昨日から花粉症なのか黄砂症なのかわからないのですが猛烈に症状が出てきて死にかけています。

もしかしたらストレスかもしれませんけど…

 

ある原稿の締め切りが今月末に設定されていたのですが一週間ほど前にmailが来て2.5ヶ月後ろにずれて気が抜けてしまいました。

文字はほとんど並べ終わっていたのですがそれでは6合目くらいにしか過ぎないわけで今頃は泣きながら「寄せ」にかかっていたと考えると…

 


「小保方晴子日記」を読んで

証人喚問のex国税庁長官さんもなんか大変な時期に結構な事に巻き込まれちゃったなと自分の不運を嘆いてるのではないでしょうか。もう2年くらい早くても遅くてもこんな問題には巻き込まれなかったのですか。

あんなに頑張ってだれかが今後の保証とかしてくれることちゃんとなっているのでしょうか。ちょっと気の毒です。

「決裁文書書き換えー捏造ー問題」というのは書き換えられたことは確実でも「犯罪」として罪に問うことには結構大きなハードルがあると知って法律というのはそういう風にできているのだなと妙な感慨にふけっていました。

研究の不正も本人が不正事実を認めても刑法上の罪に問うのはやはりそれなりに難しいのと似ているのかもしれません。

しかし、政治と研究不正は一方で「倫理」の側面が強調されその段階となると何かよく分からん成り行きとなってしまいます。

 

最近「小保方晴子日記」を読みました。

精神科入院、博士号剥奪、手記の執筆…… STAP騒動を経て、壮絶な日々をどう生き延びたのか。 理研退職からの650日間を綴る。 〈『婦人公論』好評連載をもとに、その後の日々を大幅加筆〉 という触れ込みだったのですが特に有益な情報が得られたという感想はありませんでした。どうもいろんな温泉巡りをしていたようです。 しかし、この日記を読んでわかったことがあります。 

 

以前書いたことがあります

この本ー注「あの日」ーを読んで「STAP事件(と敢えて言います)」がよく解らなくなりました。 またはじめに書いておきますがぼくは小保方さんを擁護している訳ではありません。 内容は何人かの人が書いているとおりです。しかし、実際に読むとまったく印象が異なります。 これは妄想にとらわれた元研究者が小遣い稼ぎに書いた「手記」ではないと思いました。 あり得ないほど完成している部分と素人が書いたのだろうと一読して解るくらいの拙い部分が渾然としていてよほど実力のある編集者が伴走した結果だと思いました。 実に読みにくい箇所もありました。 しかし、第一章から第三章までは本当に読ませられました。第六章もリアルです。 関係者であればはっとするような内容を含んでいると思います。 取りざたされている人達はこの手記を黙殺するしか対抗手段はないのではないでしょうか。 これを読んで本気で「実際は」どうだったのかを単なる好奇心で知りたいと思いました。野次馬根性だと言われるかも知れませんが正直な感想です。 この本を購入して読むということに抵抗のある人もいると思います。

「あり得ないほど完成している部分と素人が書いたのだろうと一読して解るくらいの拙い部分が渾然としていてよほど実力のある編集者が伴走した結果だと思いました」 という感想は部分的には正しかったようです。 ライターさんとか編集者がかなり関与していたのですね。

しかし、今回の「小保方晴子日記」は既述は千々時乱れて最後まで読むとちょっと切なくなります。読まなくてもいいかもしれません。ほんと暗いです。温泉巡りをしていたのですが具体的な場所についての記述が無いのでなんか臨場感に乏しい感じはあります。

また寂聴さんに触発されて小説も書いていたようです。どこかに掲載されるかもしれませんね。

 

研究不正でいつも思うことは、論文に不正が「認定」されて最終的にretractされたとしてその論文の主張というは科学者間ではどう扱われるのかということです。

論文の不正が発覚するのが出版からかなりの時間を経てからという場合もあります。 可能性としては

  • 「あれは怪しいよ。だって誰も再現できないんだから」という場合
  • 皆が素晴らしい研究だと考えていわゆる追試的な論文も何報も出版されてからの場合 

二つはあってこれで感じ方も変わってくるだろとは思います。

これ不正事件があるたびにいろんな人に質問というか意見をお聞きするのですが当然のごとく明確な「答え」はありません。

また不正も結局再現性があれば最終的には許されるのか論文作成の手続きじょうどこかに瑕疵があればアウトなのか「倫理」の観点から考えると難問です。

小保方さんの場合は、とにかく彼女の主張を支持するdataが存在しなかったということだったのである意味単純だったのですが、再現実験を他人が行うなどの妙な儀式が行われました。これも結局は研究不正に対する対処法として妙な先例を作ったことになりました。


