「環世界」

On 2014/9/10 水曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

IMG_0881

ある本を読んでいて、大きな学会に参加すると時々感じる違和感があってなんなんだろうなと考えていたら「そうかそういうことかも」と思い当たることがありました。

 

 


全員が何らかの知的障害者になるという言い方に妙に納得してしまいました。 自分も一種の知的障害者として見られているという視点を持っていないと解釈ができないいろんなことはあります。

所属する学会の発表を聞いていても全く意味が解らないものがあってこれは何なんだろうなと思っていたのです。たぶんあっちはあっちでぼくのやっていることなど全く解っていないと思います。そこら辺を上手にできるかできないかで違いが出て来るのでしょうね。


環世界」という考え方があってそう思って大きな学会に臨むと居心地の悪さも軽減されます。(参照


 


基礎医学の学会なり研究会と臨床の学会で感じる違和感もこういういわれ方をするとすごく納得してしまします。 


 

確かに「恥」を捨てると上手に話せますよね。

別のしかたで紀伊國屋ではサイン本がまだ大量においてあります。


Doctored“という本を読んでいます。著者はSandeep Jauharさんという米国で働いている循環器の医者です。 ”The Disillusionment of an American Physician”という副題がついています。その副題の通りに米国で医者として生きていく難しさを蕩々と述べているような少し暗い内容なのです。がこれがまた日米を問わない医者として生きていく人間が共通して一度は考えた事のあるような様々な点が次から次へと出て来る内容になっています。

New York Timesに紹介記事が二つも出ていますので内容はそれを読んでください。

In ‘Doctored,’ Shortcomings of Health Care and Doctor

In ‘Doctored,’ Sandeep Jauhar Examines a Broken System

“doctor”って単語は動詞として使うことがあるみたいですね。その場合名詞のdoctorとは関連が少ないというかしかし実はdoctorの本質をすごくよくあらわす意味になります。

例えば”doctor evidence”というような使い方をするのだそうです。

自分で辞書を引いてみてください。

IMG_0857



iPhoneが発表されました。

今回は「パス」ということで。

IMG_0863

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License