空は真っ青なのに吹雪いているというような不思議な天気でした。
手術室の廊下からよく見えるのです。
夕ご飯に外出したとききれいな満月が東山から昇ってきたところを見ました。空は澄み渡っていて本当にくっきりすっきりの月でした。

R0012173

昨日と今日の御大のブログエントリーがネットで話題になっています。
昨日のエントリーは「科学技術政策の底で:貯蓄型から宝くじ志向生活へ」です。

有名ジャーナルにでると、研究費がもらえる、ありきたりジャーナルにいくらだしても研究費はもらえない。これが真実かどうかではなく、そういうふうに日本の研究者の多くは考えているのです。

ぼく自身はこう考えた時期もありましたが某研究所を辞めるときにそういった考えとはきっぱりと縁を切りました。基本的には自分の興味のある事をできる範囲でするというスタンスです。今後はわかりませんが幸い今まで何とか研究を継続してくることができました。

重点領域、重点研究、などといっているうちに、国立大学の研究室ではほんらいあるべき研究が歯がぬけるように減っているのではないでしょうか。

これはそうかもしれません。特に臨床講座では格差が激しくなっていると思います。麻酔科学教室が手がけるのは生理学または薬理学の延長上にある研究テーマであり余りお金になりません。学内でも全然お金とポストが廻ってきません。

根本的には普通の研究をしてつましくても長期の研究をしたいと願う若者がどんどん減っているのです。なぜなら、そういう若者の存在をまったく日本は奨励しなくなったからです。
研究が射倖性の高い職業になってしまったのです。

くじに当たるはずれるといような次元で研究とつきあっていると「脳」を病んでしまいます。一方,医者は自分の行為が絶対的に他人の為になっているのだと確信でききる局面に遭遇できます。精神衛生上とてもよろしい。
ぼくは,臨床の片手間に研究をしているわけでもないし,研究の慰みに臨床をしているわけでもありません。ぼくにとっては両方必要なのです。
高村光太郎に「自分と詩との関係」という一文があります。こんな心境なのです。

どちらかを捨てろと言われたらそれは断然,研究を捨てますけど。

今日のエントリーは「国はうすくひろく、民間がとくべつなものを支える」です。

そして研究成果はその内容を発表内容、つまり論文で評価してほしい。どこのジャーナルに出版したかではなく、研究内容で評価してほしい。
成果を生みだす研究者と成果を評価する目利き、の両方が平等な立場で研究継続の可否を審査して欲しい。こうしてもたぶんみなが研究費を得られるわけではない。でも日本の科学技術の世界が一変するでしょう。いまのようなばくち的な雰囲気が一変するでしょう。まさに持続可能な研究世界がうまれてくるとおもいたいのです。

これは難しいですよね。国が配る研究費の審査でも公平とはほど遠い状況だと思います。「目利き」が例えば麻酔科学の分野でどれくらいいるのでしょうか。
少なくとも「どこのジャーナル」に掲載されたかではなく何回引用されたとかそのような基準を導入して審査に客観性を持たせてもらいたいと思います。そのためには5年とか10年くらいの長さが必要な場合もあると思います。例えば5年で20回引用されない論文は産業廃棄物ですし,個人的には100回の引用を目処に考えています。100回以上引用された論文は自分の中でもよい論文だと考えています。他の研究者の評価もこういったことを基準に考えています。

R0012167

これすごく面白いと思います。ぼくも似たようなことを考えていました。

Prolyl hydroxylase-dependent modulation of eukaryotic elongation factor 2 activity and protein translation in acute hypoxia.

J Biol Chem. 2012 Feb 3.

