研究医養成コースコンソーシアム合宿

先週の土曜日・日曜日に昨年に続き関西地区の5大学のこれらコースの学生と教員が参加する研究医養成コースコンソーシアム合宿に参加してきました。

今回で6回目でぼくは前前回から参加しています。

研究室に研究医養成コースの学生さんを預かっているので「父兄」としての参加です。

今年も16演題のポスター発表がありました。毎年内容とプレゼンテーションの技術が向上していて某学会のポスター発表を完全に凌駕していました。 ここまでくると大学院生と同等またはそれを上回る研究で脱帽しました。もう博士号を出してもいいのではと言う内容のポスターもいくつもありました。

こうしてみると好きに研究をやってもらえば日本の基礎医学研究の未来はそう暗くないのではないかと思えてきます。

IMG_9514


Albert Lasker賞

2018年のLasker賞の各賞の発表がありました。

Lasker~DeBakey Clinical Medical Research Awardに静脈麻酔薬Propofolの開発の功績でJohn Glen 氏が選ばれました。

Cell誌、JCI誌で早くも解説記事が出ています。

XGVQE4710

 


PDF
Tagged with:  

論文の作業に結構長い期間かかっていて更新をさぼっていました。

いろいろ一段落つきました。

IMG_9546

査読の山 今年読んだ論文です

研究医養成コースコンソーシアム合宿

全国の医科大学・医科大学で研究を指向する学生の為のコースが開設されています。

さまざまな名前で呼ばれますが職場では,これらのコースを「研究マインド養成プログラム」「研究医養成コース」と名付けられていて結構多数の学生が参加しています。

 

先週の土曜日と日曜日(9/9-9/10)に関西地区の5大学のこれらコースの学生と教員で研究医養成コースコンソーシアム合宿(一泊二日)が大阪の南港の研修施設で開かれました。

学生さんは1回生から6回生まで全部で34名!!。これに各大学の教員とサポートの事務方さんが参加。

今回で5回目でぼくは前回から参加しています。

研究室に研究医養成コースの学生さんを預かっているので父兄としての参加です

IMG_9551

 

今回からポスター発表で研究成果を発表するという試みもはじまり16演題のポスター発表がありました。皆さんなかなかで某学会のポスター発表より面白かったです。

パワポ一枚をつかった学生さんの自己紹介を聞いていると皆いろんな考えを抱いて研究医のコースに参加していることがわかりました。

 

夕食も学生さんのテーブルに教員が1人か2人はいって一時間半ほどゆっくりと摂りました。二日目のワークショップのテーマが「研究留学」だったので自分の体験などをお話しました。

 

IMG_9552

 

実はぼくは今回は初日だけで帰ったのでワークショップの結果はよく解っていません。どうだったのでしょうか。

まだ研究室を決めていない人は色々と廻ってみてえいやっと決めたらよいと思います。

IMG_8471


PDF
Tagged with:  

どこの医学部・医科大学でも医学部の学生に研究に参加してもらうコースを設けています。

職場でもコースを開設しています(参照)。

今年入学した新入生のうち希望者20名ほどとすでに研究医養成コースに参加している学生に教員を加えた今年のキックオフミーティングが昨日,学内で開かれたので参加してきました。

新入生はなぜか皆さんリクルートスーツでした。


そんな研究志向の新入生が読んだらよいのではと思う本を三冊紹介します。

本は新品を購入してもよいAmazonなどでは中古も購入できます。 すこし古い本だと驚くほど安価(1円+送料)となっている場合があるのでチェックすべきです。 また買わなくとも,図書館を利用してもよいし本を持っている人(例えばぼく)に借りてもよいわけです。

 

青いバラ」最相 葉月

ぼくは新潮文庫版を持っているのですが現在では岩波現代文庫の一冊になっています。

青いバラ(参照1, 参照2)の誕生にいたるノンフィクションです。

青いバラ

青いバラ (岩波現代文庫)

 

がん-4000年の歴史」シッダールタ・ムカジー

原書が出版されると同時に賞賛の嵐を読んだ一冊。(参照1, 参照2) 日本語は二分冊で出ています。 単行本は「病の皇帝「がん」に挑む 」というタイトルだったのですが文庫に入った時にタイトルが変更されました。

がん‐4000年の歴史‐ 上

がん‐4000年の歴史‐ 下

 

がん‐4000年の歴史‐ 上 (ハヤカワ文庫NF)

 

がん‐4000年の歴史‐ 下 (ハヤカワ文庫NF)

 

暇と退屈の倫理学」國分功一郎

ぼくにとって研究は,「暇と退屈への気晴らし」ですと書くと広田はやっぱりおかしかったと眉をひそめる人がいるかもしれませんがこの本を読めば意味がわかります。

暇と退屈の倫理学 増補新版

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)

 


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License