Gmailを利用したmac.comアカウントからのmail送信の問題

数日前からの問題がさっき解決したのでメモ替わりに書いておきます。

Internet経由のmailは全てGmailの一つのアカウントを使ってやっています。 職場のアカウントも、づっとメインのアカウントとしているmac.comのアカウントのmailもすべてGmailのある一つのアカウントを通じて送受信してるのです。

受信は単純で外部のmailを受信した段階でGmailのアカウントに転送する設定で行っています。送信については、Gmail アドレスではなく、送信者としてリストされている別のメールアドレスでメールを送信できるのでこのサービスを使っています。

しかしその方法でのmailの送信に不具合があることに土曜日に気付きました。

院生からのmailに返信したはずなのにmailが不着だったのです。その時点ではそのアカウントだけの問題だと思っていました。ところが、別に一通別のアカウントに送ったmailに返事がないので変だと思い、家族やlab memberでテストしてみるとmac.comから送ったはずの全てのmailが先方に届いていなかったのです。

困った事に”TLS Negotiation failed: generic::failed_precondition: starttls error (0): protocol error”というエラーメッセージが丸一にしてからぼくに届くのです。

設定は日本語では「名前:」英語では”Send mail as”という場所から行うのですが、Gmailでの設定の段階で”smpt.mac.com”を使った送信のための認証が不可能となっていました。

受信は問題なくできているので一時的にgmailのアカウントから送信することにしてしのいでいました。

 

さっきふっと思いついてsmptサーバを”smpt.me.com”として認証してみると認証が可能でmac.comのアカウントからの送信が可能となりました

理由はよく解りませんがとにかくぼくの問題は解決しました。

ネットで解決法を探しましたが明確にはどこでも探し出せませんでした。これがぼくに特有な現象か一般的な現象か不明ですが誰かの助けになればと思いました。


PDF
Tagged with:  

Macのお絵かきアプリなどなど

On 2014/12/4 木曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

Gmailのspam filer

gmailを使っています。

ぼくの管理するすべてのアカウントへのmailは全てgmailのアカウントに最終的に届くように設定しているので”spam mai”l対策もgmail任せです。

時々思い出したように、重要なmailがspam認定されていないかをチェックするのですが漏れる可能性があります。つまり重要なmailがspam認定されたまま最終的に消去されてしまうということが起こりうるのです。


今まで重大な事態に陥ったことがなかったのですが一昨日そんな事態に遭遇しました。


ある雑誌に総説を載せてもらえるというので原稿を送ってありました。 原稿の修正が必要というので雑誌の編集部からぼくにmailで通知があったはずなのですがspamのフォルダーに墜ちたまま結局ぼくは気づきませんでした。 その雑誌での特集を企画した先生からも編集部からのmailを転送する形でmailがあったのですがそれも同じようにspam folderに墜ちていました。 よくみるとぼくの論文のfigureが内容のはずの添付ファイルがtwitterとかfacebookのアイコンに置き換わっていました。これ故にgmailが弾いたのかなとおも思うのですがよく解りません。

怖いですね。

今後どうしたものかと思案しています。


Macのお絵かきアプリ

昨日うちの院生の先生にmacでぼくが使っているアプリとかネットサービスの話をしました。 このネタで以前に書いたこともありました。(参照1, 参照2, 参照3

月曜日の話は主にお絵かきアプリについてです。以前macにはMacDrawとかMacPaintなどの結構手軽で便利なお絵かきアプリがあったのですが現在は標準では付属していません。

ぼくは絵心がまったくありません。試行錯誤を経て、現在は、Omnigraffleで作業しています。ぼくでも結構きれいな図が作成できます。

Omnigraffle はバージョン6になりました。

すこし割高な印象もありますが学生・教員割引がありますし、アップグレードは比較的に廉価です。

投資の価値があるアプリだと思っています。


文献整理

文献の整理にはぼくはいまだにPapersを使っています。 バージョンアップする度に高速化して便利度が増しています。現在はversion 3です。

以前はスピードの観点からすこし難がありましたが現在ではほとんどストレスフリーとなりました。 文献は溜まっていく一方です。ハードディスクの容量は大きくなっているのだしそのまま貯めておくことは可能なのですがそれでは再利用ができません。 どんなアプリでも良いのですが何か使って整理をしないと折角読んだ文献が生きていきません。Papers には良い解説があります。(参照)

