緊急事態宣言が解除されました。

COVID-19パンデミックで麻酔をする他に何かできることは無いかと考えていました。

Twitterのあるアカウント(@dajhiroki)が行ったTwitter Pollを元に数理モデルを用いた解析ができる共同研究者がいたので日本で行われている全身麻酔の数を推定してみるという研究にぼくも参加しました。

結果はmedRxivで公表されています。

Estimation of the number of general anesthesia cases based on a series of nationwide surveys on Twitter during COVID-19 in Japan: A statistical analysis</strong>

https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.05.08.20094979v2

サーベイの結果からタダの算数で全身麻酔の数を推定するという単純なものでなく(つまりこれみたいなものでなくこれ)みたいにrstanを用いて数理モデルを構築して推定を行いました(萌芽的なものはここでご覧頂けます)

当然こういうモデルはCOVID-19の感染者の推定でもそうですが、かなり多くの前提を所与のもとした条件下で行います。

なのでどんなに優れた頭脳を持っている個人・グループといえども黙って座ればピタリと当たる推定をすることは原理的には不可能と思います。

大統領選挙の予想だって外れるわけですから感染者数の予想もそう上手くはいきません。

しかし解析に用いたモデルを明らかにする、モデルの解析対象となるデータの出所を明らかにすることで科学的な議論の俎上に上がる議論に資することにような研究にはなると思います。

テレビをリアルタイムにみることはほとんど無くニュース視ないくらいなのでワイドショーも視ることはありません(時間があればほぼ韓流ドラマを観ています)。なのでワイドショートかニュースで誰が何をしゃべっているのかも解らないですがTwitterなどではワイドショウのコメンテーターがトンチンカンな発現をしているとの主張を多く眼にします。

いったい、こういう人たちはワイドショーを実際にみているのでしょうか。働いていないのでしょうか働かなくてもいいのならうらやましいです。

感染症の専門家でなくてはCOVID-19についての発言をするべきではないという主張には全く同意できません。


メガネ

先日メガネを新調しました。

研究室でMacの画面を見つめて作業するときに普通の近視用のメガネを使うと視にくいという問題がありました。

度を敢えて弱くして目から50cmくらいに焦点が合うメガネを新調したのです。

それで採用したのがこれ

JINSという会社の【SHORT TEMPLE】です。

つるを耳にかけるのではなく頬骨で支えます。なのでヘッドホンをしても干渉しません。

画面が明瞭に見えるようになりRetinaディスプレイの恩恵が最大化しました。その代わりに1 mくらい離れると何も見えません。


遠隔講義

先週から遠隔講義をぼくも始めました。

知的活動の技法セミナー」というゼミを担当しています。参加してくれている学生は一回生5名です。

現時点では皆さん自宅で講義を受けているようです。

職場ではmicrosoft Teamsを採用していてこれを用いてゼミを行っています。音声が少し乱れる事はありましたが問題にはなりませんでした。

学生さんの登校が始まるまではこの体制で。


村上春樹小説

先日、「海辺のカフカ」を読み始めて長編は全部読み直そうと思い立ちました。

つまり

  • 風の歌を聴け
  • 1973年のピンボール
  • 羊をめぐる冒険
  • 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
  • ノルウェイの森
  • ダンス・ダンス・ダンス
  • 国境の南、太陽の西
  • ねじまき鳥クロニクル
  • スプートニクの恋人
  • 海辺のカフカ
  • アフターダーク
  • 1Q84
  • 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
  • 騎士団長殺し

です。

  • 海辺のカフカ
  • 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
  • 風の歌を聴け
  • 1973年のピンボール
  • アフターダーク
  • 国境の南、太陽の西
  • 羊をめぐる冒険
  • ダンス・ダンス・ダンス
  • スプートニクの恋人
  • アフターダーク
  • 1Q84

までこの順番で進みました。

村上氏の小説kindle化されているものも多いのですが

新潮社からの

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」

「ねじまき鳥クロニクル」

「1Q84」

「騎士団長殺し」

はまだkindle化されていません。

このシリーズが終わったら次は「大江健三郎」いってみようと思っています。


次回は韓流ドラマについて書いてみたいと思います


PDF
Tagged with:  

