Apple IDのパスワードリセットの顛末

いつもApple製品をご利用いただきありがとうございます。

ご利用のApple IDが無断で使用された可能性があります。セキュリティ保護のため、古いパスワードを無効にさせていただきました。できるだけ早く新しいパスワードをリセットしてください。

という内容を含んだ「Apple ID保護のためパスワードのリセットが必要です」というタイトルのmailが水曜日の22:55に送られてきました。

最初これはfishingだろうと思いました。 その後,iCouldにiMac, iPhone, iPad, MBAからアクセスができなくなっているのを確認するに及びパスワードがリセットされたことは本当なんだと悟りました。

@mac.comのアカウントを使ったmailのやりとりはできる事は確認できたので妙だなとは思っていました。 (XX@mac.comはぼくのApple IDであると同時にmail accountでありぼくが同じパスワードで管理していただけで実は別物である事が後にわかりました)

仕方ないのでmailに書かれているurlへのアクセスを試みてパスワードの再設定を試みました。

二つの方法が提示されていました。

一つ目は「修復用mailアカウント」にmailが送られてそこに記載されているurlからからたどる方法。二つ目は「秘密の質問」に答えてそこから進む方法です。

「修復用mailアカウント」を利用する方法を選択したのですがmailがぼくに届きません。「修復用mailアカウント」を設定していなかった可能性がありました。次に「秘密の質問」に答えて進む方法を試しましたが,「はじめて飼ったペットの名前は」と問われてもそんな質問にどんな「答え」を設定していたか皆目検討が尽きません。何度か試しているうちに規定の回数をオーバーしてその日は”the end”です。

翌日Appleに電話しました。

はじめApple Storeの番号にかけたのですがApple Careにかけ直すように言われてそうしました。

関連製品としてiPadを選ぶとオペレーターに繋がりました。まず製品のシリアル番号を聞かれたのでそんな話しじゃないのだよとはおもったのですが素直にiPadのシリアル番号を伝えました。電話で文字列を確認する場合にLondonのLですねとかParisのPですねとかそういった言い方をよくしますがこのオペレーターは明らかにこの種の確認に不慣れでした。Qを9といってぼくに「違いますquestionのQです」と訂正される始末です。 経緯を話すとそのオペレーターでは対応ができないということで専門部署に廻ることになりました。この際,さもclaimerっぽく毒づいてしまいました。

廻された専門部署のオペレーターは推定声年齢25歳くらいの素晴らしく可愛い声の持ち主でした。 「もうだめなんでしょうか」というようなぼくの泣き言にも「たいじょうぶです」という言葉で神対応をしてくれます。

結局,appleが持つぼくの個人情報に基づいた質問をいくつかされそれに答えたあとぼくのApple IDと紐付けされたiphoneとかiPadに向けてAppleからネットを介して認証用の文字列が送られそれを受信したぼくが文字列をAppleに伝えるというプロセスを経て「個人認証完了」としてもらいました。 認証用の文字列を伝えると「おめでとうございました」と声を掛けてもらいました。どこまでも神対応です。

ホント救われたような気持ちになったのが不思議でした。そもそもAppleが勝手にぼくのアカウントのパスワードをリセットしたのが原因なのですが…

 

個人認証が終わった後Appleからぼく宛てにmailを送ってもらう事になったのですがはじめに「修復用mailアカウント」での方法に失敗していたぼくは「それでうまくいかなかったらどうするのか」質問してしまいました。この時も「それでもたいじょうぶです」という暖かいお言葉。 結局ぼくが使っている三つのアカウントにmailを投げてもらう事になりました。ぼくのApple IDがその時点で凍結されていたので24時間の期間をおいて後mailがぼくに届く仕組みとなっていると説明されました。

