現在大津市の病院にいて新年から滋賀県北部の病院に異動するT先生と金曜日に夕ご飯を食べましたー例の中華ですー。同時期一緒に研究室にいてくれたN先生も参加してくれました。ちょうどその日O先生が学位の申請の手続きで研究科の教務に来て帰りに寄ってくれましたー偶然なのですがこういったことをsynchronicityと呼ぶのだと思いますー。

臨床でも研究でも大きな病院,研究室にいればそれだけで大きな手術の麻酔、良い雑誌に載るような仕事にあたる確率が大きくなるのはあたりまえですがだからといってどうといったことはありません。虫垂炎でも外科的な処置なしには救命できない場合もしばしばあります(参照)。研究でも,時間とお金を使えば或る程度結果が出ることは先生も理解できると思います。先生は研究と臨床のどちらがむずかしいと感じたでしょうか?ぼくは断然臨床の方が難しいと思います。米国で臨床をせずに研究だけしていた時期がありますが結構簡単にいろんなことができてしまいました。基礎研究に”命をかけている”と語る人がいますがそれは単なる比喩です。実際に基礎研究者が臨床医より寿命が短いなどということはありませんしー多分逆でしょうー体調が悪く実験を中断しても誰かの命が失われることもありません。臨床ではそうはいきません。

臨床で症例数や手術規模が先生のすることの価値の大きさと何らかの相関関係に有るということもありません。先生も新しい病院では喜びも悲しみも託して麻酔と麻酔科の運営に深入りしてみてください。

NHKの大河ドラマは「篤姫」ー2/3の放送は観たーから「天地人」にバトンタッチ。主人公直江兼続はなんと南魚沼市というか六日町で生まれ育ったということになっております。他に盛り上がるネタもないので六日町ではかなりの騒ぎのようです(参照)。じつはぼくは六日町で生まれて高校を終わるまでいました。「お六甚句」というろくでもないのがあって中学卒業まで運動会で全校で踊らされていました。二度とかえるまいと思って出てきた町ですが自分が年を取ってくるとそれなりに良いところだったなと最近では思っています。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License