Dr. Bonoの生命科学データ解析-読書会 @大阪 参加者募集中です。

昨日丸一日、日当直でした。

夕ご飯食べてシャワー浴びてから働きました。


論文がアクセプト

大学院生の先生の論文がアクセプトされました。

「箸の上げ下ろし」まで指導してくれるある意味妙に親切ーそれでいで一切の追加実験を要求しないーなreviewersだったので書き換え作業をしただけなのですがそれでも二回もrevisionをさせられました。

最初に投稿した雑誌のreviewerにはこれが本当ならこの業界の常識が変わるのだからお前らの主張を簡単には受け入れられないとまでいわれた-Thus, proposing such a paradigm change or new mechanism must be accompanied by evidence demonstrating that …-のでとにかく皆が知っている雑誌に通してしまいたいという気持ちが強くて最終的にはPLOS ONEに採ってもらいました。

皆に受け入れてもらえる様にdataの出し方も工夫したしまあよかったと思います。

figureが8つでsupplementaryが9つで学位審査で全部説明していたら二時間くらいかかるかもしれません。

よかったです。


「教科書が読めない」

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI, AI技術の解説書なのですが格好の例(東ロボくん)を用いているのでとても分かりやすいというか分かった気にさせられました。

医療の世界では、AIとかAI技術の導入より前に日本ではもっと規制緩和をすすめる必要はあると思います。「電子カルテ」もひどい。診療録や画像の共有だってまだまだだし。遠隔診療もいいけどここら辺をまず進めたらいいと思います。

 

第3章と第4章がこの本のキモだと思うのですがぼくの個人に戻って考えてみるとすでに手遅れですね。

 

入学試験のミスが発覚してちょっとした議論を呼んでいます。

新聞ではこんな論説も見つかります(参照1), (参照2)

そうであれば、試験実施後、できるだけ早く問題と模範となる解答例を公表すべきだろう。

というのですが、国語とか英語の論述問題では逆に大きな混乱を呼ぶような気もします。そもそもこのような問題がどのように採点されてるのかの実態を無視している議論と思います。


生駒さんが「卒業」

乃木坂46の生駒里奈さんが「卒業」だそうです。 彼女自身以下の様に語っています。(参照)

20歳になった頃から、大人として一人で生きていくためにはどうしたらいいのか、具体的に自分のこれからを考えた時に私はこのままでは足りないなと、プラスで自分を高めないといけない。 ここだけじゃ足りないと思う様になりました。

ぼくも

50歳になった頃から、ピークをすぎた老研究者として生きていくためにはどうしらいいのか、 具体的に自分のこれからを考えた時に私はこのままではやりすぎなので、 もう自分を高めようというような無駄な努力やめようと思う様になりました。

結構やったしもう多分ホームランとか三塁打-被引用回数が500回を超えるは打てないだろうという気もしているわけです。研究を止めた知り合いも何人もいるし。

とはいえ研究をしている犬も歩けば棒に当たるという具合で何かを見つけたりするのでなかなか「卒業」できません。

恩師には、研究は牛の涎みたいにキリががないからほどほどにしろといわれました。 でも、その「ほどほどが」わからないのです。 その恩師とて、定年で退職する少し前からしきりに自分が行けー院長としてですけどーと言われている病院は普通の病院だからもう研究ができなくなるのだもっと時間があればいろんなことができるはずなのに悔しいとぼくに語っていました。

時々先生の魂がまだ漂っているような気もするし。


PubMedCommonsが閉鎖

だそうです。

やっぱり匿名でないと「談論風発」しないのでしょうか。


研究室でどう集中力を持続するか

研究室ではこんなメガネを使っています。(JINS MEME)

朝出勤するとこれに着替えます。

なんか強制的に集中モードに誘われる感じがしてこのメガネをしている間は一種の戦闘モードになります。

今日は今まで

深い集中:1:45

集中:3:15

です。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License