待つこと24時間。確かにmailが届きApple IDのパスワードの再設定に成功しました。オペレーターさんありがとうございました。無事ぼくは復活しました。

その後調べてみると「修復用mailアカウント」の設定を見たら以前使っていた無効なメアドが記載されていました。何度mail送信してもぼくに届かないわけです。

しかしいまだに「秘密の質問」のリセットに成功していません。

 

Apple IDとGoogleのアカウントはぼくの生命線です。iCloudでの同期がdevice間で取れないと大変困るのです。


presentationの技法

Natureに”Presentations: Pressure to perform“と題するessayが掲載されています。

研究者が行うpresentationのtipsが述べられています。 目新しさは感じませんでした。それもそもはず諏訪邦夫先生のブルーバックスの一冊「発表の技法―計画の立て方からパソコン利用法まで」にすでに書かれていることばかりが内容だったからです。恐るべき先見性。この本1995年の出版ですよ。”PowerPoint”ってこの時まだ無かったはずです。もちろん”Keynote”もありませんでした。Persuationというソフトはありましたけど。(参照)

 

予行演習をしっかり行えば時間管理も成功するというより失敗しません。口に出して話すことにより言いにくい言葉を他の同じ意味の自分にとって言いやすい言葉に変えたりもできます。予行演習は重要です。 講演の朝蒲団の中でスライドを頭の中で繰りながら声に出して講演を空でできれば原稿も何も無しで話すことが可能です。

また1時間をいっぱいいっぱい使うのは困ります。1時間の講演なら45分で話し終わり残りの15分は質疑応答にあててください。わざわざ会場に運んでくれた聴衆でどれだけ内容が伝わったかはどれだけ質問がでるかである程度推定できます。

 

こうしてみると結構高名な先生の講演も実は欠陥が多いことに気づくことはあります。このような場合「有名人」本人が眼の前で話していることが重要な場合もあるのだと思います。

某麻酔科学会クラスで毎年登壇する先生方もご自分のプレゼンテーションを見直してみては如何でしょうか?なんて自分を棚に上げています。

発表の技法―計画の立て方からパソコン利用法まで (ブルーバックス)

 

とにかく最優秀演題賞をとってください。


PDF

日当直です。

朝から待機していますがいままで出番がありません。

結構はかどり今日中にならなくてはいけないこと,やりたいと思っていた事ができました。

R0013116


学会でのプレゼンテーション

土曜日にある学会に出席しました。全国レベルの学会ではなく参加者はある学会の関西地区の人たちです。それでも5つの部屋に分かれて朝から講演,口演発表,ポスター発表などが行われる結構大きな規模の学会です。

いくつかの講演を聴いていて学会でのプレゼンテーションについて考えました。

口演発表,ポスター発表共に演者の人は5−7分のプレゼンテーションを行いその後,質疑応答を受け付ける形式でした。口演の人はPC上のプレゼンテーションソフトを使い,ポスターの人は目の前のポスターに沿った発表となります。主に若い人たちが演者で予行演習の成果もあり皆さんすくなくともプレゼンテーションの部分はすごく巧く話していたと思います。この意味では20年前のぼくらよりはるかに立派な発表者であると思います。

何人かの人の1時間程度の講演がありました。 内容は置いておくとしてプレゼンテーションの技法をもう少し意識した講演であれば内容がもっと引き立ったと感じました。

ぼくが参考にしている発表の方法についての参考書は,諏訪邦夫先生の 「発表の技法―計画の立て方からパソコン利用法まで (ブルーバックス)」です。1995年に出版されたブルーバックスですがまったく今日的です。 この本の第二章と第三章の内容を自分なりに吟味する事をお勧めします。

この本は各章のお終い部分に発表のマーフィーの法則という付録が付いています。 例えば

  • 発表を練習する余裕のなかたっとき,発表は失敗する
  • 聴衆は教育されることを嫌う
  • 他人の論文の解説は退屈である
  • 質問で立ち往生したら,発表がよかったのである
  • 美しいスライドを使えば,くだらない研究も素晴らしくなると考える人は愚かである

