Keystone 番外-1

On 2010/1/24 日曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

少し時間ができたので番外として今回の米国出張のネット状況をかいてみます。

ぼくはiPhoneとMacbook Airを持って出発しました。

まずMacbook

伊丹空港、成田空港ではe-mobileの pocket wi-fiで問題なし。
サンフランシスコ空港ではfreeのポイントを見つけることが出来ませんでした。 T-mobileの提供するポイントに一日$7.99ドルでDaypassをクレジットカードで購入しました。まる24時間接続できます。

デンバーでも freeのポイントを見つけることが出来ませんでしたし T-mobileの電波もなく接続はしませんでしたが、デンバーではしかし探せば見つかったようです。

Keystoneのホテルではホテルが提供するwi-fiのアクセス・ポイントがあり無料で接続出来ています。

近くの店でもやはり別のアクセス・ポイントが見つかり無料で接続できました。

学会の会場は立派なカンファレンスセンターなのですが無線のアクセス・ポイントはなく有料で接続する必要がありましたので接続せずでした。

次にiPhone

伊丹空港でも、成田空港でも3Gで接続して当たり前ですが問題なし。飛行機に載っている間は機内モードにして滞米中はずっと機内モード。

サンフランシスコ空港、デンバー空港、ホテル、カンファレンスセンターでもmacbookと事情は同じでした。wi-fiで接続中はskypeで日本の家族と通話できました。便利な時代になりましたね。

大都市の街中ではどうなのかは今回はわかりませんが、とにかく現在アメリカではそこら中で自由につながるという状況ではないようです。


PDF
Tagged with:  

Keystone Day 4

On 2010/1/23 土曜日, in hypoxia reseacrh, Keystone, by bodyhacker

四日目

朝起きるとサラサラの新雪が5センチほど積もって見かけ上白銀の世界となっていました。

R0012514

午前は日差しが戻りましたが午後からは曇

symposiumは午前は
Stem Cells and Hypoxia

演者でこのタイトル通りの話しを貫いたのは我らが日本代表の須田先生だけでした。

Simon氏もPoellinger氏も stem cell関係はとっとと切り上げ自分たちの世界に突入していました。

Dr.Simon: Hypoxia and Stem Cells

肺がんの未発表データがおもしろい

Dr.Suda, Hematopoietic Stem Cell in Hypoxic Niche
セッションのテーマのど真ん中の話し
Dr.Poellinger: Hypoxia Signaling of Notch

これも未発表データがちょっと興味を引きました よく考えると意味が今ひとつ不明ですが

Dr.Maltepe : Mitochondria and Stem Cell Fate in the Placenta

Dr.Acker: A Hypoxic Niche Regulates Glioma Stem Cells

Dr.Schipani; Dual Action of Von Hippel Lindau Protein (pVHL) in Limb Bud Mesenchyme

午後しんどくなり二時間ほど昼寝をしました。というわけで午後は午後は二つしか聞いていません。
Dr.Koivunen: Hearts of Hypoxia-Inducible Factor Prolyl 4-Hydroxylase-2 Hypomorphic Mice Show Protection Against Ischemia-Reperfusion Injury

Dr. Miller: Hydrogen Sulfide Protects against Hypoxia in C. elegans

夕方のセッションはInflammation

Dr.Görlach: ROS and HIF Crosstalk

NOXの話しが中心

Dr. Colgan: The Interplay of Hypoxia and Mucosal Inflammation
Inflammation hypoxia

Inflammation hypoxiaの概念の説明

Dr. Taylor: Loss of Prolyl Hydroxylase-1 (PHD-1) is Protective in a Murine Model of Inflammatory Bowel Disease

PHDの NF-kBの制御

Dr. Bergers: Induces Influx of Intratumoral Bone Marrow Derived Cells to Drive Neovascularization

Dr. Cramer: Dual Role of HIF-1alpha in the Pathogenesis of Inflammation-Associated Cancer

R0012517

夕食時の雑談でじぶんはただの分子生物学者に過ぎなかったということがよく解りました。

あと一日です。最後の観戦記は明日にはアップできません。

明後日は朝3時にKeystoneを立ちデンバーに向かいます。


PDF
Tagged with:  

Keystone Day 3

On 2010/1/22 金曜日, in hypoxia reseacrh, Keystone, by bodyhacker

三日目

晴れです。

R0012504

朝ごはんを会場で取っているとGLS氏が寄ってきました。前回は organizerだったので忙しそうでしたが今回は結構余裕な感じです。

朝のセッション

Cancerです。
初めの三つは腎癌
腎癌というのは特別な癌だということが実感できました。

Dr. Kaelin: Dioxygenases as Therapeutic Targets in Cancer

Dr. Maxwell: The HIF/PHD/VHLAxis in Kidney Cancer

この二つはかなり参考になりました。知識の整理もできたし。
Maxwell氏は驚くような結果を発表していましたがここには書きません。論文に出るとかそんなことを本人は言っていました。

Dr. Wright: Ror2 is a Non-Hypoxia HIF Target of VHL Inactivation in Renal Cell Carcinoma

Dr. Melillo: Targeting Hypoxic Cell Signaling for Cancer Therapy

はどこかで聞いたことのあるような話でした。

Dr. Schwab: HIF-1alpha Promotes Primary Tumor Growth, Lung Macrometastasis and Stem Cell Activity in the MMTV-PyMT Model of Luminal Breast Cancer

質疑応答はKaelin氏が保護者のように助けてあげていたのが印象的。

夕方から

Acute Responses to Hypoxia

Dr. Prabhakar: Acute Hypoxic Sensing and Reactive Oxygen Species

Dr. Garcia: ntersections of Stress-Responsive Signal Transduction Pathways

までは完全に followできたのですが以下ついていけませんでした。タイトルはsymposiaのページからどうぞ。

R0012512

ゴンドラで山頂に行くはずがいけずその代わり、昼食後 N村さんと3時間くらい話したのですがこれが有意義でした。いろんなことが結構整理でき今回の収穫の一つですね。
ポスターは特に示唆的なものが一つありこれには考えさせられました。この話をヒントにうまく展開出来るとぼくらの研究もかなりのところまで行くかも …
いつも思いますがポスターセッションが盛り上がりますね。すごく偉い人がどんどん参加しています。日本の某学会も見習ったらどうかと思います。それでなければ学会などやめてしまえば。
これも意外と評判が良いので続けます。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License