水曜日の当直の後からなんか熱っぽい状態が続いていたのですが高熱には至らず結局昨日の午後から家にこもることで何とか症状は寛解しました。
妙な緊急手術などで急に交感神経が緊張したりすると体調に悪影響が出るようです。

R0012155

録画してあったNHKのドキュメント「日本人は何を考えてきたのか」をまとめて見ました。
田中正造と南方熊楠の二人は「坂の上の雲」の対極にいるような人達だという中沢新一さんのコメントに同意。
この番組を見ていて思い出して「社会は絶えず夢を見ている」を再読しました。

この本のテーマというかキーワードの一つは「第三者の審級」です。
特に第三講ーこの本は大澤氏の講義録というような体裁を採っていますー「リスク社会の(二種類の)恐怖」はぼくにとっては重要な論考が展開されている章です。
これは患者と医療提供者との関係にも拡張して考える事ができると思ってそこら辺を考察してみようとおもっていたのですがネットを調べるとすでに大澤氏本人による考察が存在しました。あまりにも見事な論考なので紹介します。

医療についての論考の部分の冒頭を引用してしてみます。

リスク社会においては、第三者の審級が、二重の意味で――つまり本質と現実存在の両方に関して――撤退している。しかし、人はこの事実を否認しようとしている。現代社会には、「第三者の審級の二重の撤退」を示す徴候が、至るところに――とりわけ科学にかかわる領域に――見出される。

そうした徴候の一つとして、医療の分野における「インフォームド・コンセント」の流行を挙げることができるだろう。インフォームド・コンセントとは、医者が患者に手術などの医療措置について、その効能や危険性についてよく説明した上で、患者から同意を得ることである。インフォームド・コンセントは、どのような治療を採用するかを、最終的には患者自身に選ばせることだと解釈することができる。これ自体は、たいへん結構なやり方だ。

しかし、どうして、ことあらためて、こうしたことが推進されなくてはならなくなったのかを考えてみれば、われわれは、ただちに、これが第三者の審級の不在に対する対抗手段であることに気が付く。

現代医療を支配しているのは統計・確率の考え方だと思っています。evidence-based medicineの本質は統計・確率でしょう。臨床の医療行為はある意味では「シュレーディンガーの猫」が入っている箱を実際に開けるようなものです。このような現代医学は,患者とまたそれを提供している医師にとって「ほんとうの第三者の審級」として絶対的に君臨することはありません。どんな名医であっても原理的には「ほんとうの第三者の審級」の視点を提供できないのです。
「人は永遠に生きることはできない」という事実はすべての人間が共有している考えだとぼくは思いますが,患者はもちろん医者の中にも「人は永遠に生きることができる」という妄想というか言葉が悪ければ根拠のない希望を抱くものがあることが現代医療の抱えている根本問題の一つだとぼくは考えています。しかし同時にそのような希望を持つことは間違ってはいません。だからこそ現代医療の抱える問題が単純な処方では解くことのできないアポリアなのでしょう。
また医療はリアルな臨床の行為で有りその問題点をある視点から考えたと言っても実際に存在する問題が解ける訳ではありません。このような事情を無視した「安全管理室」的な発想が医療現場を蹂躙しつつあることに憤りを感じますー今日はこれが言いたいだけだったのですー。

ヘーゲルはナポレオンがイェーナに入場する姿をみて「世界精神が馬に乗って通る」と言ったそうですが,確かにこのような時代にはある種の「独裁者」が人心をつかむ局面があると思います。よいか悪いかはぼくは知りません。

R0012160

2-hydroxyglutarate detection by magnetic resonance spectroscopy in IDH-mutated patients with gliomas

Nature Medicine (2012) doi:10.1038/nm.2682

これすごいですよ。

社会は絶えず夢を見ている


PDF

北野病院麻酔科創立50周年の会

On 2011/10/30 日曜日, in books, Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

土曜日の夕方大阪駅のホテルで以前勤めていた北野病院の麻酔科の50周年の会があって参加しました。
公式の文書では50年前の10/10に武下浩先生が京大から赴任されて麻酔科が創設されたのだそうです。現在の足立先生は4代目の部長となります。

麻酔科関連や外科医の先生方,看護師さんで80人くらいの盛会となりました。

ぼくも2002年から2005年まで勤務した病院OBです。
現在の病院とは別の保育園などが入った旧病院の建物を利用して研究室がありそこの旧手術室跡がぼくらの研究室でした。大学院生4人とぼくを入れて5人に足立先生が研究チームでした。幸い研究費も毎年きちんと取得できて北野病院時代はこれだけの人数だったにも関わらず研究室が運営できました。大学にいなくとも研究は継続できるものだとその時に解りました。

先生方とは学会とかで会う機会もあるのですが当時手術室にいた看護師さん方と会えて懐かしかったです。K口大先生とも会えました。余り太っていなかったです。

http://farm7.static.flickr.com/6047/6293882094_bf7e8988e0_m.jpg

社会学者の大澤真幸さんの大澤真幸THINKING「O」第10号記念号を読みました。

特集は「3・11後の日本経済」

巻頭の「原発はノンアルコール・ビールか?」は原発はもう止めろという主張をユダヤ・キリスト教の歴史やあの「江夏の21球」のエピソードに仮託して展開するものでなかなか面白い論考です。

この「大澤真幸THINKING「O」」シリーズは毎号なかなか読み応えのある論文や対談が出ていて価値があると思います。創刊号から全部読んでいます。

http://farm7.static.flickr.com/6111/6293890314_b6663ae71b_m.jpg

また時間ができたので「日本のデザイン――美意識がつくる未来 (岩波新書)
を読みました。 岩波書店のPR誌「図書」での連載をまとめたものです。政治的や経済的な観点はほとんど無い一種のmanifestoですがすばらしいと思います。同じ著者の「デザインのデザイン
」と合わせて読むとよいと思います。


PDF

夢ー真実ー覚醒

On 2011/5/29 日曜日, in book, by bodyhacker

降りますね。梅雨というより台風の雨なのでしょうか。その意味ではすでに梅雨開け前の気候体制になっているとも言えます。

この雨の中上手く立ち回り昨日の朝から一回も傘を使っていません。雨は大好きです。自分が濡れたり、雨漏りしたりするのが嫌いなだけです。

社会は絶えず夢を見ている
を読了しました。

「あとがき」で触れられていますがこれは3/11以前に行われた「講義」というかセミナーを元にしたものだそうなのですが、不気味な位に「現在」を描き出していると言えます。

原子力発電所をめぐる一連の出来事に「科学」,「科学者」が演じた滑稽な役回りも見事にすでに分析されています。
現代医療に置いて医師、医学者が果たしている役割もこれと似たようなものだとおもいます。

この本はこの半年位に出版された大澤さんの著作の中でも難読だと感じましたが読む価値は十分あります。

余りにも予言めいた内容をはらんでいる故これから新聞書評で取り上げられる機会も増えて行くのではないでしょうか。この後もこの講義録の出版が続くそうで楽しみです。

「あとがき」の一部はネットで読むことが出来ます。
録画してあったテレビ番組をまとめて観ました。(参照)

NHKの新日本風土記シリーズの「京都 色いろ」を皮切りに今日と関連の番組を3時間分くらい片付けました。京都に25年位関わっていますがもっと深く観て見たいと思いました。

昨日の病院の帰りに大阪ステーションシティシネマで「black swan」観ました。
ガラガラでした。Natalie Portmanはそもそもああいうキャラなのかも知れないと思いました。

Posted from my iPad


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License