朝からどんどん仕事を片付けお昼くらいには次の論文のfinalizeにかかろうと思っていたのですがMacがおかしくなりました。

 

というわけで、恒例となっているMacの故障ネタです。

 

先々週、作業をしていると突然音もなく画面が真っ黒になりました。iMacにつながっているUSB端末への電気の供給も途絶えているようです。 しばらく様子をみても何も起こらないことを確認して電源を再投入しても何も起こりません。電気系統がやられたのだと思いました。 とにかく完全に電気供給を一回絶とうと思いコンセントを抜きしばらくして再接続してiMac後ろのスイッチを押すと何に事も無かったかのように再起動できました。 その後一週間ほぼ何の問題もなく使うことができていました。

先週の水曜日に、同じ症状が発生。 さすがにこれはおかしいとググるとありました

 

水曜日には症状が二時間もすると再現するようになってしまいした。 今日も起動を始めて4時間後に真っ黒になりました。

ネットの情報の通りです。

 

枚方駅前のT-SiteにApple authorized dealerの「カメラのキタムラ」がある事に気づき電話してみましたが持ち込まれても困ります的な塩対応。

仕方ないのでAppleに電話しました。ぼくとしては回収の日取りなど決めてもらえばよかったのですが彼曰く、最後の手段としてOSのクリーンインストールをお薦めします的なマニュアルをそのまま読んだだろう的な「アドバイス」をもらいました。 修理には5万円超かかると言うことを言われたので、それもそうだなとおもったのが運の尽きでした。

command+Rで立ち上げてdishの初期化を行う過程でfusion driveの統合が壊れてしまいました。”Core Storage論理ボリュームが削除できない”のです。

これはいつか来た道じゃないかと思って自力ででいろいろやってみようと思ったのですが再度Appleに電話して前回と同様テクニカルのお姉さんにつないでもらいました。

親切に導いてくれるのですが結局今回は問題の解決に失敗。 向こうが匙を投げました。

「ご提案なのですがiMacをこちら(Appleのこと)で預からせて頂きdiskの不具合をfixさせていただけませんか」と言われました。同意して結局disk問題を解決の後電源の不具合の有無を検討してもらうということになりました。

小一時間時間を使いすごく疲弊しました。

 

この母艦のiMacがないと論文のfigureを作る作業を中心に効率が下がってしまいます。もう3年と5ヶ月雨の日も風の日も使い続けたのですから壊れても仕方ないだろうと思ってしまいいっそ新しいiMacを買ってしまおうかなどとも思ったのですがふみとどまりました。 revision二つの作業が終わっていたのが不幸中の幸いです。

 

IMG_5023

 

たぶんこの影響で土曜日の朝、妙な夢をみました。夢なので脈絡はまったくありません。

 

ある学会に参加していて山の尾根を散歩していると霧が急に出てきました。

にもかかわらず歩き続けると崖から転げ落ちました。落ちた先は煉獄でした。それも研究者が落ちる煉獄で実際たくさんの研究者がひしめいていました。

ここからどうやって抜け出すのかが真剣に議論されていたのですがある噂を耳にしてあることを思い出しました。Endnoteの設定をmacで直すと娑婆に戻れるのです。ぼくは過去にも煉獄から娑婆に戻ったことがあったことを想いだしたのです。つまりぼくはやり方を知っている。

「これは!!」と思ったのですが肝心のMacがありません。前回はMacを持ったままだったようなのですが今回はMacは持っていなかったのです。

煉獄でもMacが売っていることが解ったのですが値段が500万円 !!。 無理 !!、というところで目が覚めました。

 

iMacの不調故みた夢だと思っています。


 

先日、紀伊国屋で なぜあなたの研究は進まないのか?」という本を見つけました。

佐藤雅昭先生の著作です。佐藤先生を存じ上げていたのですこし読んでみました。どんなこと書いてあるのだろうという興味で。

内容はタイトルとは異なり佐藤さんの研究に対する姿勢を綴った文章です。(出版社のページ) 

