FIH-1

On 2009/8/26 水曜日, in hypoxia reseacrh, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

FIH-1の論文

Nutlin-3, a Hdm2 antagonist, inhibits tumor adaptation to hypoxia by stimulating the FIH-mediated inactivation of HIF-1{alpha}

びっくりするような内容すこし考えて見たいです。FIH-1定期的に出てきますね。今年はこのネタで一つは論文を書いて発表したいものです。

PNASから

In vivo internal tumor illumination by telomerase-dependent adenoviral GFP for precise surgical navigation

これは微妙ですね。

こういうすごい話もあるから

Selective molecular imaging of viable cancer cells with pH-activatable fluorescence probes.


御大ブログから

なにしろインパクトファクターを忘れて研究者人生を送りたいものです。これが本音です。

しかし諸悪の根源にほんろうされる若者というか現役研究者がほとんどですから、これと無縁の生活はできないのです。わたくしがこれから研究生活で苦境に陥るとしたら、たぶんこの諸悪の根源のせいでしょう。まちがいありません


こういうことを考える時もありますが、大多数の人はこんなこと実際に考えているのでしょうか。考えなくなったらお終いかも…

そもそも業績が”定量的に”評価されて、人事、研究費配分がされているわけでもないし、いくらやってもほとんど報われない時も多いと感じています





Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License