ぜんぶ雪のせいだ

On 2014/2/8 土曜日, in anesthesia & critical care medicine, by bodyhacker

雪が降るとの天気予報で昨晩の八時過ぎには結構な量の雪が本当に降っていて二時くらいに寝る前に外を見たらかなり積もっていたのですが朝起きると雨・みぞれになっていて積雪としては大した事がないというすこし「残念」なことになっていました。 それでも雪が積もって風が吹くと体感温度は低くなります。

朝から最寄り駅のスタバで仕事をしようと思っていたのですが書き込みをした原稿を大学の研究室に忘れて出たことが発覚。雪が降り出したら困ると思い慌てて出てきたのです。ぜんぶ雪のせいです。

今日から医師国家試験だということです。三日間の長丁場です。試験中には気晴らしというものは無いから大変だろうなと思います。そもそも長時間椅子に座っていること自体一苦労です。

 

カメラロール-1537

 


New York Timesに“A solution for bad teaching”というエッセーが掲載されていました。 著者はAdam Grantさんというペンシルベニア大学の心理学の先生です。”Give and Take: Why helping others drives our success”と題する著書を出版しています。

冒頭の一文は”It’t no secret that tenured professors cause problems in universities”。

つまりよい研究者がよい教師とは限らないという、よくある話から説き起こされます。 いくつかの研究では”the relationship between teaching and research is zero”という結果が出ているのだそうです。うなずける話ですですね。一部のスター研究者の醸し出す教育内容とは別物の「効果」はあると思いますけど。

それでこのエッセーはこの状態をどう解決していくかというお話です。

研究のみを行うポジションと教育のみを行うというポジションに分けてしまう。 しかし現実には第三の形態である研究も教育も行うポジションが存在するわけです。 このバランスをうまく取ることが最良のパレート効率性を得るために重要だというありきたりといえばありきたりの話ですが短いし一読の価値はあると思います。教育は真剣に取り組むとすごく労力を消費します。

前の職場では余り意識しなかったというか何も考えていなかったのですが今の職場では結構な加重です。

 

医学部とか医科大学では研究と教育に加えて臨床という業務が普通は加わります。全ての分野でよい教師であることは不可能、と思っています。

医科大学は第一義的には職業訓練校です。基本的な知識を授けて学生はその習得度を評価されます。その成果が最終的には医師国家試験で試されます。

実をいうと今年までぼくはよく知らなかったのですが学生でも国家試験予備校の授業を受講したりするのだそうです。 であればあらかじめそのような授業のビデオを大学での講義で使ってはいけないのでしょうか? そうでなくとも各学会などが内容、出演者などを決めてビデオを作成してそれを通常の講義で利用する。 ぼくは人前で上手に話す能力が極端に低いので上手に話すことのできる人に講義をしてもらうととても助かります。専門医を取ったくらいの見た目のよい上手に話すことのできる先生方を「講師」として投入すれば学生も喜ぶのではないかと結構本気で考えています。何とかなりませんかね。

職場は医科大学でーぼくは教職の免許はもっていませんが学校の教員です-1月の末から3回生の学生さんが5週間の予定で麻酔科学講座で研修をしています。5週間(プログラムによっては三週間)、基礎講座を含む各講座に学生さんが配属されてその教室の「日常に浸る」ことで何かを感得して頂くという趣旨だと理解しています。なので臨床実習の「先取り」をするということが趣旨としては目的ではありません。 実習ですので最終的にはレポートで成果を報告する必要があります。 この活動は今のぼく-来年度であれば問題は解決していると思います-にとっては結構な負担なのですが一方すごくよいチャンスだと思っています。

とにかく彼らとよく話します。

「某」幹細胞の話をしていてクローン人間の話題になったときにKazuo Ishiguroの小説”Never let me go”を読んだ事があるかと尋ねると「ない」ということで急遽 映画”Never let me go”を観ることになりました。 ぼくも久しぶりに観たのですが気合いを入れて観るといろんな気づきがありました。 その後解説をして議論を小一時間行いました。 (こういった活動をレポートにしてそれで受け入れてもらうと助かるのですがこれは無理かやっぱり)

お昼も大学の食堂で一緒に摂ることもあって、今まで知らなかった職場のいろんなことを学生が教えてくれます。ぼくにとってはこれは新鮮で今回の大きな収穫です。

 

さっきのNYTのエッセーによれば、米国では寛大な先生の評価は低いのだそうです。どんどん学生に負荷をかけていく先生の方が学生による評価は高い。要するにこんな先生!?

