第15回がんとハイポキシア研究会

今日は朝から日当直です。

 

11/10-11/11、淡路島の淡路夢舞台国際会議場を会場に第15回がんとハイポキシア研究会が開催されました。今回は運営に携わったので気疲れしました。

参加者は約60人で実りの多い研究会でした。
ポスターディスカッションは30演題集まり例年通り-といっても第14回の47題には負けました-の賑わいとなりました。
初日にミニシンポジウムとして3題の免疫をテーマとした講演を行っていただきました。
二日目はこの分野で知っておいたら役に立つだろう研究・実験手法を中心に4題のテクニカルセミナーと題して4名の研究者に登壇していただきました。

 

今回は自動車で島入りしました。自宅から一時間強で到着です。
ウェスチン淡路島には何度か訪れたことはあったのですが国際会議場は今回が初めてです。

IMG_0569

到着するとすでにポスターの板などを含めて会場の設営は全て終わっていました。

IMG_0519

ぼくらは何もする必要がなかったのです。

IMG_0524

 

今回は水・お茶類も全部持ち込んだのですが大きな冷蔵庫を気前よく利用させていただく事ができたので飲み物は使うまで冷蔵庫で保管することができました。 会議場の照明もほどよく光度を落とすことができて暗すぎず・明るすぎずの快適な空間を保つことができました。

強いて難をいうとフロアの机で利用可能のコンセントが見当たりませんでした。この一点でしょうか問題点は。

また特筆すべきは食事のqualityの高さです。懇親会は会議場で行いました。出てくる料理がおいしい。 学会の懇親会の料理の水準を上回っていました。

IMG_0535

朝食はウェスチン淡路島のダイニングのbuffeでしたがこれも上質でした。

懇親会後の二次会でみなさん妙に活性化して朝5時過ぎまで熱いというか暑い議論を続けていた人もいたようです。
ぼくは3時くらいには寝ましたけど、朝6時くらいに起きて二次会の会場を偵察にいきました。寝ている人はいませんでしたが夢の跡的な残骸ですごい事になっていました。

IMG_0555

 

第16回がんとハイポキシア研究会 (#cancer_hypoxia2018)は幕張です。


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License