントリーを書きました。

今日は、「青空文庫」から二つ紹介します。

青空文庫」ですから誰でもどこでもタダでお読み頂けます。

好きなシーンを紹介する事にします。

三四郎 -夏目漱石

主人公である小川三四郎にはモデルがいるのだそうです。漱石の弟子である小宮豊隆です。

小宮は、福岡県仲津郡(明治29年京都郡に編入)久富村(現在の京都郡みやこ町)出身の田舎者で上京するのです。

三四郎が上京し同郷の野々宮さんの研究室を訪ねたシーンです。

野々宮さんは物理学者です。

「昼間のうちに、あんな準備したくをしておいて、夜になって、交通その他の活動が鈍くなるころに、この静かな暗い穴倉で、望遠鏡の中から、あの目玉のようなものをのぞくのです。そうして光線の圧力を試験する。今年の正月ごろからとりかかったが、装置がなかなかめんどうなのでまだ思うような結果が出てきません。夏は比較的こらえやすいが、寒夜になると、たいへんしのぎにくい。外套がいとうを着て襟巻をしても冷たくてやりきれない。……」  三四郎は大いに驚いた。驚くとともに光線にどんな圧力があって、その圧力がどんな役に立つんだか、まったく要領を得るに苦しんだ。

三四郎は

たまたまその中にはいってみると、穴倉の下で半年余りも光線の圧力の試験をしている野々宮君のような人もいる。野々宮君はすこぶる質素な服装なりをして、外で会えば電燈会社の技手くらいな格である。それで穴倉の底を根拠地として欣然とたゆまずに研究を専念にやっているから偉い。しかし望遠鏡の中の度盛りがいくら動いたって現実世界と交渉のないのは明らかである。野々宮君は生涯現実世界と接触する気がないのかもしれない。要するにこの静かな空気を呼吸するから、おのずからああいう気分にもなれるのだろう。自分もいっそのこと気を散らさずに、生きた世の中と関係のない生涯を送ってみようかしらん。

こんなことも思うのです。

このシーンの直ぐ後、三四郎は日本近代小説最強のヒロイン美禰子さんを見初めます。

二つ目は

戯作三昧 -芥川龍之介

南総里見八犬伝の作者滝澤馬琴が主人公です。

八犬伝はおわかりのように明らかに水滸伝のパクリです。このことがこの小説の伏線となっています。

芥川も平安時代の物語にネタをもつ一連の小説を発表しています。つまりこの場合の馬琴とは芥川龍之介自身のある側面を代表しているとも言えるのです。

「八犬伝は相変らず、捗はかがお行きですか。」  やがて、崋山が話題を別な方面に開いた。 「いや、一向はかどらんでしかたがありません。これも古人には及ばないようです。」 「御老人がそんなことを言っては、困りますな。」 「困るのなら、私の方が誰よりも困っています。しかしどうしても、これで行けるところまで行くよりほかはない。そう思って、私はこのごろ八犬伝と討死うちじにの覚悟をしました。」  こう言って、馬琴は自ら恥ずるもののように、苦笑した。 「たかが戯作だと思っても、そうはいかないことが多いのでね。」 「それは私の絵でも同じことです。どうせやり出したからには、私も行けるところまでは行き切りたいと思っています。」 「お互いに討死ですかな。」  二人は声を立てて、笑った。が、その笑い声の中には、二人だけにしかわからないある寂しさが流れている。と同時にまた、主人と客とは、ひとしくこの寂しさから、一種の力強い興奮を感じた。 「しかし絵の方は羨うらやましいようですな。公儀のお咎とがめを受けるなどということがないのはなによりも結構です。」  今度は馬琴が、話頭を一転した。

