ほぼ24時間くらいかけてBaltimoreから帰国しました。
8時間ほど寝て元気になりました。

ASA meeting, Anesthesiology 2011に参加して思った事を書いてみようと思います。

http://farm7.static.flickr.com/6223/6252163201_faf5831350_m.jpg

ぼくの参加は2002年のサンフランシスコ以来の二回目です。実は前回の参加である意味「懲りて」参加を控えていたのですが研究室の大学院生に尋ねると今まで参加したことがないということで話のネタにもなるかなと思い総勢4人で参加することに決めました。帰りにBaltimoreに寄りたいということもありました。

http://farm7.static.flickr.com/6049/6252666654_819127fd9f_m.jpg

Abstractを書いて参加応募をします。
一応の査読はあるので,原理的には採択されない場合もあるはずなのですが,4人とも無事採択でした。通知はe-mailでくるのですが全員一斉にというわけではなくぼくらの場合は,2日間くらいの間にばらばらとやってきます。不採択の場合に連絡があるのかどうかは解りません。
院生の甲斐さんの演題はposter discussionで他の院生とぼくのものはposterと決まりました。
poster discussionの場合部屋にしつらえられた壇上で口演をする必要があり甲斐さんはかなり緊張していました。

参加登録をwebでする必要があります。会員であるかとか学生であるかとかpresenterであるかとかで参加費が異なります。最悪$1000以上払うという場合も考えられるのですが,今回ぼくは直前になって登録したにもかかわらずpresenter料金の$140でした。学生であれば$70代で済んだようです。

航空券,ホテルはすべて自分たちでwebで予約しました。結果会場とdowntownをむすぶバスが止まる指定のホテルであったのですがかなり安い金額で宿泊することができました。これはほとんど院生の鈴木さんにやってもらいました。

というわけで出発当日伊丹空港に集合して伊丹ー成田ーシカゴと乗り継いで土曜日の午後にシカゴに到着しました。

空港からdowntownまでは鉄道を利用することにしました。

一人$2.5くらいと随分安くついたのですが,路線を二回も乗り継いでスーツケースを抱えて結構歩きました。値段を考えればタクシーをあっさり利用しても十分にpayすると思いました。しかしよい経験になりました。例によって甲斐さんが改札でトラブっていました。

ホテルはWyndham hotelでしたが無料でnet環境が提供されてる訳ではありませんでした。偶然かどうかは解らないのですがホテル内に飛んでいるAT&Tに接続するクーポンを入手してそれからは問題なく接続できるようになりました。

http://farm7.static.flickr.com/6217/6248518186_6e34d5d754_m.jpg

http://farm7.static.flickr.com/6115/6252644340_2fb23fbdc1_m.jpg

当日朝は早い目に出発しました。参加登録をしてbudgeを入手したかったのですが日曜日は8時からしか登録ができなかったのでposter disuccionの甲斐さんは登録前にセッションに突入と言うことになりました。moderatorのおじさんにそう断ったところ問題ないと言うことでした。

http://farm7.static.flickr.com/6222/6252651178_9f6d4ce669_m.jpg
http://farm7.static.flickr.com/6046/6252650168_dcc5dd7d19_m.jpg

poster discussionは演題をいくつか選んで一つの部屋に集めて部屋の後方にposterを掲示して前方に設えられた場所を利用して演者による口演と質疑応答をするというものでした。実際の進行はmoderatorのおじさん達に委ねられていて甲斐さんのセッションでは前方の演壇を使わずにポスターの前でpresentationを行い皆はそれを車座になって囲んで聴くという形式でした。甲斐さん以外は普通に欧米人ですのでプレッシャーがかかったと思います。

健闘したと思いますが聴いている人はおそらく十分理解できなかったと思います。これは英語が下手とかそういったことより内容が難しと云うことと分量が多すぎると言うことに起因することで仕方ありません。この演題はすでにある雑誌に掲載が決まっているものだったのですが,論文のページ数で14ページの大論文なので仕方ありません。エッセンスだけを伝えたいのであれば思いきって内容を削るということも必要だったのかもしれません。そもそもセッション自体がかなり広範な内容の寄せ集めですから自分の関心事以外はよく解らないという状態であったと思います。

時間が早いということもありはじめは集まりが悪かったのですが徐々に増えてくるといった感じでこれは日本と事情は同じだでした。poster discussionは雑然さのない環境で話を進めることができるのでposterのセッションよりよいと思いました。

http://farm7.static.flickr.com/6160/6252653786_b02656e892_m.jpg
http://farm7.static.flickr.com/6163/6252122665_7e464c890c_m.jpg

ポスターは機会展示の奥を仕切った場所で行われました。

http://farm7.static.flickr.com/6049/6252659244_e706c0c25f_m.jpg

http://farm7.static.flickr.com/6095/6252133879_2aa5917eb6_m.jpg

ポスターが貼られてそれを前に聴衆が移動しながらpresentationを聴いて廻るという日本でもどこでもある形式です。
米国からのposterとそれ以外からのposterを分けてセッションが組まれていたと云うことですが日本人のpresentationのまずさを考えれば仕方ないのかもしれません。

中国からの演題のいくつかはポスターが貼られていませんでした。演題は採択されたのだが渡米できなかったのかするつもりがなっかったのでしょうか? 抄録としてはデータベースに入るわけですから業績になるのでしょうか。ポスターもすくなくとも形式的にはひどいものが多かったと思います。

もう一つの問題はポスターは貼ってあるのですが,presenterがいないつまり「張り逃げ」が散見されたと言うことです。びっくりしました。こういう日本からの演題がある以上区別しておく必要があるとASAが考えるのも無理はありません。JSAは実態を調査する必要があると思います。酷い話だと思います。

Refresher courseなどははじめから興味がなかったので一つも聴きませんでした。特に後悔はしていません。

例年の会場はWashington DCだということです。

http://farm7.static.flickr.com/6178/6262514988_ac2dc00cdc_m.jpghttp://farm7.static.flickr.com/6232/6262518662_0a8e793b3d_m.jpg

Abstractやposter,presentationを英語で表現する必要はありますが他の演題の内容から判断して日本麻酔科学会の演題の査読よりASA meetingの査読のハードルが高いと言うことは無いと思います。その意味では,指導者の適切な指導があればーつまりabstractの英語が自分勝手な英語でなく論理的に書くことができればー誰でも参加できる余地は大いにあります。一度は参加してみらた考えることも多く収穫となると思います。

DCでは空きの半日程度を使っての市内観光をするリソースもシカゴより豊富に存在すると思います。

ぼく自身はこういう規模と形式の学会はあまり有益と感じません。Gordon, Keystoneのような特殊なテーマに絞ったmeetingはどの演題を見てもそれなりの興味を引かれるし理解可能なのですがASAのような麻酔科学とその周辺をすべて含む学会だと自分の理解が完全にできるものは1/3も無いかもしれません。しかもどこにそれがどこにあるかは相当の下調べをしないと解りません。大変です。
しかし一回は参加したらよいともいます。妙な幻想が吹き飛とぶと思います。

http://farm7.static.flickr.com/6042/6252658352_2b4dc673ce_m.jpg

今週中にはJohns Hopkins University Medical Campus訪問の感想をuoしようと思います。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License