朝から日当直です。

午後に緊急手術があったのですが外科の先生の活躍であっさり終了しました。

救急のICUから淀川の川縁が見えるのですがちょうど日没直前で少し風が出て川縁の背の高い木が揺れていて気持ちのよい風景でした。暑い一日だったようですが夏は確実に終わりに近づいています。

IMG_6697


先週、立花隆氏の「がん 生と死の謎に挑む 」を読みました。

これは2009年に放送された

NHKスペシャル 立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む

の内容が単行本にまとめられたものの文庫本化です。番組の台本までついています。

文藝春秋誌に四回に分けて掲載された立花氏のTUR-Bt体験記「僕はがんを手術した」も収録されています。

単行本には番組を収録されたDVDが付録で付いていたようですが文庫には付いていません。

今回の文庫本化に合わせたのでしょうか番組自体は現在でもNHKのサイトで視聴できるようです。(参照)

NHKスペシャルの放送後,拡大版がBS特集として三回にわたり放送されました。 枠に収まらなかった影像も交えてより内容が深まった放送でした。

シリーズ立花隆 思索紀行 人類はがんを克服できるのか

  • 第1回 “がん戦争”100年の苦闘
  • 第2回 生命の進化ががんを生んだ
  • 第3回 生と死を越えて

です。

「思索紀行」などというすこし大げさな字句が番組に付くのはNHKでは立花氏と沢木耕太郎さんくらいのものだと思います。

立花氏が自分または近親者のがん体験に基づき「がん」を捉えるかということを前面に押し出した構成で非常に面白い番組でした。本はこの番組を忠実に再録した形になっているので番組を見なくとも立花氏の考え方は理解することはできます。

人類は未だがんとの闘いに勝利していないし近い将来にも勝利することはないのではないかという立花氏の考えが底流にあります。

そのラインでのっけに登場するのは近藤誠氏です。がんと闘うことの「不毛性」を主張してその著作はベストセラーにもなっています。 立花氏は相当好意的に近藤理論を受け容れています。

番組の終盤は終末期医療や緩和医療が取り上げられます。 冒頭からの関連で番組の流れとしては自然な成り行きです。

 

国内外の研究者へのインタビューもその光景が所々に挿入されGLS氏も番組に登場していました。後にGLSと会ったときに聞いたら立花氏の日本での「立ち位置」を理解はしていなかったようです。

 

近藤氏が「闘うな」といくら主張してもがんとの「闘い」はあらゆるレベルで行われています。ぼくも麻酔科の医者としてその闘いに参加しているとはいえると思います。

ぼくは日常的に患者のがん治療に関わっていますがこれはいわゆる主治医として関わっている訳でなく麻酔科医として手術の際に麻酔科医として関わっているだけです。しかしがんを実際にこの眼で日常的に見ています。

番組の最後に立花氏は以下の様に話します。

 

この取材をしてきて、私が確信していることが二つあります。

一つは、私が生きている間に人類ががんを医学的に克服することはほとんどないだろうということです。

で、もう一つは、だからというか、自分がそう遠くない時期に非常に確実に死ぬだろうけれども、そのことが解ったからといって、そうジタバタしなくて済むんじゃないかということなんです。

がんというものはしぶとすぎるほどしぶとい病気なんです。

というか、生命そのものがはらんでいる「一つの避けられない運命」という側面を持っているということなんですね。

そうであるなら、全てのがん患者はどこかでがんという病気と人生の残り時間の過ごし方について折り合いをつけねばなりません。 ぼくの場合、残りの時間の過ごし方はいたずらにがんばって人生のQOLを下げることではないだろうと思うんです。 徳永先生のところで学んだことは人間は皆死ぬ力を持っているということです。

死ぬ力というといい過ぎかもしれません。 死ぬまで生きる力といったほうが良いかもしれません。

単純な事実ですが、人間はみな死ぬまで生きるんです。ジタバタしてもしなくとも、死ぬまでみんなちゃんと生きられます。

その単純な事実を発見して、死ぬまでちゃんと生きることこそ、 がんを克服するということではないでしょうか

 

