昨日ひょうんなことから息子と仁徳天皇陵(大仙陵古墳)まで出かけました。 三国ヶ丘の駅をでると真ん前にドンです。

でかいですね。一周したらどっと疲れました。


ちょっとやりすぎ

もしかしたらノーベル賞という某「大発見」の顛末にもほとんど興味が無くなってきました。 しかしやっぱり基礎医学ではまず論文というようなプレッシャーはあるのでしょうか。 ぼくの廻りではそんなもの皆無です。「エライ」人はそんなはしたないことはしないというような感じです。

理研がどうのこうのと言うことにもほとんど興味はなく強いて言えば年度末になってバカ高い調度類を買うほどたくさんの予算を特定の研究室に配分するくらいならぼくにも使わせてもらいたいものだという位の感想はあります。

 

前々回のエントリーで

学位認定の多様性 学位の認定って大学、研究科ですごく違いますよね。

例えば京都大学では理学研究科と医学研究科でも大きな違いがありました。 理学研究科は査読論文の公刊を前提としてその論文の内容をさらに詳細に記述した博士論文を執筆してそれについての公聴会を経て学位が認定される仕組みだったと思います。論文をお手伝いした研究者の方に一部コピーを頂きそれが大作だったのでびっくりしました。それでも日本語で記述されていました。

一方医学研究科では査読論文の公刊を前提としてその内容をA4一枚程度に要約したものを提出するだけで公聴会を迎えてそれに合格すれば学位が認定されるしくみでした。こちらは現在も変わっていません。A4一枚程度です。これではコピペなどが問題になることはありません。

今回話題になっている「博士論文」をみてびっくりしました。あれだけの分量の英文を書くのは相当の英語力が必要で学会の抄録もまともに書けない学生にとっては天文学的に難しいのではないかと思いました。ハードルは高いですよね。日本語でもいいのでしょうか早稲田大学は。

と書きました。

その後、あるブログエントリーを読んでまた驚きました。 

思い出してみると榎木さんはご自身の著書でもこの経緯についてはすでに書かれているのですね。

東大の理学研究科恐るべしです。

 

ところで同じ博士号でも通称医学博士は取得が「簡単な」ことで「有名」です。

 取らないと気になるけど、取っても食えない―。「足の裏の米粒」と揶揄されて来た博士号。

  ともいわれます。(参照

しかし、ぼくは大学院時代研究に明け暮れていましたが4年で博士号を取る事ができませんでした。はじめの頃に麻酔科を破門されたということもありどうしようかと悶々とした大学院生活を送っていました。 (参照1, 参照2, 参照3)

どうして4年で終わらなかったのだろうと考えるとやはり「バカ」だったのだろうという結論に到達するのです。

さっきのページですが博士号を取得した理由要するに大学院に入学した理由がいくつか挙げられています。(参照

 

  ぼくの場合をお話ししましょう。

 話はぼくが高校生の時に遡ります (すごいじゃないですか新潟県で35番目に入るのが難しいらしい)。  

 当時朝日新聞社から「科学朝日」という月刊誌が出ていました。高校の図書館においてありそれを毎月読んでいましたのですが、あるときに京都大学の沼正作先生と中西重忠先生が黒板の前でに二人で経っているというツーショット写真と共に業績が紹介されていました。  ACTHの前駆体のお仕事だったと記憶しています。つまりこれこれまたはそれをまとめた記事だったのかもしれません。

 「これは「カッケー」ぼくも京都大学でこういうことをしてみたい」という気持ちが湧いてきたのでした。

 しかし入学しても大学生の時代に有名研究室に出入りするというようなことはありませんでした。廻りには賢そうなヒトばっかりで、とても自分がそんなところに出入りしたところで役には立たないだろうと思っていたからです。なにせタダの田舎者でしたから。

 それでも一度は基礎研究をしてみたいという希望はあったし京都大学では同級生のほとんどが大学院に入るという時代だったので4年間の臨床研修の後に大学院に入学しました。二年で大学院に入った同級生もいましたがぼくは4年間臨床麻酔をしました。当時の水準では4年もすれば取りあえず一人前という雰囲気もあったので取りあえず4年ということで。