ぼくなどここで展開されている論考からすすともしかしたら対極にある研究者かもしれません。

例えば、

Q40 人一倍勉強しているか?”で某K大のD先生が年に「数百篇」の論文を読むと書かれています。

論文を「読む」とはどういう意味かと言うこともあるけど「数百篇」も読むから碌な研究ができないのでは、などと思ってしまいました。

済みません。 (ぼくが「読んだ」と見なす論文はここで書いてあるような基準を満たす論文です。)

 

ぼくとは随分異なった考え方だと思いましたが、刺激を受けてやる気を出す人もいるかもしれません。 研究がどんどん進んで行くマニュアルのようなものはないのだから、読んで何かヒントを得る事ができればそれで十分おつりがくるだろうとは思っています。

 

 

研究の進捗はぼくの場合、院生の実験時間と相関しています。それだけともいえます。なぜ「進まないか」というより「進むか」を考えているだけです。

 

調べてみると 「なぜあなたは論文が書けないのか?」 という著作も同時に出ているようです。紀伊国屋では置いてなかったので立ち読みできませんでした。

ぼくの場合論文が書けない理由は単純です。英語が下手だからです。

 

IMG_5018 

 

Apple Musicで「世界には愛しかない」が配信されていました。 アイドルグループの新譜です。

聴いたらすごくよくできていてびっくりしました。さっそく前作も聴きました。こっちもよいのでは。

山手線」「渋谷川」名曲だですね。

 

これらを聴いて、大人に操られているのだと思うのか内容をそのままうけいるのは受け取る側の問題かも知れません。

勢いで「徳山大五郎を誰が殺したか?」も見てしまいました。

 

たぶんぼくもこんなこと考えて研究してますよ。


オリンピックです。

昨日ニュースを見ていたら、卓球の三人娘 (娘というには愛ちゃんは歳をとっているのかも知れませんが) がインタビューを受けていました。15歳が、「先輩2人を手ぶらで帰らせるわけにいかない」ので団体戦は頑張るみたいなことを発言して、先輩二人にあきれられて、「てへっ」で感じになっていました。

普通これはメダルを獲った後に言うことだと思うのですが、でも頑張って欲しいです。

彼女らのチームランクは世界2位だそうですから順当に行けば「手ぶら」ということにならないはずだとおもいますけど。

今日準決勝でドイツに負けたそうです。でもぼくはいいと思います。

今日準決勝でドイツに負けたそうです。でもぼくはいいと思います。

 

【追記】 

 15歳、最後は自分で決めて先輩二人に銅メダルをもたらしたようです。大したものです。

 

IMG_5016

 


Patient H.M.: A Story of Memory, Madness, and Family Secrets 読み始めました。

有名な症例H.M.にまつわる物語です。


PDF
Tagged with:  

iMacが潰れた

On 2015/10/10 土曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

水曜日の夕方母艦として使っているiMacがフリーズしていかなるキー操作も受け付けなくなったので電源ボタンをつかってリセットをしたところ起動画面にリンゴマークではなく駐車禁止の標識のようなマークが出現するようになりました。(駐車禁止マークについてはここを参照してください)

「駐車禁止マーク」-「林檎マーク」-「駐車禁止マーク」-「林檎マーク」と繰り返してこの時は起動に成功しました。

木曜日の午前にも同じ症状が出ましたがこの時も何とか切り抜けて午後から月曜日の朝までiMacを起動することはなかったので問題が先送りとなりました。

月曜日に時間があったのでディスクユーティリティを使って診断・修復を試みるとなんと「修復不可能」のご託宣。 この時の操作故か以後iMacが正常に起動することはありませんでした。

仕方なくディスクの初期化を試みるもそれにも失敗して万策尽きました。

Fusion driveを構成していたHDDが壊れたのだと自己判断をしました。 というのもSSDだけはディスクユーティリティから見えていたし作業の途中でもFusion driveを再構成するとかのフレーズが出ていたからです。