 

ついでに、がん関連の読み物を三冊紹介します。

がん研究レース―発がんの謎を解く

がん遺伝子の発見―がん解明の同時代史

病の皇帝「がん」に挑む

一冊目と三冊目は翻訳です。

それぞれ “Racing to the Beginning of the Road: The Search for the Origin of Cancer“と”The Emperor of All Maladies: A Biography of Cancer” が原書です。

病の皇帝「がん」に挑む」は8/18の時点で発売されていません。ぼくは日本語版を読んでいないのでその質についてはコメントできません。

がん研究レース―発がんの謎を解く」は古本が入手できます。翻訳は京大の野田先生御夫婦でこれは一言一句完璧な日本語訳です。原書と翻訳を付き合わせて検討しました。科学書の翻訳本の最高峰といえると思います。

IMG_6584


CellにCarmeliet氏のlab.の新作が出ていました。流行を押さえてそれでいてぼくらの斜め上を突き抜けていくような素晴らしい作品だと思います。

Role of PFKFB3-Driven Glycolysis in Vessel Sprouting

IMG_6696


New York Timesにプロゴルファーの有村智恵さんの記事が掲載されていました。

Lonely in the L.P.G.A.” です。

ぼくはゴルフもしないのでまったく詳しくないのですが有村さんは現在米国ののゴルフツアーに参戦しているのだそうです。 基本的には米国に居を構えて単身での参加をしているようです。 彼女がどのような闘いを一人で行っているかという観点からのドキュメントです。 なぜか写真まで付いています。(参照)

単身海外留学をしている人は誰でもこんな事を考えているのではないかと感じました。


PDF

土曜日は久しぶりの雨でしたが今日は結局元通りの夏日でした。

 

金曜日は当直で結局土曜日の夕方まで一歩も外に出ませんでした。

大学の中庭は一面の芝生でそこに雨が降り注ぐのを室内から眺めているとそれはそれで何か落ち着く感じがしました。

IMG_5342

 

病態分子イメージングセンターの年会

職場には「病態分子イメージングセンター」という組織があります。英語では’Molecular Imaging Center of Diseases (MICD)’です。(参照

土曜日の午前中からannual meetingという名前の外部評価委員を招いての評価会が開かれてぼくも15分ほど話しました。

「招いて」と書いたのですが二人の評価委員には講演を配信してネット上でカンファレンスが行われました。なので英語でした。

質量顕微鏡を含むイメージングに用いる研究施設が「異常に」充実していると思ったのはこのセンターの存在故だったのです。

ぼくも何かやってみたいと思っています。


医学教育のワークショップ

このmeetingを一時間残して午後からは新任教員を集めたワークショップに参加しました。

4時間みっちりで疲れました。

前の職場ではこんなワークショップはなかったし開いても出席者はほとんどいないのではないかと思います。

いろんな問題はあると思うのですが研修医の先生と一緒に働いてみて今までのやり方が間違っているとは到底思えません。

学生の能力を信じていけばそう悪い方向には行かないと思うのですが…


二度目の人生

ちきりん氏の「未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる」を読みました。

この本からのメッセージでぼくが重要だと思ったのは「人生は二回、生きられる」ということだと思いました。

残り20年現役で働くとして今までと同じで良いのかという問題をよく考える必要はあると思っています。

研究活動を継続するためには大学に在籍することが有利だと思いますが、医者として活動するために大学にずっと留まる必要はありません。25年間麻酔科の医者として活動してきましたが別にそこに拘る必要もありません。

こういうことは10年前にきちんと考えるべきだったのかもしれません。

 

IMG_5307

 

酸素利用の進化

雑誌”Science”に動物の酸素利用の進化についての論文が三つまとめて掲載されていました。

の三編です。 Better Oxygen Deliveryというeditorialが付いています。

Nature Newsでも取り上げられていました。(Making the most of muscle oxygen)

ぼくもどこかでまとめて紹介してみようと思います。

 


PDF
Tagged with:  

