恒例ですので今年も「ハイポキシア生物学の2015年を振り返って」をやります。


~メトリクス~

pubmedで”HIF[TIAB] and 2015[DP]” (2015 12/28)と検索窓にと検索窓に入力すると1712篇の論文があると返ってきます。HIF[TIAB] and 2014[DP]では1705篇です。

“hypoxia[TIAB] and 2014[DP]” では6081篇だったのが”hypoxia[TIAB] and 2015[DP] “(2015 12/28)では6207篇です。毎年これだけの論文が安定的に出ているという事に驚きます。

ちなみにコントロールの”iPS[TIAB] and 2014[DP]”では728篇で”iPS[TIAB] and 2015[DP]” (2015 12/28)では724篇でした。

 


~注目論文~

論文のチェックを毎週行っています。 まずタイトルを読んでこれはと思うとアブストラクトまで読みます。そこから図までチェックする論文は毎週20篇くらいはあると思います。 そこから論文を印刷して赤ペンでチェックしながら全部読んで引用文献もチェックした論文にはPapersで★を五つの満点をつけます。

数が多くなってはシグナルとしての効果が薄くなるのであまりたくさんの論文には★★★★★をつけません。

以下★★★★★の論文の一部を列挙してみます。

 

#1 Hypoxia Signaling Cascade for Erythropoietin Production in Hepatocytes. MCB 鈴木さんの研究室からの論文。

#2 Glutathione and thioredoxin antioxidant pathways synergize to drive cancer initiation and progression. Cancer Cell 一種のリバイバルですね

#3 Insulator dysfunction and oncogene activation in IDH mutant gliomas Nature


ミトコンドリア関連

#4 Supporting Aspartate Biosynthesis Is an Essential Function of Respiration in Proliferating Cells Cell

#5 An Essential Role of the Mitochondrial Electron Transport Chain in Cell Proliferation Is to Enable Aspartate Synthesis. Cell

#6 Metabolic rescue in pluripotent cells from patients with mtDNA disease. Nature

#7 Mitochondrial reticulum for cellular energy distribution in muscle. Nature

#3 “にはちょっと驚きました。

“#4″ ,”#5″ は最近のぼくの研究の興味もあって興味をもって精読しました。

 

#8 A lactate-induced response to hypoxia. Cell 

#9 Ferritin-Mediated Iron Sequestration Stabilizes Hypoxia-Inducible Factor-1α upon LPS Activation in the Presence of Ample Oxygen. Cell Reports 

ちょっとホントかねとも思いましたがおもしろいことにはおもしろい。

 

最後に

#10 Hypoxia fate mapping identifies cycling cardiomyocytes in the adult heart. Nature

#11 Integrated molecular analysis of adult T cell leukemia/lymphoma. Nature Genetics

以下の二つとくに#11 “には脱帽です。


今年一年ぼくたちのjournal clubで読んだ論文をまとめて見ました。

http://togetter.com/li/912111

 

もう死んでしまった師匠は研究はウシの涎の様なものだ、つまりキリがないのだと常々話していました。

ぼくは低酸素研究の以前にはthioredoxinという小さいー分子量が小さいという意味ですー蛋白質の研究をしていました。今まで細々としか続けてこなかったthioredoxin研究をぼくのメインテーマに据えて行こうと思っています。

 

2016年もしばらくはこのブログは続けるつもりです。

 

最後に

<blockquote class=”twitter-tweet” lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>なんだかんだいって、学位論文を出すことが大学院生に課せられているものです。これは何を意味するかというと、「オリジナル」を生み出せ、ということです。自分の専門分野については、指導教授よりも詳しくなれということ。大学院の様相はもの凄い勢いで変転していますが、この根幹は変わりません。</p>&mdash; 丸島和洋 (@kazumaru_cf) <a href=”https://twitter.com/kazumaru_cf/status/682257610892955649″>2015, 12 30</a></blockquote>

<script async src=”//platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

だってさ。


PDF
Tagged with:  

「かくかくしかじか」ですが結局最終巻は紙の本で読んでしまいました。

ぼくがアメリカから戻って大阪池田の某研究所でlabをスタートしたときから一緒にやってくれて今は麻酔科医として活躍している先生から昨日の深夜にmailをもらいました。

