AJACSa6河内開催: 明日です

On 2019/7/24 水曜日, in book, hypoxia reseacrh, news, 関西医科大学, by bodyhacker

AJACSa6河内

AJACSa6河内が明日(2019/07/25)に職場である関西医科大学(大阪府枚方市)で開催されます。

内容はここからご覧いただけます

参加受付は締め切っていますが午前中のセミナーは関西医科大学の大学院講義を兼ねていますのでどなたにでも参加していただけます。


登山会コンパ

先々週の日曜日、大学の時に入っていたクラブの新入生歓迎のコンパが京都であったので出席してきました。

ぼくは「登山会」の部員だったのです。

OBの参加はぼくと現在同じ職場の乳腺外科の先生でそれに現在部長をしていただいている京大の皮膚科の椛島先生が参加してしてくれました。 全員で20人ほどの程よいコンパでした。とうとう女子部員がゼロになってしまったそうです。

場所は登山会では定番の「天寅」

30年前に開かれたコンパの時の寄せ書きの色紙と写真がいまだに掲示してありました。懐かしくて思わず何人かに写真を送りました。

職場には「登山会」ではなく「ワンダーフォーゲル部」があります。こちらは半分は女子部員で活動も楽しいです。


「日本社会のしくみ」を読みました

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学」を読みました。

「社会のしくみ」=「日本型雇用」は、なぜ誕生し、いかなる経緯で他の先進国とは異なる独自のシステムとして社会に根付いたのかを

論じた新書です。

女医問題や無休医問題も日本の社会のしくみの反映なのだから部分的に「矯正」しようとすると逆な歪みが出ると思うし現実に歪みが出ている。

メンバーシップ型からジョブ型への移行は一気に進む訳ではないからしばらくは混乱が続くのだと思います。

医療の世界、少なくとも医者の働き方はジョブ型への移行は可能だしこうでもしないと現実に女性医師が4割を超える今後は無理だとは思う、とぼくが言ってもあまり説得力はないのですけど。

 

「島根大 裁量労働制で是正 勧告受け9000万円支払う」

島根大学で裁量労働制で働く教員の深夜や休日の研究活動について割増賃金を支払っていなかったのは違法だとして、労働基準監督署から是正勧告を受け、およそ200人に合わせておよそ9000万円の未払い賃金を支払っていたことが分かりました

という報道がありました。

これには結構驚きました。 法的にはそうなのだろうけどこんな事が実際に認められるのかという驚きです。

職場の何人かの基礎系の教員とも話したのですが、全員、こんな事になれば逆に早朝、土曜日と日曜日に実験をしようとしても大学にロックアウトされちゃうんじゃないかと心配してました。

この辺医者の世界とは大違いです。

上記のように医者は完全に普通の労働者になったのですが研究者はまだまだ労働者になっていないというかなれていないのかもしれません。

この違いがどうして生じているのかはこれ自体すごく興味のある問題だとは思います。

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)


日本の研究制度

日本神経科学学会の最終日に「ランチョン大討論会」のテーマは「次の20年にどうやって脳科学にブレークスルーを生むか?」なのだそうです。

若手PI企画によるプレゼン資料が公開されています。ここでいう若手研究者の皆さんは普通の若手でなく有望な若手研究者の皆さんだというのはこの資料を読むときに頭に置く必要のある事だとは思います。

数日前に朝日新聞の山中伸弥先生へのインタビュー記事が掲載されました。

(インタビュー 新時代・令和)分水嶺の科学技術 京都大学iPS細胞研究所長・山中伸弥さん

少し引用します。

――研究者を魅力ある職業にすれば、優秀な若者が増えますね。

 「ただ目利きが難しいのです。大きな可能性がある研究者かどうかは、短い申請書ではわからない。過去の業績は評価できても、新しいアイデアや人となりは評価できません。しっかりした人は5年間成果がなくても支援する価値があります。研究には作法があります。失敗や予想外の結果もしっかり記録に残して解析している研究者であれば、その繰り返しにより驚く成果がでることがあります。そういった努力は書類だけではわからないので、組織が日常的に客観的な評価をしないと、埋もれている才能を発掘できません」

 「例えば大学院生の時に有力科学誌に論文が載った人は、書類上は素晴らしい評価となります。でも運良く研究室が蓄積した成果が出る時期だっただけかも知れない。地味な雑誌にしか論文がなくても、きちんとしたビジョンを持ち、自らアイデアを考え、実験した成果がある人の方が、将来活躍する可能性が高いのです」

「5年間成果がなくとも」ない研究者が生き残るためには、確かにある個人がその個人を評価して擁護するという「しくみ」がないとこれは不可能だと思います。

一方、日本だと業績のimpact factorの「和」で研究能力を評価するというような習慣がまだまだあります。

多分この記事を受けて

こんなtweetをされた方がいました。

一面の真理があると思います。

北米式の「しくみ」だと、assistant professorはすでにPIです。 ここからassociate professor, professorと進む過程で研究成果を積み上げていくのでprofessorになれた段階ではある程度の業績を出すことが「保証」されているわけです。

ところが日本の伝統的な「しくみ」ではそうではありません。 伝統的な講座制では助教、准教授は教授の「番頭さん」として振る舞い「業績」を積み上げていきます。そこから教授になる訳ですがその段階では北米式のPIを経験していない。山中先生の表現を借りれば、「例えば准教授の時に有力科学誌に論文が載った人は、書類上は素晴らしい評価となります。でも運良く研究室が蓄積した成果が出る時期だっただけかも知れない」 という場合もある訳です。もちろんその准教授さんが主導的な役割を果たしたのでしょうが北米型のPIとしての業績ではありません。

