ぜんぶ雪のせいだ

On 2014/2/8 土曜日, in anesthesia & critical care medicine, by bodyhacker

雪が降るとの天気予報で昨晩の八時過ぎには結構な量の雪が本当に降っていて二時くらいに寝る前に外を見たらかなり積もっていたのですが朝起きると雨・みぞれになっていて積雪としては大した事がないというすこし「残念」なことになっていました。 それでも雪が積もって風が吹くと体感温度は低くなります。

朝から最寄り駅のスタバで仕事をしようと思っていたのですが書き込みをした原稿を大学の研究室に忘れて出たことが発覚。雪が降り出したら困ると思い慌てて出てきたのです。ぜんぶ雪のせいです。

今日から医師国家試験だということです。三日間の長丁場です。試験中には気晴らしというものは無いから大変だろうなと思います。そもそも長時間椅子に座っていること自体一苦労です。

 

カメラロール-1537

 


New York Timesに“A solution for bad teaching”というエッセーが掲載されていました。 著者はAdam Grantさんというペンシルベニア大学の心理学の先生です。”Give and Take: Why helping others drives our success”と題する著書を出版しています。

冒頭の一文は”It’t no secret that tenured professors cause problems in universities”。

つまりよい研究者がよい教師とは限らないという、よくある話から説き起こされます。 いくつかの研究では”the relationship between teaching and research is zero”という結果が出ているのだそうです。うなずける話ですですね。一部のスター研究者の醸し出す教育内容とは別物の「効果」はあると思いますけど。

それでこのエッセーはこの状態をどう解決していくかというお話です。

研究のみを行うポジションと教育のみを行うというポジションに分けてしまう。 しかし現実には第三の形態である研究も教育も行うポジションが存在するわけです。 このバランスをうまく取ることが最良のパレート効率性を得るために重要だというありきたりといえばありきたりの話ですが短いし一読の価値はあると思います。教育は真剣に取り組むとすごく労力を消費します。

前の職場では余り意識しなかったというか何も考えていなかったのですが今の職場では結構な加重です。

 

医学部とか医科大学では研究と教育に加えて臨床という業務が普通は加わります。全ての分野でよい教師であることは不可能、と思っています。

医科大学は第一義的には職業訓練校です。基本的な知識を授けて学生はその習得度を評価されます。その成果が最終的には医師国家試験で試されます。

実をいうと今年までぼくはよく知らなかったのですが学生でも国家試験予備校の授業を受講したりするのだそうです。 であればあらかじめそのような授業のビデオを大学での講義で使ってはいけないのでしょうか? そうでなくとも各学会などが内容、出演者などを決めてビデオを作成してそれを通常の講義で利用する。 ぼくは人前で上手に話す能力が極端に低いので上手に話すことのできる人に講義をしてもらうととても助かります。専門医を取ったくらいの見た目のよい上手に話すことのできる先生方を「講師」として投入すれば学生も喜ぶのではないかと結構本気で考えています。何とかなりませんかね。

職場は医科大学でーぼくは教職の免許はもっていませんが学校の教員です-1月の末から3回生の学生さんが5週間の予定で麻酔科学講座で研修をしています。5週間(プログラムによっては三週間)、基礎講座を含む各講座に学生さんが配属されてその教室の「日常に浸る」ことで何かを感得して頂くという趣旨だと理解しています。なので臨床実習の「先取り」をするということが趣旨としては目的ではありません。 実習ですので最終的にはレポートで成果を報告する必要があります。 この活動は今のぼく-来年度であれば問題は解決していると思います-にとっては結構な負担なのですが一方すごくよいチャンスだと思っています。

とにかく彼らとよく話します。

「某」幹細胞の話をしていてクローン人間の話題になったときにKazuo Ishiguroの小説”Never let me go”を読んだ事があるかと尋ねると「ない」ということで急遽 映画”Never let me go”を観ることになりました。 ぼくも久しぶりに観たのですが気合いを入れて観るといろんな気づきがありました。 その後解説をして議論を小一時間行いました。 (こういった活動をレポートにしてそれで受け入れてもらうと助かるのですがこれは無理かやっぱり)

お昼も大学の食堂で一緒に摂ることもあって、今まで知らなかった職場のいろんなことを学生が教えてくれます。ぼくにとってはこれは新鮮で今回の大きな収穫です。

 

さっきのNYTのエッセーによれば、米国では寛大な先生の評価は低いのだそうです。どんどん学生に負荷をかけていく先生の方が学生による評価は高い。要するにこんな先生!?

