がんとハイポキシア研究会 今年もやります。14回目です。


がんとパイポキシア研究会会員各位

この度の熊本・大分地域での大地震発生により、被害に遭われた先生方には心よりお見舞い申し上げます。   昨年開催された第13回研究会は、三島市の国立遺伝学研究所において、情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンターの 坊農 秀雅 先生に、「データベースとハイポキシア研究」をテーマとして、ライフサイエンス研究に不可欠となったデータベースの活用を中心としたシンポジウム(新学術領域:酸素生物学との共催)を開催していただきました。ウェット研究者がライフサイエンス分野の様々なデータベースを使いこなすための基礎知識や先端研究に関する有用な情報を得る事ができました。


第14回は、岐阜薬科大学 創薬化学大講座薬化学教室の 永澤 秀子 先生に運営委員をおねがいし、下記のような日程で開催予定です。

今回は当研究会初の試みとして一泊二日の合宿セミナーを企画し、本会の特徴である多様なバックグランドの研究者が一同に介して、活発な情報交換や交流を図る機会としたいと考えております。 シンポジウムでは「諸刃の剣、酸素を巡る生命科学を解明するケミカルバイオロジー」をテーマとして、新学術領域:酸素生物学との共催のもと、地球上の生物にとって切っても切れない酸素との関わりを様々な視点から議論したいと思います。夜通し語り明かすも良し、親交を深めながら、研究を深めて頂ければ思います。ぜひ早めに日程を押さえて頂き、ご参加頂けます様お願い致します。

尚、本会ではPoellinger先生(カロリンスカ研究所)追悼シンポジウムを企画しております。Poellinger先生は本研究会に多大な貢献をいただきましたが、本年3月に急逝されました。その功績を称え、お人柄を偲びたいと思います。 プログラム等の詳細は、本研究会のホームページ(近日中更新)をご覧ください。


会 期: 平成28年11月4日(金)11:30受付/12:15開会 ~ 5日(土)14:20頃閉会

会 場: 岐阜グランドホテル (http://www.gifugrandhotel.co.jp/)

参加費: 研究会 4000円(学生無料)  懇親会 6000円(学生1000円) 宿泊費(予定):8000円(学生6000円)  *但しシングルルームをご希望の方は別料金


ハイポキシア研究にご興味をお持ちの臨床や基礎の研究者、ハイポキシア研究で共同研究をしたい、お話を聞きたい研究者がおられましたら、是非とも本会へお誘い頂きますようお願い申し上げます。


第14回 がんとハイポキシア研究会

運営委員 永澤 秀子(岐阜薬科大学創薬化学大講座薬化学教室

世話人

近藤 科江(東京工業大学生命理工学院)

井上 正宏(大阪府立成人病センター)

谷本 圭司(広島大学原爆放射線医科学研究所)

広田 喜一 (関西医科大学)


announce-1 第14回がんとハイポキシア研究会.pdf

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
madeonamac.gif Creative Commons License