その夜のことである。  馬琴は薄暗い円行燈まるあんどうの光のもとで、八犬伝の稿をつぎ始めた。執筆中は家内のものも、この書斎へははいって来ない。ひっそりした部屋の中では、燈心の油を吸う音が、蟋蟀こおろぎの声とともに、むなしく夜長の寂しさを語っている。  始め筆を下おろした時、彼の頭の中には、かすかな光のようなものが動いていた。が、十行二十行と、筆が進むのに従って、その光のようなものは、次第に大きさを増して来る。経験上、その何であるかを知っていた馬琴は、注意に注意をして、筆を運んで行った。神来の興は火と少しも変りがない。起すことを知らなければ、一度燃えても、すぐにまた消えてしまう。…… 「あせるな。そうして出来るだけ、深く考えろ。」  馬琴はややもすれば走りそうな筆をいましめながら、何度もこう自分にささやいた。が、頭の中にはもうさっきの星を砕いたようなものが、川よりも早く流れている。そうしてそれが刻々に力を加えて来て、否応なしに彼を押しやってしまう。  彼の耳にはいつか、蟋蟀こおろぎの声が聞えなくなった。彼の眼にも、円行燈のかすかな光が、今は少しも苦にならない。筆はおのずから勢いを生じて、一気に紙の上をすべりはじめる。彼は神人と相搏あいうつような態度で、ほとんど必死に書きつづけた。  頭の中の流れは、ちょうど空を走る銀河のように、滾々こんこんとしてどこからか溢あふれて来る。彼はそのすさまじい勢いを恐れながら、自分の肉体の力が万一それに耐たえられなくなる場合を気づかった。そうして、かたく筆を握りながら、何度もこう自分に呼びかけた。 「根かぎり書きつづけろ。今己おれが書いていることは、今でなければ書けないことかも知れないぞ。」  しかし光の靄もやに似た流れは、少しもその速力をゆるめない。かえって目まぐるしい飛躍のうちに、あらゆるものを溺おぼらせながら、澎湃ほうはいとして彼を襲って来る。彼は遂に全くその虜とりこになった。そうして一切を忘れながら、その流れの方向に、嵐あらしのような勢いで筆を駆った。  この時彼の王者のような眼に映っていたものは、利害でもなければ、愛憎でもない。まして毀誉きよに煩わされる心などは、とうに眼底を払って消えてしまった。あるのは、ただ不可思議な悦よろこびである。あるいは恍惚こうこつたる悲壮の感激である。この感激を知らないものに、どうして戯作三昧げさくざんまいの心境が味到されよう。どうして戯作者の厳おごそかな魂が理解されよう。ここにこそ「人生」は、あらゆるその残滓ざんしを洗って、まるで新しい鉱石のように、美しく作者の前に、輝いているではないか。……

このような境地を野々宮さんも味わっていたはずだと思いたいです。

実はこのシーンの後にオチがあります。

なので是非最後までお読みください。


PDF
Tagged with:  

「ゆるく考える」

On 2019/3/8 金曜日, in book, hypoxia reseacrh, by bodyhacker

一昨日、昨日から一転して春の陽気です。

何時に家を出るとロス時間なく職場にたどり着けるかを検討しました。私鉄各社が時刻表を微妙に変えるので定期的な検討が必要になってきます。

昨日30分遅く出てみたら結局30遅く着くだけだったし阪急電車で座れないかもという局面だったのでこれはボツ。今日15分遅く出てみたらなんといつもの京阪特急に淀屋橋に乗ることができました。つまりぼくは今までムダに15分早く家を出ていたのですね。

イヤなニュースをみて心がすさんでいたのですが論文がアクセプトされたのを11時頃知ってげんきになりました。


「ゆるく考える」

東浩紀さんの「ゆるく考える」を読みました。日本経済新聞、雑誌文學界その他に発表した比較的に短い文章を集めて一冊にしたのです。

ゆるく考える

日経のものは2018年に夕刊でコラム的(プロムナード 金曜日)に発表されたのもの、文學界のものは2008–2010年に掲載されたものでそれに2010–2018 年にわたっていろんなメディアに散発的に発表されたものの集合体です。タイトルに「ゆるく」とあるように東さんの他の著作と比較して大分-「おおいた」ではなく「だいぶ」ーゆるいです。

2018年の連載なので日経電子版を購読している人は第一章のに入っているプロムナードのエッセイは全部読むことができます。

には特に興味を引かれました。

ぼくには2人子どもがいますが育児は家内がほとんどしてしまったのでこういう事を今まで実感を持って考えた事がなったのです。その代わり大学院生は今まで20人近く看てきたので「大学院生指導の反復可能性」というエッセイは書けるかも知れません(「育児の反復可能性」)。

