快晴だったはずが一転吹雪いて結局雪はやんだようです。

午後に家内と中山寺に出かけたのですが阪急電車を降りたところで吹雪が始まりました。

すべての写真-4963


満屋先生の朝日賞

満屋裕明先生が朝日賞に決まったということです。

まさに同慶の至りです。

遡ること先生がまだNIH@Bethesdaにいらっしゃった時に研究室を訪問したことがあります。

当時某大学の麻酔科にいたのですが当時の教授に「とっとと留学して日本からいなくなれ」といわれていたので受け入れ先を探しに米国にでかけていたことがありその折りに淀井先生にそうしたらというアドバイスをもらって満屋先生をお訪ねしました。

ぼくが満屋先生の研究室に参加するというような可能性はほぼ皆無でしたが留学先をどうやって選ぶかということで先生にいろんな話を伺いました。おそらく淀井先生からぼくの情報をインプットされていらっしゃたのでしょうか先生の本音でいろんなことを伺いました。

先生の話にかなり影響を受けて留学先を決めました。 その意味では、満屋先生はぼくの少なくとも研究者人生に大きな影響を与えてくれた人物の一人です。

 

昨年暮れに雑誌New YorkerにGroopman氏のエッセイが掲載されました。

“CAN AIDS BE CURED?”

疾患概念の確立される以前からのAIDSに対する人類の歴史の様なものが語られます。 満屋先生のAZTも当然登場してきます。

Ebola virus diseaseでも人類が英知を集めると何とか解決法が生まれてくると思っています、AIDSのように。

人類が自分たちの存在を脅かす「もの」にあらがっていくといのは良し悪しではなく一種の本能のようなものだと思います。

 

最期のパラグラフは以下の様に締めくくられます。

Still, the questions that have been answered astonish AIDS scientists. At U.C.L.A. during the brutal first years, I never would have imagined that future patients would live into their eighties. A fatal disease has been tamed into a chronic condition. The next step is to find a cure. Scientists are innately cautious, and AIDS researchers have learned humility over the years. Science operates around a core of uncertainty, within which lie setbacks, but also hope.


大晦日であろうがなかろうが、夜になると眠くなります。手術室にいるときは交感神経のトーンが高くなっているので手術が続いている限り眠くなるということはないのですが、手術がない時とかまた家では23時を過ぎると眠くなるのです。

昨日も、普通に寝て普通に起きたらあるmailが来ていました。

何かのいたずらかもと思ったのですが開けて見ました。 論文のgalley proofが添付されていて、型どおりに「48時間以内に処理して送り返せ」との指示が。

 

proofを読んで見ると直すべき箇所がいっぱい。ギリシャ文字の直ぐ後の” “-space-が飛んでしまっているのです。

”TNF-α and IL-1β exert” みたいなところが”TNF-αand IL-1βexert”になっているのでした。 直すべき箇所はないとして処理しようとしたぼくの目論見は崩れ去りました。

最近は出版社によってはproofも全てon-lineでということもあるのですがそれには対応していませんでした。 最も原始的な方法はproofのfileを印刷してそれに自分で赤ペンを入れて、scanして送り返すという方法なのですがそれにはprinterとscannerが必要です。家にprinterはあるのですがどうも信頼性に欠けるしscan機能もついているのですが使った事はありませんでした。

 

さて結局は大学の研究室に出かけて処理しちゃうのが一番確実と思い一旦は出かけようとしました。しかしよく考えると往復は電車では約3時間、事務処理に一時間強を見積もると帰宅する時間には予報では雪かもということでイヤだなという感じがしました。 結局直すべき箇所は上記の部分だけと判断できたので、Adobe Acrobatの「注釈」機能で問題箇所をリストアップして ” “-space-を挿入することでの解決を図りました。

reprint orderは印刷して必要な情報を手で書き込みprinterで家のprinterを使って無事scanして準備完了。 全部で一時間半くらいで作業を終えることができました。

最近は年末年始でも容赦ないのですね。


羊をめぐる冒険

羊つながりで「羊をめぐる冒険」を読みました。 「しかし正直に話すことと真実を話すこととはまた別の問題だ」とか書いてあってこれって示唆的だなと。

 

年末に起こったそうです。

どうやったらこういう事故が防げるのか、そもそも無理なのかは難しい問題ですね。

「毒薬」とか「筋弛緩薬」とバイアルに直接書いてあってもその「意味」が「解っていない」人がいる以上無理かも知れません。

すべての写真-4988


PDF
Tagged with:  

