二日連続で病院で寝ると身体の具合が悪くなっていきますね。

査読も今年分は全部終わったし年内自分らの論文の完成に向けてもう少しあがこうと思います。


「スポーツを読む」 から

火曜日の朝の日本経済新聞に”「スポーツを読む」-シンポ特集” が掲載されていました。

作家の沢木耕太郎氏が基調講演でスポーツ作品を書くことについて語ったあと、ロンドン五輪銀メダリストの三宅宏実氏、堀場製作所会長兼社長の堀場厚氏、テレビ東京アナウンサーの大橋未歩氏がスポーツ報道に求めることなどについて活発に議論した。

という趣向のシンポジウムです。 沢木氏の基調講演も掲載されていました(<基調講演>スポーツを書くということ)。

アメリカの記者は試合を見て、各自の頭の中でそれぞれの違うストーリーをつくっている。ジョーダンはどのような考えで、あの場面で3点シュートを放ったのか。なぜ失敗したか、成功したか。キーになる空白の箇所を聞き出したい。記者が描いた試合の見方の構図にピタッとはまれば、彼にとってのストーリーが完成する。だから他の記者の質問に関心がない。

日本の場合は、そういう記事のつくり方をしていない。「あの選手はこんなことを言ったのに、どうしてうちの新聞には載っていないんだ」という話になるのだろう。だから全部の記者が同じ談話をほしがり、 皆で共有する。

今年ほど科学報道が話題になった年はありませんでした。山中氏のiPS細胞の発明に関わるノーベル賞が大きなきっかけになりました。

ライフサイエンス 新着論文レビュー“などの試みが始まっていてこちら側からの切り込みは進んでいます(これ本当によいサービスですよ)がマスコミ例えば新聞からの切り込みは未だ不十分です。”Nature”, “Cell”, “Science”に掲載された論文はそのまま報道される。論文へのリンクなどは一切貼らない,曖昧なコメントがつくだけのお寒い状況はまったく変わっていません。これはiPS森口以後でもほとんど状況に変わりはありません。

そもそも研究成果は雑誌での発表とリアルタイムに報道される必要など全くなく一週間,一ヶ月,一年単位でじっくりと紹介・評価されればよいのだと思います。雑誌のimpact factorにしても二年くらいの時間の経過で同じ科学者仲間がいかにその論文を自分の論文に引用したかで計算されるのです。

研究成果を紹介するのに当該論分やその関連論分を読まずして論文を発表した本人の簡単なコメントだけを取って記事を書くような記者が「ジョーダンはどのような考えで、あの場面で3点シュートを放ったのか。なぜ失敗したか、成功したか。キーになる空白の箇所を聞き出したい。記者が描いた試合の見方の構図にピタッとはまれば、彼にとってのストーリーが完成する。だから他の記者の質問に関心がない。」というような取材態度に基づいての記事は書けないのも道理です。
New York Timesなどの科学記事を読めば自分たちの報道がいかに”いけてないか”解りそうなものですが…


「キャパの十字架」を読んで

雑誌文藝春秋の新年号に沢木氏の「キャパの十字架」というドキュメンタリーが掲載されています。

戦争報道の歴史に燦然と輝く傑作「崩れ落ちる兵士」──。だがこの作品は本当にキャパのものなのか? 七十六年間封印されていた「真実」がついに明らかになる。

という触れ込みです。これは面白いです。是非読んで見てください。

雑誌なので写真の質が悪いのが難点ですが単行本化されるときにはこの点は解決されると思います。電子版でinteractiveなものが出ればさらに楽しく読めると思います。

読んで以下の様なことを考えました。

例えば誰かがある科学上の学説を論文としてまとめたとします。論文の査読上は特に問題は指摘されず発見の価値も高いということで雑誌への掲載が決まりました。しかしその論文には「ウソ」が記載されていました (この際この「ウソ」が意図的なウソかどうかは問いません。とにかく科学的な手続きによって検証されうる「ウソ」が含まれているのです)。

