「羽根の記憶」

On 2019/3/31 日曜日, in book, hypoxia reseacrh, Lifehacking, by bodyhacker

昨年の9月まで院生だった先生の論文がアクセプトされました。

内容-acceptされたmanuscriptと同一ではありません-はpreprint serverにdepositされていますのでいち早くチェックしたいという方はそちらでどうぞ。(参照)

先生は某学会の若手奨励賞というのを次の学会で受賞されることがきまっています-授賞論文はこの論文とは別筋の研究ですけど-。学会の会期中に記念講演があるそうです。

本賞は(公社)XXXX学会において1年間に発表された論文のうち、37才以下の若手研究者による最も優れた研究論文を発表した会員に授与する

という賞らしいです。ぼくは地味な研究者ですのでこのような賞は頂いたことがありませんというか当時麻酔関連の研究などしていませんでした。

【追記】よく考えたらぼくもこれ頂いていました。当時は年齢制限がありました。今は無いようですけど。


伸るか反るか

昨日(土曜日)にぼくの先生-何度も登場するATLを世界で初めて症例報告した人-と先生の奧さんと枚方市某所でワインを呑みました。

いつも変わりばえの無い話をするのですが今回はちょっと研究の話もしました。

 

実験をして結果を論文として発表します。この段階では少なくとも自分たちは論文の結論は自分たちの持っている実験結果から導けるという確信を持っていることに公式()にはなっていると思っています。

問題は研究の端緒です。

ある作業仮説を立てて、それを検証する実験を組む。結果を見てそこから前に進むか そこで止めるかの判断をしますが、どのくらいの確信があれば進むかという問題です。

こんな話題を35年ほど前にぼくの師匠に本庶先生が振ってきたことがあったそうです。師匠は8割5分と答えたそうですが本庶先生は俺は7割なら行くと話していたとのこと。

発見を端緒とするストーリー-といってもストーリーが先行する場合もあることはあります-を精一杯盛る()とこんな展開、最もベタな解釈はこんな展開になるというような選択肢をいくつか考えて最終的には最高のストーリーに結論が落ちると大満足です。しかし、もっともベタなものでもpublishできればそれはそれでよしとするという感じとなります、ぼくの場合は。

自分で実験をしてdataを産み出していたときは眼の前のdataの確からしさは自分が一番よく認識できていた訳ですが今は自分はdataを産み出しません-例外は遺伝子の発現解析ですがこれはアルゴリズムに従えば誰でも同じ結果がでる(はず)ます-。llabのメンバーのdataを元に判断するので事情は単純ではありません。プライマリーのdataとしては見栄えがよいより、ポジコン、ネガコンが揃っているか再現性(定量的、定性的)はあるかなどを勘案して取りあえず進んで行きます。結果が安定しなければ「筋」が悪いと判断してそこでストップの時もあります。

 

ATL研究の流れでIL-2の受容体の分子クローニングが師匠と本庶先生の共同研究として行われました。その結果として、世に名高いTac抗体が認識する抗原としてIL-2Rα鎖(CD25とも言われます)のcDNAが単離された訳です。(参照

次に控えていた大きなissueはこのIL-2Ra鎖がIL-2シグナルを細胞内に伝達することに十分かという事でした。a鎖とβ鎖でも不十分で最終的にはcommon γの分子クローニングで決着が着くのですがそれまでの研究者の格闘の跡が論文で確認できます。(参照1, https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2827038)

みたいな話をワインを飲みながらしました。そしてこのような話題は呑ミナーのアジェンダとしてふさわしいと思いませんか。

legendaryな先生のセミナーもこういう話を盛り込んでくれるとグッと楽しくなると思います。

 

月曜日に研究室にいたら3月で退任される神経解剖学の先生の訪問を受けました。

今日で業務としては最終日で明日は博士号授与式に出席してそれが最後のお仕事ということでした。

よく話す先生でぼくの2.5倍はお話になられるような方でした。

呑む会でも結構呑まれてぼくも防戦のために結構呑むという関係でした。

退任に当たってお弟子さんらが編まれた業績目録を持ってきていただいたのでした。

すこし話し込んだのですが筋の通ったお話でちょっと感銘を受けました。このブログを読んでいたと告白され穴があったら入りたいほど恥ずかしかったです。

新年度からも新天地でご活躍ください。


集中を持続する

論文の作業をする時集中力を保つタメにいろんな事をします。(参照1, 参照2)

今使っているboseのノイズリダクションシステムを使ったヘッドフォンは優先で時々そのまま立ちあがったり移動したりしようとしてコーヒーをこぼしたりすることもあるので無線のものに買い換えたいのですがどれでもいいという訳でもないので迷っています。4時間くらい装着して耳が痛くならないというそこが重要なんです。

