Keystone Day 3

On 2010/1/22 金曜日, in hypoxia reseacrh, Keystone, by bodyhacker

三日目

晴れです。

R0012504

朝ごはんを会場で取っているとGLS氏が寄ってきました。前回は organizerだったので忙しそうでしたが今回は結構余裕な感じです。

朝のセッション

Cancerです。
初めの三つは腎癌
腎癌というのは特別な癌だということが実感できました。

Dr. Kaelin: Dioxygenases as Therapeutic Targets in Cancer

Dr. Maxwell: The HIF/PHD/VHLAxis in Kidney Cancer

この二つはかなり参考になりました。知識の整理もできたし。
Maxwell氏は驚くような結果を発表していましたがここには書きません。論文に出るとかそんなことを本人は言っていました。

Dr. Wright: Ror2 is a Non-Hypoxia HIF Target of VHL Inactivation in Renal Cell Carcinoma

Dr. Melillo: Targeting Hypoxic Cell Signaling for Cancer Therapy

はどこかで聞いたことのあるような話でした。

Dr. Schwab: HIF-1alpha Promotes Primary Tumor Growth, Lung Macrometastasis and Stem Cell Activity in the MMTV-PyMT Model of Luminal Breast Cancer

質疑応答はKaelin氏が保護者のように助けてあげていたのが印象的。

夕方から

Acute Responses to Hypoxia

Dr. Prabhakar: Acute Hypoxic Sensing and Reactive Oxygen Species

Dr. Garcia: ntersections of Stress-Responsive Signal Transduction Pathways

までは完全に followできたのですが以下ついていけませんでした。タイトルはsymposiaのページからどうぞ。

R0012512

ゴンドラで山頂に行くはずがいけずその代わり、昼食後 N村さんと3時間くらい話したのですがこれが有意義でした。いろんなことが結構整理でき今回の収穫の一つですね。
ポスターは特に示唆的なものが一つありこれには考えさせられました。この話をヒントにうまく展開出来るとぼくらの研究もかなりのところまで行くかも …
いつも思いますがポスターセッションが盛り上がりますね。すごく偉い人がどんどん参加しています。日本の某学会も見習ったらどうかと思います。それでなければ学会などやめてしまえば。
これも意外と評判が良いので続けます。

Similar Posts:

Print Friendly, PDF & Email

PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License