なんとか一週間終わりました

On 2012/11/11 日曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

なんとか一週間終わりました。

「マンスリー」

日本麻酔科学会の関西支部では,少なくともぼくが医者になった1988年には年に数回「マンスリー」という名前の症例検討会を開いています。最近は年に3回の開催で落ち着いています。

大阪の「キタ」のどこかを会場として開催されることが多く帰国してからはほぼ皆勤で出席しています。 先週の土曜日の「マンスリー」ではぼくも「ネタ」を提供しました。この集まりで,拍手が起きることは滅多にないのですが今回は拍手を頂き皆さんに喜んでいただき大変満足しました。

バックグラウンドの異なる麻酔科医が集まって好き勝手な意見を発表者に浴びせるので大変盛り上がります。議論をあえて交通整理せずというか交通整理が不可能で皆が好きに発言することがこの規模では成功していると思います。出席者も最近また増えて来たように思えます。 ここで気兼ねなく聞きたいことが聞けるようになれば一人前かも。

この症例検討会に加えて年に一回,学術講演会があります。比較的若手の先生にspecificな分野について話していただき質疑応答を行います。恥ずかしくて正面切っては質問しにくいようなことを気軽に聞けると言うことで大変役に立ちます。


出張

11月第一週の臨床麻酔学会の後,月曜日から鹿児島に出張してきました。

行きは新大阪から鹿児島直通の「みずほ」を利用しました。速いです。座席も十分広く快適です。飛行場へのアクセルを考えればこれからは新幹線を利用するかもしれません。

IMG_9878

国立大学病院には「医療安全・質向上のための相互チェック」を行うというシステムがあります。

今年度は手術室安全がテーマで,手術部の教員として鹿児島大学病院のシステムをチェックすることが目的でした。

「チェック」前日に麻酔科の見学をさせていただきました。上村先生に手術室を案内していただきました。参考になりました。

火曜の夜に帰阪して翌水曜日には今度はぼくらがチェックを受ける順番で東北大学の先生方をお迎えしました。

この相互チェックは手術室での「チェック」以外に書面の確認と聞き取り調査があります。聞き取りが実は大変で火曜日と水曜日で5時間くらい話し続けました。

その後当直に入り結局水曜日の朝から72時間で8時間くらいしか眠れませんでした。

こういう生活もほぼ限界だと思います。

今週も火曜日,水曜日,金曜日土曜日にpresentationをします。これを乗り切って日曜日の当直が終わって月曜日の勤務が終われば三週間ほど時間ができます。論文二つは完成させたいと思います。

プレゼンテーションのKeynote fileはほぼ完成していたのですが金曜日ものは考え直して今朝から3割くらい入れ替え始めました。完全な新ネタです。

考えていたらいままで誰にも検討されたことのない実験を思いつきました。文献検索をかなりしっかりしたのですが確かに報告はありません。こういったこともあるのですね。

研究費の申請でも似ていますが,日頃考えていることを「人に伝える」という観点からまとめ直すのは意義のある事です。


麻酔中に天国にいった少年の話

New York Timesのbook reviewを読んでいたら面白そうな本があったのでKindle版を買って読んでみました。

“Heaven is for Real: A Little Boy’s Astounding Story of His Trip to Heaven and Back”

虫垂炎の手術中に天国に行ってきた4歳の少年の話です。麻酔中に覚醒するとか夢を見るとかいろんな話がありますが天国に行って帰ってきたと言う人はそう多くありません。

三途の川を渡りかけたのをぼくが連れ戻したとかぼくと一緒に道の世界に行ったという経験を語られたことはあります。

amazon.co.jpのアカウントでも購入が可能で684円です。

Heaven is for Real: A Little Boy's Astounding Story of His Trip to Heaven and Back

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License