曲学阿世の徒/マジなヘンテコ

On 2009/2/25 水曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

New York Timesから

Politics in the Guise of Pure Science

オバマ大統領は就任演説で

We will restore science to its rightful place, and wield technology’s wonders to raise health care’s quality and lower its cost. We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories. And we will transform our schools and colleges and universities to meet the demands of a new age. All this we can do. And all this we will do.

という言葉で、科学技術を正しく駆使して医療改革、エネルギー政策の転換を図っていくと主張していました。

その意気やよし。しかし科学技術顧問に就任した人物は果たして大統領に正しいアドバイスができるのかという趣旨の論文です。

John Holdren氏は

asked about some of his gloomy neo-Malthusian warnings in the past, like his calculation in the 1980s that famines due to climate change could leave a billion people dead by 2020. Did he still believe that?

かつて上院の公聴会でかつての彼の主張について質問を受けて往生際の悪いことに

he insisted that it was still “a possibility” that “we should work energetically to avoid.

との返答を行ったということです。

こんな人物に科学技術顧問を任せておいて

Will Mr. Obama’s scientific counselors give him realistic plans for dealing with global warming and other threats?

なのかという主張です。

曲学阿世という言葉がありますが、それならそれで受け止め方もあるのですが、マジでへんてこなアドバイスを繰り出し大統領がその気になったら大変なことになりますね。

日本でも少し前に一部の人間のアドバイスを真に受けた厚生労働省によって医師養成プログラムにとんでもない変更が強いられ、某内閣の政策と相まって医療をめぐる光景が数年の間に一変してしまいました。

麻生氏は本当に訪米したのでしょうか?

NYTを探したのですが記事になっていません。その程度の扱いなのですね。ちょっとびっくり。

北野武の「アキレスと亀」のDVDレンタルが始まっていました。個人的には、某受賞作よりこっちの方に思い入れがあります。

もう帰って寝ます。今日は無理、明日投稿します。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License