そうそう「魚は痛みを感じるか?」は面白いですよ。変な麻酔関連の雑誌に出いてる総説を読むよりよほど日常の臨床にとっての示唆を多く得ることができると思います。


PDF

当直です。やっと終わりました。朝まで掛かると予想してた手術が暗い内に終わるとなんだかありがたいという気持になるのですが,これは「病膏肓に入る」といった状態なのかもしれません。

御大ブログエントリー読みました。
ぼくは結構苦労した方です。バカですから。でもその当時,自分では”つらい”とは思っていませんでした。しかし,家内は頭の悪いのと一緒になって苦労したといいますので苦労したのだと思います,客観的には。

R0012149

医局にあった先週の朝日新聞を読んでいたら「容疑者Xの献身」が米国のエドガー賞の候補に挙がっているという記事を見つけました(参照)。ということは英訳されているということなのでamazon.comで調べると果たしてKindle版で$9.99だったので買って読んでみました。
これはうまく訳されていると思います。英訳を読んでも日本語で読んだのと同じような感動を得ることが十分できると思います。
宮部みゆき氏の「火車」も英訳されていてすばらしい翻訳だと思います。アメリカにいたときに徹夜して手に汗握って読んだ記憶があります。でもこっちにはKindle版はありません。

全国的に大雪だそうですが京都は平場の降雪はほとんどありませんでした。
しかし確かに寒いです。

R0012151

注文していた「理系のためのクラウド知的生産術 (ブルーバックス)」が届いたので読んでみました。
一種のハック本です。
ざっと読み進めていきますと第五章は「クラウド上で論文を書く」と題された”Google Documents”を用いた論文執筆の提案です。
以前試みたことがあったのですが挫折しました。同時の”Google document”の機能がすこし貧弱でそれで断念したような記憶があります。この章の10番目は「つり革に房下がりながら論文執筆」ということで電車の中でも論文執筆ができるよということですが,これはぼくにはネタとしか思えません。
第六章は「時間も空間も超えるコラボレーション術」で”Skype”や”Slideshare”を用いた手法が紹介されています。これは役に立つと思います。最近実際に体験してびっくりしたのは”GoToMeeting”というサービスです。数人でのテレカンファレンスを支援するサービスですごくよくワークします。アメリカと日本でもほとんど違和感はありません。”ミーティング”のホストの操作によりある人のPCのデスクトップをshareしてPowerPointのプレゼンテーションも臨場感たっぷりに視聴できます。全員がサービスに優良で加入する必要はなく誰か一人が入っていればその人の招待という形でミーティングに参加できます。これは一回経験すると感動します。
Remember The Milk“を以前は利用していたのですがここ一年くらい使うのをやめていました。”Pro”アカウントの$25をケチったのですがこの本を読んだのがきかっけで$25払って使い始めました。結局一番使いやすいような気がします。

情報の呼吸法 (アイデアインク)も読んでみました。
これはTwitterの解説本やハック本ではありません。
本の中身も表紙と同じ色で手にすると一瞬ギョッとしますが気軽に読むことができて読み終わるとtwitterも今までとは違う活用をしてみようと思うようになります。それで何かヒントがつかめれば940円は安い!,ということになります。

論文です。
Endothelial Cell HIF-1α and HIF-2α Differentially Regulate Metastatic Success.

Cancer Cell. 2012 Jan 17;21(1):52-65.

ちょっと話がうますぎるなと思いましたが十分問題提起のきっかけになる論文だと思います。

情報の呼吸法 (アイデアインク)


PDF

久しぶりのまとまった雨です。

カメラロール-1997

今日は,御大のtweetをネタに書いてみます。

やはりデータへの自信は本人が相手にしゃべるときに自然にでるものです。

これってぼくが院生にいつも言っていることと似ています。
ぼくは院生が実験するそばに始終いてすべてをつぶさに監視しているわけではありません。
基本的には週に一回のデータ検討会で彼らにデータを供覧してもらい議論をするだけです。
眼の前のデータはほとんどの場合いわゆる生データですがその時点ではグラフになっている場合もありその場合生データをぼくが見ていない場合もあります。