 で結局、上にも書きましたが全然データが出ず4年間で学位は取れませんでした。 破門されたはずの麻酔科に戻ってきてそこで実験などを続けてやっと学位を取得できました。 学位のための公聴会は長野オリンピックのスピードスケート男子500mの決勝で清水宏保が滑る時間に開かれて教授には「おまえのおかげでテレビ観戦ができなかった」と小言を頂きました。

 ぼくの場合、期待はされてはいませんでしたが、君は研究に向いていないからもう止めろといってくれる人もいませんでした。ずいぶん悩みながら実験を続けたことは今でもよく覚えています。しかし大学院の4年間はとても充実した4年間でした。実験以外にも班会議への出席などもさせてもらい研究者としての第一歩を大学院の時代に踏み出したと思います。またこの時期を含む7年間を北白川の交差点のアパートで暮らしたのですがぼくの人生でももっとも充実していた期間だったと断言できます。

 その後研究室の周辺をぶらぶらしていいたらもう20年くらい経ってしまいました。もし研究を続けていなかったらもっと別の人生があったとは今でもよく思います。

 前回のエントリーで

つまり「貧乏人はサイエンスをするな」

   と書きましたが「バカはサイエンスをするな」とも当時の自分にはいいたいです。

とはいえ一旦大学院に入ったからには学位は4年で今のうちにさっさと取りましょう。今回の余波で医学博士といえども難関になるかもしれないよ。  

 

 昨日の日本経済新聞に

 「科学の顔をした迷信 第30回  千里眼と神秘世界の誘惑 (明治) という「熱風の日本史」というシリーズの一記事が載っていました。

「千里眼」の能力を持つ御船千鶴子という23歳の女性の一件が紹介されていました。 この人透視能力をもつという触れ込みで一斉を風靡したそうなのですが

千鶴子の透視方法には「欠陥」があった。透視を行う際、手元を見せずに背を向けること、自分なりのやり方では成功するが、実験者が指示した方法ではうまくいかないこと、などだ。このため詐術ではないかという疑いが持たれた。

とのこと。

 最後は服毒自殺してしまったのだそうです。

 念写の能力を持つ長尾郁子という女の人も出現したのですが、この二人を見いだした東京帝国大学助教授の福来友吉

「迷信を助長する学者」と批判を浴び、10月に休職を命じられた。

のだそうです。妙な既視感がありますね。

 福来の郷里岐阜の高山市には「福来記念・山本資料館」というのがあって理事長の山本貴美子さんは

「いつどこでだれがやっても同じ結果が出るのが科学。同じ結果になるとは限らないのが心の科学です。だから、信じてもらえないのは仕方ない。でも透視と念写は事実です」といい切る。

とのこと。いやはや「科学的」って難しいです。

しかしどの時代も構図はそっくりですね。 日経は絶対「意識」しているよね。でもちょっとやり過ぎです。

 


「犬の伊勢参り」

犬の伊勢参り」という本を読みました。

  読んでの如く江戸時代は犬が単独で伊勢参りをしていたのです。牛や豚も伊勢参りをしていたという報告もあるのだそうです。  

  記録に残っている犬の伊勢参りの嚆矢は、明和8年(1771年)4月16日のことでこの場合は飼い主まで判明しているのです。


PDF

金曜日に続いて日当直しています。

土曜日の朝に共同研究をしているH田さんが来てくれて3時間ほどいろんなことを話せて良かったです。 午後からはtaroが来て某講演会の作戦会議でした。うまくいくことを祈っています。