一方その発見自体は他の科学者によって追試されていつの間にか科学的な定説となっていきました。つまり「ウソ」によって導かれた結論はそれ自体は「本当」だったのです。

こういう状況をどう考えますか。

hard coreは「正しい」のだからsoft shellの瑕疵は見逃すのでしょうか。それともshellの瑕疵に基づき一旦はcoreは棄却されるべきなのでしょうか。(参照

沢木氏の考察の結果がどのようなものであるとしてもキャパの「崩れ落ちる兵士」または「人民軍兵士の死」は完全に一人歩きをしてきたのです。


2012年のベスト〜本(ノンフィクション)〜

去年に習って二系統に分けてみます。

 

まず非科学系

三位

Quiet” (参照)

二位

武器としての交渉思考」 (参照)

一位

Antifragile: Things That Gain from Disorder ” (参照)としようと思います。

実はまだ2/3位しか読んでいません。年末年始で読了したいと思います。

 

情報の呼吸法」(参照)

20歳の自分に受けさせたい文章講義」(参照)

などもよかったと思います。

 

次に科学系

三位

弱いロボット」(参照)

二位

医学と仮説」(参照) 出版されたのは昨年です。

一位

バイオパンク」(参照)としようと思います。

 

医学書などはぼくはほとんど読みませんが

内科救急 見逃し症例カンファレンス M&Mでエラーを防ぐ) (参照1, 参照2, 参照3)はタメになったとハッキリと言えると思います。

日本にもこういった文化が根付くとよいと思います。

 

ハイポキシア生物学の2012年を振り返って (参照昨年分もたぶんやります。


PDF

週に二往復強制的にある程度長時間列車に閉じ込められます。

以前はMacbook Airで仕事をしていたのですが,揺れるので列車酔いになってしまい効率が悪いのでキッパリと止めてしました。 代わりに紙に印刷されている文字を読むか寝るかどちらかとしました。 本を読むことが選ぶことが多くなっています。

ぼくの速度だと片道で新書一冊ですね。この分量が絶妙です。 新書は机に座って取り組むより列車中で読むと意外な発見がありよいと思います。 金銭的なコストは1時間300円という事でしょうか。新刊書を選ばなけ ればもっとコストは下がると思います。

と云うわけで最近読んだ何冊かを紹介してみます。

今回は星海社の新書から三冊紹介します。

まず

武器としての交渉思考 (星海社新書)

以前に出ていた「武器としての決断思考 (星海社新書)」-「ブキケツ」と略すのだそうです-の続編です。

ぼくの病院での現在の仕事の70%は交渉です。これをどううまくこなすかがすごく大きな課題です。

現在また将来「交渉」をする必要のある全ての人にとってすごく役に立つ新書です。瀧本先生も「そう,2人以上の人間が集まったら,必ず交渉の必要が出てくるわけです」とおっしゃっておられます。

時間のないひとは,『ガイダンス』と『「バトナ」は最強の武器』『5時限目 「非合理的な人間」とどう向き合うか?』を読めばよいと思います。

交渉について,ぼく自身念頭に置いていることがあります。

権限のない人と交渉しない,という事です。

権限のない人が「交渉相手」として出てきたときは権限を持っている人に交渉を替わってもらう必要があります。権限のない人といくら話しても合意事項が後にひっくり返る,交渉に手間取るなど良いことは一つもありません。

皆さんもこの「ブキコウ」を読んで交渉思考を身につけましょう。

二冊目は

じじいリテラシー (星海社新書)

オヤジ転がしの指南書というと本書の精神をゆがめることになるのかもしれませんが要約するとそうなります。 この程度のリテラシーは確かに若い人に身につけてもらいたいと思います。 ぼくらはあんたらとは異なる世代に属しているのですよ。どちらかが「合わせる」必要があるとすればそれへはあんたらの方なんだよ,ということです。

最後は,

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

ぼくは自分がヘタなので文章術は出版されれば眼を通すということを続けています。

本書もこの値段の価値は十分にあっておつりがくるほどだと感じました。 「書くことをやめて“翻訳”」するのだという言い方は実際に文章を書く時にはマントラのように唱える価値のある素晴らしい言葉だと思います。

