昨日から花粉症なのか黄砂症なのかわからないのですが猛烈に症状が出てきて死にかけています。

もしかしたらストレスかもしれませんけど…

 

ある原稿の締め切りが今月末に設定されていたのですが一週間ほど前にmailが来て2.5ヶ月後ろにずれて気が抜けてしまいました。

文字はほとんど並べ終わっていたのですがそれでは6合目くらいにしか過ぎないわけで今頃は泣きながら「寄せ」にかかっていたと考えると…

 


「小保方晴子日記」を読んで

証人喚問のex国税庁長官さんもなんか大変な時期に結構な事に巻き込まれちゃったなと自分の不運を嘆いてるのではないでしょうか。もう2年くらい早くても遅くてもこんな問題には巻き込まれなかったのですか。

あんなに頑張ってだれかが今後の保証とかしてくれることちゃんとなっているのでしょうか。ちょっと気の毒です。

「決裁文書書き換えー捏造ー問題」というのは書き換えられたことは確実でも「犯罪」として罪に問うことには結構大きなハードルがあると知って法律というのはそういう風にできているのだなと妙な感慨にふけっていました。

研究の不正も本人が不正事実を認めても刑法上の罪に問うのはやはりそれなりに難しいのと似ているのかもしれません。

しかし、政治と研究不正は一方で「倫理」の側面が強調されその段階となると何かよく分からん成り行きとなってしまいます。

 

最近「小保方晴子日記」を読みました。

精神科入院、博士号剥奪、手記の執筆…… STAP騒動を経て、壮絶な日々をどう生き延びたのか。 理研退職からの650日間を綴る。 〈『婦人公論』好評連載をもとに、その後の日々を大幅加筆〉 という触れ込みだったのですが特に有益な情報が得られたという感想はありませんでした。どうもいろんな温泉巡りをしていたようです。 しかし、この日記を読んでわかったことがあります。 

 

以前書いたことがあります

この本ー注「あの日」ーを読んで「STAP事件(と敢えて言います)」がよく解らなくなりました。 またはじめに書いておきますがぼくは小保方さんを擁護している訳ではありません。 内容は何人かの人が書いているとおりです。しかし、実際に読むとまったく印象が異なります。 これは妄想にとらわれた元研究者が小遣い稼ぎに書いた「手記」ではないと思いました。 あり得ないほど完成している部分と素人が書いたのだろうと一読して解るくらいの拙い部分が渾然としていてよほど実力のある編集者が伴走した結果だと思いました。 実に読みにくい箇所もありました。 しかし、第一章から第三章までは本当に読ませられました。第六章もリアルです。 関係者であればはっとするような内容を含んでいると思います。 取りざたされている人達はこの手記を黙殺するしか対抗手段はないのではないでしょうか。 これを読んで本気で「実際は」どうだったのかを単なる好奇心で知りたいと思いました。野次馬根性だと言われるかも知れませんが正直な感想です。 この本を購入して読むということに抵抗のある人もいると思います。

「あり得ないほど完成している部分と素人が書いたのだろうと一読して解るくらいの拙い部分が渾然としていてよほど実力のある編集者が伴走した結果だと思いました」 という感想は部分的には正しかったようです。 ライターさんとか編集者がかなり関与していたのですね。

しかし、今回の「小保方晴子日記」は既述は千々時乱れて最後まで読むとちょっと切なくなります。読まなくてもいいかもしれません。ほんと暗いです。温泉巡りをしていたのですが具体的な場所についての記述が無いのでなんか臨場感に乏しい感じはあります。

また寂聴さんに触発されて小説も書いていたようです。どこかに掲載されるかもしれませんね。

 

研究不正でいつも思うことは、論文に不正が「認定」されて最終的にretractされたとしてその論文の主張というは科学者間ではどう扱われるのかということです。

論文の不正が発覚するのが出版からかなりの時間を経てからという場合もあります。 可能性としては

  • 「あれは怪しいよ。だって誰も再現できないんだから」という場合
  • 皆が素晴らしい研究だと考えていわゆる追試的な論文も何報も出版されてからの場合 

二つはあってこれで感じ方も変わってくるだろとは思います。

これ不正事件があるたびにいろんな人に質問というか意見をお聞きするのですが当然のごとく明確な「答え」はありません。

また不正も結局再現性があれば最終的には許されるのか論文作成の手続きじょうどこかに瑕疵があればアウトなのか「倫理」の観点から考えると難問です。

小保方さんの場合は、とにかく彼女の主張を支持するdataが存在しなかったということだったのである意味単純だったのですが、再現実験を他人が行うなどの妙な儀式が行われました。これも結局は研究不正に対する対処法として妙な先例を作ったことになりました。