実は数ヶ月前から特定のアプリの起動が異常に遅いとか、ファイルをSAVEするとバルーンが30秒位廻るとか、音楽を聴いていると数秒音が途切れるとか、iMacからカリカリとした音がするとか予兆はあったのです。 「俺はバックアップは万全だ」という自信があったので潰れるまで行っちゃえと思っていたわけです。

修理をするとしてAppleに頼むか自分で交換するかという選択肢となるのですがFusion Driveが相手だとぼくには荷が重いなということがが初めに考えた事でした。

帰宅時にとにかくApple Storeで情報を得ようと思い立ちApple Store心斎橋を訪ねました。

スタッフに声を掛けて事情を説明するとHDDの交換だけなら5万円から10万円という結構アバウトな答えでしたがもう一つ有用な情報をもらえました。

iMac (27 インチ) 3TB ハードドライブ交換プログラム 

というのが動いているというのです。

つまり

27 インチ iMac システムに搭載されているごく一部の 3TB ハードドライブが特定の状況下で故障する可能性があることが判明しました。影響が確認されているのは、2012年12月から 2013年9月までの間に販売された 27インチ iMac システムです。

交換プログラムの適用期間は、対象となる iMac の販売日から3年間、または2015年12月19日までのいずれか長い方。2012年12月に購入した製品なら2015年いっぱい、2013年9月の購入なら2016年9月までとなります。

Apple や Apple 正規サービスプロバイダ (AASP) では、対象となるハードドライブの無償交換に応じております。

知ってはいたのですが思い出さずとにかく二年半も使っていたのだから「該当ではない」だろうと思っていたのですがシリアルを入れてみると「ぼくのiMacは該当」でした。 という訳でタダでハードドライブを直してもらえることが解りました。

早速Appleに連絡をとると翌朝pick upしてくれるとのこと。

本体だけをヤマト便のお兄さんに預ければ良いとのことでした。

修理の課程がネットで確認できるのですが翌日の午後にはあっさりと修理が完了して発想されていてその翌日の朝にはすでに枚方駅前のヤマト便の営業所に到着していました。

Appleすげえなと素直に思いました。

唯一の問題点は戻って来たiMacにインストールされているOSがMacOS 10.8.5であったことです。電話では修理終了後はYosemiteをインストールしてもらう事になっていたのに。

金曜日は当直でした。麻酔業務が終わり20時くらいから復元作業をはじめました。

まず自分でYosemiteをインストールし直し起動時にTime Machineで取ったバックアップを利用して復元というスキームです。

3時間ほど一見順調にプロセスが進んでいました。しかし、残り6分でiMacが突如静かになりバックアップのTime Machine用のディスクからもまったく音がしなくなりました。そこから3時間待っても事態は変わりません。

ここで、しびれを切らして仕方なく再起動を試みてしまいました(今から思えば後2時間は待つべきだったのですが)。 電源ボタンを使って強制的にかけてリカバーモードで起動してディスクユーティリティからディスクをきれいにしてからと考えたのですが、ディスクの初期化を試みるとと”Core Storage論理ボリュームが削除できない”と言われて作業が進みません。なんどやっても事情は変わりません。

再び奈落の底に突き落とされました。直してもらったばっかりのドライブを潰してしまったと思いました。

ネットでこれを調べてみるとFusion Driveの構成が壊れてしまったのだということはわかりましたがこれが本当のところどんな意味を持つかは理解できていませんでした。

失意のまま寝ることにしました。

朝9時になったので再びAppleに電話して事情を説明しました。 今回のプログラムには「保証期間」が設定されていたのでディスク関連の不具合は当然コンサルトの対象となると思ったのです。

初めに電話対応をしてくれた人は明らかに素人でぼくが話す症状について自分で判断ができないようでした。直ぐにテクニカルの人がぼくの対応をはじめてくれました。事情を説明すると「わかったよ」という感じで「これから私の言うとおりにiMacを操作するように」といわれました。 やはりSSDとHDDのfusionが論理的に壊れているのでそれを取り戻す操作をするのだと言うことでした。

