20周年

On 2019/8/22 木曜日, in book, hypoxia reseacrh, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

20周年

8/22は我が家にとって特別な日です。 20年前の8/22に留学のために一家4人で米国に向かったのがこの日。

1999/8/22は日曜日でした。

8/15で京大を休職になっていたのですが1週間日本に留まっていました。

8/16の送り火を観たかったというのも理由の一つでしたが航空券が安くなるというのも理由でした。

 

8/21にアパートを出て、病院内の研究室に出て、リュックサック(3000円くらいのMizunoのものでしたが結局10年くらい使いました)を河原町丸太町のきょねん屋で買って、午後から友人のlabでおしゃべりをして夕方銀閣寺道のアパートに帰る時、今は金沢医大にいらっしゃる加藤先生に京大の近衛のキャンパスから自動車で送ってもらったことを覚えています。

8/22の朝はすごく暑かったです。 タクシーで京都駅に向かうぼくらをアパートの下のタオル屋のおばあちゃんが見送ってくれました。 京都駅からは「はるか」で関西空港に向かいました。

ミネアポリスを経てボルチモア・ワシントン国際空港が目的地です。ユナイテッド航空を使いました。

 

ミネアポリスで米国にVISAを使って入国して早速ハンバーガーを食べました。 最終目的地BWIには夕方まだ日があるうちに到着しました。

下の子がなんとか頑張ってくれました。

BWIには一足先に留学していた今は京都医療センターにいる赤尾先生(大学院生の時に市立静岡病院でアルバイトをしていたのですがその時に内科から麻酔科ローテをしてくれていた先生です)が出迎えに来てくれていました。 アパートの鍵も受け取ってくれていて部屋のエアコンのスイッチも入って冷蔵庫にはおにぎりとお茶を用意してくれていました。一生ついて行こうと思いました。

 

そこから二年半のぼくらの米国での生活が始まりました。

臨床の仕事がないので気楽に暮らしていました。

研究室には7:30には入り(何曜日か忘れましたが麻酔科のgroud roundがある日は6:30には大学に出てセミナーとか聞いていました。ぼくは麻酔科に留学していたのではないのですが大きな講堂でやっていた誰でも聴講できました)16時前にはlabを出る生活(夏時間の時はそれから一家でサイクリングに出かけたりしていました)で基本的には土曜日、日曜日は研究室に行きませんでしたが研究は進んでいました。臨床をしないとぼくでもこれくらいはできるんだと思ったのが最大の収穫でした。

ちょっと記念に書いてみました。


ザ・フォーミュラ

ザ・フォーミュラ 科学が解き明かした「成功の普遍的法則」を読みました。

今度時間があったら何か書いてみます。


PDF
Tagged with:  

朝から日当直です。

出勤して9時までに今日もっとも重要なtaskをこなせていい気分になっていたら呼ばれて午前中働きました。

午後は学部学生君の実験に付き合ったり純然たる雑用をこなしたりで過ごしていました。

すべての写真-3095


日本麻酔科学会 第63回学術集会

福岡でやっている(いた)日本麻酔科学会の年会ー第63回学術集会というらしい- に金曜日だけ参加してきました。

IMG_3915

午後に仕事が割り当てられていたのでそれをこなすのが主目的でした。

という訳で午前中どう行動すべきか事前に決めていませんでした。

iphoneのアプリで急遽調べて某ポスターディスカッションを聞きにいきました。

ぼくにdisられた人は落ち込まないでください。ぼくの意見があなたが書くかもしれない論文の査読者の意見ではないかもしれないし、ぼくの意見は査読者の5倍くらい厳しいです、たぶん。

 

その後またすることがなくなったので机で査読の仕事などしていたらtaroから連絡があったのでお昼にラーメン食べてその後コーヒー飲みながら13時まえまでダラダラ。

 

午後は与えられたお仕事を淡々とこなし一応今回の学会の所期の参加目的は達成です。 ここでも随分と失礼な物言いをしたのですが、アレはぼくに与えられたroleなので心配しないでください。実は一人はヒール役の審査委員が仕込んであるんです。

 「仕事」は5階の本部で完了するのですが本部を出たところの部屋で「T08:国際交流委員会シンポジウム:海外に目を向けよう②:研究留学のススメ」 というシンポジウムみたいなものをやっていたので参加しました。なんとAndyの奥さんが話していましたーといっても日本人です たぶんー。

皆さんの留学に1000万貯金して臨むという話を聞いてのけぞりました。200万もあれば十分でしょう。これについてはこれ以上は語りません。

留学については何度か書いています

終わった後Andyの奥さんに挨拶をして会場を去りました。

 

ここで帰っても良かったのですが飛行機の時間まで間がありすぎたので「【安全講習会】呼吸 招請講演:JSA気道管理ガイドラインから学ぶマスク換気と筋弛緩」を事前に受講予約していたのに気づき参加することにしました。

すごい行列だったのですが隣で一緒にまっているお兄さんに聞いたところでは10分前になったら会場を出してくれるとのこと。

実際に10分前になるとばらばら退場者がいたので便乗して退場してタクシー乗り場に移動したらここでも行列。待っている間に何人かの知り合いと話ができたのでこれは吉ということで。

 

 

福岡空港で「梅ヶ枝餅」と「久原のあごだしつゆ」を買って機上の人となりました。「梅ヶ枝餅」は空港だと数量限定で特別な保温箱に保管してある分がなくなると」売り切れ」になるようです。油断できません。

IMG_3920

 