喉頭鏡の持ち方から

ぼくは麻酔もするのですが前日手術室で研修医君に喉頭鏡ー知っている人は知っているのですが知らない人は何って思うと思います。実はこんな物を口に突っ込んで喉の奥をのぞいて管を人間に突っ込みますーを持ってもらいました。

彼はこう持つのですがぼくは30年くらい前から自分では

こう持つ習慣が付いているのでちょっと違和感を覚えました。

興味があってtwitterで簡単なアンケートをしてみました。

32人の参加者があって

  • 1の持ち方が22%
  • 2の持ち方が78%

という結果でした。

バイアスもありまくるだろうし、どっちが正しいとか正統だとかいうつもりはありません。

しかし少なくともぼくは少数派ではなかったという事がわかりました。

 

医療がエビデンスに基づいて行われる時代になってもこういうベタな事についても意見が一致しない場合があります。管がちゃんと入れば持ち方などどうでも良いともいえます。

でも他人はどうしているのだろうという事には興味があります。東と西では麻酔のやり方が結構異なるよという話もあります。

 

他人がどんな麻酔をしているのかということを知る手段として麻酔記録を閲覧するということがあります。現在では電子的に記録されてPCから見ることができますが通常は自分の所属する病院の記録しか閲覧できません

例えばぼくが東京のある病院の麻酔記録を大阪にいるまま閲覧することは非常に難しいのです。

しかし多分これは技術的には可能なのだと思います。

 

例えば帝王切開の麻酔を脊髄くも膜下麻酔ー腰椎麻酔とも言いますーで行うとしてくも膜下腔に注入する薬剤の選択またdoseの選択をどうするのかについては最終的にはその場にいる医者が決める事になります。

日本全国でリアルタイムに帝王切開について薬剤とそのdose情報が得られるシステムがあれば日本の「今」が分かるのですが残念ながら今現在そのようなシステムは存在しません。腰椎麻酔の効果が弱くなった時にどう対処するのかなどの情報も得ることができます。通常このような事はいわゆる教科書には書いてありません。

今まで経験したこ事のない症候群を持つ患者の麻酔を担当する場合検索を行いどのような麻酔管理が行われたかについて学ぶことができたらこれはすごく有益です。

でも一方日本では、エアウェイスコープを使って挿管して、デスフルレンデ寝かせて、ロクロニウムとレミフェンタニルで維持して最後はスガマデクスを何でもかんでも200mg使って一丁上がり的な麻酔法が主流でこれって多分誰でもできるんじゃない?とかが明らかになったり、ある術式の病院ごとの手術時間とか出血量が瞬時に分かってこれは問題だという事にもなり兼ねないですね。#知らんけど

 

かつて師匠に「お前の研究で臨床を変えようなどと努努考えるな。臨床は日々自立的に新婦するのだから」と言われた事があります。

日本全国の全麻酔チャートにタグがついて自分のパソコンとかiPhoneから検索して日々の臨床に活かせるなら学会で誰かのありがたい()お話を聞かなくとも自分の医療は進歩していくと思います。


「雪の階」を読みました

奥泉 光 さんの「雪の階」を読みました。読み始めたら止まらなくなって5時間くらいで読みきりました。

東京自叙伝」もすごかった。

でもこっちもすごい。

各紙で書評がちらほら出てきています。


PDF

Apple TVを研究室に導入しました

On 2017/7/3 月曜日, in book, books, Lifehacking, twitter, by bodyhacker

 生きています

しばらくエントリーの投稿をさぼっていましたが生きています。

最近出た論文の作業なんかをしていました。

結構集中するのでぼくの大脳のキャパシティーでは余計な事はあまりできなくなります。


いろいろと出ました

論文がでました。

これからもせっせと手持ちのデータを大学院生と共同して論文にしていきます。

雑文もでました。

医学書院のPR誌「医学界新聞」の特集 医学生・研修医に薦めたい ベッドサイド・ライブラリー 就寝前の30分間が医師人生を切り開く でぼくも三冊紹介しました。

医歯薬出版社の雑誌「医学のあゆみ」にもエッセイを載せてもらいました。

フォーラム はじめの一歩を押し出されて踏み出してみる……広田喜一(参照

島岡さんの最近の著作をネタにしたエッセイです。以前ここでも取り上げたことがありました。

こちらは現時点では,購読権がないと全文を読むことはできません。すみません。


Apple TVの話

今週研究室に55Vのテレビというかチューナー内蔵のディスプレイを導入しました。

ジャーナルクラブやプログレスレポートの時に使います。

先日訪問させていただいた某研究室(三島の方)でAppleTV経由で大画面TVを使っていたの見せていただき感動して同時にAppleTVも導入しました。

簡単にセットアップできると高をくくっていたらできませんでした。

少し調べてApple Configurator2を使ってMacからAppleTVにprofile fileを送り込んで解決。結局proxyの設定がApple TVとモニタだけではできなかったのです。