第二章は「なんとなく、考える」というタイトルの連載評論で構成されています。東さんが著作で扱ってきた主題を2010年風に概説しているような内容でこれは東さんの体系への良いイントロダクションになっていると思いました。

存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて

一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル

弱いつながり 検索ワードを探す旅

クォンタム・ファミリーズ

動物化するポストモダン オタクから見た日本社会

そしていままでの思索の集大成というべき

ゲンロン0 観光客の哲学

へと流れ込んでいきます。

ゲンロン0 観光客の哲学

一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル

弱いつながり 検索ワードを探す旅

クォンタム・ファミリーズ

動物化するポストモダン オタクから見た日本社会

は文庫本、新書になっています。

何か一冊とすれば「ゲンロン0 観光客の哲学」をお薦めします。読み終えれば感動すら覚えると思います。

朝日新聞の企画「平成の30冊」では4位に入っています。


PDF
Tagged with:  

「告白」がいると思います

On 2014/7/31 木曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

久しぶりの更新です。

某案件なんとか処理できました。 ここ数週間で200篇くらいの数の論文をメモを取りながら読んでmacに向かい文章を書くという作業を続けてきてやっと完成です♡。

月曜日の朝に原稿をmailで編集部に送ったのでこれで編集部から何か言ってくるまでなにもしません。

IMG_9213


小林秀雄に「蘇我馬子の墓」という文章があります。(文庫本では「モオツァルト・無常という事」に収録されています。

岡寺から多武峰へ通ずる街道のほとりに、石舞台と呼ばれている大規模な古墳がある。このあたりを島の庄と言う。島の大臣馬子の墓であろうという説も学者の間にはあるそうだ。私は、その説に賛成である。無論、学問上の根拠があって言うのではないので、ただ感情の上から賛成しておくのである

こんな風に始まる1950年に「藝術新潮」に発表された一種の随筆です。

途中に

歴史は元来、告白を欠いている。歴史のこの性質を極端に誇張してみたところに唯物史観という考えが現れた。奇妙な事だが、どんな史観も歴史を覆うことはできないもので歴史から告白を悉く抹殺したいという考えが通用する為には、一方、告白なら何でも引受けた文学が発達していなければならない。歴史はいつもそんな風に動く

という部分があります。

何が言いたいかというとオボちゃんの一件です。

「真相」「真相」というのですが皆のいう「真相」ってどんなものなのかよく解らないし,そんなものが明らかになるのかどうかもぼくにはよく解りません。

話がここまでくると、とにかく当事者の「告白」無しには幕は引かれないのではないかと思います。 例えば「有名になりたかった」、「皆をあっといわせたかった」、「誰か特定の人にほめてもらいたかった」とか「株で儲けたかった」とかあるとぼくなんて「そうだったんだ」と簡単に納得しちゃうかも知れませんしその後はもうどうでもいいかという気にもなるかもしれません。 ついでに全てのfigureのレシピなども教えてもらえると参考になりますよね。

「告白なら何でも引受けた文学」というのはこの場合、あの「ムーミン谷のオホホポエム」でしょうか。

New York Timesに面白い記事がありました。 米国の教会で信者の「告白」の記録が見つかったという話です。 お祈りをさぼったとか、結婚前にセックスしちゃいましたとかそんな話です。 “In Church Attics, Clues to the Private Life of Early America

10年後に明らかになるSTAP騒動の真相でもいいです。

しかし告白と言っても「藪の中」的な告白ではやっぱり「真相」など明らかにはならないかもしれません。仕方ありません。

IMG_9179


この問題でも多くの発言をしてこられた榎木英介さんが「嘘と絶望の生命科学」という新書を出版されました。

書いてある事は全て本当だと思います。


第5章「バイオを取り戻せ」の冒頭で、榎木さんはなぜ自分が「研究をやめた」かについて書いておられます。

ぼくも似たような事を考えた事があります。

留学先の米国から日本に戻るときに大学や病院でなくある研究所に理事長・理事面接を経て就職しました。 待遇(給料・研究費)はよかったと思います。 毎日夕方には一回帰宅して夕ご飯を食べて近くのプールで一泳ぎして夕ご飯を食べてもう一度研究室に戻るというような生活を送っていました。

