Semenza博士の講演会を関西医科大学で開催しました

癌学会をきっかけに来日しているJohns Hopkins UniversitySemenza博士の講演会を木曜日(2019/9/26)に関西医科大学で開催しました。

金曜日には、癌学会の名誉会員に推戴されたとのことです。

 

関西医科大学での講演のタイトルは

Advice for a young scientist

彼の研究成果の講演を聴いたことのある人は結構たくさんいると思いますがタイトル”Advice for a young scientist”で講演を聞いたことのある人は少ないと思います。

他の施設でのセミナーとか講演と「差」を付けようと思ってこんなタイトルでお願いしました。

関西医科大学での講演に合わせて構成されたオリジナルバージョンで講演をしていただきました。

最初頼んだ時は「えっ」て感じの反応のmailが返ってきて別のタイトルを提示されたのですが、結局フタを開けてみたらAdvice for a young scientistそのまんまの講演を40分くらいにわたって熱弁してくれました。

まとめて聞いたのはぼくも初めてでしたが、彼が常々語っていたことと大きな違いはありませんでした。

時々こんな感じの昔話とかエピソードを教訓として語ることはぼくが彼のラボにいた時もありました。

このような講演をするのは彼にとってももちろん異例で本人もそれを認めていましたが、後で彼に「リクエストされたらなんぼでも話すよ」と言われました。If you ask for help, you will get it.

 

講演は彼がHIF-1のcloningに至った過程について実体験のエピソードを交えて

  1. Search and research
  2. A good mentor (or 2 or 3) matters
  3. Have a plan
  4. Embrace serendipity
  5. If you ask for help, you will get it
  6. If you don’t ask for help, you won’t get it
  7. Examine primary data from “failed” experiments
  8. Technical courage and collaboration
  9. What is science ?
  10. The best job in the world

IMG 4009

このようなlessonsが挿入されていく感じで進行していきました。

Serendipity, Generosity, and Inspiration の内容をなぞる感じのものだったのですが、そもそもこのessayを拡張して話して欲しいとぼくがお願いしていていましたのでリクエストに応えてくれたのだと思います。

ぼくが彼のラボに在籍中の仕事もいくつか紹介してもらってあの当時の事を思い出しました。

一方、最近の彼の研究テーマであるがん、免疫関連のトピックスは全く出てきませんでした。癌学会とか京大のセミナーではそれが主題だったと思います。

医科大学の大学院生への講演として最高のものだったと思いました。

 

IMG 4020

 

What is science? では

Science is truth

Science is beauty

Science is sacred

とまで言い切っていました。

IMG 4007

最後は You are where I once was I am where you will someday be

というメッセージで締めくくられてました。 まさに文字通り”Advice for a young scientist”

関西医科大学の大学院には外国からの留学生も結構の数いるのですが今回は大満足だったようです。普段のセミナーとか講義は日本語なので彼ら彼女らにとっては内容がくみ取りにくい訳です。

 

講演の後、Semenza研にかつて在籍したメンバーとその縁の人で食事会をしました。 研究の一線からは退いて臨床をされている人とは研究関連で袖すり合う機会もなくてほんと久々の再開というかんじでした。ぼくにとっては同時期にSemenza研に在籍していた福田亮先生との再会がうれしかったですというかこれが主目的でした。

IMG 4018

彼に会うときはいつも緊張します。必ずちゃんと研究をしているのか、臨床をし過ぎていないのかと聞かれます。今回も聞かれました。

 

末松先生の話題が出ました。

その時にGreggに指摘されたのですがぼくと彼が初めてしゃべったのは慶應大学の生化学教室の教授がまだ石村先生の時代に、坂口さんという慶應大学ご出身の事業家が50億円くらいを慶應大学に寄付されてその関連で行われた国際学会でした。

末松先生はまだ助教授で会を実質的に運営されていました。

すごく気前のよい学会で何から何まで(交通費、滞在費、食費まで)会の負担の会でした。歌舞伎鑑賞もついていました。

慶應大学の三田キャンパスのカフェテリアで Greggと一緒に食事をしたのですがその時食べた「そば」の事まで覚えておられました。あの会は、ぼくの研究だけでなく人生の文字通りの分岐点になった出来事でした。

あの会に出なかったらSemenza labに加入する事はなく今みたいな研究生活を送ってもいなかったと思います。でももっとお金持ちになっていたと思います。

末松先生もGreggと結構長いお付き合いだと思います。Greggが数年前来日した折り、関空に予定通りに到着できずに成田に降りるはめになり末松先生に迎えにいっていただき東京でのホテル、翌日の新幹線もアレンジしていただいた事を思い出しました。東京駅から新幹線に乗せたよとご連絡をいただきました。

考えたらぼくもすごい事してしまったなと。

現在は彼のラボは、日本人のポスドクはいないとの事ですがそもそもアプリケーションがないとのこと。

 

ところでGLSさんのMacBook ProはUSB-Cじゃありませんでした。GLSさんの研究室にはMacSE/30が飾ってあります。初めてのRO1 grantを獲得したときに使っていたMacなのだそうです。 結構物持ちがいいのです。

 

永年の宿願だったので、やり残した事を一つ成し遂げることができて大満足の一日でした。


PDF
Tagged with:  

Lasker award

今年の2016 Albert Lasker Basic Medical Research Award

Gregg L. Semenza博士が、米国と英国の他の二人の研究者と共に決まりました。

 