喉頭鏡の持ち方から

ぼくは麻酔もするのですが前日手術室で研修医君に喉頭鏡ー知っている人は知っているのですが知らない人は何って思うと思います。実はこんな物を口に突っ込んで喉の奥をのぞいて管を人間に突っ込みますーを持ってもらいました。

彼はこう持つのですがぼくは30年くらい前から自分では

こう持つ習慣が付いているのでちょっと違和感を覚えました。

興味があってtwitterで簡単なアンケートをしてみました。

32人の参加者があって

  • 1の持ち方が22%
  • 2の持ち方が78%

という結果でした。

バイアスもありまくるだろうし、どっちが正しいとか正統だとかいうつもりはありません。

しかし少なくともぼくは少数派ではなかったという事がわかりました。

 

医療がエビデンスに基づいて行われる時代になってもこういうベタな事についても意見が一致しない場合があります。管がちゃんと入れば持ち方などどうでも良いともいえます。

でも他人はどうしているのだろうという事には興味があります。東と西では麻酔のやり方が結構異なるよという話もあります。

 

他人がどんな麻酔をしているのかということを知る手段として麻酔記録を閲覧するということがあります。現在では電子的に記録されてPCから見ることができますが通常は自分の所属する病院の記録しか閲覧できません

例えばぼくが東京のある病院の麻酔記録を大阪にいるまま閲覧することは非常に難しいのです。

しかし多分これは技術的には可能なのだと思います。

 

例えば帝王切開の麻酔を脊髄くも膜下麻酔ー腰椎麻酔とも言いますーで行うとしてくも膜下腔に注入する薬剤の選択またdoseの選択をどうするのかについては最終的にはその場にいる医者が決める事になります。

日本全国でリアルタイムに帝王切開について薬剤とそのdose情報が得られるシステムがあれば日本の「今」が分かるのですが残念ながら今現在そのようなシステムは存在しません。腰椎麻酔の効果が弱くなった時にどう対処するのかなどの情報も得ることができます。通常このような事はいわゆる教科書には書いてありません。

今まで経験したこ事のない症候群を持つ患者の麻酔を担当する場合検索を行いどのような麻酔管理が行われたかについて学ぶことができたらこれはすごく有益です。

でも一方日本では、エアウェイスコープを使って挿管して、デスフルレンデ寝かせて、ロクロニウムとレミフェンタニルで維持して最後はスガマデクスを何でもかんでも200mg使って一丁上がり的な麻酔法が主流でこれって多分誰でもできるんじゃない?とかが明らかになったり、ある術式の病院ごとの手術時間とか出血量が瞬時に分かってこれは問題だという事にもなり兼ねないですね。#知らんけど

 

かつて師匠に「お前の研究で臨床を変えようなどと努努考えるな。臨床は日々自立的に新婦するのだから」と言われた事があります。

日本全国の全麻酔チャートにタグがついて自分のパソコンとかiPhoneから検索して日々の臨床に活かせるなら学会で誰かのありがたい()お話を聞かなくとも自分の医療は進歩していくと思います。


「雪の階」を読みました

奥泉 光 さんの「雪の階」を読みました。読み始めたら止まらなくなって5時間くらいで読みきりました。

東京自叙伝」もすごかった。

でもこっちもすごい。

各紙で書評がちらほら出てきています。


PDF

「神」と再会

On 2017/3/21 火曜日, in book, hypoxia reseacrh, by bodyhacker

例年この時期は花粉症の症状はきつくないのですが今年はひどい。

来年も今年並みになるのであれば何か根本的な対策を講じる必要があるという位ひどいです。

生産性がガタ落ちです。

IMG_4428


「神」と再会

ぼくは大学を卒業後4年間臨床麻酔だけをした後,大学院に入学しました。 どこで何を研究するか当時まだ健在だった森先生と激論の末,ウイルス研究所の淀井淳司先生の研究室に「わらじを脱ぐ」ことになりました。