 

ところで、医者を目指す学生にはクローニンとは云わなくとも「罪と罰」とかくらいは読んでおいてもらいたいとは思います。

今の学生は医者になるという目的意識が明確なのでそれでいいのかもしれないなとは思うときはあります。 ぼくはまったくそのような意識が欠落したまま医学部に入ったので在学中にそのような意識を涵養するということが一つの課題だったのです。


昨日の夜始めて知ったのですが世の中では「ゴーストライター」が話題になっているのだそうです。 いくつかのブログエントリーを読みましたがどうもピンと来ません。理由を考えると要するにぼくは問題となっている「音楽」を聴いたことがない音楽に何ら造詣が高くないのです。 どうにも判断しようがありません。

少なくとも自分の専門分野であればそのまんま騙されてしまうということは少ないかも知れません。 専門分野であれば何らかの評価を下すし、その範囲で全体の胡散臭さとかも何となく感じてしまいます。もっと正確におかしな点をピンポイントで指摘できるときもあります。とにかくどの雑誌の載ったとかどこの研究室から出た研究だとかにあまり惑わされずに研究を咀嚼できると思います。これは 基礎研究の分野でも臨床医学の分野でも同じです。あれだけ明確なのに、何で皆がその胡散臭さに気付かないのかがぼくにとって不思議だと思う場合もあります。誰とかどれとかは云わんけど。

小林秀雄に「骨董」「真贋」という文章があります。 こんなときにいつも思い出します。

以前に少し書いたことがあります。(参照1, 参照2)

 


New Yorkerに載っていたこれ 読んだら背筋が凍りますぜ。

ANNALS OF SCIENCE / A VALUABLE REPUTATION


PDF
Tagged with:  

 

自分のフォトストリーム-733

 

二日目はポスターセッションです。

全部で44題。直前まで43題だったのですがAndyが駆け込んできて44題。

全てのポスターを見ました。

今年は例年にましてインフォマティクスから高圧酸素療法までバランス良く演題が集まったのではないかと思いますーと書いて実は前回もインフォマティクスから高圧酸素療法まで集まっていましたね-。

修士課程の学生さんの発表もかなりの数あったのですが、学部の学生さんの演題も今年はありました。

Fe(II)をイメージングするprobeの話なのですが、たぶんご自分のお母さんより年上の某教授に仙台に置き去りにされるという逆境にめげないしっかりした受け答えでびっくりしました。

今年の特徴として海外からの参加者が何名かいらっしゃったという事があります。分子生物学学会と近接した日程で研究会が開かれることがあって皆さんの負担になっていたという側面があったのですが今年はそれが功を奏しました。 分子生物学学会の「海外研究者呼び寄せプログラム」により一時帰国していた研究者の方々の参加が得られたのです。分子生物学学会すごいです。

というように演題だけでなく参加者も多様な良い感じになってきています。

この研究会では循環器系の病態生理学のポスターはそう多くないのですが今回は東大の武田さんの研究室の大学院生の仙場さん,安倍さんと相馬さんのマクロファージ関連のポスターが印象深かったです。この三人に担がれて「左団扇状態」になっている武田さんがうらやましいと感じました。

それで結論ですが留学は結婚してからの方がやはりいいと思うんです。

 

自分のフォトストリーム-741

 

「タイランド」では世界甲状腺会議のあと主人公「さつき」はバンコック郊外のリゾーとホテルに滞在する事になっています。

ぼくも温泉ツアーを敢行しました。

この件は次回に書きたいと思います。

自分のフォトストリーム-793

さて

第12回がんとハイポキシア研究会は

2014年12月21・22日

佐賀市

で開催されることになりました。

詳細については研究会のホームページで順次ご案内させていただきます。


御大ブログから

「医者に殺されない47の心得の著者近藤誠さんの意見」

日本社会がこのものすごい勇気のある医師、近藤さんをどのように遇するかだんだん問われてきていると思います。

というのはホントかもね。

御大レベルの知的能力を持つ人がこう考えるということは大きいと思います。

がんも大きくなりすぎると破裂・自壊して出血したりする場合もあります。 積極的な治療はしないという選択をした場合でもしっかりとたサポートを提供する医者にみてもらった方がいいと思います。

 

