当直です。シャワーを浴びてOS-1を1L一気飲みしたら冷えてきました。

カメラロール-2114

芥川賞が昨日発表になり何かと話題となっています。
受賞者の一人円城塔さんは東大の博士課程を出た後各種ポスドクを経て作家になったのだそうです。知りませんでした。
伊藤計劃さんといつも混同してどうして無くなった人が芥川賞をなどとアホなことを考えてしまいました。

円城さんが日本物理学会誌の「”ポスドク”問題」というシリーズに投稿した「ポスドクからポストポスドクへ」という文章をネットで拾ってよむことができるとネットで知り早速読んでみました。

建設的な意見とは思いませんがおもしろいです。作家は建設的な意見をだす必要はないと思います。(”専門は法螺吹き” とはこのエッセイの最後にご自身で書かれていることです)

円城さんはポスドクをやめたときにお母さんから「お前が研究者をやめてくれて心底ほっとした」と言われたのだそうです。
ぼくも家内から「一刻も早く研究をやめて医者として人間としてまっとうな道を歩む」ように何度も勧告されています。顔を見るたびに言われるのでそうするのが正しい道であるかのように思えるときもあります。
ぼくらのポストも常勤とはいえ一応の期限は付いています。5年でお終いのはずがいつの間にか延長になっていたりはしますが…
しかし,この世界の習わしでいつ何時「君もういらんわ」といわれて放り出されるかもしれません。その意味でぼくらも少なくとも研究者としては「ポスドク」と同じ身分と言えるかもしれません。大学の臨床講座で教授にならずに定年まで勤めあげるということには相当の胆力が要求されますし実際には無理です。手に職があるので大学を出ても食べていくことは可能であるという救いはあります。
そもそも研究しない人が大学にいる理由もないのですがそれでも妙に大学が好きな人はいるのです。これはいまでも理解不能です。
こういうことを書くとますます出世しないのですが時々こういうことも書きたくなります。

もう一人の受賞者の田中さんのインタビューも全文が掲載されています(参照)。文壇って学者の世界と一緒でちょっと魑魅魍魎の住む所っぽいですよね。ちょっと怖い。

IMG_1812

PLoS Oneに“Brain Training Game Improves Executive Functions and Processing Speed in the Elderly: A Randomized Controlled Trial”というタイトルの論文が出ています。任天堂のDSソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の効果を検証した論文です。
いろんな見方があると思います。
各群n=14の検討で何か言えたのかと批判的にとらえる人もいるかもしれません。確かにこの程度の数では某学会の学芸会レベルの発表とかわるところがないとも言えます。
信じろといういう方が無理筋かもしれません。
論文の解釈には”Critical appraisal“が必須です。ある論文の結果を新聞や abstractだけよんでまに受けて次の日から臨床で試してみるというようなやり方はまともな医者がすることではありません。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License