受賞は

Oxygen sensing – an essential process for survival

への貢献です。

 

彼がJohns Hopkins Universityで運営してた(今もやってますが)labにぼくは1999年の8月から2002年の2月までvisiting professorとして参加しました。

 

彼の言葉で今でも印象に残っていることが二つあります。

HIF-1のcloningは彼が主に中国人のポスドク(Wang)と行った仕事なのですが、ある日、自分のオフィス(といってもラボの一角を仕切って作った2.5畳のスペース)の扉を閉めて「Kiichi、偉大な仕事をするためには優秀なポスドクが必要なんだ」と彼に言われたこと。

もう一つはぼくらのFIH-1の論文が出てしばらくした頃、研究室のぼくのベンチまで(彼がベンチまでやってくるのはとっても珍しい)満面の笑顔で「RatcllifeがFIH-1のクローンを欲しいといってきたよ」とわざわざいいに来たことです。

 

学会で来日したときには京大の麻酔科の比叡山が見える研究室を訪問してくれました。

その折りに「いつまで麻酔なんてやっているんだと。とっとと止めて研究に専念しろ」と言われたことも思い出しました。

 

Semenza研はHIF-1のcDNA cloning, HIF-1aのノックアウトマウスの報告において世界での先陣をきり、酸素分圧のセンシング機構でもFIH-1のcloningに成功していたのでこの分野でGreggが受賞するのは当然です。

 

彼自身が執筆したEssayが読めるようになっています。(参照)

Greggらしい文章ですね。

知っていたエピソードもあるし始めて聞いたネタもあります。

このビデオのGreggがいる場所は彼のオフィスです。BaltimoreのInner Harborが一望できる素晴らしい場所です。以前のオフィスとはまったく似ていません。 彼の部屋の片隅にMac SE/30が置いてあります。聞いたら初めてR01 grantが当たった時に使っていた記念の品なのだそうです。

 

この賞の受賞者は来月早々に発表されるNobel賞を受賞することが多いそうです。こっちももらってlab. memberがre-unionできたら幸せだろうな。

 

Google Schalorの統計に寄ればぼくはGreggとの共著論文ランキングの10位です。

 

ぼくらが20世紀の後半から21世紀の初頭にかけて行っていた研究がLasker賞に結実したことはとても嬉しいです。

今回の受賞理由に挙がられている研究は1990年代にほぼ終わっていてHIFa水酸化酵素の報告もPHD, FIH-1とも2001年です。2001年にHIF活性化調節のセントラルドクマが定立されたのです。

ぼくらがその当時やっていたことは生物学上の重要課題であった、その課題の解決に貢献ができたということでぼくは満足です。

極東の一麻酔科医ができる最高の貢献だったと自負しています。

 

故森健次郎先生が大学院の研究を淀井淳司先生の研究室でやれとぼくに命令しなかったら、またその後ぼくにお前は日本にいたらダメになると言ってくれなかったらぼくがGreggの研究室に参加することはなかったし、研究もとっくの昔に止めていたと思います。


論文アクセプト

大条先生の論文がアクセプトされました。

詳しいことは書けないのですがすごくうれしい。もちろんGreggのLasker賞よりうれしいです。


PDF
Tagged with:  

関西も梅雨に突入ですが今日の雨は台風の影響なのでしょうか。すごく激しく降っています。
去年なぜか一度だけ強い雨の日にアパートの押し入れが雨漏りして蒲団が濡れてしまうと云う惨事に見舞われたのですが,今日心配です。
ホントこんな生活にはケリをつけいたいです。

http://farm4.static.flickr.com/3571/5753634828_a8e1a165a6_m.jpg

Cellからです。
Pyruvate Kinase M2 Is a PHD3-Stimulated Coactivator for Hypoxia-Inducible Factor 1

Cell, Volume 145, Issue 5, 732-744

GLS研からの報告です。
pull-down screeningからここまで引っ張っていくなんて相変わらずすごいですね。脱帽です。
読むといくつかのポイントがあって興味の持ちようで多様的に示唆を与えてくれるよい論文だと思います。
最近のHIF関連の論文の中では出色だと思います。
KO miceを使った論文は余り好きではありません。自分が追試できないから。

http://farm4.static.flickr.com/3098/5753635750_7ed0d7218f_m.jpg

今日のtweetです。
こういうことは瀬藤先生がいうのでリアルなんでしょうね。
ぼくは”上がりのポスト”にいるわけでなくこれから落ちていくだけの研究者なのですが,しかし言わんとされていることは自分なりに理解できます。
研究なんて自分の眼で見たとしても他人も同じ現象を観察できるとは限らない。研究費を取ってきたって自分の給料が増えるわけでないしかえって雑用が級数的にに増えていくだけとも言えます。時々事務の人何人かに根掘り葉掘り調べられたりしてホント割に合わないわけです。論文などいくら書いてもリアルライフでは何の御利益もないのになんで続けているのかについては自分でも”合理的”な答えはありません。家内などそれを批判して”ノーベル賞とれないのならさっさと研究止めてほしい”などと言うわけです。これはこれで正しい反応だなとよく思います。ぼくはぼくで研究に充てている時間を麻酔に振り替えたらすごく儲かるのではないかと常に思っています。

社会は絶えず夢を見ている途中まで読みました。いつもながら短剣を突きつけられるような考察だらけですね。サンデル本を読む時間があるのなら大澤本を読んだ方が良いと思います。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License