などなどです。

医療者のための伝わるプレゼンテーション (JJNスペシャル)」も参考になります。これはたぶん看護師さんを想定して書かれた本ですが医者が参考にしても全く問題ありません。  STEP4 Delivery いよいよ本番  の章は一読をお勧めします。   またポインタの使い方は気をつけてもらいたいと思います。 ポインタをスクリーンで意味も無く動かされると少なくともぼくはイライラしてきてそれ以上その発表を聞きたくなくなります。日本ではよほど偉い先生方もこれをされる人が多いと感じます。止めてくださいというよりポインタなど使わなくともよいようにする工夫できるはずです。

予行演習をしっかり行えば時間管理も成功するというより失敗しません。口に出して話すことにより言いにくい言葉を他の同じ意味の自分にとって言いやすい言葉に変えたりもできます。予行演習は重要です。 講演の朝蒲団の中でスライドを頭の中で繰りながら声に出して講演を空でできれば原稿も何も無しで話すことが可能です。

また1時間をいっぱいいっぱい使うのは困ります。1時間の講演なら45分で話し終わり残りの15分は質疑応答にあててください。わざわざ会場に運んでくれた聴衆でどれだけ内容が伝わったかはどれだけ質問がでるかである程度推定できます。

 

発表の技法―計画の立て方からパソコン利用法まで (ブルーバックス)

 

医療者のための伝わるプレゼンテーション (JJNスペシャル)

 

R0013130


ある医師の麻酔科学会退会

日本麻酔科学会に所属していた医師が論文発表において不正行為を行ったと麻酔科学会が認定した件については以前にも書きました。(参照)

この医師の処分について,最近日本麻酔科学会の理事会が声明を出しました。(元会員藤井善隆氏の論文捏造に関する理事会声明)

つまりその会員は学会へ退会届を出したのでそれを受理したということです。

声明の内容に少し疑問を感じました。

この結果,藤井善隆氏は退会いたしましたが,本学会としては,本邦の麻酔科医および研究者全般の信用を多大に失墜させ,国民への安全な医療提供にも多くの悪影響を与えた同氏には,医師,研究者としての資格はないと判断し,永久に本学会への再入会を認めないことと致しました。関連諸団体,施設におかれましても,このような案件を二度と繰り返さないためにも,藤井氏の今後の活動に対してはご留意をしていただくよう,これら事実を公表して,強く要請を致す次第です.

とありますが,

  • 永久に再入会を認めないことなどできるのか?
  • 藤井氏は医師としての資格がないような人なのかどうか?

この二点です。

学会の規約を読むと

会員は,理事会の審議を経て定める退会届に理由を付して提出し,任意に退会することができる

とありますのでこれに沿って出された退会届を受理したといことは解ります。退会の主導権は会員にあるのです。

一方入会は,

理事会は入会の可否を審議し,合理的 な理由のない限り入会を承認し,これをもって入会日と定め申込者に通知する. とあり理事会の承認が必要です。理事会は永久にもし入会届が出されてもこれを認めないと言っているのですがこれは可能なのでしょうか。現執行部はいつまでも麻酔科学会の運営を続けるわけではありません。少なくともこの意思表示はその当時の麻酔科学会の総意で行うべきだとぼくは思います。

また怖いのは

関連諸団体,施設におかれましても,このような案件を二度と繰り返さないためにも,藤井氏の今後の活動に対してはご留意をしていただくよう,これら事実を公表して,強く要請を致す次第です.