このお姉さんの声が素晴らしくよくて彼女の言われるがままにiMacを操作してSSDとHDDの”fusion”を取り戻して再出発となりました。(参照)

 

昨日の夜にやったことを繰り返しました。 昨日と違うのは残り7分(なぜか今回は7分でした)一旦止まったようになった時点で4時間ほど放って置いた点でした。突如バックアップ用のHDDが回転しだしてプロセスが進み始めて無事復元に成功しました。 前回(参照)と同じように見慣れたデスクトップが出現しました。まずDropBoxが起動してログインを要求してきたことも同じでした。

 

教訓

大量のファイルを動かしているときはとにかく待ちましょう

バックアップはちゃんと取っておきましょう

 


PDF
Tagged with:  

“Time Machine”に救われた話

On 2015/2/7 土曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

この前の日曜日の日当直は朝までと言うことは無かったのですが夕ご飯時から結局3時くらいまでかかりました。

一件目はこの10年で一番急ぎました。 朝から空いていたのに夕方になると手術が入り出すのですね。

これはこれで困った現象です。

IMG_3720


Macにまつわるトラブル二件

さて先週から今週にかけてMac周辺でいろんな事があって結構消耗しました。

まず研究室で使っているAirMac Time capsuleの具合が悪くなりました。

いろいろと調べても問題を解決できなかったので「デフォルトリセット」を試みました。

その後、”Air Macユーティリティー”で確認すると件のTime Capsuleは未登録のベースステーションとして「見え」ました。設定を試みてもエラーが出てそれ以上進ませてくれません。 研究室でだけでなく自宅でやっても結果は同じです。

ググっても似た症状は報告されていなかったのでApple Store 心斎橋のGenius Barで相談することにしました。

15分前くらいにApple Store心斎橋に到着しました。待つこと20分で名前を呼ばれて「症状」を説明するかしないでまずシリアル番号を調べられました。 Genius Barの予約の時にもシリアル番号は求められたのですがすごく見にくくぼくは諦めました。お姉さんはルーペを使って確認していました。 それをiPadに入力すると保証期間が約40日残っていることが解りました。-というかなんで解るの?Apple Store経由で買ったわけでないのに… 例えばヨドバシで買ったものでもヨドバシで売ったとたんに情報がAppleに廻るのでしょうか?-

とにかく保証期間内ということがわかった時点で対応が決まったようです。 つまり「交換」です。

何も調べずぼくの言い分を聞いただけであっさりと「交換します」とお姉さんは宣言して,在庫確認のためにいなくなり「あたらしい」AirMac Time capsuleをもって現れました。新品でなくいわゆる調製済みのもののようです。

ぼくはそれを持たされてApple Storeを後にしました。 実は,眼の前で確かに壊れていると言うことを見せてもらいたかったのです。Genius Barの人がどう確認するかに興味があったのです。

Genius Barすごい人出でした。予約のない人も受け付けているようで長い行列ができていました。なので,ぼくの場合,どうせ交換なのだから時間は掛けられんということなのだと思います。

もう一件は深刻な事態でした。

ある作業で使っていた外部接続のディスクを「ゴミ箱」に捨ててその外部ディスクの電源を切るとMacがカーネルパニックに陥りました。 「あの」画面が出て再起動を余儀なくされたのですがその際再起動しなくなってしまったのです。途中で画面が暗くなったままどうにもなりません。 ネットで調べたいろんな方法を試しても埒は開きませんでした。(参照1, 参照2)

TS101744 01

リカバリーモード(「⌘+R」を押したまま起動させる)では、起動できました。

“ディスクユーティリティー”で内蔵ディスクをチェックしたところ不具合があって「修復」を試みるも修復できないというご託宣です。

結局ディスクフォーマットをすることにしました。

スキームは以下の通りです。

  1. ディスクフォーマットを行う
  2. Time machineをつかって保存してあるバックアップをつかって復元を行う

です。

日々のMacのバックアップはTime machineを使ってさっきのTime capsuleにしていました。

ということは、つまりApple Storeで新品と交換したので,約1年分のバックアップファイルは手元にはなくなった状態でした。

実はこんな事もあろうかとAirMac Time Capsuleが不調に陥った直後に別の外付けのディスクにTime Machineを使ってバックアップを取ってあったのですがそれを使うという計画を立てました。つまり今回の不具合の一週間ほど前のバックアップファイルを使うことにしました。