IMG_2232


久々のエントリーです。

原発事故と科学的方法という本を読みました。

著者の牧野淳一郎さんという方は現在は東工大で理論天文学、恒星系力学、並列計算機アーキテクチャーを研究している人で原子力関連の専門研究者ではありません。

3.11の地震による原発事故について政府、東京電力から提供される「公式発表」に疑問を感じて公表されたデータと「高校の物理でならう程度」の知識でできる計算を自分で行って原発から放出されてしまった放射性物質の量が膨大であることに気付いた、その後のことを個人的な日記などの記録から淡々と記録して「科学的な方法」「科学者の態度」について考察した本です。

岩波書店の雑誌「科学」に連載していた「3.11以後の科学リテラシー」というタイトルの文章の内容を一般向けにtwitterやウェブサイトに筆者が書いたものと一緒に再構成することでまとめて出版された本で本の帯によれば原発再稼働と健康被害推定をめぐる「実践的な思考の書」ということです。

 

岩波書店は科学という名前の月刊誌を発行しています。 東北の地震と続発する原発事故つまり3.11の後にはこれに関連した放射線・エネルギー問題が特集として取り上げられることが多くなっていると思います。 一種の「科学」の「世界」化ですね。さらに 科学者と社会の関わりに力点を置いた数多くの書籍が岩波書店から出版されてもいます。

信頼の条件――原発事故をめぐることば

科学者に委ねてはいけないこと――科学から「生」をとりもどす

などはその例です。

 

「科学」の最新号は11月号ですが 特集は「“科学的”とは何か」です。

特集の論文のタイトルを列挙してみます。

  • 「想定外」にみる科学主義の虚偽──地に墜ちた日本国家の信頼と倫理……松原望

  • 医学情報の科学的条件──100mSvをめぐる言説の誤解を解く……津田敏秀

  • 「科学的」であることを市民の側から考えるために──東京電力原発事故と被曝をめぐる「科学」的言説をめぐって……影浦峡

  • シミュレーションと予測の使われ方──福島原発事故をめぐって……牧野淳一郎

[規制と科学]

  • 放射線とベンゼンを例にみる規制と科学観──社会的受忍レベルの裂け目……神里達博

  • リスク評価に“中立”はあるか──森永ヒ素粉乳中毒事件にみる文脈依存性……中島貴子

[科学と社会の諸相]

  • 論理学とサイエンス・コミュニケーションの補完……村上祐子

  • 科学という眼鏡……有田正規

  • 科学的である,という難事……岩田健太郎

  • 「原発と活断層」をめぐる「科学」の扱い……鈴木康弘

  • 福島第一原子力発電所から海洋への放射能流出の現状……神田穣太

いろんな人が俎上に上げられ批判されます。

以前紹介した医学と仮説――原因と結果の科学を考えるの著者である津田さんによって東京大学病院の中川恵一医師がばっさりと斬られます。 原子炉事故後積極的に発言されてされていましたが「医学情報の科学的条件──100mSvをめぐる言説の誤解を解く」では曰く「目覆いたくなる日本の医学者」の一人として「データを科学的に論じる能力に欠けた医者」として批判されています。 ちなみに中川医師は牧野さんにも「原発事故と科学的方法」で批判を受けています。要するに「科学的」でないというわけです。

それでは「科学的」とは何かまたはどういうことかという事が問題になるわけですがこれを明確に定義することはできないので結局は歯切れの悪い議論となりなり[科学と社会の諸相]というようなアプローチとなるわけです。

しかし「科学の科学性を担保するのが誠実にして謙虚な弁証法だ」という言説には同意はできないしそもそも何のことを言っているのかぼくには解りません。

IMG_2238


科学雑誌”Nature“で科学者やその業績をどのように評価するかについての議論が特集として取り上げられました。

IMPACT:THE SEARCH FOR THE SCIENCE THAT MATTERS という特集です。

“The maze of impact metrics” はこの号のeditorialで問題が要領よくまとめられています

“Research assessments: Judgement day” 研究機関の評価のあり方に力点をおいたものです

Science publishing: The golden club “ CNSとまとめられるCell, Nature, Scieceなどに論文を載せている研究者はそれだけで「すごい」と世間的には思われていろんな「得」をするのですが最近はその神通力が効きにくくなっているかもというお話です。