枚方周辺は晴れ上がり春の予感さえ漂うという日和となっています。

IMG_5533

昨日は日当直だったのですが4年目専攻医くん(カーリングのルールを知らない) と一緒だったので文字通り「大船」に乗っていたのですが深夜にかけて…

今日は麻酔科5週間配属の学生くん・さんといよいよ実験に突入しました。是非とも論文を書いてもらって理事長賞-そういうのがあるかどうかしりませんけど-を狙いたいです。


以前にも書きましたが電車通勤をしています。 毎日ほぼ決まった時間に決まった車両の決まった席に座っています。朝の時間帯-といっても5時台-では決まった面子が決まった席に座っているわけです。

地下鉄御堂筋線で電車の出発ぎりぎりに走って乗り込んでくる男の人がいます。 mont-bellのパーカーを着た「モンベルおじさん」です。

このおじさん淀屋橋で下りて走って改札を抜けて京阪線に向かいます。おそらく6:30発の準急に乗っているのだと思います。ぼくは小走りには移動しますがねらいは6:40発の特急なので走ったりはしません。

一方、朝毎出会う人に帰宅時に遭遇することは稀です。しかしぼくはモンベルおじさんに帰宅時に準急内で出会ったことがあります。 その時はスーツを着ていました。何をされているのかすごく興味を持っています。

 

御堂筋線にはもう一人の常連がいます。「Mr. anothor マシモ」です。 某大学の麻酔科の前の教授の先生にそっくりなのです。 一度某大学の皆さんに見てもらいたいものだと思っています。

 

この二人の他に、京阪電車で毎朝出会う名物女子高生がいます。 この子は電車に乗り込むなり食べ始めます-立っていても座っていてもです-。パンの次はおにぎり(おむすび)といった感じでばくばくと小気味よいほど食べます。かといって太っているわけではなく普通というよりはすこしやせ気味です。枚方市駅では降りません。

IMG_5529

朝日が水面に反射して枚方大橋を下から照らし出しています

先週に続き今週も関東以北の地方は大雪だったようです。 天災という意味では地震と変わるところはないと思います。

このような記録的な気象は異常なのでしょうか? 地球温暖化の一種の表現型なのでしょうか? New Yorkerにおもしろいエッセーが出ています。 “HOT HEADS IN COLD WEATHER”

書いたのは「シャーロック・ホームズの思考術」の著者MARIA KONNIKOVA女史です。彼女はNew Yorkerへの常連寄稿者の一人なんですね。

IMG_5473

ほんの数日前の本校

新聞報道によればあの世紀の大発見を報告した論文に「不自然な画像」が存在して理研がすでに調査を開始したという由。(参照1, 参照2)

ネットでも大騒ぎとなっています。

 

一般的に「画像」と「結論」の関係では以下の4つが個々の論文毎に可能性として存在します。

  1. 画像に問題が無く結論にも問題が無い
  2. 画像に問題はあるが結論には問題が無い
  3. 画像に問題は無いが結論には問題がある
  4. 画像に問題があるし結論にも問題がある

よく引き合いに出る東京大学での一連の研究不正をめぐる出来事には衝撃を受けました

加藤博士のような「一流」の科学者の研究室で「そんなことが」という驚きです。 その後東京大学の調査結果の中間報告も出て,結果としてかなり多くの論文がretractionとなったようです。 しかしこれら論文の「結論」が間違っていたのかどうかは不明です。

しかし実際に論文のretractionに同意しなかった著者もいるようです。この人たちは少なくとも論文の「結論に自信」を持っているのかもしれません。

今回、理研は「現時点では研究成果は揺るぎないと判断しているが、外部から指摘があったため調査を始めた」とのことです。

何をもって「研究成果」というのか不明ですがこういう説明はこういう場合に常になされます。

 

加藤博士は論文の「結論」の妥当性の議論は無しに東大の調査結果の発表前に辞職しました。つまり2.4.かの決着が着く前というよりその検証は無しに辞職したのです。 つまり辞職の時点では、「形式的な問題」についての責任を取っての辞職です。

 

通常科学論文では「結論」の正しさは「手続き」の正しさに担保されていると考えられています。また査読も提示されたデータが正しく提示されていることを前提として行われます。提示したデータは「不適切」だったけど「結論」は「正しい」というのは本来は妙な言い方です。

今回の調査結果の如何によっては少なくとも日本では「形式的な瑕疵はこれが偶然とはいえない場合であっても結論の正当性によって乗り越えられる」ということを日本で有数の研究機関が認めることになるのかも知れません-もちろん、よい方向にも悪い方向にもそうならない可能性もあります-。「加藤問題」では東京大学は少なくとも公式にはこれ(つまり「形式的な瑕疵はこれが偶然とはいえない場合であっても結論の正当性によって乗り越えられる」)を否定したとぼくは捉えています。

