AJACSa6河内開催: 明日です

On 2019/7/24 水曜日, in book, hypoxia reseacrh, news, 関西医科大学, by bodyhacker

AJACSa6河内

AJACSa6河内が明日(2019/07/25)に職場である関西医科大学(大阪府枚方市)で開催されます。

内容はここからご覧いただけます

参加受付は締め切っていますが午前中のセミナーは関西医科大学の大学院講義を兼ねていますのでどなたにでも参加していただけます。


登山会コンパ

先々週の日曜日、大学の時に入っていたクラブの新入生歓迎のコンパが京都であったので出席してきました。

ぼくは「登山会」の部員だったのです。

OBの参加はぼくと現在同じ職場の乳腺外科の先生でそれに現在部長をしていただいている京大の皮膚科の椛島先生が参加してしてくれました。 全員で20人ほどの程よいコンパでした。とうとう女子部員がゼロになってしまったそうです。

場所は登山会では定番の「天寅」

30年前に開かれたコンパの時の寄せ書きの色紙と写真がいまだに掲示してありました。懐かしくて思わず何人かに写真を送りました。

職場には「登山会」ではなく「ワンダーフォーゲル部」があります。こちらは半分は女子部員で活動も楽しいです。


「日本社会のしくみ」を読みました

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学」を読みました。

「社会のしくみ」=「日本型雇用」は、なぜ誕生し、いかなる経緯で他の先進国とは異なる独自のシステムとして社会に根付いたのかを

論じた新書です。

女医問題や無休医問題も日本の社会のしくみの反映なのだから部分的に「矯正」しようとすると逆な歪みが出ると思うし現実に歪みが出ている。

メンバーシップ型からジョブ型への移行は一気に進む訳ではないからしばらくは混乱が続くのだと思います。

医療の世界、少なくとも医者の働き方はジョブ型への移行は可能だしこうでもしないと現実に女性医師が4割を超える今後は無理だとは思う、とぼくが言ってもあまり説得力はないのですけど。

 

「島根大 裁量労働制で是正 勧告受け9000万円支払う」

島根大学で裁量労働制で働く教員の深夜や休日の研究活動について割増賃金を支払っていなかったのは違法だとして、労働基準監督署から是正勧告を受け、およそ200人に合わせておよそ9000万円の未払い賃金を支払っていたことが分かりました

という報道がありました。

これには結構驚きました。 法的にはそうなのだろうけどこんな事が実際に認められるのかという驚きです。

職場の何人かの基礎系の教員とも話したのですが、全員、こんな事になれば逆に早朝、土曜日と日曜日に実験をしようとしても大学にロックアウトされちゃうんじゃないかと心配してました。

この辺医者の世界とは大違いです。

上記のように医者は完全に普通の労働者になったのですが研究者はまだまだ労働者になっていないというかなれていないのかもしれません。

この違いがどうして生じているのかはこれ自体すごく興味のある問題だとは思います。

日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)


日本の研究制度

日本神経科学学会の最終日に「ランチョン大討論会」のテーマは「次の20年にどうやって脳科学にブレークスルーを生むか?」なのだそうです。

若手PI企画によるプレゼン資料が公開されています。ここでいう若手研究者の皆さんは普通の若手でなく有望な若手研究者の皆さんだというのはこの資料を読むときに頭に置く必要のある事だとは思います。

数日前に朝日新聞の山中伸弥先生へのインタビュー記事が掲載されました。

(インタビュー 新時代・令和)分水嶺の科学技術 京都大学iPS細胞研究所長・山中伸弥さん

少し引用します。

――研究者を魅力ある職業にすれば、優秀な若者が増えますね。

 「ただ目利きが難しいのです。大きな可能性がある研究者かどうかは、短い申請書ではわからない。過去の業績は評価できても、新しいアイデアや人となりは評価できません。しっかりした人は5年間成果がなくても支援する価値があります。研究には作法があります。失敗や予想外の結果もしっかり記録に残して解析している研究者であれば、その繰り返しにより驚く成果がでることがあります。そういった努力は書類だけではわからないので、組織が日常的に客観的な評価をしないと、埋もれている才能を発掘できません」