ディスクのフォーマットをはじめると,3TBの内蔵ディスクのフォーマットに5時間かかると表示されていたので帰宅することにしました。

朝来たら果たしてフォーマットは無事終わっているように見えました。

再度一度ディスクのチェックを行うとやはり問題は無いようです。 フォーマットできなかったと表示される可能性もあったのでドキドキでした。

 

そこで外部ディスクを接続しました。そのディスク内のTime Machineのファイルが見えたときは少し感動しました。

 

ボタンを押すと「復元」が始まりました。 これまた5時間くらいかかると言うことで部屋を出て実験を始めましたが,二時間ほどして途中で戻ってみると「復元」が終わりかけていました。10分くらい待って「復元」が終わったと同時にMacが再起動しました。

 

何事もなかったかのようにログインの画面が出てパスワードを入力すると見慣れた画面が現れました。

すると直ぐに,Dropboxに認証を求められました。ファイルのリストを作り直しているようでした。この作業になんとまた5時間と表示されたのですが実は2時間ほどで終わりました。 結局バックアップを作ってから一週間の作業履歴も含めてほとんど復元されました。

復元できないと考えていたのは、その間に保存した「写真」のファイルだったのですがこれは全部iPhone内に残っていたので結局失ったファイルはほとんどありませんでした。

肝を冷やしました。

日頃こういう事態に備えてはいるのですが実際にTime Machineのバックアップのお世話になったのは初めてでした。

今はディスクを二台つないでTime Machineでバックアップを取っています。

すべての写真-242


双子素数

数学で「双子素数」というのがあるそうです。 つまり差が 2 である2つの素数の組です。双子素数が無限に存在するかという問題、いわゆる「双子素数の予想」や「双子素数の問題」と呼ばれる問題がすごく重要な問題値として存在して未解決なのだそうです。(参照)

今日紹介するのはこの問題について重要な論文を書いたおじさんの話です。 (New Yorker, The Pursuit of Beauty)

おじさんの名前は、Yitang Zhang

2013年に”Bounded Gaps Between Primes”と題された50ページ強の論文を発表して 「隣り合った素数の隔たりが、7千万以下のものが無限組存在する(lim inf (p(n+1)-pn)<7×10^7」

ということを証明したのだそうです。(参照1, 参照2

ぼくら一般人にとって面白いのは論文の内容でなくてその証明者Yitang Zhang氏自身です。

1999年からUniversity of New Hampshireで講師をしていたのですがそれ以前はNew YorkのレストランやケンタッキーのモーテルやSubway(fastfoodのサブウェイです)で働いていたこともあるという異色の経歴をもつ人物です。 55歳の時に突然この仕事で学会に認知されるようになったのです。 これをNew Yorkerが取り上げました。すごく面白いです。

“Is there a talent a mathematician should have?” “Concentration,” Zhang said.

なのだそうです。

 

Precision Medicine

もう一つ。

New England J MedicineにCollins・Vermusという名前を聞いたらせず時がピント伸びるような組み合わせの論文が出ています。

Obama大統領が提唱している”Precision Medicine“についての実行担当者からの決意表明と結構具体的なロードマップです。

(NEJM, A New Initiative on Precision Medicine) (参照1, 参照2)

 

Obama氏の今年の一般教書演説からの引用からはじまります。

“Tonight, I’m launching a new Precision Medicine Initiative to bring us closer to curing diseases like cancer and diabetes — and to give all of us access to the personalized information we need to keep ourselves and our families healthier.”

医者や生命科学の研究者なら一度は読んでおいた方がよいと思います。

すべての写真-223


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License