当時淀井先生の研究室ではいくつかのプロジェクトが動いていたのですがぼくはthioredoxinという蛋白質の細胞内での機能の解析をテーマとすることになりました。

最初の三年くらいはデータらしいデータも出ず,しかし,それを軌道修正してくれる人もいないという状況で孤軍ではないまでもとにかく奮闘をムダに続けていました。だからといって放置されていたわけでもなかったのですが…

意地で頑張っていたら,三年目くらいからデータが出始めて四年目にはたぶんこのまま続けていれば論文になるだろうというところまでようやく到達しました。

 

淀井先生の研究室に伝説の研究者がかつて在籍していました。ぼくが淀井研に参加した当時は米国で研究を開始していたので直接の交流はなかったのですがそれ故伝説化というか神格化-まさに神格化という言葉がぴったり-されていました。

そもそもthioredoxinも「神」がADFとして単離に成功した蛋白質でした。

 

今となってはよく覚えていないのですが何かの機会に「神」にお会いしたときに淀井先生から促されてぼくの研究の紹介をしたことがありました。

その時に「これは細胞内のレドックスシグナルにカスケードが存在しているということを主張しているのだね」というようなコメントをもらって「はっ」と蒙を啓かれたという体験をしたことを今でも覚えています。

ホントに今も研究続けている理由の一つと言ってもよいかも知れないほどの体験でした。

今でもdataさえ積み上げれば解ってくれる人は解ってくれると思ってはいるのですが論文には物語はやっぱり必要だろうとおも思っています。

少ししてその論文は出版されてぼくの学位論文になりました。

ぼくの25年ほどの研究人生での最高傑作だと現在でも思っています。留学の時応募した奨学金に2年連続通ったのもその論文のお陰です,きっと。

発想がすばらしいのです端的に。

 

その「神」が日本で開催された学会に出席の為一時帰国されて先週の月曜日に淀井研縁の7人で酒を呑みました。

初心に戻る事ができました。

 

「神」語録をもう一つ。

医学部を卒業して国家試験に合格した能力がある大学院生に4年で学位を取得させられなければそれは指導者の責任だ

聞いたときギョッとしました。

指導者がアホだと院生が学位を取得できない!! つまり院生が学位を取れないとうことは指導者がアホ!!

 


悪魔の勉強法」に参考文献として取り上げられていた「伊藤君AtoE」を読みました。

おもしろいしタメになります。

梅田の紀伊国屋でも一冊しか置いてありませんでしたけど。

A 伊藤に長い間片思いするが、粗末に扱われ続けるデパート勤務の美人

B 伊藤からストーカーまがいの好意を持たれてブチ切れる、バイトに身の入らないフリーター

C 伊藤の童貞を奪う、男が切れたことのないデパ地下ケーキ店の副店長

D 処女を理由に伊藤にふられるも、売れっ子放送作家を初体験の相手に選ぶ大学職員

E 伊藤が熱心に勉強会に通う、すでに売れなくなった33歳の脚本家

AからEの5人が伊藤君と関わっていく小説です。

Apple Musicで「三番目の風」という曲を聴いてこれは名曲だと思ったのですがPVを見てぼくの思ったのと違ってびっくりしました。

でも「名曲」です。


有識者会

土曜日にいつもお世話になっている有識者とカンファレンスを開いて次のprojectへのアドバイスをいただきました。

このprojectは何とか成就したいです。

IMG_4452


PDF
Tagged with:  

放牧か飼育か

On 2014/4/13 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

10日ほど前から風邪なのか花粉症か区別の付かないような症状が出ていたのですがここにきてようやく寛解状態に向かっている感じがしてきました。 とはいえどうもスッキリしません。

「脳の中の時間旅行 : なぜ時間はワープするのか」 に書いてあったのですが体温が高くなると時間が早くゆっくり進む(と感じる)のだそうです。

言われてみるとそんな気もします。

カメラロール-2108


再現するのって結構むずかしい

今ボストンにいる甲斐さんの論文 The volatile anesthetic isoflurane differentially suppresses the induction of erythropoietin synthesis elicited by acute anemia and systemic hypoxemia in mice in an hypoxia-inducible factor-2-dependent manner がEuropean Journal of Pharmacologyにアクセプトされて出版されました。(参照