しかしその中でいろいろと考えてこのままでは自分がダメになると考えて研究所をやめることにしました。

研究が主たる生活(実際は週に一度理事長に許可をもらって麻酔もしていました)に疲れたのかも知れません。別の研究機関へ移動すると言うより麻酔に軸足を置いた生活に戻る事にしました。

大学の元いた医局の教授に話したら教員の席をぼくのためには作れないということだったので当時一緒に研究を進めていた院生4人と一般病院に転出してそこで研究活動を継続しました。

基礎研究と臨床をできるところまで継続しよう、それができなくなったら基礎研究をやめようという考えです。以後その考えでずっとやってきました。

そこでわかった事は、研究というのは「どこでも」できるのだとうことです。 市中病院でも病院を選べばできます。異動した北野病院は市中病院ですがすこし特殊な病院で研究室がありました(成り立ち的には田附興風会医学研究所の病院が北野病院です)。 幸い呼吸器外科に本格的に研究を進めていた先生がいて研究機器などを使わせてもらう事ができて直ぐに研究室が立ち上がりました。当時できたらいいなと思ったのにできなかったことはDNA sequencingくらいなものでした。

結局、北野病院で過ごした日々はぼくの研究歴の中でもっとも楽しい時間を過ごした時期となりました。

研究は「人」が一番で「施設」や「お金」はやろうと思えば何とかなるのだということを学びました。

IMG_9427

朝日新聞にこんな記事が出ていました。

バイオパンク―DIY科学者たちのDNAハック!」 という本もあります。

実際はいろんな規制があるのでそう簡単にはいかないとは思います。 しかし「がん研究レース―発がんの謎を解く」によればガン抑制遺伝子RB発見はこのようなDIY的な研究(行われたのはMGHでですが)から端緒が開かれたようです。結構心温まるエピソードが紹介されています。

現在のぼくの職場は私立医科大学ですがぼくが研究に必要とする測定機器一式は配備されています。 大学院生もやって来てくれて、テーマを限れば十分に研究の遂行は可能です。 大それた事を考えずに、できる事をできる範囲で行うということを続ければ研究は続いていきます。

バントでもよいのでとにかく出塁しているうちに三塁打を打つのが目標です。

自分でも実験をしていて、目下の最大の問題点はぼくの「老眼」です。この克服は結構至難のわざと思います。さっきも危うくwellを間違えかけました。

 

第4章「研究不正」では「分子生物学会の会員へのアンケート結果」とNature誌に発表された研究者3247人へにアンケートの結果(Scientists behaving badly )が紹介されています。 ここで紹介されていることが「研究不正」というなら今まででいくらでも見てきました。 直接批判したこともありますが大抵は無視されました。 共著者にならないのであればぼくの責任の範囲外と思うしかありません。

 

ということは実際にはあります。

IMG_9432


嘘と絶望の生命科学」に「書いてある事は全部本当だ」と書きましたが一つだけ同意できないことがあります。

「論文、論文、論文」(p173から始まる段落)でPublish or Perishなどど書かれていますが多くの大学教員・研究者について少なくとも日本ではこれは成り立ちません。多くの特に医学部の臨床系の教員にとっては論文など実は大きな意味はありません。某大学に9年ほど前に異動したときも臨床系の教員は研究成果を出すことを期待されていないからと教授に言われたことを覚えています。つまり研究は「趣味」でやってくれと。

臨床系では教授以外の全ての教員の人事は担当の教授が全て決定してそれに異論をはさむ人はいません。 どんなに研究業績があって普通の医療行為ができる人であっても教授に気に入られなければ出世しません。 また助教への採用にも博士号はおろか研究業績も必要がありません。これはいわゆる旧帝国大学でもそうなのです。 論文などいくら書いたところでまたその論文がいくらインパクトが高くても医学部の臨床科ではほとんど昇進などに関係はありません。 論文などたくさん書き研究業績はあるとむしろ嫌みに思われるのが「落ち」です。 臨床も研究も人間の知的能力の発露であるので普通に両方できる人はいくらでもいるのですが、研究をしていると臨床能力に乏しいのではないかと邪推されることさえあります。 なので研究をして論文を書く必要はごく一部を除けばありません。