Westernが汚いかキレイかはすぐに解りますが今眼の前にあるデータがどれくらいの確度のデータかは実は実験をした本人以外には解りません。確度というのはわかりにくいかもしれませんが,要するにどれだけ本人が自信を持っているかと言うことです。常識に反していようが本人が自信を持っているデータであればこれは考慮する必要がありますしそこから発見が生まれます。自信を持っているデータのわずかな差異は後々重要な差となり論文のつながります。ここでぼくと対峙できればもうぼくなど必要でありません。自分で実験を進めていけばよいのです。

自信があれば本当のか、自信がなければ間違いか、そういうことは必ずしも言えませんが、データの説明はできるだけ目の前で見背ながら示すものです-そのまま引用しました-

とも言えます。

石坂公成先生(以前ぼくが在籍した研究ユニットの顧問をしていただいていた関係で何度か直接お話しさせていただいた事があります)が以前免疫学会のニュースレターに書かれた文章があります。何編かシリーズでお書きになっていた時期がありましたがその中で感銘を受けたのは「プロの研究者の育成を真剣に考えよ」の回です。
部分を引用します。

われわれのコースでは,学生がすべての講義と試験を終えて自分の指導教官について実験を始めた後,生化学者や分子生物学者を含む数人の教授による口頭試問を行っていた.この試験の目的は,その学生がPhDをとってプロの研究者になり得るかどうかを判定するためである.講義の内容は覚えており,器用に実験をしていても,自分が何をしているかわからないで実験しているような学生はマスターで放り出してしまう.研究者たるものは,何故キットが働くか知らないでそれを使うべきではないし,自分が追求している蛋白を SDS-PAGE で検出するためには,どの程度の蛋白量が必要かを知ったうえで実験を組まなければならない.われわれは,そのようなことが,independentの研究者になるためには大切なことだと信じていたので,一人ひとりの学生をしごいて,それについてこれない人には辞めてもらったのである

特に,

研究者たるものは,何故キットが働くか知らないでそれを使うべきではないし,自分が追求している蛋白を SDS-PAGE で検出するためには,どの程度の蛋白量が必要かを知ったうえで実験を組まなければならない

漫然と100µgの蛋白質を載せればそれでよいというわけではないのですね。
個々の実験にはたとえ予備実験であってもその実験の課題がありそれが満たされない実験は実験として成り立ちません。このような事が考えられるようになることがまず第一歩なのです。
実験など基本的には右のものを左に移しているだけなのですからよほど不器用な人でなければいくらでもキレイな結果を出せるはずです。
このような事が自分で考えることが大学院の期間中にできるようになれば,その学生が将来的には基礎研究者として立たなくとも大学院教育の課題のうちの幾分かは達成されたという風に考えています。こういったことのできる学生を育てることが大学院の教員の務めです。それができなない教員は教員の名に値しません。

若い研究者がそのような行き方が出来るか否かは、理論(常識)からのdiscrepancyを見逃さない修練を積んでいるかどうか?そして、自分のデータが間違いか真実かを実験的に見極めるためにはどうしたらよいかを考える習慣がついているか否かにかかっていると思う。

この部分も重要です。
自分のデータがそこにあるとしてそれをどう検証するかを常に念頭に置いて実験を組み立てること。つまり目の前のデータから導き出される結論を列挙してその結論が”真”であるとするした場合にある実験を行った場合に論理的に整合性のある結論が得られる場合眼の前のデータは真実を語っていると判断していくというような思考のやり方を身につけるということです。
結局論文の構成というのは実はこういったことです。どんな論文でもまず”Figure1″がありその他のデータはすべてそれを補強する材料として存在します。論文の論点は常に一つです。

今日はここまでです。

カメラロール-1998

理系のためのクラウド知的生産術 (ブルーバックス)
注文しています。結構期待しています。
明日か明後日に着くと思うのですが…

理系のためのクラウド知的生産術 (ブルーバックス)


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License