年末から家にこもって出かけるのは止めようと思っていたのですがじっとしているのもたまらず駅まで散歩に出かけました。

元日ですが普通の休日となんら変わりのない風景でした。太陽が出ている限りは穏やかな午後でした。

スターバックスもいつも通り満員でした。ネットもつながるし pocketWiFi忘れても問題なし。1時間ほど集中すると結構進みます。

昨年からnew year’s resolutionなどを書き付けることは止めました。

年末にイシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」を読みました。

書いてあることがいちいち納得できるものでした。

というよりissue drivenはぼくの方法論です。

生産性(=成果/投下した労力x時間 または成果/使った研究費)は高い方ではないかとあくまで密かに自負しています。

でかい成果が出ないのはこれは仕方ないです。こんなのは運もあります。しじたばたしても仕方ありません。過去の経験では、続けていたらそのうちドンと出ますよ、きっと。麻酔科領域内での評価などもほとんど関係ありませんしね。

どんな小さな論文でもissueというか解くべき課題を設定してそれを解決することを目標に研究を進めています。問題を設定してそれを解くという営みからは十分な知的満足を得ることができます。

研究室と言ってもぼくを含めて5人のグループで学生はぼくにとっては十分に優秀です。

このように基礎研究では”issue driven”な方法論はよくworkすると思います。

問題は研究費です。これが無いと本当に何もできません。集めるはそれなりに大変ですがそれはそれで何とかなっているので今までやってこれたのだと思います。

http://farm6.static.flickr.com/5210/5306232020_f61cdda3a1_m.jpg

問題は、臨床の現場のマネージメントです。

麻酔をすること自体は簡単では無いにせよ始まれば知恵を絞ってやり遂げないわけにはいきません。時間は一方向にしか過ぎていきませんので長くとも24時間ほど踏ん張ればたいていの手術は終わってしまします。

ぼくの職場の一つは手術室が6つの小さなユニットですが麻酔科医は9人くらいの先生に関与してもらっているし看護師さんも20人ほど働いています。他科の先生も多数出入りします。

5人の研究グループをまとめるのとは違いこれをまとめるのは大変です。目標をどう設定するからして難問です。すでに手術数は施設の規模から判断して飽和しています。あとは質をどう高めるかなのですがこれが難しいのです。

もう一つの手術室の方ではこれから5年くらいの基礎作りが今年できるかどうかこれが一番大きな課題です。今年でできなければ来年までかかってもやり遂げる必要があります。

ここらへんが今年の目標です。

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

ケーブルテレビで

突入せよ!_あさま山荘事件

OPV
見ました。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License