Journal clubの解散と流氷ツアー

On 2013/3/5 火曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

流氷

週末、家内と北海道に出かけて流氷をみてきました。

今回はツアーに参加しました。 土曜日の朝に大阪を発ち初日は新千歳空港から当初の予定では稚内を目指すという当初予定で、次の日稚内から宗谷岬を経てオホーツク海沿岸をバスで走り紋別で流氷を、という予定でした。

IMG_3120

 

しかし、爆弾低気圧の影響で大荒れの天候で稚内は「陸の孤島」となっているという事で土曜日は旭川に向かい翌日内陸から紋別を目指すという旅程に変更となりました。 我が家は流氷を見ることができればそれでよかったので反って時間的に余裕のあるこの変更は歓迎でした。

IMG_3223

IMG_3218

 

千歳空港周辺は午前中は雪は降っているものの飛行機の発着に大きな問題は無かったのが午後になり欠航が相次いで大混乱になったようです。 高速道路を北上したわけですが途中から風雪が激しくなった時間がありますが特に問題も無く旭川に到着しました。

 

夕食後、駅周辺まで歩いたのですが風は時折強く吹くものの雪は大した事はなく普通に前を見渡して歩行ができました。しかし、とにかく寒い!! たぶん−10度くらいになっていたと思います。

翌朝旭川市は快晴。 紋別を目指しました。途中吹雪に見舞われながらお昼頃紋別に到着。峠の上から流氷帯が確認できました。 悪天でキャンセルが相次いだという事で15:00の予約だった乗船予定が繰り上がり13:30の便に乗船できました。土曜日は午後から欠航だったということでしたがこの時点で紋別は快晴でガリンコ号IIは出航です。

IMG_3263

 

流氷は岸からだいぶ離れていたのですが10分程度で流氷帯にガリンコ号は突入です。30cm位の氷板を砕氷ドリルが砕いて前進します。進むと氷の板がバリバリと割れて進路が確保できます。 1時間の航海を終えて寄港しました。 満足です。

R0013917

R0013919

R0013912

R0013898

 

動画になっています

来た道を引き返し層雲峡の宿に明るいウチにたどり着くことができました。 層雲峡は冷えこみ夜の気温は−20度くらいになっていたようです。 こうなると温泉の温度も上がりにくく泉源からどれくらい離れているかでお湯の温度が変わってくるのだそうです。確かに三つある浴場の一つは余り温度が高くなかったと思います。

月曜日は旭山動物園や小樽を廻り夕方新千歳空港から伊丹空港に戻りました。

R0013967

IMG_3356

 

ペンギンの散歩の動画です

流氷は一度は見たいと思っていました。今回ぼくの都合で3月の上旬を選んだのですがこの時期には流氷がもう無いという可能性もあったのでかなり心配して毎日流氷の状態をネットで確認していました。結果としてかなり立派無い流氷を見ることができてよかったです。家内にもしかられなかったし。

バスに揺られている途中「滝上」という地名を見て「羊をめぐる冒険」に登場する架空の町「十二滝町」がもしかしたらこの辺じゃないかと思い調べてみました-何でもどこでも調べることができる時代ですー。 結局そこら辺では無く旭川からもっと北の塩狩峠の向こうの小さな町がモデルではないかという論考を見つけました。 確かに雪が降り始めたら一冬閉じ込められるという感じの土地です。

旭川を訪ねるのは二度目です。一度目はぼくが大学院の学生の時分旭川医科大学の先生方との共同研究で旭川で簡単なセミナーを行うための訪問でした。初夏だったと思います。旭川の町で痛飲したことはよく覚えています。すごく懐かしくなってその時分からづっと知り合いの旭川医大の先生にmailを書きました。M野さんとは妙な縁でづっと似たような研究分野でやってきました。彼は内科医でぼくは麻酔科医の違いはあるのですが…

旭川でそんなことを考えました。

Journal Clubの解散

ぼくの退職に伴い8年間続いたJournal Club(twitter ID: @hypoxiabiology)も解散です。今日解散打ち上げを行いました。 8年もよく続きました。少なく見積もっても300篇の論文は皆で読んだと思います。

とにかく皆さんお疲れ様でした。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License