ほんと研究活動にはきりがありませんね。いくら論文書いても次から次へと出てきます。 普通の論文はいくら書いても一円にもなりませんしね。


NYT Magazineの特集

アメリカの新聞の日曜版はものすごい量です。 New York Timesも例外ではなくNYTにはNYT Magazineという別冊もついてきます。 長文の特集記事や、カラー写真などで構成されたルポルタージュなどが掲載されてこれだけでも読み通すのは英語がそう得意でない外国人にはしんどい一作業です。

5/12のNYT Magazineの特集は”THE HEALTH ISSUE  – THE NEW ANATOMY OF CANCER“でした。

  • Doctor without borders – THE IMPROVISATIONAL ONCOLOGIST

  • Lazarus Effect – LEARNING FROM THE LAZARUS EFFECT

  • Written on the body – THE CANCER ALMANAC

  • A boy’s cancer tale – WHEN DO YOU GIVE UP ON TREATING A CHILD WITH CANCER?

  • Starving the beast – AN OLD IDEA, REVIVED: STARVE CANCER TO DEATH

  • Standard of care – THE SISTERS WHO TREAT THE UNTREATABLE

の6つの記事で構成されています。

がんは様々な側面で多様な疾患であるという最近の考えに貫かれた特集です。

素晴らしいできで、全部が読み応え十分ですーといっても最後のものはこれだけ分量がすくないですけどー。NYTでWarburg effectが論じられるなんて胸熱ものです。

時間ない人は”LEARNING FROM THE LAZARUS EFFECT“と” THE NEW ANATOMY OF CANCER“は是非読んでみてください。

 

またこれ読んで興味を持った大学院生は、

The Emperor of All Maladies: A Biography of Cancer“は読んでいるとして次は、

The Death of Cancer: After Fifty Years on the Front Lines of Medicine, a Pioneering Oncologist Reveals Why the War on Cancer Is Winnable–and How We Can Get There“と

Cancer: Principles & Practice of Oncology: Primer of the Molecular Biology of Cancer“も是非読んでください。

物知りになれます。

医学生必読の”The Emperor of All Maladies: A Biography of Cancer“、 Kindle版なら550円ですよ、 たったの。

 

 

THE IMPROVISATIONAL ONCOLOGIST の著者Dr. MUKHERJEEの最新作”The GENE“もこれは読み応えがある一冊です。


PDF
Tagged with:  

今週がやっと終わりました。

きつかったです今週は。特に今日は朝からてんてこ舞いで午後の某麻酔5連発が終わったことにはヘトヘトになっていました。

今日で今季のポリクリもお終い。学生のみなさんは就職試験などあるようで頑張ってください。

IMG_0237

先週雑誌Scienceに発表された長寿遺伝子の論文が次々厳しい批判を浴びているようです。

俎上に上がっている論文は

Genetic Signatures of Exceptional Longevity in Humans

Science DOI: 10.1126/science.1190532

この論文、華々しく報道されました。

毎日新聞をはじめとした日本の各紙でもNew York Timesでも。

これが一転データが怪しいとの批判にさらされているというのです。

Science関連の記事では著者へのインタビューも出ています。

Authors of Controversial Longevity Study Discuss the Furor – ScienceInsider

NYTでは「Scientists Criticize Study on Genetics of Old Age」というタイトルでこの”事件”を報道しています。

Journal editors know that press coverage can burnish a journal’s reputation. Scientists, in turn, like to have their work cited in the news media because it helps draw attention to their fields and raise money. And science journalists, competing for space with political and sports news, welcome astounding claims without always kicking the tires as hard as necessary. These factors sometimes combine to give substantial publicity to scientific claims that may not fully deserve such attention.

とまで書かれ

また

“I think it is very unlikely indeed that the findings in the Science paper are correct, or even mostly correct,” David B. Goldstein, a geneticist at Duke University, wrote last week in an e-mail message.
“I am pretty surprised that Science carried it,” he added. “And I think this also raises an interesting, more general point, which is how the press ought to handle stuff when there are serious questions about the security of the finding.”

という取材結果まで掲載されています。

Scientific journals cannot guarantee the truth of the reports they publish, but they do try to weed out obvious error by submitting manuscripts to expert reviewers. Dr. Sebastiani said she had performed extra analyses that “were suggested by the anonymous reviewers of the article, who were then satisfied with the results.”

ここらへんまでとなるとじゃあ何が信じられるのかという疑問を抱く人も出てくると思います。

日本でも意味の不明な研究結果が唐突に新聞で報道されたりすることもありますよね。気をつけないと。

IMG_0236

サンデル先生の
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学」読み終わりました。
臨床の現場ではこの本で紹介されれている事例とは比べ物にならないくらいエグイ話はごろごろ転がっているわけですし、こんなこといちいち考えていたらこっちが参っちゃうという事情もありますよね。
またこの本読むならまず「「おろかもの」の正義論」読んでくださいと言っておきます。

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

「おろかもの」の正義論

某ツイ呑み会開かれるようです。多分梅雨はあけていないと思いますが割引の期限があるので来週。


PDF
Tagged with:  

超レアな症例

On 2009/10/30 金曜日, in paper of the week, by bodyhacker

巷では学会だそうですが、昨日は職場の当直でした。
時間になり手術室に入ると緊急手術がすでに予定されていました。これがとんでもないレアな症例でいずれ症例報告をしますのでここでは詳細は書きませんがこれほどのものの報告はいまだに無いと思います。麻酔科的にも考察すべき事が多かった症例でした。

終わったと思ったら某科の緊急手術が入ってそれも終わりかけていたところ別の緊急手術で気付くとすでに朝の五時半です。今日一日予定症例をこなしてヘトヘトになりました。

IMG_6041.JPG

定点観測ー大文字

こういったことは珍しいはずなのですが前回も朝の八時半までやっていたからな…

JAMAのこの論文はおもしろかったです。

Rethinking Screening for Breast Cancer and Prostate Cancer

JAMA. 2009;302(15):1685-1692

ネズミをつかった研究などでは得られないヒトのガンにいろんな意味で特有な現象ですよね、多分。

New York Timesにも取り上げられていました。

Cancer Society, in Shift, Has Concerns on Screenings

Cancers Can Vanish Without Treatment, but How?

あと一つNatureから

Regulation of cortical microcircuits by unitary GABA-mediated volume transmission


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License