 

ところで、医者を目指す学生にはクローニンとは云わなくとも「罪と罰」とかくらいは読んでおいてもらいたいとは思います。

今の学生は医者になるという目的意識が明確なのでそれでいいのかもしれないなとは思うときはあります。 ぼくはまったくそのような意識が欠落したまま医学部に入ったので在学中にそのような意識を涵養するということが一つの課題だったのです。


昨日の夜始めて知ったのですが世の中では「ゴーストライター」が話題になっているのだそうです。 いくつかのブログエントリーを読みましたがどうもピンと来ません。理由を考えると要するにぼくは問題となっている「音楽」を聴いたことがない音楽に何ら造詣が高くないのです。 どうにも判断しようがありません。

少なくとも自分の専門分野であればそのまんま騙されてしまうということは少ないかも知れません。 専門分野であれば何らかの評価を下すし、その範囲で全体の胡散臭さとかも何となく感じてしまいます。もっと正確におかしな点をピンポイントで指摘できるときもあります。とにかくどの雑誌の載ったとかどこの研究室から出た研究だとかにあまり惑わされずに研究を咀嚼できると思います。これは 基礎研究の分野でも臨床医学の分野でも同じです。あれだけ明確なのに、何で皆がその胡散臭さに気付かないのかがぼくにとって不思議だと思う場合もあります。誰とかどれとかは云わんけど。

小林秀雄に「骨董」「真贋」という文章があります。 こんなときにいつも思い出します。

以前に少し書いたことがあります。(参照1, 参照2)

 


New Yorkerに載っていたこれ 読んだら背筋が凍りますぜ。

ANNALS OF SCIENCE / A VALUABLE REPUTATION


PDF
Tagged with:  

朝から日当直です。

午後に緊急手術があったのですが外科の先生の活躍であっさり終了しました。

救急のICUから淀川の川縁が見えるのですがちょうど日没直前で少し風が出て川縁の背の高い木が揺れていて気持ちのよい風景でした。暑い一日だったようですが夏は確実に終わりに近づいています。

IMG_6697


先週、立花隆氏の「がん 生と死の謎に挑む 」を読みました。

これは2009年に放送された

NHKスペシャル 立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む

の内容が単行本にまとめられたものの文庫本化です。番組の台本までついています。

文藝春秋誌に四回に分けて掲載された立花氏のTUR-Bt体験記「僕はがんを手術した」も収録されています。

単行本には番組を収録されたDVDが付録で付いていたようですが文庫には付いていません。

今回の文庫本化に合わせたのでしょうか番組自体は現在でもNHKのサイトで視聴できるようです。(参照)

NHKスペシャルの放送後,拡大版がBS特集として三回にわたり放送されました。 枠に収まらなかった影像も交えてより内容が深まった放送でした。

シリーズ立花隆 思索紀行 人類はがんを克服できるのか

  • 第1回 “がん戦争”100年の苦闘
  • 第2回 生命の進化ががんを生んだ
  • 第3回 生と死を越えて

です。

「思索紀行」などというすこし大げさな字句が番組に付くのはNHKでは立花氏と沢木耕太郎さんくらいのものだと思います。

立花氏が自分または近親者のがん体験に基づき「がん」を捉えるかということを前面に押し出した構成で非常に面白い番組でした。本はこの番組を忠実に再録した形になっているので番組を見なくとも立花氏の考え方は理解することはできます。

人類は未だがんとの闘いに勝利していないし近い将来にも勝利することはないのではないかという立花氏の考えが底流にあります。

そのラインでのっけに登場するのは近藤誠氏です。がんと闘うことの「不毛性」を主張してその著作はベストセラーにもなっています。 立花氏は相当好意的に近藤理論を受け容れています。

番組の終盤は終末期医療や緩和医療が取り上げられます。 冒頭からの関連で番組の流れとしては自然な成り行きです。

 

国内外の研究者へのインタビューもその光景が所々に挿入されGLS氏も番組に登場していました。後にGLSと会ったときに聞いたら立花氏の日本での「立ち位置」を理解はしていなかったようです。

 

近藤氏が「闘うな」といくら主張してもがんとの「闘い」はあらゆるレベルで行われています。ぼくも麻酔科の医者としてその闘いに参加しているとはいえると思います。

ぼくは日常的に患者のがん治療に関わっていますがこれはいわゆる主治医として関わっている訳でなく麻酔科医として手術の際に麻酔科医として関わっているだけです。しかしがんを実際にこの眼で日常的に見ています。

番組の最後に立花氏は以下の様に話します。

 

この取材をしてきて、私が確信していることが二つあります。

一つは、私が生きている間に人類ががんを医学的に克服することはほとんどないだろうということです。

で、もう一つは、だからというか、自分がそう遠くない時期に非常に確実に死ぬだろうけれども、そのことが解ったからといって、そうジタバタしなくて済むんじゃないかということなんです。

がんというものはしぶとすぎるほどしぶとい病気なんです。

というか、生命そのものがはらんでいる「一つの避けられない運命」という側面を持っているということなんですね。

そうであるなら、全てのがん患者はどこかでがんという病気と人生の残り時間の過ごし方について折り合いをつけねばなりません。 ぼくの場合、残りの時間の過ごし方はいたずらにがんばって人生のQOLを下げることではないだろうと思うんです。 徳永先生のところで学んだことは人間は皆死ぬ力を持っているということです。