無事にmacからAirPlayの出力先として55Vのテレビを選択できるようになりました。全部で12万円くらいでこの環境なので安いです。

 

ケーブル無しで簡単につなげるのでこれは便利です。


ストロベリーナイト

先日ある映画をAmazon Primeで観ました。2013年に公開された,「ストロベリーナイト」です。

誉田哲也さんの警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」の一作品『インビジブルレイン』の映画化です。

 

すごくはまってしまい,映画化の前後にテレビドラマとして放映されたものと小説として発表されているものを全て観て,読みました。 フジテレビで放送されたドラマ

・ 第1回 シンメトリー

・第2回 右では殴らない

・第3回 右では殴らない(2)

・第4回 過ぎた正義

・第5回 選ばれた殺意〜過ぎた正義

・第6回 感染遊戯

・第7回 悪しき実

・第8回 悪しき実〜嗚咽

・第9回 ソウルケイジ

・第10回 檻に閉じ込められた親子〜ソウルケイジ

・第11回 こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか〜ソウルケイジ

です。

これに先だって,小説「ストロベリーナイト」 の内容をドラマ化した特番があります。 また「ストロベリーミッドナイト」「アフター・ザ・インビジブルレイン」という続編もあります。

小説は

「ストロベリーナイト」

「ソウルケイジ」

「シンメトリー」

「インビジブルレイン」

「感染遊戯」

「ブルーマーダー」

「インデックス」

が今まで出版されています。

ドラマは原作をほぼ忠実になぞっているのですがドラマの方が圧倒的におもしろいです。

絶対的な主人公は,姫川玲子という名前の警部補です。警部補昇進は27歳の時で,第一作の「ストロベリーナイト」では29歳。27歳で警視庁捜査一課殺人犯捜査十係の主任警部補というのは警察では異例の出世・抜擢。170cmの長身で7cmのハイヒールを何足も履き潰しているという設定です。

この姫川班は,玲子さんの他に,菊田 和男巡査部長,石倉 保巡査部長,湯田 康平巡査長,葉山 則之巡査長で構成されています。

実は大塚 真二巡査長が第一作の「ストロベリーナイト」が班員だったのですが第一作の「ストロベリーナイト」であえなく殉職してしまうのです。 ドラマ・映画ともキャストは同じで,姫川玲子は竹内結子さん,菊田 和男は西島秀俊さん,石倉 保は宇梶剛士さん,湯田 康平は丸山隆平さんで葉山 則之はなんと今をときめく小出恵介さんが演じていました。

玲子のドラマ・映画での口癖は「このヤマ,絶対とるわよ」(このセリフはドラマ・映画で頻繁に出てくるのですが小説ではほんどでてきません)でこのかけ声のもと4人の刑事は頑張ってしまうわけです。

この人たちちょっと変わっています。担当の事件が無い場合,刑事は「在庁」という一種の待機状態になるのだそうですが,在庁のまま退勤時間が近づくと「今日も何もなかった」ということになるのですが電話がかかると「キター!!」という感じで皆嬉々として現場に駆けつけるのです。 姫川班では捜査会議の後皆で飲み屋(なぜが女将さんが中村静香)で反省会を開きます。

玲子は,所轄の交通課勤務だったのを現在の上司である警視庁捜査一課殺人犯捜査十係係長である今泉 春男警部に抜擢されて捜査一課入りをした経緯があるのですが,これは彼女の天性の直感に基づくプロファイリングの能力を評価してのことだったのです。

玲子は,自分の筋を読み,点と点をいきなり結んで捜査を進めていくという手法を採る場合が多いのです。そしてその手法により実積を残してきたのです。

これと対照的なのが捜査一課殺人犯捜査十係の主任警部補である日下 守(遠藤憲一)です。彼は若いときのある失敗をきっかけに緻密で客観的な捜査手法を取り玲子さんの捜査手法を危ういと評価しています。予断を許さない操作法は捜査会議での発表でも遺憾なく発揮されて皆を辟易させるほどです。玲子の天敵ですがその理由は捜査方法の相違だけでは無いのですが… もう1人主任警部補がいるのですが彼は,捜査一課殺人犯捜査五係の所属です。勝俣 健作(あだ名はガンテツ)。ドラマ・映画では武田鉄矢さんが演じていました。ガンテツは玲子さんだけでなく日下の天敵でもあります。

 

捜査手法が研究手法と通じるとこがあるなということです。

研究手法に,玲子式日下式があるとすればぼくは断然玲子式です。

ぶらぶら道を歩いている。棒にあたる。これが意味のあることだと思って筋を読む。あたった棒に意味があるとすれば理論的に起こるはずの現象を確認でき点と点が結びつけば,論文になるという手法です。