今回の騒動が問うているのは今現在ではこの問題なのだとぼくは思っています。 STAP細胞の再現性については今後の当事者や他の研究者による検証の結果によるわけですから論文内では解決のつかない問題です。また実際に手を動かしていない人間には発言の余地は限られています。

 

以上のことから今回の一件についての理研の発表にはすごく興味があります。

 

クマムシ博士こと堀川大樹さんが自身のブログで以下の様に書いています。

ある研究者が大きな発見の報告をし、国民の多くがその人を称賛するようになると、その研究者による研究報告の内容について議論すること自体が難しくなります。少しでも研究結果の疑義について論じれば、人々から非国民扱いを受けて個人攻撃を受けることがあります。そのような人々は、科学研究の作法について知らないのです。10年ほど前に、韓国ではこのような状況が起こりました。

ほとんどの研究者が疑念を持つようなデータがそこにあったとしても、世間にこのような雰囲気が形成されてくると、ブログなど公の場で自分の意見を述べる研究者は少なくなります。

 

確かにネットでの白熱に較べると「表」での発言は極端にすくないですね。 

ネットで指摘されている「問題点」は言われてみればぼくでも簡単に検証できました。 このような「世紀の発見」と言われる現象の報告の論文でこういうものを見るともう何も信じられなくなります。 Natureの論文は”H.O. and Y.S. wrote the manuscript”ということでお二人とも理研の職員で今回の場合、理研の調査の対象論文は少ない-二つだけ-のですから調査はあっという間に終わるはずです。

 

ただ東大の一連の問題でも今回も「人が死んでいる」わけではありません。 これが医療の世界だと医療行為の後に人が死んだりすると医者は逮捕されて裁判にかけられる可能性が実際にあるわけです。 この場合には「ベストを尽くしました」などという言い訳は通用しない場合がありますし「ついちょっと気を抜いて」などという世迷い言は徹夜明けであっても許されず、「医学の限界を超え」ているというような弁解も無視されてしまう場合があります。

 

そういえばこの前査読した論文でやっぱりレーン毎に切り貼りしたものがあったので指摘しました。トーンを変えると解るとかのレベルでは無く一目見て解るレベルで著者は何の罪の意識もないのだと思います。reviewの結果はどうなったのか今現在連絡はありません。

 


PDF
Tagged with:  

On 2014/2/9 日曜日, in anesthesia & critical care medicine, by bodyhacker

金曜の夜から土曜日にかけて関東は大雪だったそうです。

今回の大雪で全国レベルでは7人の死亡者がでて1000人以上の人がけがをしたということですがこの数字は今後増えていくかも知れません。(参照)

東京都心でも30cm程度の積雪を記録したということで雪国育ちのぼくからしてもほぼ一晩でこれだけ積もったら東京の人はひとたまりもないだろうなとは思います。

生まれ育った六日町-ぼくの家はそのなかの大巻でした)にいたぼくが時分(1970年から80年にかけて)は毎年3m越の積雪があって「もうこんな場所で生きていくのはいやだ」と思い関西に出てきたのです。 しかし、ぼくが京都に出てきて以来は積雪はどんどん減っていき1mに届かないというような年もあったようです。最近になり積雪量が増えてきて今年は現在1m程度のようです。(参照)

雪が全くない状態から一晩で一面の銀世界が眼の前に出現したら人間は感動しますよね。30cm積もれば真っ白になると思います。 京都でも丸太町通り付近で積雪30cmというのは経験した記憶はありません。

三島由紀夫の小説「春の雪」の「ある雪の日」の朝も春の雪と云うくらいですから節分より「後」のはずです。 赤穂浪士の討ち入りも新暦では1703年1月30日、桜田門外の変が1860年3月24日なのだそうで2・26事件は1936年2月26日でいずれも今回と同じ時期です。2・26事件のときは東京では積雪は35cmだったのだそうです。(参照1, 参照2) この時期に東京はまとまった雪に見舞われることが多いようです。

雑誌New Yorkerの今週号の表紙イラストは雪をテーマとしたPerfect Stormです。

140210 2014 p154

このイラストの作者はこんなこといっています。

> “Snow is inherently nostalgic. It encourages you to travel back and think about your life. I think it’s something about the way it blankets reality, sort of erasing the present one dead pixel at a time. And that makes room for the past,”

またこのページでは過去のNew Yorkerのカバーイラストのうち雪がテーマのものを15作品観ることができます。一番古いのは1944年!!

そうでなくとも子供達は人生初の大雪を楽しんだのではないでしょうか。 阪神地区では土曜日の未明から雪が雨・みぞれになって折角の雪が台無しになってしまいました。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License