結構な難産でした。

理由は簡単で査読者を簡単に納得させるためにはデータ量が足りなかったからです。現象はすごくおもしろいし十分な再現性があると思いますが論文として査読を経るとなるといろいろと指摘されることになります。 査読コメントにはトンデモないものもありEditorに抗議をしたりしてやっとアクセプトです。最近は一回くらいrejectされても査読の問題点を取り合えずeditorに送ってみるくらいにはずうずうしくなりました。大抵の場合(といってもぼくのレベルの場合はですけど)はもう一度査読に廻してくれます。

生体が低酸素に暴露されると血清中のエリスロポエチンの濃度が上昇します。甲斐さんの論文の前に田中さんが低酸素血症では脳と腎臓でEPOが誘導されて同時に血清中のEPOの濃度がおそらくHIF-2a依存的に上昇するのではないかという論文を発表していました。またこの上昇は揮発性吸入麻酔薬イソフルランに感受性です。つまりイソフルランの吸入でEPOの上昇は抑制されます。しかしこの抑制は脳でのみ観察されて腎臓でのEPOのmRNA誘導は抑制されませんでした。

今回は脱血により貧血状態を作った場合にどうなるのかという検討を行いました。マウスの眼窩から脱血を行うとヘモグロビンが低下します。 貧血を誘導しても低酸素血症とほぼ同じような時間的なプロフィールでEPOの上昇が観察されます。しかし低酸素血症の場合と異なりこの上昇は腎臓でのみ観察されて脳では観察されません。さらにイソフルランは脱血モデルは腎臓でのEPO mRNAの上昇を抑制しました。 つまり組織低酸素をもたらす低酸素血症と脱血による貧血ではEPO誘導の機序が異なりまたイソフルランへの感受性にも違いがあるということがわかったということです。

簡単な実験なのですが結構おもしろい事を主張しているとぼくは思っています。

このような実験を進めたのには訳があります。

すごく以前にぼくが留学する前に一緒に研究をしていた伊藤さんという大学院生がいました。今は高松の病院で臨床医として活躍しています。ぼくと研究をした初めての大学院です。 彼と行った実験結果をまとめた論文があります。

Reversible inhibition of hypoxia-inducible factor 1 activation by exposure of hypoxic cells to the volatile anesthetic halothane.参照

つまり揮発性吸入麻酔薬のhalothaneは培養細胞 (Hep3B細胞)では低酸素誘導性のHIF-1の活性化を抑制するという発見です。 単純な実験ですが何の問題も無くアクセプトされました。 その後-といってもぼくらの論文の5年後ーにAnesthesiologysという雑誌に Up-regulation of hypoxia inducible factor 1alpha by isoflurane in Hep3B cells. という論文が掲載されました。

ぼくらはhalothaneという薬剤を使いましたがこっちは同じ揮発性吸入麻酔薬ですがisofluraneを使っています。 ぼくらは低酸素環境下でのHIF-1の活性化への影響に主眼を置きましたが、こちらの論文では20%酸素環境下でのisofluraneのHIF-1活性化に与える影響を調べたものです。

実はぼくはisofluraneの影響もそれまでに調べたことはありましたがHIF-1の活性化を観察することはありませんでした。

培養細胞に麻酔薬に暴露するだけの簡単な実験ですから間違えようがないともいえるのですが、この齟齬の理由は定かではありません。

Anesthesiology誌の論文はぼくが査読したのではありませんが査読がぼくに廻ったとしてもぼくらの実験結果と違うという理由でreject相当とは判断でき無いくらい小さくまとまった論文でした。

何時か動物の生体内でこの問題に決着をつけたいということはすっと思っていました。 そこに田中先生が来てくれたので彼と相談して研究を始めたことがまとまったものが紹介した

General anesthetics inhibit erythropoietin induction under hypoxic conditions in the mouse brain. です。

この実験でハッキリしたことは空気を吸入して生きているマウスをisofluraneに暴露してもHIF-1やHIF-2の活性化は観察できないうことです。 そして今回の甲斐さんの論文です。 これらの研究でも実は行っていない検討がいくつかあるのですがぼくとしてかなり満足しました。