Publishing: Open citations”, “Referencing: The reuse factor” この2つはちょっと短めのコメントです。

“Who is the best scientist of them all?”は ちょっと面白い読みものです。

Google Scholarの統計に基づくと歴代の研究者の中でh-indexの順番は 一位:S Freud:282 二位: E Witten: 243 三位: WC Willet: 220 だということです。 生物学に限ればM Friedman: 193, SH Snyder: 176, B Vogenstein: 167 となっています。

研究領域が異なるとh indexを直接比較することが適切でないというか場合があるというか比較できないのですがそれをどう補正するとよいのかという研究も紹介されています。

その領域の研究者のh-indexの平均で個々の研究者のh-indexを割った値をhs indexとして使うとよいのだそうです。(Universality of scholarly impact metrics)

この補正を加えると歴代のhs indexの一位はあのKarl Marxとなるのだそうです。

インディアナ大学の研究チームが作った Scholarometerというツールが紹介されています。これはGoogle Scholarのデータを使って研究者の名前と研究分野を入力するとh-indexを計算してくれるアルゴリズムです。

例えばShinya Yamanaka: 64(biology)と出てきます。

Gregg Semenza:125(biology)です。 これの面白いのは共著者の順番も出てくることです。

K HirotaはGregg Semenzaの共著者のランキングの二番目で15です。ちなみに一位はH Zangの17です。ぼくはGLSの共同研究者の二番目にランクされるというわけです-あくまで論文数ですけど-。

 

それではお前はどうなんだということで、Kiichi Hirota:40(Biology)でぼくの共著者ランキングはS Takabushi:18, K Fukuda:15, T Tanaka:13となっています。

 

全国の某診療科の教授のh indexランキングも作ることが可能ですね。だれか学会で発表したらどうでしょうか? この道具を使えば簡単ですよ。 例えばKazuhiko Fukuda:38(biology)で共著者のランキングはK Hirota:29, G Shirakami:22となります。 ぼくって福田先生とこんなに共著論文があったんですね。最大の共同研究者です。まあそうだと思っていたのですが実際にそうでした。

その他も10人ほど調べましたが差し障りがあるので公表しません。自分で調べてください。

名前がありふれている人は検索結果が全てその人のものとは限りません。 またGoogle Schalorから漏れている業績は検索に掛かりません。

日本語の特に製薬会社の出しているPR誌の「論文」や出版社から出ていても査読などのない「論文」-それを論文と呼ぶのかどうかわかりませんが-は検索から漏れています。 これはもちろんぼくの責任ではありません。

 

h indexは個人の業績を出版された論文などをもとに解析したものですが最近はAltmetricsという名前で呼ばれる手法も取り入れられています。

alternative metricsから作られた造語だということです。

ソーシャルメディア等における研究成果への反応をリアルタイムで収集し、そのインパクトを論文単位で定量的に表示する新しい研究評価指標とのことです。(参照)

ちょっと調べるとこんなページあんなページも見つかります。 

PLoS Oneこんなページを作っています。

 

評価の指標が単一でないことはよいことだと思います。

 

IMG_2226

 

一方”Science”では”Communication in Science: Pressures and Predators“という特集を組んでいました。  

今大流行のOpen Journal、peer review、大勢の人間を一カ所に集めて行う「学会」の問題点などを議論しています。  

“Scientific Discourse: Buckling at the Seams”

“Improving Scientific Communication”

“The Rise of Open Access”

“The Seer of Science Publishing”

“The Power of Negative Thinking”

“Hey, You’ve Got to Hide Your Work Away”

“Cloak-and-Dagger Publishing”

“The Annual Meeting: Improving What Isn’t Broken”

“Who’s Afraid of Peer Review?”