「研究発表と宣伝行為」

ぼくも以前におなじような事を書いたことがあります。遂に御大がぼくに追い着いたと思うと感慨深いものがあります。 

発表者のしているしゃべり方なども聞いていれば、また論文の内容を読めば必死に宣伝していることをひしひしと感じます。とくに研究成果の査定などの席での研究者の発表は生活がかかった[宣伝」と感じる事がおおいです。論文内容も、いかにすばらしい発見や効能みつけたなどの文章があちこちにあります。こんな感じですから、多くの論文は宣伝以外の何者でもない、こう感じます。英語ではadvertisementに相当するので、宣伝以外にも通知、公示、告知などと訳される場合もあり、公共的な宣伝行為が、学会発表や論文発表などに相当するという考えでいいのでしょうか。

おっしゃる通りです。


土曜日の夕方帰宅途中に家内と待ち合わせて中之島のイルミネーションを見物しました。 大阪・光の饗宴2013の一環として中之島地区で展開されているものです。

中之島の西の方にはラバーダックが浮かんでいるエリアがありました。

自分のフォトストリーム-42

福島港から中之島ローズポートまで船というかボートで移動したのですがとにかく寒かったです。

自分のフォトストリーム-69


 

考えたら今年もあと一週間ですね。

年内に処理したいものもあるのですが仕方ありません。

数えたら今年出版された またはin pressになったもので12報。

大学にいてこの体たらく。知力の限界です。これも仕方ありません。



PDF
Tagged with:  

一気に日常生活に戻り今日はすごく疲弊しました。


さてお約束の第11会がんハイポキシア研究会の雑感をお届けします。

東北で初めての開催です。 昨年の横浜の会の懇親会の会場で酔った勢いで鈴木教郎さんが世話人を引き受けてくれたのでした。 酔いが醒めた後でも断りたいという申し出もなくこれは本気でやるつもりなのだと安堵の胸をなで下ろしたのを覚えています。

今回の会場は東北大学の片平キャンパスの片平さくらホールでした。 「さくら」という名前は桜小路という名前の通りがこのキャンパス内の土地を通っていたことに由来するのだとキャンパス内の桜の木の下に書いてありました。

カメラロール-881

仙台駅からも簡単に歩いてたどり着ける良いキャンパスです。

工学系の研究室が多くを占めているようです。 大学の史料館には魯迅記念展示室が設えてあります。ぼくは取りあえず入ってみました。

カメラロール-888カメラロール-892

カメラロール-884

 

このようにいろんなところに引っかかりながら会場に到着すると 東北大学の 創生応用医学研究センター 酸素医学コアセンターの方々、東工大の皆さんが設営の真っ最中です。 K園、K●両氏の指揮下の東工大の皆さんはなんと前日から仙台入りという気合いの入れ方です。

IMG_3453

といわけでシンポジウムです。
今回のお題は 『11年目からのハイポキシア研究 〜低酸素応答機構の新展開〜
鈴木さんに全面的にお願いしてスピーカーを決めていただきました。

ラインナップは

  • 鈴木教郎(東北大学) 酸素供給の恒常性維持における赤血球産生制御機構


  • 辻田忠志(東北大学)低酸素応答系を調節する低分子化合物の探索と創薬研究

  • 船本健一(東北大学)低酸素マイクロ流体デバイスの開発

  • 三浦恭子(慶応大学) ハダカデバネズミの老化・がん化耐性と低酸素耐性


  • 南学正臣(東京大学) 腎臓病と低酸素

の5題に一般演題として応募された中からこれまた鈴木さんの趣味で

  • 北島正二朗(Cancer Science Institute of Singapore) 代謝性ストレスによる新規 HIF-α活性化機構と 腫瘍発生及び進展におけるその意義

  • 大澤 毅(東京大学 先端科学技術研究センター) 低酸素・低栄養の腫瘍微小環境が脂質分解を促進し癌悪性化に寄与する  

  • 原田 浩(京都大学 大学院医学研究科) Aberrant expression of IDH3α promotes HIF-1-mediated aerobic glycolysis and angiogenesis and consequently enhances tumor growth 

の3題を加えたものになりました。(皆さんの敬称は略させていただきました)

鈴木さんの話はerythropoietin(EPO)の発現制御に関するものです。 EPOの発現制御は鈴木さんの師匠山本雅之先生のライフワークの一つです。筑波大学に研究拠点があった時代から延々と続けてきた研究がここ数年めざましい成果となって論文として世に問われています。何度聴いても感動します。

辻田さんはdrug designがテーマです。HIF-a水酸化酵素活性を修飾する化合物をどうやって効率よくスクリーニングしていくのかというお話のなかでFIF-1特異的な阻害薬を発見したという話が出てきて興奮しました。最近FIH-1がすこしずつはやり始めているのです。