午前中4時間くらいは何とか集中できるとして午後からは集中が困難になってきます。ヘッドフォンをかけて無音にしてみたりまた音楽を流したりしながら乗り切る訳です。


羽根の記憶

Rolandがぼくらの間でブームになっています。

毎週定期的に麻酔をする病院の整形外科の先生方が盛り上がっているのを聞きつけてビデオとか見みました。

本も出版されてこれも当然読みました。

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

彼の名言集です。

最近はアイドルグループでもライブが行われると基本情報として当日のセットリストが発表されます。

先日の「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE 西野七瀬 卒業コンサート」はこんなセットリストだったようです。

卒コンにふさわしいラインアップで論文の作業しながら聴くと実に味わい深いです。

Rolandの名言に負けない名フレーズが登場します。

空は飛ぶためにある 見上げるためじゃない 軽やかに飛んでいる鳥を見て思う 今ぼくにできること 自分の背中には 使っていない羽根がある記憶を 信じること

まだ眠る 可能性 無限大だ

とかこんなストレートな歌詞は彼女らにしか唄えないと思います。

魚たちのLOVE SONG

何もできずそばにいる

傾斜する

他の星から

吐息のメソッド

隙間

やさしさとは

そして 光合成希望 とか名曲だと思います。


PDF

Dr. Bonoの生命科学データ解析-読書会 @大阪 参加者募集中です。

昨日丸一日、日当直でした。

夕ご飯食べてシャワー浴びてから働きました。


論文がアクセプト

大学院生の先生の論文がアクセプトされました。

「箸の上げ下ろし」まで指導してくれるある意味妙に親切ーそれでいで一切の追加実験を要求しないーなreviewersだったので書き換え作業をしただけなのですがそれでも二回もrevisionをさせられました。

最初に投稿した雑誌のreviewerにはこれが本当ならこの業界の常識が変わるのだからお前らの主張を簡単には受け入れられないとまでいわれた-Thus, proposing such a paradigm change or new mechanism must be accompanied by evidence demonstrating that …-のでとにかく皆が知っている雑誌に通してしまいたいという気持ちが強くて最終的にはPLOS ONEに採ってもらいました。

皆に受け入れてもらえる様にdataの出し方も工夫したしまあよかったと思います。

figureが8つでsupplementaryが9つで学位審査で全部説明していたら二時間くらいかかるかもしれません。

よかったです。


「教科書が読めない」

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI, AI技術の解説書なのですが格好の例(東ロボくん)を用いているのでとても分かりやすいというか分かった気にさせられました。

医療の世界では、AIとかAI技術の導入より前に日本ではもっと規制緩和をすすめる必要はあると思います。「電子カルテ」もひどい。診療録や画像の共有だってまだまだだし。遠隔診療もいいけどここら辺をまず進めたらいいと思います。

 

第3章と第4章がこの本のキモだと思うのですがぼくの個人に戻って考えてみるとすでに手遅れですね。

 

入学試験のミスが発覚してちょっとした議論を呼んでいます。

新聞ではこんな論説も見つかります(参照1), (参照2)

そうであれば、試験実施後、できるだけ早く問題と模範となる解答例を公表すべきだろう。

というのですが、国語とか英語の論述問題では逆に大きな混乱を呼ぶような気もします。そもそもこのような問題がどのように採点されてるのかの実態を無視している議論と思います。


生駒さんが「卒業」

乃木坂46の生駒里奈さんが「卒業」だそうです。 彼女自身以下の様に語っています。(参照)

20歳になった頃から、大人として一人で生きていくためにはどうしたらいいのか、具体的に自分のこれからを考えた時に私はこのままでは足りないなと、プラスで自分を高めないといけない。 ここだけじゃ足りないと思う様になりました。

ぼくも

50歳になった頃から、ピークをすぎた老研究者として生きていくためにはどうしらいいのか、 具体的に自分のこれからを考えた時に私はこのままではやりすぎなので、 もう自分を高めようというような無駄な努力やめようと思う様になりました。

結構やったしもう多分ホームランとか三塁打-被引用回数が500回を超えるは打てないだろうという気もしているわけです。研究を止めた知り合いも何人もいるし。

とはいえ研究をしている犬も歩けば棒に当たるという具合で何かを見つけたりするのでなかなか「卒業」できません。

恩師には、研究は牛の涎みたいにキリががないからほどほどにしろといわれました。 でも、その「ほどほどが」わからないのです。 その恩師とて、定年で退職する少し前からしきりに自分が行けー院長としてですけどーと言われている病院は普通の病院だからもう研究ができなくなるのだもっと時間があればいろんなことができるはずなのに悔しいとぼくに語っていました。

時々先生の魂がまだ漂っているような気もするし。


PubMedCommonsが閉鎖

だそうです。

やっぱり匿名でないと「談論風発」しないのでしょうか。


研究室でどう集中力を持続するか

研究室ではこんなメガネを使っています。(JINS MEME)

朝出勤するとこれに着替えます。

なんか強制的に集中モードに誘われる感じがしてこのメガネをしている間は一種の戦闘モードになります。

今日は今まで

深い集中:1:45

集中:3:15

です。


PDF
Tagged with:  