    査読のいい加減さがあばかれています。神戸市にある某国立大学の発行している医学雑誌も相当なもののようです。

“What’s Lost When a Meeting Goes Virtual Meetings”

“That Flatter, but May Not Deliver”

“Public Science 2.0—Back to the Future”

 

“The Power of Negative Thinking”“Who’s Afraid of Peer Review?”“Public Science 2.0—Back to the Future”は一読をお勧めします。

 

IMG_1999 IMG_2228


PDF
Tagged with:  

登山会新年会

昨晩大学時代に所属していたクラブの新年会があり昨年に続いて参加しました。京大病院に現在在籍する数少ない登山会のOBとしての義務感もありましたと言うのは公式見解で実は同級生の鈴木君が参加するというので池田からのこのこ出ていったのです。

カメラロール-2535

場所はいつもの天寅

カメラロール-2524

もちろんいつものすき焼きです

OBが大集合で10人はいたのではないかと思います。同級生も千葉に行ったきりの藤森君を除いて鈴木,内海さんとぼくが参加しました。

和歌山,倉敷から参加されていた先生方もいらっしゃいました。

学生さんとはポリクリなどで話すこともあるのですがいつも「デキるふり」をして構えているぼくとしてはこういった席で話すと屈託がない彼らに接することができて若返ります。

CBTが近々あるのだそうですが,ちょっとかわいそうですね。ポリクリの時間も増えるそうですし。なんか京大でなくなるようでぼくはよくないと思います。

医学部もどうせ初期臨床研修が二年あるのだからそこまででつじつまが合えばよいのではないかとぼくは本気で思っています。

大丈夫ですよそれでうちの学生は。

部長は消化器内科の千葉先生にしていただいているのですがそろそも次期部長をしていただく先生のあたりをつけないといけないというような話も出ていました。

カメラロール-2532

一回生部員とと話す千葉先生 鞄を忘れてとりに戻られました

卒後10年目までの先生方だとリアルタイムにクラブ活動として一緒に行動した事は無いのですが,授業やポリクリまた手術室であったこともあったりして「えっつ?」という感じもして不思議な感じがします。 病院でのぼくを見られていると思うとすごく恥ずかしいです。

カメラロール-2533

集合写真
カメラロール-2534
天寅の玄関にいまも飾られてるたぶん25年前の登山会コンパの写真 当時の部長は外科の戸部先生でした 半袖で参加された和歌山の冨田さんが目立ちます

大学の二回生くらいに鈴木に誘われて医学部登山会に参加しました。 あの時代は登山会の部員数は結構な数に傍聴してきて現在よりたぶん大所帯だったと思います。 一回生部員も3人もいて将来的に希望がもてますが女子部員がゼロということです。ぼくらの時は二人はいたけど。


週末の読書

科学的であること

今週木曜日の大学院セミナーの準備ですごい時間を使っています。理由は簡単で今までのぼくの持ちネタとかなり違う内容だと言うことです。なんせぼくが「ガン」を語るのですからね。先日の某シンポジウムの時にもE角先生に某癌学会には入っておいて下さいと言われたのですがいまだに会員ではありません。 今回気合いを入れたのでここ半年以内ならどこに呼ばれても1時間くらいは高座を勤められるのではないかと考えています。

にもかかわらず電車とか列車に載っている時間が長ければ長いほど本を読む時間が多くなります。

「中卒」でもわかる科学入門 “+-×÷”で科学のウソは見抜ける!

統計学が最強の学問である

いずれも一般書です。

 

ぼくの受け取ったメッセージは物事を科学的に見る視点を獲得ためには何も高等教育が必要な訳ではなくごく普通の論理的な思考があればとりあえず十分であるということでまた重要なのは科学的に行動することだということです。

「中卒」でもわかる科学入門 “+-×÷”で科学のウソは見抜ける! の「はじめにー裸の私たち」では,

王様は見えもしない衣装を身にまといパレードに臨む。見物人も馬鹿と思われてはいけないと同じように衣装を誉めそやすが、その中の小さな子供の一人が、「王様は裸だよ!」と叫んだ。ついにみなが「王様は裸だ」と叫ぶなか王様一行はただただパレードを続けた。