死ぬ力というといい過ぎかもしれません。 死ぬまで生きる力といったほうが良いかもしれません。

単純な事実ですが、人間はみな死ぬまで生きるんです。ジタバタしてもしなくとも、死ぬまでみんなちゃんと生きられます。

その単純な事実を発見して、死ぬまでちゃんと生きることこそ、 がんを克服するということではないでしょうか

 

 

ついでに、がん関連の読み物を三冊紹介します。

がん研究レース―発がんの謎を解く

がん遺伝子の発見―がん解明の同時代史

病の皇帝「がん」に挑む

一冊目と三冊目は翻訳です。

それぞれ “Racing to the Beginning of the Road: The Search for the Origin of Cancer“と”The Emperor of All Maladies: A Biography of Cancer” が原書です。

病の皇帝「がん」に挑む」は8/18の時点で発売されていません。ぼくは日本語版を読んでいないのでその質についてはコメントできません。

がん研究レース―発がんの謎を解く」は古本が入手できます。翻訳は京大の野田先生御夫婦でこれは一言一句完璧な日本語訳です。原書と翻訳を付き合わせて検討しました。科学書の翻訳本の最高峰といえると思います。

IMG_6584


CellにCarmeliet氏のlab.の新作が出ていました。流行を押さえてそれでいてぼくらの斜め上を突き抜けていくような素晴らしい作品だと思います。

Role of PFKFB3-Driven Glycolysis in Vessel Sprouting

IMG_6696


New York Timesにプロゴルファーの有村智恵さんの記事が掲載されていました。

Lonely in the L.P.G.A.” です。

ぼくはゴルフもしないのでまったく詳しくないのですが有村さんは現在米国ののゴルフツアーに参戦しているのだそうです。 基本的には米国に居を構えて単身での参加をしているようです。 彼女がどのような闘いを一人で行っているかという観点からのドキュメントです。 なぜか写真まで付いています。(参照)

単身海外留学をしている人は誰でもこんな事を考えているのではないかと感じました。


PDF

Open medical scienceのはじまり

On 2013/6/20 木曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

Open medical science

雑誌 Annals of Internal Medicineにrecombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2の安全性と有効性についてのmeta-analysisの結果を報告する二編の論文が発表されました。(参照1, 参照2)

この論文は従来型のmeta-analysisの報告ではありません。Yale大学と製薬会社であるMedtronic社が立ち上げているYale University Open Data Access (YODA)というデータベースを用いた研究論文なのです。 このデータベースの特徴はopen accessデータベースであるということです。 外部の研究者であってもこのデータベースに収録されているpatient-level clinical research dataにアクセスできてそれを用いた研究が可能なのです。 冒頭の二篇の論文はこのデータベースを用いた「独立」した二つの研究結果なのです。

この論文にはいわゆるeditorialが三つもついていて如何にこれが画期的なプロジェクトから生まれた論文であるかについて解説されています。

A Historic Moment for Open Science: The Yale University Open Data Access Project and Medtronic

Meta-analysis of Trials of Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2: What Should Spine Surgeons and Their Patients Do With This Information?

Closing in on the Truth About Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2: Evidence Synthesis, Data Sharing, Peer Review, and Reproducible Research

日本で問題となっているARBに関連する一連の問題とはまったく異なる次元の出来事です。臨床研究であれその元になる患者データが公開されていれば論文の検証は比較的に容易にできます。「あのような」問題は生じ無かったはずです。 否応なく時代はこういった方向に進んでいくのだと思います。

オープンサイエンス革命」で紹介されているような状況は患者の治療に関わる医学研究の分野でもすでに始まっているのです。

単一施設で行うごく小規模の学会への発表のみを目的としたような「臨床研究もどき」を続けることに何の意味もありません。データベースにデータを皆で蓄積してopen accessを保証することで臨床研究の質は確実に向上するはずです。 末梢神経ブロックが効いたとか効かなかったとかをせいぜい100人程度で検討する研究なんでやる意味ないですよ、実際には。

IMG_5645


運動するとおっぱいが痛くなる

“The Problem of Breast Pain in Women Who Exercise”

New York Timeを読んでいたらこんな記事が出てました。

ロンドンマラソンに出走した一般人を含むAA cup からHH cupまでの様々な女性を対象とした研究です。 F cup以上だと他と比較して有意にマラソン後の「おっぱい痛」の比率が上がるのだそうですがA cupの人でも痛むことは痛むそうで大きさだけでは決まらないのだそうです。 handy online guide to bra fittingなるガイドラインが出ています。

変態扱いされるのはイヤなので家内と娘には何も言わないことにします。

IMG_5629


あたらしいImpact Factor

2012のimpact factorが発表になりました。 でも、こういうものに余り興味が無くなりました。

そうは言っても、genes & developmentとJBCの「凋落」にはがっかりです。

JBCはぼくらにとっては「とにかくJBCに載るように実験を考える」という「標準雑誌」だったのでした。

IMG_5636


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License