船本さんの話はマイクロ流体デバイスの酸素分圧をどのようにコントロールするのかという話で実物を見せていただきましたが確かに”マイクロ”でした。 顕微鏡でないと流路などは確認できません。あの溝にどうやって細胞を撒いたりするのか一度実地で見学させていただきたいと思いました。

そしてハダカデバネズミです。ハダカデバネズミは英語ではnaked mole rat(NMR)と呼ばれるのだそうですが三浦さんはDEBAと呼んでいました。どう考えてもDEBAの方がそぐう見てくれをしています。このDEBAという呼び名を世界標準にするためには日本をDEBA研究のメッカにする必要があると思いました。 DEBAは日本ではいくつかの動物園では飼育されているということですが研究室レベルで維持しているのは慶応大学の三浦さんの研究室だけだそうです。三浦さんって山中研だったんだそうです。

トリは東大の南学さんです。南学さんは腎臓内科の臨床家で腎臓病の病態から出発して低酸素応答の分子機序に迫るという研究を続けられておられます。部分的には何度もお話をお聞かせいただいたのですが今回のボリュームは初めてでした。これまた感動ものです。実はぼくは昨年の夏札幌郊外で行われた内藤コンファレンスで南学さんと同室になって二晩も一緒に過ごした仲なのです。その時のことはあまり人には話してはいませんけど…

たぶんお弟子さんのなかにもそんは人はいないのではないかと「自負」しています。

三浦さん、南学さんのトークは東北大学 創生応用医学研究センター 酸素医学コアセンターの共催でもありました。

シンポジウムの後半からは研究会のメンターである山本雅之先生も駆けつけてくれました。

 

懇親会は「さくらキッチン」という学食の二階の「レストラン萩」行われました。ここ結構いけますよ。東北大学万歳!!

 自分のフォトストリーム-688

仙台では光のページェントという催しが行われていたはずなのですが目もくれず二次会で毒を吐いてホテルにたどり着きました。雨が雪に変わっていました。

 

この研究会の第一回は京大会館の狭い部屋でこじんまりと行われました。当時日本で低酸素誘導性因子を専門に研究している人はそう多くなく、「がん」との関連を追及している人はさらに少なかったのです。横浜市立大学の泌尿器科の近藤さんや世話人の一人の谷本さんはそういう研究者の一人でぼくはがんなどには興味は無くHIF-1の活性化の分子機序に興味があっただけでした。世話人の一人の井上さんは「がんと酸素代謝」には興味があってもHIFは敬して遠ざけようとする「あまのじゃく性」を持っていたと思います。近藤さんはがんの低酸素領域のマーカとしてHIFを使うという方向性だったし結構ばらばらの興味で10年以上やってきました。

村上春樹の短編小説に「タイランド」というのがある。 finalvent氏が旨く紹介している。(参照

主人公の「さつき」は世界甲状腺会議に出席するためにタイのバンコックを訪れている。 甲状腺会議がこのように描写される。

世界甲状腺会議はバンコック・マリオットの会場で、四日間にわたっておこなわれた。甲状腺会議は、会議というよりはむしろ世界的なファミリー・リユニオンのようなものだった。参加する全員が甲状腺の専門医であり、ほとんど誰もがほんとんど誰をも知っていたし、知らない場合には紹介された。狭い世界なのだ。昼間には研究発表があり、パネル・ディスカッションがおこなわれ、夜になるとあちこちで小さなプライベート・パーティーがひらかれた。親しい友人が集まって旧交を温めあった。みんなでオーストラリア・ワインを飲み、甲状腺の話をしたり、ゴシップを囁いたり、仕事のポジションについての情報を交換したり医学ねたのきわどいジョークを披露したり、カラオケ・パーでビーチボーイズの「サーファーガールズ」を歌ったりした。

こんな感じの研究会なのです、ぼくにとっては。

某麻酔科学会などではこの人何が目的でこんな事やっているのだろうかと思う時もあるのですが、この「がんとハイポキシア研究会」では「いかなる技術、いかなる研究も、同じくまた、いかなる実践や選択も、ことごとく何らかの善を希求していると考えられる」というニコマコス倫理学の冒頭の一節の通り「研究をすることそれ自体が「善」なのだ」という気持ちになれるのです。

ぼくがこんな清らかな気持ちでサイエンスに臨むのはこの研究会の期間中だけです。

今日はこれくらいにして続きは明日以降に。


仙台行きの飛行機の中でアルキメデスは手を汚さないを30年振りくらいに再読しました。

飛行場で見つけたのです。あの小説実は豊中の辺りが舞台だったのですね。トリックなどは少し古くさい感じもしますが現代でも十分通用すると思いました。


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License