という例の「裸の王様」のエピソードが紹介されます。

「真実が明らかになった後も、虚偽に基づいた計画がすぐに止まるとは限らない」。これは「純真無垢なものだけが、真実を公表できる」という以上の教訓ではありませんか。そしてそれは、王様のパレードという政治活動に限らず、科学技術における活動すら例外ではないのです。本書でもあらためて本文で触れるとおり、日本の原子力政策しかり、米国のスペースシャトル計画しかり…

もちろん医学・医療の世界でもおなじ現象は観察されます。とっくに有効性が否定されている薬剤や療法がいまだに医療現場で行われている例はいくらでも枚挙できます。自分はこの療法の有効性が否定されていることは知識として知っているのだがそれを知った上でその療法を施しているのだと言われてもじゃああなた何なんですか?,という事になります。

統計学が最強の学問である でも統計的な解析はあくまで「データを集めて解析することで最善の答えを出すこと」が重要なことなのであると述べています。現実を追認するまたは変えるための統計解析を目指せという主張ととらえました。

このような事は以前このブログのエントリー 「反証のがれ」ー新書「科学的方法とは何か」を読んでで一部考えてみたことがありました。

「中卒」でもわかる科学入門 “+-×÷”で科学のウソは見抜ける! 「おわりに ー 職人たれ,学者たれ」で皆が幸せを感じる瞬間として

  1. できなかったことができるようになった瞬間
  2. わからなかったことがわかった瞬間 

を挙げています。

誰もわからなかった事を自分が解明した瞬間というのは特に幸福感を感じる瞬間です。科学者は究極にはこの瞬間のために日夜研究活動に励んでいます。すごい発見は「ある瞬間」に感得される訳ではありませんが回顧的には「あの瞬間」だたっと思える場合もあります。この瞬間から世界の色が確かに変わります。

夏目漱石の小説「三四郎」で上京した三四郎が野々宮君を訪ねるシーンがあります。

昼間のうちに、あんな準備をしておいて、夜になって、交通その他の活動が鈍くなるころに、この静かな暗い穴倉で、望遠鏡の中から、あの目玉のようなものをのぞくのです。そうして光線の圧力を試験する。今年の正月ごろからとりかかったが、装置がなかなかめんどうなのでまだ思うような結果が出てきません。夏は比較的こらえやすいが、寒夜になると、たいへんしのぎにくい。外套を着て襟巻をしても冷たくてやりきれない。……

という生活を野々宮君は送っているのですが,大方の実験科学者もこのような生活を送っているわけです。

たまたまその中にはいってみると、穴倉の下で半年余りも光線の圧力の試験をしている野々宮君のような人もいる。野々宮君はすこぶる質素な服装をして、外で会えば電燈会社の技手くらいな格である。それで穴倉の底を根拠地として欣然とたゆまずに研究を専念にやっているから偉い。しかし望遠鏡の中の度盛りがいくら動いたって現実世界と交渉のないのは明らかである。野々宮君は生涯現実世界と接触する気がないのかもしれない。要するにこの静かな空気を呼吸するから、おのずからああいう気分にもなれるのだろう。自分もいっそのこと気を散らさずに、生きた世の中と関係のない生涯を送ってみようかしらん。

リアルな人間生活との接点を研究で得られた人は幸いです。

ぼくはこの20年間麻酔科医としての臨床活動と基礎研究者としての活動の二足のわらじを履いてやってきました。麻酔臨床で得られた疑問を基礎研究で解明しているというような関係はぼくの場合はありません。基礎研究は基礎研究としてやってきました。

しかしこの両者は排他的というわけではなくどちらかがないとぼくの中のバランスが悪くなるという関係でその意味ではできる限り二足のわらじを履いてやっていこうと考えています。

今日今年の医師国家試験が終わったという事です。

新しく医者になるみなさんにこそ「職人たれ,学者たれ」という言葉はふさわしいと思います。がんばって下さいませ。

生権力

体罰の問題が話題になっています。週末にこの二冊を読みました。

生権力の思想: 事件から読み解く現代社会の転換

生と権力の哲学


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License