トークランチ

On 2013/4/14 日曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

iPS森口本

小学生の時近くに書店もないしお金もないのでもっぱら学校の図書館の本を読んでいました。

児童用の伝記というか偉人伝シリーズがあり端から読むことにしました。なぜか「山中鹿之助」も入っていたのを覚えています。

もちろん偉人伝の定番「野口英世」もあり当然のごとく読んだわけです。修学旅行で会津若松を訪ね猪苗代湖畔の「野口英世記念館」見学も果たしこれは大変な人物だと完全に思い込んでいました。

チェゲバラ・安部公房が医者だと言うこともあり医者になろうと思ったという程度の同期で、医者になろうと医学部に入った訳ですが特に高邁な信念に基づいてわけでないので入学後、医者の書いた小説、医者を取り上げた小説などをいろいろと読みました。

加藤周一氏や加賀乙彦氏の著作に加えてクローニンの著作、森鴎外の「渋江抽斎」・「北条霞亭」・「伊澤蘭軒」も読みました。渡辺淳一氏にも自伝的な小説「白夜」などがありまた野口英世の伝記「遠き落日」もその中の一冊です。

この野口英世伝はいわゆる偉人伝とは対極の伝記です。そもそも渡辺氏の執筆のきっかけは、「野口英世って有名な割には微生物学の教科書には全くといっていいほど何の記載もない学者でこれはどういことなのだというだ」ということでした。

読んで野口英世に対する印象は一変しました。 同時に学問の世界というのは残酷なものだとも思いました。彼の業績の多くは後に完全に否定されたのです。このような「否定」は当時の学問の水準の低さ故なのか野口英世の学問の手法に問題があったのかはぼくには解りません。

前置きが長くなりすぎましたが先月森口尚史氏の本が電子書籍として出版されました。ぼくはKindle版で読みました。

iPS細胞騒動〜ヒトiPS細胞に関するHopeとHype〜(前編)

iPS細胞騒動〜ヒトiPS細胞に関するHopeとHype〜(後編)

あの事件の焦点は彼が実際に「iPS細胞」と同等の多分化能を持った細胞を作出する方法を確立したのかどうか、それを患者に適応したのかどうか、と言うことなのだと思いますがそれについて明確なevidenceが提出されているわけではありません。

この著作の範囲内では彼は真摯な研究者以外の何ものでも無いように思えます。この調子で差しで語りかけられればこの分野の研究に「土地勘のない」新聞記者などはイチコロとも言えます。

ともあれ一読の価値はあります。上・下二冊で550円です。

iPS細胞騒動〜ヒトiPS細胞に関するHopeとHype〜(前編) iPS細胞騒動〜ヒトiPS細胞に関するHopeとHype〜(後編)

 

非接触式ICカード

4月から電車通勤を始めました。

阪急宝塚線-地下鉄御堂筋線-京阪本線を乗り継ぎます。 定期券を作りました。

阪急宝塚線の分は今まで持っていたクレジットカードに付いているPITAPAを使った定期券、御堂筋線の分はPITAPAで区間を登録して最大で一ヶ月の定期券の額というサービスの適用、京阪本線はICOCAを使った定期券としました。つまりPITAPAとICOCAを使って乗り継いでいく方法です。

ここで問題が生じました。以前は財布に二枚以上のカードを入れておいても実際に使うのはPITAPAだけでありカードセパレーターを使うことでPITAPAだけを認識させることに成功していました。理論通りなら財布の違う面をかざすだけでPITAPAとICOCAを使い分けられるはずなのですがうまくいく場合ももあるしエラーが出てしまう場合があるのです。

邪魔になりそうなカードをよけたりいろんな方策を講じましたが動作が安定しません。ラッシュ時に改札をスムーズに通れないとぼくもストレスを感じますし他の人にも大迷惑となります。

結局今はICOCAを財布から出して使っています。

iphoneケースにICOCAを収納しようとこんなケースも注文してみました。(参照)

目下の大問題でこれを解きたい。

 

書店Book1st

通勤で毎日淀屋橋の駅を通ります。御堂筋線と京阪本線が乗り入れています。連絡通路に面してbook1stという書店があり朝は閉まっていますが夜はかなり遅くまで開いています。 阪急梅田駅からJR大阪駅への通路が梅田駅の二階からありますがそれに面してあるBook1stと同じくらいの広さです。 新刊本大抵置いてあるのでちょっと読んでみるには大変便利です。 そこで一冊のちくま文庫を見つけました。 「数学文章作法 基礎編 」です。 通勤中にさっと読んでみましたが大変為になりました。

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫 ユ 4-1 Math&Science)

 

トークランチ

うちの大学で「トークランチ」という会がほぼ毎週開かれていることが解りました。

研究室の持ち回りで研究内容を紹介して他の人はご飯を食べながらそれを聴くという会です。大学がお昼を用意してくれます。

学長は基礎研究も推進していくという考えだそうですのでそのような計画の一環なのでしょうか。

一時間なのでその間だけでも手術室を抜け出させてもらって参加していこうと思っています。

外部研究者による講演会も結構な頻度で開催さています。

一つ心配していることは皆さんどうやって枚方まで来ているかということです。普通なら新幹線新大阪駅ー御堂筋線淀屋橋駅ー京阪本線枚方市駅なのですが大阪の素人にそれで来てねというのは酷だと思います。どうなんだろう、今度誰かに聞いてみよう。

 

村上春樹氏の新刊

Amazonで注文していたのですが土曜日には届いていました。 読みました。

これは村上春樹氏による「冥土めぐり」だと思います。

特別なことは起こりません。筋もある意味ベタだといえます。その意味では「国境の南、太陽の西」のようだとも云えます。

女性に導かれていくと言うことでは「ダンス・ダンス・ダンス」、「海辺のカフカ」に似ています。

名前に過剰な意味を付加するようなモチーフは「品川猿」で使われました。つまり彼の小説がいつもそうであるように彼の作品からいろんなモチーフを集めてきて成り立っている小説の一つでその意味では究めて村上春樹的でこの作品が彼の作品へのデブビューの読者がいるとすればその人は即他の村上作品を読むことになるのだと思います。

できれば、風の歌を聴け – 1973年のピンボール – 羊をめぐる冒険 – 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド – ノルウェイの森 – ダンス・ダンス・ダンス – 国境の南、太陽の西 – ねじまき鳥クロニクル – スプートニクの恋人 – 海辺のカフカ – アフターダーク – 1Q84 – 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

の順番に読んだ方がよいと思います。

明示的にはなっていませんが確かに明るい未来を予感させるラストです。

村上氏の小説で一番のラストは「ダンス・ダンス・ダンス」の

「ユミヨシさん、朝だ」とぼくは囁いた。

だと思いますがそれに匹敵するとも云えます。

多崎つくる36歳、この年齢の人が読むのとぼくが読むのでは自ずから異なった影響を残すと思います。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License