 「例えば大学院生の時に有力科学誌に論文が載った人は、書類上は素晴らしい評価となります。でも運良く研究室が蓄積した成果が出る時期だっただけかも知れない。地味な雑誌にしか論文がなくても、きちんとしたビジョンを持ち、自らアイデアを考え、実験した成果がある人の方が、将来活躍する可能性が高いのです」

「5年間成果がなくとも」ない研究者が生き残るためには、確かにある個人がその個人を評価して擁護するという「しくみ」がないとこれは不可能だと思います。

一方、日本だと業績のimpact factorの「和」で研究能力を評価するというような習慣がまだまだあります。

多分この記事を受けて

こんなtweetをされた方がいました。

一面の真理があると思います。

北米式の「しくみ」だと、assistant professorはすでにPIです。 ここからassociate professor, professorと進む過程で研究成果を積み上げていくのでprofessorになれた段階ではある程度の業績を出すことが「保証」されているわけです。

ところが日本の伝統的な「しくみ」ではそうではありません。 伝統的な講座制では助教、准教授は教授の「番頭さん」として振る舞い「業績」を積み上げていきます。そこから教授になる訳ですがその段階では北米式のPIを経験していない。山中先生の表現を借りれば、「例えば准教授の時に有力科学誌に論文が載った人は、書類上は素晴らしい評価となります。でも運良く研究室が蓄積した成果が出る時期だっただけかも知れない」 という場合もある訳です。もちろんその准教授さんが主導的な役割を果たしたのでしょうが北米型のPIとしての業績ではありません。

教授になって初めて研究室を立ち上げたという人も結構たくさんいます

日本のやり方が悪いとは言えないと思いますが国際化を標榜するためにはこの制度は障害になっていると思います。


boseのQuietComfort 20を愛用していたのですが完全に断線してしまいました。

「修理」に出すと15000円で新品と交換してくれるはずなのですが今回ばかりはどうしたものかと考えています。

いっそヘッドフォンを買おうとかとも思うのですがいい歳をして電車でヘッドフォンをしているのもどうなんだという気がして躊躇しています。

どうせ誰もぼくのことなんで見ていないよとは思うのですが…


PDF

“Embrace uncertainty”

On 2016/4/18 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

降圧作戦

数年前から健診などで血圧を測定すると収縮血圧が140mmHg台に達するようになっていたので降圧薬を服用する必要があるのではないかと思っていたのですが面倒なのでそのままで過ごしていました。

健診とは別の機会に自分で測定すると120mmHgを切る場合も多く一見の高血圧は一種の「白衣高血圧」ではないかと思っていた事も放置の理由の一つでした。

今年の冬にインフルエンザに罹ってその後どうも頭痛が取れない、血圧を測定すると150mmHgに届く時もあるということで怖くなり降圧薬の服用を決意して受診しました。父も父の兄妹もほとんどが心血管系の疾患で亡くなっているという家系です。

先生に会う前に看護師さんが血圧を測定してくれたのですが収縮期血圧は115mmHgしかありません。何度測定しても変わりません。高血圧だというぼくの主張が裏付けられないので困った事になりました。

先生に今までの事情を話すと二次性高血圧のスクリーニングと言うことで採血して検査すると言われて結構な量の血液を採取されました。 結局、先生に相談して結局アムロジピン2.5mg/dayを処方してもらいました。 ぼくの当初の目論見である、ARBとstatinを処方してもらう計画には失敗したわけです。

という訳で血圧手帳()を渡され高血圧患者()になりました。 基本は地道な毎日朝晩の血圧を測定でしょうという訳で記録をつけ始めました。

使っている血圧計は オムロンのHEM-7280Cです。

iPhoneに測定結果をbluetoothを介して送り込むことができます。そこを通じてweb上で血圧の変化をfileとして出力することもできます。

 

