先週は新しい論文の資料集めで過去の実験データとかひっくり返したりしていて結構な時間を使ってしまいました。論文の長さに依らずこの作業が一番時間のかかる工程です。ここを抜けたら結局は一本道ですから。

某学会では年に一回の学術集会で応募paperに査読審査を課します。

学会も公益法人になったり、学会での発表を正式な業績と扱うためには必要な作業なのかもしれません。

専門医資格の維持に”点数”が必要だと言うことでpaper数が増えてきていることは事実でしょうから全部採択していては会場からあふれてしまうということもあるのかもしれません。

この査読作業結構大がかりですが、webを利用した方法に変更されてかなりシステマチックになってきています。

またこの査読かなり公正に行われていると思います。paperはすべて匿名化されて査読者に提示されます。抄録中に所属が解る文言がある場合を除き誰のpaperかは解りません。また一つのpaperを数人の査読者が評価します。

また最終的な採択・不採択はもう一段高いレベルで判断されます。

今や誰かが誰かに嫌がらせをするというような事はありません。

なので不採択の場合原因を謙虚に分析して次に備える必要があります。

ぼくの個人的な感想ですが不採択の原因の一番大きなものは日本語の問題です。
限られた学問領域の事ですから想像力を働かせれば内容を把握することはある程度可能です。しかし、”そこにある”抄録で判断するという立場に立つと何が言いたいのか不明だという抄録によい点をつけることはできません。nが20程度の臨床研究でも抄録がスキ無くきちっと書いてあれば採択せざるを得ません。数年以上継続していると思われる基礎研究でもその年の担当者の抄録がめちゃくちゃなら不採択となると思います。

日本人だから日本語が書けるというのはまったくばかげた妄想です。
特に科学的な論理的な日本語を限られた字数で書きあげる能力をつけるためには訓練が必要です。

とにかく最低採択されたいと思えば、抄録を書き上げたら他人に読んでもらうという作業が不可欠です。できれば複数の同僚に読んでもらい率直な批判をしてもらうという作業を経れば意味が不明な抄録がそのままsubmitされると事態は回避できると思います。

科学的な批判はその個人の人格を批判するわけではないし結局はその人のためになるのだと思います。
参照1参照2)

ところでmacbook air (late 2010)導入しました。いろいろ考えて結局11.6 inchとしました。

”速い!!”です。とにかく爆速です。研究室には、メモリー、ビデオカードがてんこ盛りのiMac 27 inchがおいてあるのですが体感速度はMBAの勝ちです。

セットアップも簡単でした。

新しいMacへのアプリのインストールはいつもいわゆるクリーンインストールをすることにしていますので取り合えず

  • ATOK
  • iWorks
  • JeditX(editorはずっとこれ。多分一番長時間使っているアプリです)
  • OmniFocusとThings(使い分けてます)
  • OmniGraffe (draw系はすべてこれで済ませます)
  • OmniOutliner (何かプロジェクトを立ち上げるときはこれでやること書き出してかから)
  • Mailplane (gmailのクライアントです)
  • Evernote
  • Marsedit (blogの支援ソフト)
  • Reeder
  • EchofonとTwitter
  • Kindle
  • Google quick search box
  • Dropbox

はインストールしました。

MS.OfficeとかEndnoteはおいおいインストールする必要はあるかもしれません。

MobileMeのサービスを利用していますのでいろんな設定はある程度引き継げてかなり手間が省けました。

いろんなアプリケーションのデータをDropboxを介して共有するために張ってあるシンボリックリンクをいくつかのアップリケーションについて設定し直したことが手動で行った作業です。

その後

DropBoxの同期に一晩かけてできあがりです。
(後で気づいたのですがHardDiskを介してDropBoxの内容をコピーしてしまえばここの作業の時間は節約できたかもしれません。)

次の夜TimeMachineでMBA(この時点で30GBくらい)のバックアップをとってすべての準備作業を終えることができました。

音楽や映画は出張の直前に選んでいくつか入れるだけなのでそんなにSSDのスペースを消費しません。

新しいmacは店でおいてあるものを触るとなんて速いんだと思うのですが買ってきて自分のアプリなどインストールしてカスタマイズして数ヶ月使っている過程で速度が落ちてくるという感じがありました。

でも、今使っている iMac27 inchとこの MBAではその”原則”がほとんど体感できません。つまり全然遅くなっていきません。ここまで速いと dropboxもそのまま同期設定だしtimemachinが裏で動いていても全然平気です。

すごいです。

今まで使っていた二代目のmacbook airで掛かっていた時間は何だったのだろうかと妙な気分になっています。旧macbook airでは起動するのが一仕事起動スイッチを入れてトイレに出かけて戻ってきてdropboxの同期を待ってそれが終わればdropboxをquitしてから作業に掛かるというスキームでした。これからはそれの手間がすべて省けます。

Photoshopやillustratorを使わず書類中心の仕事をする人ならこれで十分メインのmacとなるのではないかと思います。アドレス帳やiCalは瞬時に KeynoteやPagesはDockでアイコンが一回バウンスすると立ち上がっています。多分現時点では Macbook Proより速いと思います。
こども手当など止めてすべての児童生徒にこのたぐいのbook PCを配れば何か変化が生じると思います。

ぼくは生協で買いましたがBTOしたものを大量に持っているようで注文してからすぐに届きました。

iWorksをプレインストールしようと思いましたがApp Storeでは5台までは正式にアップリケーションをインストールできるそうですので止めました。またこれをを生協で選択すると届くのが大幅に遅れるそうです。

book型のMacの場合はいつもapple careを同時に購入しています。特に今回のMBAは小さく軽いので持ち歩く機会が増えるでしょうしその分”何か”起こる可能性も大きくなっていると思います。一応3年は使おうと思っているのでこれは必須かと。

問題はインナーケースをどれにするかです。なかなか手頃な値段で良いのが見つかりません。というわけで現在はモレスキンフォリオフォルダーを使っています。

サイズはビックリするくらいにぴったりです。

IMG_1252

NHKで宇多田ヒカルの番組をやっていました。

こういう天才はいかなる学校教育の仕組みを持ってしても”人為的に”は出てこないと思います。

日本が世界に誇る至宝です。

時期によって太ったり絞り込んだりしていますけど多分すごいストレスが掛かっているのだと思います。彼女の細腕に数百の大人の生活がかかっているのでしょうから。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License