の部分です。「留意」ってなんでしょうか? まるで藤井氏は医者の資格がないような人物なので医師としての活動をみんなで阻止しようと呼びかけているかのようです。

また毎日新聞の見出しが「元准教授が麻酔学会退会 除名処分、不可能に」となっていました。ここは麻酔科学会退会とすべきだと抗議すべきと思います。タダでさえ自分たちは麻酔科医(anesthesiologist)であって麻酔医(anesthetist)ではないと主張したい人が集まっている学会ですから。

R0013133


PDF

先週の木曜日からお腹の調子が悪く空腹感というものが無くなっていたのですが一昨日から復調して昨日,今日にはお腹が空くという感覚が戻ってきました。
今週から朝は1時間早起きをして論文の作業を継続してます。結構進んでいます。

R0012306

英会話はスポーツだ」という本があります。著者は我らが諏訪邦夫先生です。

諏訪先生がご自身のページで,「英会話はスポーツだ」の続編的な文章「英会話はスポーツだ「実践編」」を公開されています。

序章をすこし長めに引用させていただきます。

議論ができなかった留学生の記事

読売新聞 2012 年 5 月 11 日の「大学再生」(第二社会面)に、こういう記事がありました。
アメリカに短期留学している学生の言い分です。 講師のビジネス論に対して、ドイツ人留学生が反論したが、日本人留学生はその議論を黙って聞くだけだった、と。
これに対して、当の日本人留学生は「自分の意見をどう伝えれば良いかわからなかった」と後でコメントしており、記者もそれに同意しているようです。
そんなバカなことがあるでしょうか。彼はドイツ人の留学生より格段に愚かなのでしょうか。知力のある学生のこの発言は納得できません。記者の同意にも不賛成です。 私の判断は違います。この記事を読んで私が感じたのは、彼は議論に参加するだけの「英語学力特に速度がなかった」ということです。それが私の解釈で、その点を当の留学生も記者も見落としています。
議論に参加する発言は即座に行わねばなりません。ゆっくり考えてモタモタ述べたのでは議論になりません。それが「自分の意見を伝えられなかった」という不満の原因です。 議論の仕方や知識の問題ではなく、英語力の問題です。それも英語を高速でつくって話す能力がないだけです。ドイツの人たちは、基本言語の構造がそっくりで、高速英作文は得意だから発言できたのです。 その点を留学生も記者も気づかずに、発言し記事をつくっています。

このように説き起こし,

英文を高速でつくるトレーニング 「英文を高速でつくる」トレーニングには、実際に「英文を高速でつくる練習」をします。それ以外にありません。前提として、英語の基本文型などはもちろん知っておかなけ ればなりませんから、なければそこにも努力が必要ですが、ここではその知識は一応あるとします。

という結論を導かれます。
そしてそのための「実践法」を紹介されているのです。

さすが諏訪先生です。いつもながら明快です。

これにぼくの体験に基づく意見を少し加えてみます。

1999年に米国に留学しました。それまでに外国で生活をしたことはありませんでしたので英語での生活はかなり不安要素でした。しかし忙しさにかまけて英会話教室に通うなどの準備はしませんでした。
到着してはじめにすべき生活のセットアップは先に留学していた皆さんのおかげでなんとかできました。
次に問題となるのは研究室での英語です。ぼくは相手の英語をしっかりと聞き取る能力が低いと自覚していました。なので研究室でその欠点が前面に出るとつらい留学生活になるのではと大変危惧していました。
幸いに受け入れ先の先生の英語はよく解りました。多分ぼく向けに明瞭に話してくれていたのだと思いますがとにかく彼の云うことはほとんど聞き取れて意味が理解できました。時々解らないことがあるのですがそれは言葉がわからないので無く意味がわからないのだということに気づき,自信を持って-つまり聞き返すことに負い目を感じること無く-質問をすることで解消できました。彼との会話の大部分は研究に関連したことなので彼が話している内容さえわかればそれに合わせていくらでも高速に英作文をしてそれを言葉としてはき出すことができたのです。これができると解った時点で研究室でのストレスは無くなりました。
しかし,最後までバーガーキングでの注文はストレスで,自分でしゃべるのは嫌なのですべて息子にやってもらっていました。