基本的な戦略は「線でつなぐ」なので日下式のローラー作戦と比較すると弱い側面があります。

危うい場合もあり日下の玲子への批判の根拠でもあります。実際姫川は単なる思いつきを重視した捜査のせいで何度も失敗も重ねるのです。

ぼくは遺伝子改変マウスなどを用いた実験を基本的には行わないので,ぼくらの仕事が今風なprestigiousな雑誌に掲載されることは最近ではほとんどチャンスは非常に低くなっています。

つまり15年前とは状況が完全に「時代」が違うのです。

古典的な手法で思いつきで点と点を結んで発表した論文でも20年経った今でも年に20回くらい引用される論文もありますからこれ以上は求めても仕方ない,と思っています。

 

ガンテツによれば玲子は犯人の気持ちがわかるのだそうです。実際に玲子は高校生の時にある事件に遭遇してそれがきっかけで警察官になったのですがその犯人を殺したいと思っているというか心の中で何度も殺していてそれ故殺人犯の気持ちになって犯行の筋を読むことができるのです。

細胞の気持ちになって筋を読めるのであればそういう研究者になりたいと思います。ファウスト博士のように魂を売り払ってでも。

 

麻見 和史さんが作者の女性刑事シリーズがもう一つあります。如月塔子シリーズです。

塔子は,警視庁殺人分析班 警視庁捜査一課十一係の部長刑事(刑事部長でかつ刑事)です。殉職した警察官だった父親を背負って頑張るのですが玲子さんとはちがい未だ巡査部長です。身長も152.8cmといわゆるチビです。

今までドラマ化されたのは石の繭と水晶の鼓動の二作です。両方観ました。堪能できます。

小説は8冊出ています。文庫化されているのは6冊で,これは全部読みました。

 


東北大学の五十嵐先生のtweetです。

 

ぼくは淀井さんの弟子でこの文章も折りに触れて読み返しています。本人からもこれと同じ話を耳にたこができるまで聞かされました。 ぼくはATL研究は日本医学が世界に誇る一大金字塔だと思っています。

 

これも今読み返してみると予言が成就された感がありすごいと思います。


PDF

推薦図書 10冊 2017年4月版

On 2017/4/9 日曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

日当直でした。残り1.0時間。

 


四月から研究生活に入るみなさんが読んだらよいと,ぼくが思う10冊を推薦します。 昨年にもほぼ同じラインナップでエントリー書いています。

これら10冊は、ぼくの場合、本棚のアクセスしやすい場所においてあり年に数回か何らかの形で眼を通すぼくにとっての「座右の書」です。

新書、文庫本を優先的に選びました。値段が安いし通読するのが容易だと思うからです。一度は隅から隅まで眼を通すことが重要です。

 

「イシューからはじめよ」

安宅和人さんの2010年出版の本です。

研究生活をはじめる前に一度は読んでください。

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

 

 

「日本語作文術」

「文」から「段落」そして段落の組み立てである「論証」へと流れていく過程が丁寧に解説してあります。 とにかく日本語重要。学会の抄録できちんと書けてないものはたくさんあります。

日本語作文術 (中公新書)

 

 

「発表の技法」

諏訪邦夫先生の1995年出版のブルーバックス。

人前で話すのは得意ではありませんが学校の教員ですのでいろんな機会にいろんな聴衆に向けて話すことがあります。以前に紹介したことがありました。

基本的にこの本の教えを踏襲しています。20年経ってもまったく内容は現代的です。 本は絶版ですが、Kindle版はあるようです。

発表の技法―計画の立て方からパソコン利用法まで (ブルーバックス)

 

 

数学文章作法 基礎編

数学文章作法 推敲編

タイトルは「数学」とありますが、全ての理科系の文章に当てはまると思います。

基礎編」は以前に紹介しました。

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫) 数学文章作法 推敲編 (ちくま学芸文庫)

 

暇と退屈の倫理学

頭の体操になります。

暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)

 

 

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」

it worksという感じの一冊。これも新書です。以前に紹介しました。

参照

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

 

 

「科学的方法とは何か」

1986年出版の中公新書です。 以前に紹介しました。

内容はいまだ全く色あせていません。

(参照)

科学的方法とは何か (中公新書)

 

 

「小林秀雄全作品〈26〉信ずることと知ること」

参照

これも以前に紹介しました。

最近「信ずることと知ること」を収録した文庫本が出版されました。

「学生との対話 (新潮文庫)」です。

こちらの方が手に取りやすいと思います。

学生との対話 (新潮文庫)

 

 

「武器としての交渉思考」

サバイバルには必須の技術です。

以前に紹介したことがあります(参照)。

武器としての交渉思考 (星海社新書)

 以上です。

good luck!!  



PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License