教授になって初めて研究室を立ち上げたという人も結構たくさんいます

日本のやり方が悪いとは言えないと思いますが国際化を標榜するためにはこの制度は障害になっていると思います。


boseのQuietComfort 20を愛用していたのですが完全に断線してしまいました。

「修理」に出すと15000円で新品と交換してくれるはずなのですが今回ばかりはどうしたものかと考えています。

いっそヘッドフォンを買おうとかとも思うのですがいい歳をして電車でヘッドフォンをしているのもどうなんだという気がして躊躇しています。

どうせ誰もぼくのことなんで見ていないよとは思うのですが…


PDF

麻酔科登山会 山行#3

On 2017/4/17 月曜日, in twitter, 関西医科大学, by bodyhacker

昨年11月の第二回に続き2017/04/16に第三回山行を行いました。

参加者は,全開参加の麻酔科の4年目修練医3名(すでに枚方病院にはいません)と麻酔科の先生に加えてぼくの同級生で麻酔をやっているI先生の六人でした。

 

今回の目的地は京都の愛宕山

 

行程は以下の通りでした。

IMG_4990

  • 嵐電嵐山駅 :8:30
  • バスで清滝口へ向かう 8:48
  • 登山開始 9:00
IMG_5008
 
いわれのある木
  • 水尾分かれ 10:41
IMG_5018
 
IMG_5020
 
 
  • ケーブル愛宕駅 10:57
 
IMG_5024
 
完全な廃墟です
 
  • 愛宕神社 :11:15
IMG_5029
 
IMG_5043
  • 昼食
  • 水尾 : 13:30
  • 保津峡駅 :14:14
IMG_5067
  • トロッコ保津峡駅 :14:26
IMG_5065
 
IMG_5063
 
まずJRで亀岡にもどりそこからトロッコ列車に乗ればもっと楽しめたはず。
  • トロッコ嵯峨駅 :14:55
  • 打ち上げ @ 嵐山obuu (ARINCO本店の上) :15:20
嵐山はすごいひとでした。
  • 解散: 16:20
IMG_4996
 
多分30年ぶりで渡月橋を渡りました。
 
 

距離に比して標高差があるので上りはきつかったです。

件もきつくぼくとI先生はヘトヘトでしたが他の4人は若さでカバーしていたようです。

O方先生はまた下痢かと思われたのですが違ったようです。

また行きましょう!!


PDF
Tagged with:  

麻酔科登山会 山行#1

On 2016/5/16 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

麻酔科登山会 山行#1

先日、麻酔科の後期研修医のO方先生がワンダーフォゲル部だということを知りぼくも学生時代には登山会に所属していたのでその場で麻酔科登山会の結成が決まり今日第一回の山行を日曜日(2016/05/15)に行いました。

当初二人でと計画したのですが、どんどん参加者が増えて、後期研修医3人と大学のワンゲル部員4人とぼくの8人での山行となりました。

集合の阪急芦屋川駅について外に出てみると30人くらいの街コンというか山コン風な男女が集合していました。6人ほどのsmall groupに分かれて出発なのですがgroupのリーダーは完全装備の山ガールというこれまたありがちな構成になってました。その後に興味があったのですがぼくらより遥か先行していたので解らずじまいです。

ぼくらも外形的には女子4人、男子4人なのですがぼくだけ他の参加者の年齢x2より歳取っているという感じのグループでした。

 

六甲山横断 芦屋~最高峰~有馬温泉

をルートとしました。

すべての写真-3054

  • 阪急芦屋川駅: 7:50
  • 高座の滝、六甲ロックガーデン
  • 風吹岩
  • 雨ヶ峠
  • 東おたふく登山口-土樋割峠-七曲り
  • 11:30: 一軒茶屋 :12:10
  • 13:20: 有馬温泉
すべての写真-3116

と結構時間を掛けて歩いたことになります。

東おたふく登山口-土樋割峠-七曲り

を通るのは初めてでした。ちょっとした草原を歩く感じでここはよかったです。

すべての写真-3067

途中下痢患者が出たり、有馬温泉へ降りはじめたとたんにトレッキングシューズのソールがはげたメンバーがいたりしましたが皆無事有馬温泉まで歩きりました。

すべての写真-3076

かんぽの宿で温泉で汗を流して Hotel Morgenrotの内のグリル六甲で下山してきた登山者向けのビールセットで乾杯。

バスセンターで解散となりました。

すべての写真-3085すべての写真-3084

かんぽの宿は自家泉源の金泉です。 これも当初は「銀の湯」でと考えていたのですがどうせ一杯で落ち着いて入浴できないだろうと思い山を下りた最寄りのホテルに決めました。 空いていました。

すべての写真-3086

すべての写真-3082

快晴、5月の気持ちのよい風が吹き渡り気持ちの良い山行となりました。

皆さんお疲れ様でした。

次は、秋になったら武奈ヶ岳か金剛山が御在所岳にでもと考えています。


ピーターバラカン氏が

などと発言したということで一種の炎上となっていました。

Apple Musicで BABYMETAL

METAL RESISTANCE

を聴いてみました。 特に目くじらを立てるようなものではないと思いました。

紅月 -アカツキ-

などとてもよくできていると思いました。

石川淳の 至福千年

を思い出しました。

【追記】

「紅月ーアカツキ」うたっていたSU-METALが当時14歳くらいだったと知ってびっくりポン


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License