ぼくのポイントは,高速で英作文ができる前提として相手の話している内容をリアルタイムにほぼ完全に理解している必要があるということです。少なくとも研究の特定分野の知識は同程度には持っているという自信はありましたしその意味で彼の話すことの内容は自分には理解できるのだと思っていて話を聞くので結局「解る」のだと当時も今も思っています。留学の最後の方では,彼がどのような質問をするのかも大体解っていたのでそうなると楽です。
「自分の意見をどう伝えれ ば良いかわからなかった」というのは相手の話している内容をリアルタイムに理解できない場合には生じると思います。つまり出力の時の英作文の速度もありますが理解の速度の問題は大きく,その前提として議題への理解の深さということもあるだろうということです。
生活を続けていると聞き取り能力はどんどん向上していきました。FMラジオのニュースなどの内容というより言葉の一言一句が解るのです。米国のラジオのアナウンサーはとてもわかりやすい英語を話します。なのでかなり早口でも理解可能でした。一方TVのニュースを眼をつぶって聞き取ろうとしても完全に聞き取れるようにはなりませんでした。TVではLarry Kingは最後までほとんど聞き取れませんでした。captionの補助が無いと彼の番組は理解不能でした。
まとめると,議論の成立には相手の主張を理解する必要がありそのためには内容がそもそも自分の理解の範囲のものであることに加えて英語が聞き取れるというとこが必要である。また理解ができる範疇の議題については高速で英作文をしてそれをはき出していくのにはさほど困難はない,ということになります。

実はこれは日本語での議論でも同じですよね。
論点が捕まらなければ議論が成立しません。学会の議論なども盛り上がりに欠ける事態は聴衆が演者の講演を理解できていない場合に起こるのです。
また日本人は日本語が自由に操れるというのはおそらく一種の幻想です。学会の抄録集で抄録を100くらいしっかり読んでみたら解ります。

学会と云えばtwitterで興味深い「コラム」が紹介されていました。

大阪大学の近藤滋先生が雑誌「細胞工学」に連載中のコラムの内容をご自身のページで公開されているのです。

タイトルは「学会なんかいらないっ??!
近藤先生は 2013年の分子生物学会の会長をされるそうです。学会をいかに会員の喜ぶものとするのかについて現行の学会の抱える問題点を列挙されています。
例えば,

そもそも、研究集会がまともに機能するには数100人(できれば100人以下)が限度なのは、わかりきったことだ。国際的な研究集会であるキーストーンや、ゴードン会議などでは、興味の対象が共通の研究者を集め、大きすぎない規模の会議を開き、一定期間缶詰にすることで、有効な情報交換を可能にしている。有力な研究者は皆、そのような会議に集まるので、国際的な研究発表の場としてはそちらが本番になる。また、最近は、理研や国研、大学付属の研究所や研究グループが、似たようなスタイルで分野を絞った会議を開いているので、情報交換・研究発表のニーズは、そっちの方で満たされてしまう。1万人も集まると、「缶詰状態」にするのが不可能なので、そうした分野を絞った集会にはどうしても向かない。

と書いておれます。同感です。

とすれば「1万人規模の学会は何を目指すのか」という点から議論が起こる必要があると思います。
麻酔科学会にも当てはまるものは多く,会員がこぞって朝から晩まで参加しようと思える学会に変わることができると思います。
ASAのannual meetingを模した形式の学術集会開くという方針ありきでは皆が参加したい思わず参加してしまう学会にはなりにくいと思います。

最後に,論文の査読ってあれなんとかなりませんかね。
今年の一月から先週まででいくつかの雑誌に投稿された19編の査読しました。ほぼ毎週じゃないですか。これぼくには限界ですよ。ぼくは雑誌のeditorでもないしeditorial boardにも入っていないタダの現場労働者ですよ。
これをもし某雑誌のeditorのエライ先生方が読んだら今年は二度とぼくに原稿を送らないでください。今年一年分の仕事はもう済んだはずです。

英会話はスポーツだ


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License