自分の考えた事をそのまま吐き出すのでなく,他人に解る用に翻訳して出力するというほどの意味です。

ここで試し読みができます。「参照

星海社の「武器としての教養」シリーズの新書には外れはないです。

IMG_8546

 


雑誌Natureに”Retraction record rocs community“というタイトルのエッセーが掲載されています。

“Anasesthesiology tries to move on after fraud investigation”というサブタイトル付きです。

「麻酔科医」が行った数百という研究発表にmisconductがあったという事実(参照)が明らかになっているのですがそれを受けてのエッセイです。

Most anaesthesiologists insist that there is no evidence that their field is more prone to fraud than any other. But Carlisle says that anaesthesiology does offer many opportunities to generate large sets of clinical data very quickly. Millions of anaesthetic procedures are performed every year during surgeries, and patient outcomes are immediate and easy to measure. There are “frequent opportunities for anaesthetists to conduct clinical studies very quickly, potentially by themselves, without overview from other people”, he says. “This might contribute to greater opportunities for them to succumb to the temptation of fraud.”

Millions of anaesthetic procedures are performed every year during surgeries, and patient outcomes are immediate and easy to measure.

確かにそうなのですが,自分の患者のoutcomesを意識していない麻酔科医も結構います。麻酔をしたらそれでお終いって感じで。

frequent opportunities for anaesthetists to conduct clinical studies very quickly, potentially by themselves, without overview from other people

これも事実だと思います。こっそり患者さんから採血してデータを収集してもなかなか他のスタッフには気づかれません。

日本麻酔科学会ではとりあえず機関誌への投稿論分について以下の様な方針で臨むようです。


【事前登録義務化】

臨床研究に関して、2009年4月1日施行の厚生労働省「臨床研究に関する倫理指針」には、公開されているデータベース(国立大学附属病院長会議、財団法人日本医薬情報センター及び社団法人日本医師会が設置したものに限る)に臨床研究計画を登録しなければならないとされており、JA誌においても臨床研究の事前登録義務化を明示する事に致しました。このため、下記のように改訂致します。

  • 2013年4月以降の投稿論文から事前登録を完全義務化とします。

  • 2013年4月以降の査読に関して、2009年4月以前つまり厚生労働省の義務化以前の研究論文に関しては、倫理員会の承認番号、研究期間を記載してあるときのみ査読を開始します。ただし、査読者又はJA編集部から依頼があれば、倫理理員会の承認日、そのコピーなどの提出が求められる場合がありますのでご注意ください。

  • 過去のデータを基にした後ろ向き観察研究は事前登録の必要はありませんが、論文中に「倫理委員会の承認を得た」あるいは、「倫理委員会から、倫理委員会の審議は不要との通知を得た」との記載を必要としますので、この点もご注意ください。


これは麻酔科学会の学術集会にも適応される方針なのでしょうか? そうだとすれば本物ですね。

上記のエッセイにはeditorialがついています。

Through the gaps

Natureでeditorialがつくほどの大事件なのでしょうね。確かにそうとも思えます。

調査報告書によればFujii氏はこれらの研究成果をもって学会賞に5回応募したとのことですが受賞には至らなかったとのことです。(参照)

Fujii氏の発表した論文は引用回数などから判断すれば相当のインパクトを少なくとも麻酔科学の世界に与えたと考えられます。日本の麻酔科学教室で客観的に彼より「業績」のある教授は少ないかもしれません。にもかかわらず学会賞の受賞には至らなかったというのは審査がいい加減だったか審査員が審査員が不正に気付いていてそれ故に受賞に至らなかったかのどちらかだ思いますがホントの所はどうなんでしょうね。

またいまだにFujii氏の論文が大量にpubmedに収録されていて各雑誌のwebサイトから閲覧可能な状況となっています。


すこし前にAKB48の1830mを聞いてから「ユングやフロイトの場合」と「アボガドじゃね〜し」という曲が妙に頭の中で「鳴って」気持ちが悪いです。ちょっと困っています。

R0013345


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License