これに限らず、一見矛盾する研究結果がいろんな雑誌で発表されています。

人によっては明らかに自分では再現できない観察結果を論文にする人もいますがそうで無い場合もいくらでもあります。 なので「再現性」の問題は難問だとぼくは思っています。

少なくとも「著者しか再現できないからその研究の主張が「間違え」だとか「意味が無い」」という言い方にはぼくは同意できません。


放牧と飼育

@enodon さんのブログエントリー「放牧ラボとブロイラーラボ~人材育成の流儀」 を読みました。

私がかつて所属した浅島誠先生の研究室も「放牧ラボ(研究室)」でした。もちろん研究室のテーマはありましたが、院生が必死に考え、先輩たちから方法を聞いたり、どこかに学びに行ったりして研究していました。論文を書くのも、エディターとのやり取りも、院生主導です。

ぼくの院生時代の研究室もこんな感じでした。

という訳でぼくは4年(医者は修士課程が無く直接博士課程に入ってそのかわりに4年です)で学位は取れませんでした。 でも今となってみればこういう研究室だったので今の自分があると思っています。

一度はぼくを破門した当時の麻酔科の教授には「大学院でがつがつ研究成果を上げる必要はない。お前みたいな凡庸な人間は努力して10年くらいの後に自分のテーマといえるものが見つかればそれで十分である。」と言われました。その観点からは「放牧上等」ということでしょうか。

そうなると、悠長に院生の自立を待つ時間がありません。テーマを与え、こうやれ、と細かく指示する。医学系の研究室に多いと思いますが、院生は実験データだけ出すことを求められ、論文は書くことに慣れている教授が書いてしまう。そのほうが効率がよいわけです。院生にとっても、早く論文が出ますし、影響力の高い論文を出すこともできる。次の職を探す上で有利になります。

ぼくの留学先はこんな感じだったと思います。

ポスドク、テクニシャンはすごいストレスを感じていたと思います。週に一回のデータ検討会が終わと一週間が終わった気がするとポスドクの一人が話していました。木曜日にやっていたのですが彼にとって金曜日は休息日なのです。

論文もPIのおじさん(今ではあんなに有名になりましたがぼくが合流したときはprofessorではありませんでした)がぜんぶ書いてしまいます。余所のPIにきいても素晴らしい英語を書くと言われていました。Endnoteも使わずあっという間に論文を仕上げてしまうのです。

ぼくも自分のアイデアで行った実験は自分で論文を書きましたがPIの仕事は彼が論文を書きました。 この経験からも得るところはありました。

ちなみにさっきの教授には留学するときに「米国で一旗揚げようなどと妙なことを考えてはいけない。自分の道楽(研究の事)に家族を巻き込むなどの愚をおかしてはいけない。とにかくちゃんと食べて元気で帰国するように。お金が無くなったら牛肉を食べて牛乳を飲んでいればなんとかなる。」と言われました。

別に何の成果もなくとも「骨は拾ってやる」という意味だったのでしょうか。すでに退官していたのですけど…

というわけでこんなtweetをしたのですが若い人中心にちょいウケしたようです。

(明かな誤字の修正をしました)

 


某問題は笹井さんが出てきて話すそうですね。

ぼくとしては実は

 

 

と思っています。そして「何か」が何か知りたいと思っています。

御大も

 

とtweetしています。

実は多くの人に取って笹井さんの会見は先週の「某キャンペーン」より重要な「意味」を持つと思います。

カメラロール-2119

写真の左奥の建物はあの「新阪急ホテル」です。こんな観点から会場に選ばれていたのですね。

文藝春秋の5月号

特集 は

立花 隆 生命の謎に挑む

「寿命、容貌、知能、運動神経……運命は変えられるか」

です。

三編の対談

「百万人ゲノム計画」で医療の常識が変わる
(産業技術総合研究所フェロー)浅島 誠

人類の起源をたどる「ゲノムの旅」
(東京大学教授)菅野純夫

がんの遺伝子から特効薬を作る
(自治医科大学学長)永井良三

中山先生による未来予想

人間が“第二の創造主”になるとき  (九州大学教授)中山敬一

に加えて

私たち、遺伝子検査を受けてみました   阿川佐和子×檀 ふみ×冨田 勝

という鼎談で構成されています。

「私たち、遺伝子検査を受けてみました」は立ち読みでもよいので読みましょう。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License