毎日測定していると結構いろんなことが解ります。 実は、日中は全然血圧が高くないのです。降圧薬は服用を始めて数日だしその効果ではないと思っています。 実は少し前から、ス-パーで見かけて、「カルピス酸乳/アミールS」と「からだすこやか茶W」をはじめていたのです。

おかげで()血圧が下がり、体重は明確に2kg減りました。 ぼくは自分では暗示にかかると性格ではないとおもっていたのですが…

 

蓄積したevidence()を検討すると二週間後には主治医はARBをぼくに処方するしてくれることになるのではないかなと思っています。

 

病気()になると人は内省的になります。(参照:「風邪の効用」)

という訳でこれで開業()できるのではないかというくらいには血圧管理の知識だけはつきました。

しかしなんだかんだといってもこの種の情報はネットではいいものが少ないですね。当たり障りのないものがほとんどだと思いました。

 

すべての写真-2423

 


地震体験からの教訓

大学の同級生の友人が今回熊本市内で被災しました。 友人から今回の出来事の教訓が送られてきたので勝手に公開します。

  1. 地震はいつ来るか本当に分からない。加えて2発目があんなのとは隙をつかれた。
  2. 玄関の下駄箱が2回とも倒れて脱出の時邪魔になった。
  3. 家具は家に作り付けで、構造材と一体化すべき。
  4. ホームエレクターシェルフの天井突っ張りは有効のよう
  5. 昔、東急ハンズで買ったスチール製の頑丈なCDラックの天井突っ張りタイプも倒れなかった。
  6. 安い食器棚の簡易式天井突っ張りはあまり効かなかった。
  7. イケヤの木製書棚は前震は持ちこたえたが、本震で倒れた。3)を強調したい
  8. 吐き出し窓のサッシが2枚とも外れて、倒れてきた。重いし危なかった。これはストッパー構造を改良出来るのではないか。
  9. 枕元に携帯(注:スマホでは無く携帯電話)を置いていたが、とっさには取れなかった。(後で取りにもどった)タブレットは大きいので持って出れた
  10. いつも持ち歩くボディバッグの中に色々いれておいたのが役立った 入れていたもの:200ルーメンの強力小型フラッシュライト(!)、自分の呑んでる薬、財布、カード類、絆創膏、除菌ウェットティッシュ、清浄綿
  11. お仕事かばんに、普段から大事なものを色々突っ込んでおくクセも役立った 入れていたもの:仕事データのバックアップ(500GB SSD)、手帳、WIMAXモバイルルータ、タブレット、ケーブル類、ノートPC
  12. 要するに、最低、ボディバッグとお仕事カバンを引っ掴むとなんとかなる。
  13. 大事な通帳と印鑑を決まったところにひとまとめにしておいたので、脱出時にCD雪崩のなかから掘り出せた。
  14. 妻が、防災用に常に水をストック(2L x 24本くらい)してたのは助かった。
  15. 妻がエマージェンシーシートを10枚ほどストックしてたのも、近所の人達に配って非常に役立った。
  16. 車は、移動用じゃなくとも、緊急宿泊用に便利。寝れるサイズの車種が良い
  17. 携帯の充電用バッテリーは常に充電しておくべき。緊急時に携帯やネットは便利だが、停電すると、動かなくなる。
  18. 枕元には必ず懐中電灯。特に停電すると自動的に点灯するタイプのを、家から出て行く経路のコンセントに差し込んでおく。
  19. 女性は携帯トイレと隠せるものが要る
  20. ブルーシートは何かと便利、常備すべし
  21. ダクトテープが欲しかった。(窓のはめ殺しガラスが外れたところに応急の防水シートを貼るのに苦労したので)
  22. 子供の工作にでもとダイソーでまとめて買ってあった5mm厚スチレンボードを地面の上にしくと、断熱&クッション&平坦化にもの凄く有効だった。
  23. キャンプ用品は全部便利。寝袋とか折りたたみ式の椅子とか。
  24. ブロック塀は高頻度で倒れた上に道を塞ぐので、フェンスや生け垣にすべき
  25. 瓦はやはり落ちまくりました。闇の中で強い余震の度にパリンパリン割れる音が響くのは恐怖感をあおる
  26. 皆アウトドア用の靴を普段履きにして下駄箱に入れてなくて玄関に置いてあったのもよかった。
  27. 自転車用ヘルメットが軽量で良い。ただし、ムレ防止のスリットがあいてる。
  28. 窓は現代ではガラスである必要はないのでは、とも思った。台風でも割れたし。
  29. 寝る時、くつ下を履いておくと良い
  30. トイレを流す用に、風呂の水を溜めておくとよいが、風呂場がかびるからどうしたものか。
  31. 断水時に、給水用のポリタンクや折りたたみ式容器があると非常に便利
  32. 寝るときも、服は即着れるところに置いておくべし。寝間着で逃げると大変
  33. 財布にはいつも小銭、千円札を含む現金を、そこそこの量入れておくべき
  34. 倒壊した家の下敷きで死ぬのは、技術的にはゼロに出来るはず
  35. もしかしたら、洗濯した物をあまりタンスにしまわず、かごの中に入れておく癖も、とっさに服を掴んで飛び出すのに役立ったかも
  36. ラジオは肝心の時、電池切れでした。
  37. 棚から物が落ちるのは、かえって棚自体が倒れるのを救ったかもと思った
  38. 重量物運搬用のキャリーがあるといいかも
  39. MTB(注:mountain bike)はちょっとした移動に便利。PARATROOPERのような折り畳めるフルスペックMTBだと、最寄りの鉄道で脱出するとき使えるはず。
  40. 余震がその震度以上に神経をすり減らす。