それではなぜ「ディオバン事件」が起こるのか。 これを説明するのはぼくでもすこし憚られます。


医学部では博士号の取得に関連してお金が動くという「都市伝説」については少なくともぼくの所属していた講座では見たことも聞いたこともありません。 少なくとも15年くらい前までは京都大学の医学研究科でもそのような事が実際にあったとは聞いたことがあります。 しかし、いまだにやっているところは「ない」とは思っています。

今回、早稻田大学の大学院があんなに野放図と知ってびっくりしました。自分が直接指導する大学院生の論文は自分の論文より詳細にチェックするというか心配でしてしまうのが普通の感覚では無いかと思います。あれで「学校の先生」がつとまるのであればこんな楽な事はないともいます。

 

こんなことを言う人もいて「ギョッと」はしますがそういったこともあるかなとは思います。 しかし、博士授与の実積といってもぼくのような職位ではそれは実積にはなりません。全て教授の実積となります。誰にもほめられません。

PNASに身も蓋もない結論の論文が出ていました。(Elite male faculty in the life sciences employ fewer women )

こんな話もあり結局は皆大きな大学の研究室や医局に集まるのだと思います。 しかし研究はあくまでも研究室の単位で行われるものです。旧帝国大学の講座であるからといってすべて素晴らしい研究を行っているわけではありません。投入されているお金との関連で言えばかなり「お寒い」講座・研究室があることは事実です。

IMG_9212

impact factorの最新分が発表になったそうです。(参照

一方、Pubpeerでは” A crisis of trustと題するブログエントリーが出ていて

Sanfransisco DORAからはimpact factorを使わない研究者の評価法について以下の様な勧告が出ています。( Inspiration and Good Practices)

Thomson Reuterからは THE WORLD’S MOST INFLUENTIAL SCIENTIFIC MINDS 2014  が発表されたりもしていますのでさすがにより重要なのは掲載された雑誌のIFではなく個々の論文の引用回数だということでしょうか。まあ当たり前ですね。

さらに、Natureでさえこんな論説を出しています。

だからといってImpact Factorの呪いは解けないと思います。

IMG_9430


小林秀雄の「蘇我馬子の墓」はこんな風に終わります。

私は、バスを求めて、田舎道を歩いて行く。大和三山が美しい。それは、どのような歴史の設計図をもってしても、要約の出来ぬ美しさのように見える。万葉の歌人らは、あの山の線や色合いや質量に従って、自分たちの感覚や思想を調整したであろう。取り止めもない空想の危険を、僅かに抽象的論理によって、支えている私達現代人にとって、それは大きな教訓に思われる。伝統主義も反伝統主義も、歴史という観念学が作り上げる、根拠のない空想に過ぎまい。山が美しいと思った時、私はそこに健全な古代人を見つけただけだ。それだけである。ある種の記憶を持った一人の男が生きて行く音調を聞いただけである

多くの科学者はその名前が後々まで語り継がれることはめったにありません。ノーベル賞を受賞した人くらいでしょうか。

そう考えるとゆっくりやっていきたいという気にもなります。

家内からはどうせノーベル賞は取れないのだから即座に研究をやめて金儲けに走れと常に言われています。

ごく健全な考えだとぼくも思っていますが確実に儲かる方法が思いつかないので結局は現状維持です。


嘘と絶望の生命科学 (文春新書 986)

IMG_9191


東浩紀さんの「弱いつながり 検索ワードを探す旅」を読みました。

示唆的で考えさせられるところが多い本だと思いました。

「弱いつながり」をきちんと作るには、排除の論理が必要かも知れません。その「論理」は別に公である必要はないし個人的なものでよいと思いますけどとにかく排除性は必要です。

研究室もこのスタンスで運営できれば楽しくいけると思います。本当は医局もこれで良いと思うのですが大学とかだと閉鎖性、排除性を押し出すことができないから…

弱いつながり 検索ワードを探す旅


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License