土曜日は久しぶりの雨でしたが今日は結局元通りの夏日でした。

 

金曜日は当直で結局土曜日の夕方まで一歩も外に出ませんでした。

大学の中庭は一面の芝生でそこに雨が降り注ぐのを室内から眺めているとそれはそれで何か落ち着く感じがしました。

IMG_5342

 

病態分子イメージングセンターの年会

職場には「病態分子イメージングセンター」という組織があります。英語では’Molecular Imaging Center of Diseases (MICD)’です。(参照

土曜日の午前中からannual meetingという名前の外部評価委員を招いての評価会が開かれてぼくも15分ほど話しました。

「招いて」と書いたのですが二人の評価委員には講演を配信してネット上でカンファレンスが行われました。なので英語でした。

質量顕微鏡を含むイメージングに用いる研究施設が「異常に」充実していると思ったのはこのセンターの存在故だったのです。

ぼくも何かやってみたいと思っています。


医学教育のワークショップ

このmeetingを一時間残して午後からは新任教員を集めたワークショップに参加しました。

4時間みっちりで疲れました。

前の職場ではこんなワークショップはなかったし開いても出席者はほとんどいないのではないかと思います。

いろんな問題はあると思うのですが研修医の先生と一緒に働いてみて今までのやり方が間違っているとは到底思えません。

学生の能力を信じていけばそう悪い方向には行かないと思うのですが…


二度目の人生

ちきりん氏の「未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる」を読みました。

この本からのメッセージでぼくが重要だと思ったのは「人生は二回、生きられる」ということだと思いました。

残り20年現役で働くとして今までと同じで良いのかという問題をよく考える必要はあると思っています。

研究活動を継続するためには大学に在籍することが有利だと思いますが、医者として活動するために大学にずっと留まる必要はありません。25年間麻酔科の医者として活動してきましたが別にそこに拘る必要もありません。

こういうことは10年前にきちんと考えるべきだったのかもしれません。

 

IMG_5307

 

酸素利用の進化

雑誌”Science”に動物の酸素利用の進化についての論文が三つまとめて掲載されていました。

の三編です。 Better Oxygen Deliveryというeditorialが付いています。

Nature Newsでも取り上げられていました。(Making the most of muscle oxygen)

ぼくもどこかでまとめて紹介してみようと思います。

 


PDF
Tagged with:  

先週の出張中に溜まりまくっていた雑用などなどをほぼかたづけました。
昨日の夕方,JYさんと2時間ほど話しました。すごく久しぶりです。我ながら2時間も話すことがあるのがすごいなと思いました。

IMG_5310

先週の火曜日6/26から金曜日6/29にかけて札幌市郊外のホテルで開催された第33回内藤コンファレンス “Oxygen Biology: Hypoxia, Oxidative Stress and Diseases“に参加しました。

酸素代謝またはそのシグナル研究に関わる内外の研究者を網羅した大変中身の濃いカンファレンスで堪能しました。カンファレンスの計画や実行にあたっていただいた皆さんに感謝します。

IMG_5098

ぼくは大学院時代はthioredoxinというレドックスシグナルの調節に関わる蛋白質の研究をしていてその時分に知り合った先生にも多数声を掛けていただきました。また低酸素研究領域ではがんとハイポキシア研究会での仲間との再会を果たすことができました。一種の同窓会のようにもぼくには感じられました。

IMG_5183

参加者の一人GLSさんにHypoxiaとOxidative Stressの研究者が集まる会はありそうで実際にはあまりないのではないかと話したら1996年に慶応大学で第一回のInternational Symposia for Life Sciences and Medicineとして開催されたOxygen Homeostasis and Its Dynamicsもこういった会だったのではないかと指摘されました。そうなんですよ。GLSさんと初めて会ったのは16年前の冬の東京だったのです。(参照)。あの時も食べ放題呑み放題で歌舞伎ツアーもありましたね。事務を仕切っていたのが末松先生でした。

いわゆる有名人が沢山参加していました。

IMG_5177

低酸素研究分野では,いつもの大御所3人の他にSiahのRonai氏も参加してくれました。一方,何気にp38 MAPKやAKT(本人はProtein Kinase Bと叫んでいましたが)の発見者が目の前でしゃべっているという豪華版でした。

best presentationは東北大学の本橋先生のものだと個人的には思いました。内容もよかったですがpresentationのできも最高でした。できのよい研修医はあのようなpresentationをしますね。
ぼくはいくら練習してもあんなに上手には話せません。脱帽です。

IMG_5097

札幌市と石狩市の境界近くで足かけ4日間ほぼ缶詰状態で過ごすので当然的に様々な相互作用が生まれます。日頃思っている素朴な疑問なども気兼ねなく質問できます。
ぼくらの研究仮説があるのですが何人かの参加者に考えを披露すると「それはないだろう」と云われ却ってやる気がでました。だってあれしか結論はないんですよ。
また日常の臨床生活からあまりにもかけ離れた環境に置かれるので日頃考えもしないいろんなことを思いつきます。一種のbrainstormです。とにかく病院にいると暴力的に鳴るPHSですべてが中断されてしまいます。こういうカンファレンスの最大の利点だと思っています。

IMG_5191

もしこれからも研究を続けるチャンスがあれば,thioredoxinのプロジェクトも再開しようと思いました。その昔はアミノ酸配列を暗記していたほど入れ込んでいた分子です。研究についてのノウハウはぼくは持っているはずです。
今回は北海道と言うことで「羊をめぐる冒険」の文庫本を持って行きました。

「羊を探し出せばいろんなことがうまくいくわ」

最後に気づいたこと。
GLSさんが元気だったこと。プールで泳いでいたときいたので本人に確認したら夜も泳ごうと思ったけどそれはやめたと云うことでした。飛び廻りすぎて突然死しないように気をつけてください。
LPさんが日本に住んでいないと解るはずの無いような絶妙なギャグをいつもの通りに飛ばしていたこと。
このブログの読者の方々と話してすごく恥ずしかったこと。
などなどです。 朝から食べて続けて深夜まで呑み続けて2kgくらい太りましたがここ4日くらいで元に戻しました。
R0012544
IMG_5278

Priscilla Ahnのカヴァー集『ナチュラル・カラーズ』がiTunes storeで配信されいました。
驚異的に日本語が上手だと思います。歌もうまい,すくなくともユーミンよりうまい。
「ばらの花」とかよく選びましたね。びっくり。


PDF

"Oxygen Biology" Day 4

On 2012/6/30 土曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

6時に起きて散歩した後朝食へ。

IMG_5185

同じく早起きのおじさん4人とテーブルを囲むことに。
「カッキー節」が炸裂して楽しい朝食となりました。
日本人主体の国際学会での英語の問題。
昨今の若手研究者の話。
分生と生化学会の関係の話。
修士課程学生の医学部再受験の話。
などでなぜか盛り上がりましたが,ぼくも若いと自分で思っているだけで実は完全におじさん組になっていることに気付かされちょっとイヤな気分にもなりました。

その後午前中のセッションに参加してGLSに挨拶して会場を後にしました。
カンファレンスの企画,運営にあたっていただいた事務局の皆様方には感謝です。
あれだけ食べて呑みまくったのに札幌駅で味噌ラーメンを食べたらすごく満足しました。
その後支笏湖など廻って帰阪しました。
R0012503

カンファレンス全体の雑感は明日,明後日の時間のあるときにしようと思います。

空港で,「長い腕」買って読みました。以外に楽しめました。


PDF
madeonamac.gif Creative Commons License