PNASから
Oxidation-induced intramolecular disulfide bond inactivates mitogen-activated protein kinase kinase 6 by inhibiting ATP binding

PNAS published ahead of print November 15, 2010, doi:10.1073/pnas.1007225107

これはおもしろいです。昔のぼくが書いていたとしても不思議でないテーマです。

IMG_1144

最新号のブルータスの特集は「映画監督論」です。

映画監督の年収ってどれくらいなのでしょうか。

例によってピンからキリなのですが、

2009年の高い方は

1 マイケル・ベイ 1億2000万ドル

2 スティーブン・スピルバーグ 8500万ドル

3 ローランド・エメリッヒ 7000万ドル

4 ジェームズ・キャメロン 5000万ドル

となっているそうです。

すごいですね。映画監督って一発当たるとすごいことになるんですね。俳優より儲かるのかもしれません。

映画監督はいくら太っていてもまた不細工でも全然平気ですからそこら辺を考えればあたればなかなかいい商売なのかもしれません。

ウッディアレンもこの特集のインタビューで映画監督は快適な職業だと語っています。

何も不満はない。まじめな仕事で、十分な収入がある。エレベーターを動かしたりタクシー運転手をするよりずっといい仕事で、きれいな女優や面白くて才能ある男優達、と働くことができる。

ウッディアレンと比べてもしようがないわけですが日本の映画監督はなかなかそううまく儲からないようです。
是枝裕和さんは「職業としての映画監督は割に合わないかも」と言っています。

研究者も大概快適な職業だと思います。

世の中では論文が無いと研究費が無くて大変とか言われることもありますがそんなことはありません。

NatureだScienceだCellだ Genes & Devだとかいっているのは実はほんの一握りの人たちです。そんな雑誌に論文がなくとももっと言えば何も論文などなくともたいていは何の問題もありません。

以前在職したぼく研究所での給料は現在の当直代、超勤代が入った給与よりも多かったし、文部科学省の科研費など当たらなくともーそもそもそんなものに応募しない人も大勢いましたー研究費は降りてきていました。研究費の心配をしている人など廻りで見たことも聞いたこともありませんでした。

論文が出ないなどの理由で解雇された人はぼくの在職中見たことはありません。

職にありつくのは最近では結構大変なようですがありついてしまえばこんな暢気な商売はないかもしれません。

それでは医者はというとこれはピンからキリですね。大もうけをしてる開業医さんはいるかもしれませんがその他は働いている時間相応といったところでしょうか。

自治体病院とか独法系の職場ー大学病院も含みますーは働いても働かなくても給与にそう大きな差はありません。週に一回しか手術室に出ない人も週に4日出る人も基本的には給与に差は無いわけです。うまく立ち回り”働かない組み”に入れば大学の教員もかなりいい商売です。

文学部の先生とぼくらはまったく同じ俸給表なのですから驚きます。

IMG_1143

最後にお口直しにポジティブになれる報告を紹介します。

Scienceのこの論文は面白いです。
A Wandering Mind Is an Unhappy Mind

Science2010: Vol. 330. no. 6006, p. 932 DOI: 10.1126/science.1192439

iPhoneのアプリを使った研究結果の報告です。その名も trackyourhapinessです。 urlはwww. trackyourhappiness.org。

2200人の被検者から25万件のresponseを集めて解析した研究です。

どのような活動をしているときに人は一番幸せを感じるかという調査。
方法は以下の通り

To find out how often people’s minds wander, what topics they wander to, and how those wanderings affect their happiness, we analyzed samples from 2250 adults (58.8% male, 73.9% residing in the United States, mean age of 34 years) who were randomly assigned to answer a happiness question (“How are you feeling right now?”) answered on a continuous sliding scale from very bad (0) to very good (100), an activity question (“What are you doing right now?”) answered by endorsing one or more of 22 activities adapted from the day reconstruction method (10, 11), and a mind-wandering question (“Are you thinking about something other than what you’re currently doing?”) answered with one of four options: no; yes, something pleasant; yes, something neutral; or yes, something unpleasant. Our analyses revealed three facts.

一番はセックスをしているときで平均幸せ度は100満点のうち90くらいという高さです。次は exercisingで75くらい。テレビを見ているときは65、食べているときは68で子供の世話をしているときでも66くらいです。
すごいですねセックス。なんかこんなにダントツだとそんなものかなと言う気もしてきました。

この研究はなにもセックスの奨励ではないのでセックス中は人は行為に集中しているということが肝のようです。

何をしているときでもとにかく集中しているときはハッピー度が高くなるようです。

そういえば麻酔しているときも集中しているとあっという間に時間が過ぎて終わった後すごく爽快になりますよね。
若い先生方も外来でうだうだ患者を診ているより手術室で勝負するような診療科に進んだ方がハッピー度が上がると思います。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License