Endnoteも併用していますがデータベースとしては利用していません。 全てをPapersでと思ってもいるのですが従来のスキームから抜け出せません。


IMG_2406


すこしググると解りますがMacユーザーの研究者はほとんど同じようなアプリ・クラウドサービスを使っています。 まずEvernote。 これも最近どんどん高速化しています。一番新しいバージョンでは5年前から使っているMBA 11inchでも同期にまったくストレスがなくなりました。 ぼくは450円/月でPremium契約をしています。その価値は十分あります。

Scrivenerも多くの研究者が使っているアプリです。(参照1, 参照2)


ググればこれらのアプリについての情報を入手することができますが、面倒だという人はライフハックで雑用上等~忙しい研究者のための時間活用術 によくまとまっていると思います。

金額だけの価値が十分あると思います。 特に、Scrivenerの解説はわかりやすいです。ぼくも基本的にはこのように使っています。

どのアプリを使うかなどは好みの問題ともいえるのですが自由にやっていて最適なものを見つけるには結構な試行錯誤が必要です。

これとこれを使うというような制約の中で工夫をしていく方が合理的です。つまりぼくのまねをしたら楽ちんですといっているのです。

またこういったアプリは日常のルーチーンワークを決まった手順で行うときに有用なのであってこれを使ったからといって素晴らしい論文が書けるとかすごいアイデアが浮かぶというような効果は期待できません、通常。またぼくの考え方に同化するとうこともありません、たぶん。


Endnote Basic

昨日職場でEndnoteの説明会が開かれました。院生君と一緒に参加しました。副学長の某先生もいたのでのけぞりました。何で?

「Basic篇」と言うことだったのですが内容は”Endnote basic”というweb サービスの説明会でした。Endnoteをこんなに苦労して使うのは割に合わないと思います。アプリ版を使うのが吉。

来月にはAdvanceということでアプリ版のEndnoteの説明をしてくれるそうです。

ユサコの人が来てくれていたので日頃疑問に思っていて調べるのをさぼっていた何点かを質問して解決した課題もあったので一時間の元は取ったかもしれません。


ライフハックで雑用上等~忙しい研究者のための時間活用術


PDF

昨日の午前にgmailに送られたmailが読んでもいないのに既読となっていることに気付きました。

どこかでぼくのgmailのアカウントにアクセスしているコンピュータがあってmailが読まれている可能性を第一に考えました。とりあえずパスワードを変更していくつかのテストをしてみましたが状況は変化無し。この時点で特定の誰かがぼくのmailを勝手に読んでいるというような単純な話では無いなということはわかり多分gmailのシステムの問題だと思いましたが真相はわからずでした。少なくとも今朝には”直って”しまいました。

今日ネットで”Gmailに「勝手に既読にするバグ」あり―応急処置はこちら”という記事を読みやっぱりと云う事になりましたが肝を冷やしました。

Generating specificity and diversity in the transcriptional response to hypoxia

Nature Reviews Genetics, advance online publication, Published online 3 November 2009 | doi:10.1038/nrg2665

よい総説だと思います。ぼくの最近の総説でも取り上げたトピックスもあります。この分野はもっとおもしろい話が出て来るとぼくは思っています。

NYTに
Matsui Goes Wild, and So Do His Fans in Japan
というタイトルの記事がありました。

今週はあと一つ投稿を済ませればすこし精神的には楽になります。医学部の学生への授業の準備を完成させていよいよ自分の論文の執筆を始めようと思います。これはまあまあよい論文になると思っています。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License