"The hot spotters"

On 2011/2/11 金曜日, in hypoxia reseacrh, Net Watch in Science, paper of the week, by bodyhacker

雪でした。
これくらいだときれいだなで済むレベルです。
http://farm6.static.flickr.com/5219/5435009980_54a820d277_m.jpg

Cardiac response to hypobaric hypoxia: persistent changes in cardiac mass, function, and energy metabolism after a trek to Mt. Everest Base Camp

The FASEB Journal vol. 25 no. 2 792-796

Caudwell Xtreme Everest Research Groupの研究成果です。

高地ではPCr/ ATPが低下するような心筋の代謝変化が起こるというレポート。

心不全患者では脱共役蛋白質(UCP)のレベルが上昇し,グルコース・トランスポーター(GLUT4)の発現が低下するという結構有名な研究があります。

高地ではこれと似た変化が起こるようです。
Uncoupling proteins in human heart.

Lancet. 2004 Nov 13-19;364(9447):1786-8.

以前にも紹介したことがありますが,Arterial Blood Gases and Oxygen Content in Climbers on Mount EverestもCaudwell Xtreme Everest Research Groupの研究成果です。

http://farm5.static.flickr.com/4079/5435211141_10cb5b3774_m.jpg

結局雪は解けました

The Hot Spotters

Can we lower medical costs by giving the neediest patients better care?
がNew Yorkerで出てました。

Hot Spottersというのは,経済的なものを含む様々な理由で社会的な弱者となっている人が同時に医療費を集中的に消費するhot spottersとなっていて,そのhot spottersへの選択的,集中的な主に社会的な介入によってcommunityや保険グループの保健費用を減らすことができたという米国でのいくつかの試みを紹介したものです。

こういうhot spottersは病院単位でも存在するようです。hot spotterは救急外来の受診などの頻度も高くそれらへの対応なども含め病院に負担を強いる hot spotterへのサポートにより結果として病院の負担の軽減を図り病院の収支を改善できる可能性があるようです。

インシデントレポートの解析によれば特定の何人かの医療従事者に関するインシデントが病院全体のインシデントで高い比率を占めています-ソースは明かせません-。

合併症を作る頻度の高い外科医とか麻酔科医とかが実際に存在します。つまり hot spottersは患者だけでなく医療従事者の中にも存在するわけです。

ぼくのようなしがないバカで無能な大学病院の教員にはどうすることもできませんけどね。

http://farm5.static.flickr.com/4113/5435210965_31bbb35eb4_m.jpg

ところで,バカだといわれるとほんとやる気を失いますね。所属大学だけで8人の学生の学位の指導をしてきたのですが。ほんとバカで済みませんでした。
でもこれぼくのせいではありませんから,生まれつきなんです。ほんと身の振り方を考える時期ですね。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License