(注:)はぼくが書き込みました。

 

自分に引き寄せて考えれば普段から想定して実行していることもあるし知ってはいるけど全くできていないこともあります。考えた事もなかったこともあります。

我が家も家自体も震度7には耐えてくれると思っているのですが家具とくに後から増やした本棚は倒れるだろうと思っています。倒れても下敷きにはならない場所には設定しているのですが…

スマホ、携帯電話の充電バッテリーはvitalなようです。電池残量がショートした”WiMAXモバイルルータ+タブレット”でなく携帯電話のショートメイルで友人とは連絡を取り合っていました。

 

滞米中に”911″を経験しました。家族で一緒にいることの重要性を痛感しました。

 

すべての写真-2412

 


研究者の資質

雑誌Natureに”Scientific virtue“というタイトルのコラムがありました。

米国のNASの会員などに行ったアンケートの結果の一部の紹介記事です。

研究者として重要な”Scientific virtue”を順位順に並べると

  1. Honesty
  2. Curiosity
  3. Perseverance
  4. Objectivity
  5. Humility to evidence
  6. Attentiveness
  7. Skepticism
  8. Courage
  9. Collaborative
  10. Meticulousness

となったそうです。

HonestyとCuriosityが断然のtop 2です。

個人的には、5位のHumility to evidence って大事だと思います。

でも実際にはこのような徳を持ち合わせていない研究者は多いと思います。

 

ニコマコス倫理学」の冒頭には、

どのような技術も研究も、そして同様にしてどのような行為も選択も、なんらかの善を目指しているように思われる。それゆえ、善ははあらゆるものが目ざすものであるとする人々の主張はすぐれていたのである。

とあります。

 

Narure関連からもう一つ。

 

パーキンソン病の研究者であるDr.Liesbeth AertsからのPhD studentへのメッセージです。

  1. Cut yourself some slack

  2. Don’t apologize for your ignorance – fix it

  3. Embrace uncertainty
  4. Stop worrying

まあめげずにがんばれ!!といっているだけなのですけどね…

Embrace uncertaintyっていいアドバイスですけどこれがしんどいんですよ。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License