彼がぼくの研究室に来てくれなければ今のぼくはこのようにはいないと断言できるほど重要な存在でした。

あの時代のぼくの研究室のデータのqualityはまさにどこに出しても恥ずかしくないHIF-1の業界ではトップレベル(Baltimoreの本家よりキレイ!!)だったと思いますがこれは偏に彼の「手のキレイさ」によるものでした。研究室に一人でも「手のキレイな」人がいると皆がいつの間にかqualityの高いデータを出せるようなるのですね。データのqualityが高いので僅かな「差」が検出されてそれにより次の実験へと進むことができる感じですごかったんです。

ぼくが良い先生であったかどうかはよく解りませんが「反面教師」も先生だと思ってはいます。(参照1, 参照2)

正でも負でも与えた影響が大きいほど「よい」教師だと思うようにしています。

科研費ですがこんなtweetを見ました。

これに対して

どちらも解ります。

科研費は、「通る」・「通らない」という観点で捉えない方がよいときもあると思います。

広瀬すずさんが主演の「学校のカイダン」というたわいもないテレビドラマがあって毎週視ていました。
挿入歌があって藤原さくらさんが歌っているのですが、19歳で見た目はあんな声で歌うとは到底思えないくらいかわいらしいのです。

最近結構はまっていて研究室でのヘビーローテーションしています。

例えば

宇多田ヒカルさんの歌を聴いたとき以上にびっくりしました。


PDF

Oliver Sacksの遺言

On 2015/2/22 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

Oliver Sacksの遺言

2/19付けにOliver Sacks氏がNew York Timesに寄稿したものが公開されました。(My Own Life )

編集部がつけたのでしょうか”Oliver Sacks on Learning He Has Terminal Cancer”という副題がついています。

末期癌を患っている自分が今現在どのようなことを考えて生きているかを綴った文章で世間に向けた「別れの言葉」となっています。

この「記事」には今現在808のコメントが付いていますし、”The Gift of Oliver Sacks: A Life in Full“という特設ページでは様々な人たちからのOliver Sacksへの”Letter”が公開されています。 少し調べたらCNNに加えて米国の三大ネットのweb pageや各紙でも取り上げられています。

引用してみます。

I feel a sudden clear focus and perspective. There is no time for anything inessential. I must focus on myself, my work and my friends. I shall no longer look at “NewsHour” every night. I shall no longer pay any attention to politics or arguments about global warming.

This is not indifference but detachment — I still care deeply about the Middle East, about global warming, about growing inequality, but these are no longer my business; they belong to the future. I rejoice when I meet gifted young people — even the one who biopsied and diagnosed my metastases. I feel the future is in good hands.

Steve Jobsの山上の垂訓のような趣です。

人生にもいろんな相があります。生き死ににもいろんな相があるということです。 身体的な人生の終わりの他に、例えば研究者としての人生の終わりもあります。

どこまでも「自称研究者」であると自分で主張することは可能だとは思いますが誰でもどこかでその「人生」も閉じる必要があります。 いくらやっても研究成果が上がらないという理由もあるかもしれません。研究費が尽きるというような外因でそれが強いられるとすると不幸かもしれませんがそれも一つのきっかけと考えればそれはそれでよいのかも知れません。

土曜日の朝あるブログエントリーを読みました。

私が研究者を辞めた理由」

面白い内容だったのですが今現在非公開になっています。

大学院を出て助教になって研究を進めていた著者が「結局なぜ研究者を辞めたかというと、やりがいが無くなったからとか、つまらなくなったからとかしか言いようがありません。」ということで研究者をやめて転職したという内容です。 情熱がなくなるということは最も本質的な理由なのかも知れません。

最も不幸な状態は、研究者である「振り」をしないといけないという状況だと思います。大学などでポジションを維持する為に研究している振りをしないといけないとすれば不幸だと思います。

ぼくも残り二つの研究テーマは是非とも自分の手で決着をつけたいと思っていて何とかそこまではこの世界で生き残っていきたいとは思っています。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License