専門医制度の改定のためにみなさん「ポイント」が必要でどこでも行列ができていました。国際会議場であってもあんな行列ができることを想定して設計されていないので混乱は起きると思います。

専門医の更新などCBTで試験一発で決めたらいいのではないかとぼくは思います。 学会の参加点など一切考慮せず試験で決める、落ちた人はさようならです。 専門医じゃなくても麻酔はできるし別に困りませんよたぶん。

ともかく学術集会というより講習会みたいな会になりましたね。

これからも専門医の資格を認定していただけるようにこの学会と関与していこうとは思っています。

 

 

 


PDF
Tagged with:  

島岡要先生が「優雅な留学が最高の復讐である」を出版されました。

副題は「若者に留学をすすめる大人に知ってほしい大切なこと」。 タイトルからして異化効果抜群です。

「大人」向けのはずなのですがとにかく表紙を読んだら手にとって内容を確かめたいという衝動に「若者」を駆り立てます。

 

この本の「解説」は慶応大学の門川俊明先生が担当されています。 この本の誕生にぼくもたぶんすこし縁があったのだろうということで少し書いてみます。( 「解説」で紹介されている鼎談は、門川さんが医歯薬出版から出版された「研究留学術 第二版」に収録されています。 そこにある通りにぼくも研究留学経験者です。)

今から20年ほど前、大学院を終えて麻酔学講座の助手(今でいう助教)をしていた時分に恩師である教授(もう亡くなってしまいました)に「お前はこのまま日本にいるとダメになるからとっとと留学しろ」と言い渡されたのがぼくを二年半の研究留学に押し出しが直接のきっかけでした。 大学院の4年間を基礎研究室で送りやっとの事で博士号を取得して機嫌良く研究を継続していたぼくには先生の真意は全く理解できていませんでした。

まあ何か教室の都合もあるのだろうと考え、様々な活動をして米国への留学が決まりました。そう先生に報告すると「まるで遣米使だね。」とわらわれました。なるほど上手いこというなとその時は思いましたが何のために留学するのかについて明確なイメージもないままに渡米することになりました。

出発する時に先生から言われたことを今でも覚えています。「あんまり頑張りすぎないように」と「お金に困ったら卵と肉を食べろ」の二つでした。このはなむけの言葉の真意もいまだに理解できていません。

 

「留学」って「」の部分が重要なのかそれとも「」の部分が重要なのかはそう簡単に解ける問題ではないのです。

 

多和田葉子さんに「献灯使」という小説があります。なぜが鎖国をしている日本が舞台の一種の近未来ディストピア小説です。

例えば「インターネットがなくなった日を祝う『御婦裸淫の日』」(野暮を承知で解説すると「Off Lineの日」だと思います)が休日として制定されているような「未来の」日本です。そこではかつての「遣唐使」は「献灯使」として生まれ変わっているのです。

この島岡本は今時の若者にとってモダンな「遣唐使」としての留学からポストモダンな「献灯使」としての留学にシフトしているのだということを「大人」に気付かせてくれる一冊といってもいいと思います。

つまり留学にはそもそも本質などなく留学するかしないかがあるだけでそれを前提にぎりぎり「研究留学」を救い出し昨今の医療をめぐるシビアな状況にどっぷりつかっている若者に提示するという試みがこの本なのだとぼくは解釈しています。目的論とか「大人の」偏見にまみれた留学像から逃れ「若者」は自由に「世界」に旅立てば良いのです。

この本は雑誌「医学のあゆみ」で連載された島岡要さんがホスト役を務めた対談シリーズ「”教養”としての研究留学」から派生した一冊です。「教養」って別に食べて美味しくてお腹がいっぱいになるものではありません。たぶん「留学」も一緒です。美味しくもない定食を若者は食べさせられる理由はありません。

 

IMG_7824

 

冒頭紹介した鼎談が終わったあと京都市内某所で二次会を行いました。その折りになぜか大江健三郎氏の名前が出てきました。

W.H.オーデンに”Leap before you look”という詩があります。これは英語のことわざ”Look before you leap”のもじりだといわれています。この詩をもとに大江さんは「見る前に跳べ」という小説を書きました。(大江さんの初期の小説はサルトルの実存主義に影響されたものが多いとぼくは理解しています)

留学に先験的な目的などなく旅立った自分がいるだけなのです。 新医師研修制度時代の実存主義的留学論「優雅な留学が最高の復讐である」を読んで若者がどのような行動を取るのかに興味があります。

若手医師のもう一つの関心事は「大学院」でしょう。「留学」よりもっと身近で切実な問題かもしれません。今後、島岡さんには「大学院」問題に切り込んだ一冊を期待したいです。

IMG_7828

 

「留学しても英語は上手くならないよ」というのはぼくの場合は本当でした。

とにかくfast foodの店で注文するのがイヤでいつも息子に替わりに注文をしてもらっていました。唯一ぼくの面目が果たせたのはカナダ東部の田舎の「サブウェイ」で彼の英語が通じずぼくがフランス語をしゃべって何とかなったときだけです。

今でも息子にはぼくの英語をバカにされ続けています。


門川さんの「解説」は

本の紹介『優雅な留学が最高の復讐である』

からお読みいただけます。

鼎談は

特別鼎談vol.1.pdf

特別鼎談vol.2.pdf

からお読みいただけます。

このブログのエントリー

「研究留学を振り返って」鼎談

【書評】「研究者のための思考法 10のヒント」 もどうぞ。

 

優雅な留学が最高の復讐である 若者に留学を勧める大人に知ってほしい大切なこと


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License