8月中にあと3つ投稿すべく日夜努力しています。

だからというのではないのですが今回は全然まとまりのないメモの寄せ集めになりました。


「キラキラネームやめて」…小児救急医つぶやく を読みました。

キラキラネームでなくとも難読というかどう読むのかその場では決まらない名前はいくらでもあります。

例えばぼくの名前。「喜一」というのですが親は「きいち」と読むと思っていたようです。しかし,1991年に宮沢喜一氏が総理大臣になるまでは、多くの場面で「よしかず」と呼ばれてきました。その当時そう読むことが普通だったわけです。宮沢氏のおかげで「きいち」と読まれる方がデフォールトとなりました。

漢字一文字の名前たとえば「海」なども「かい」と読むのか「うみ」と読むのか聞いてみないと解りません。男の子なら「かい」で女の子なら「うみ」だとは思いますが。

「修」などもこれだけ出てきたら「おさむ」と読むのが普通と思いますがこの子のお兄さんが「俊」ならたぶんこの子の親は「しゅう」と読んでもらいたいとおもっているのではないでしょうか。

 

芥川龍之介は自分が「りゅうのすけ」でなく「たつのすけ」と呼ばれることがある事を嫌って子供には比呂志、多加志、也寸志と読み間違えのしようのない名前を付けたのだと聞いたことがあります。それぞれ「ひろし」「たかし」「やすし」としか読みようがありません。

とにかく名前は一見した「キラキラネーム」でなくとも一意に決まることがぼくは重要であると思っています。すこし難しそうでも一意に読み方が決まればそれでよし。そうで無ければfunctionalにはキラキラネームと等価です。

そもそもぼくら麻酔科医は患者の名前がどんな名前かについてたいして関心はありません。 IDとバーコードで認証されればそれでOK.

IMG_6239


林真理子さんの「野心のすすめ」を遅ればせながら読みました。

口述筆記されたような文体で逆にすこし読みにくい感じもしましたが「バカの壁」みたいな感じもして読んでいるというか聞いている感じでどんどん前に進みます。 すでに40万部なのだそうです。 ここまでくるとキャリアポルノを超越したと言えると思います。

露悪的に書いていますが今の林真理子の占める位置はひとえに彼女の文筆家としての能力が高いと言うことに理由が尽きると思います。

例えば ミカドの淑女白蓮れんれんRURIKOと女の伝記を書かせたら右に出るものは日本にはいないと思います。

六条御息所 源氏がたりの三部作も素晴らしい。

要するに天才なのです。 しょうがありません。

ところでぼくが一番好きなのは「天鵞絨物語」です。10回以上は読み直しました。


「平成25年度「研究大学強化促進事業」の支援対象機関の決定について」という発表がありました。(参照)

いくつかの「研究大学」に10年間にわたって資金を提供するという事業だそうです。

国の科学研究費補助金に採択された数、同補助金の研究者1人あたりの獲得額、他の研究者に引用される回数が上位10%に入る影響力の高い論文の割合、成果の民間企業への移転など10の指標で評価した

のだそうです。

こういった大学に所属している人たちはプレッシャーですね。


葛西 龍樹氏の「医療大転換:日本のプライマリ・ケア革命」を偶然読みました。

専門医制度の改革に伴い、「総合診療専門医」が誕生します。

諸外国で「家庭医」と呼ばれるこの専門医(参照)がいかにすごくて日本の医療を変革する原動力になる可能性を秘めているかと言うことを力説した新書です。

本書では「家庭医」が過剰に評価されていると思います。「家庭医」が万能の医者であるかのごとき記述がそこここに見られて読むとはっきりと「引き」ます。

また「全人的医療」とか「患者中心の医療」などを余りに強調している部分も現代風ではないなと思いました。 患者の人生と関わりたくないというモチーフで麻酔科を選んだぼくとしては「全人的に患者に関わる」などとても怖くてできません。

また著者が認める「家庭医」はいったい何人くらい存在すると日本の医療の「変革」ができるのでしょうか。現在開業している医師は著者によれば「家庭医」たりえないということですがこういう人たちはどうなっていくのでしょうかなどの素朴な疑問が湧いてきます。

その他ツッコミどころ満載です。興味があればどうぞ。

しかし提起されている日本の医療の問題点は正鵠を射ていると思います。


最近読んだ論文から紹介してみます。

Patient-Satisfaction Measures in Anesthesia: Qualitative Systematic Review

一種のメタアナリシスです。

麻酔科領域で「患者満足度」を計測する方法論を提示している71篇の論文についてreviewをしたもの。 34のpatient-satisfaction score法が検討されています。これは面白い論文です。

 

話題になっている論文を読んでみました。

Meta-analysis of secure randomised controlled trials of β-blockade to prevent perioperative death in non-cardiac surgery

日本でも臨床研究上の不正が問題となっていますがこっちも大概です。 このような手術後の予後が研究のゴールとなっている場合,日々の麻酔臨床を丹念に行っているだけでは結果を実感できません。結果としてある程度大きなRCTの結果やメタアナリシスを信用して臨床を行うしかないので妙な研究結果を発表されると困ってしまいます。

立派そうに見えるRCTも話半分くらいに思っている必要があると思います。(参照)

 

Integrated molecular analysis of clear-cell renal cell carcinoma” も読みました。 要約すると腎癌は代謝疾患であるという結論でOKなのでしょうか?

 

最後にもう一つ論文を。

Scarred for life” と題された学位論文です。

副題は”How conditions in early life affect socioeconomic status, reproduction and mortality in Southern Sweden, 1813-1968″です。

1813年から1968年までのスウェーデンの田舎の5つの地域の戸籍を調査すると寿命が38歳から80歳まで変化していることが解りました。この間の百日咳、はしか、猩紅熱の流行が数回ありまた飢饉も3回あったのだそうでそれらに小児期に暴露された場合の寿命に与える影響を検討した論文です。 百日咳への罹患は寿命が短くなることと相関があるのだそうです。もちろん理由は不明です。 飢饉による食材の高騰の影響は簡単ではなく性別や土地もちか小作かで複雑な結果となっています。 壮大な研究ですね。

日本には「エコチル調査」という研究があります。大きな病院だとポスターが張ってあって参加者を募っています。どんな結果が出てくるのか結構期待しています。

現在では個人のライフログをもっと詳細に採ることができる時代です。100年単位でデータを集めるような研究を始まるといろんな事が解ると思います。


日曜日に家内が行くというのでついていって「風立ちぬ」を見てきました。出かけた大阪駅の映画館はほぼ満員でした。

でもよくわかりませんでした。

最近の宮崎駿の映画は難解だと思います。今回も「ポニョ」以上にぼくには難解でした。もう一度観たらいろいろと気づく事があると思います。「ポニョ」も三回くらい観てやっと解った様な気がしましたから。

あんなに薄情な夫に最後までついていくという妻がそもそも理解できません。 そもそも奈緒子はもっと可愛く-性格ではなく顔のことですー描くことができたとおもいます。コクリコ坂の「海」みたいに。

家内は娘が観ても解らないだろうなという感想を述べていましたがたぶん自分が何も解っていなかったのだと思います。

 

最後に流れる「ひこうき雲」が余りに映画の内容にマッチしているのにびっくりしました。というかどう考えても歌に合わせて作っている部分があると思います。

 

最後に今日のtweetです。 確かに云えてますよね。 しゃべる方もどこにも書いていない面白い話しにして欲しいですよ。論文のreviewみたいな話って聴く気がしません。

IMG_6235

貴婦人と一角獣展にもいってきました。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License