「匹夫不可奪志」

On 2011/9/18 日曜日, in book, books, Lifehacking, by bodyhacker

暑いです。

映画館に久々に出かけました。
観たのは「蛍火の杜へ」でした。
立ち見がでるほど大当たりーといっても映画館が小さいのですけどーです。
「うさぎドロップス」自分では観る予定だったのですが家内に反対されました。

見終わってロフトでほぼ日手帳の refilleを入手。今年はカバーを新調するのはやめました。

そのままMARUZEN&ジュンク堂書店へ。
書店に来たのも久しぶりです。
リトル・ピープルの時代
立ち読みしたら面白かったので買いました。
すごく腑に落ちる視点だと思いました。時間を見つけて読んだ方が良いと思います。
大きな「物語」が否定というか破壊とか「精神的な囲い込み」とかのキーワードに代表される時代精神って確実に医者の振る舞いにも影響しているね。

気になっていた「モレスキン 人生を入れる61の使い方」も読んでみました。これって要するに「ほぼ日手帳公式ガイドブック2012 どの日も、どの日も、大切な日。」のmoleskine版ですよね。

その後HERBIS PLAZA ENT のソニーストアで新発売のtablet端末を触ってきました。なんというかこれは微妙ですね。 “Reader”も入っているといってもあれではな〜。

iTunes Storeで村上龍メールマガジン「JMM」で連載中の冷泉彰彦さんの「from 911/USA レポート」をまとめたものが,iTunes Storeで電子書籍アプリとして売っています。
これ留学中から毎週読んでいますが,それを全部では無いけどまとめたものがたったの350円で読めてしまうわけです。
ブッシュ大統領によるトマホークミサイルによるアフガニスタン爆撃開始のアナウンスも自動車を運転中,高速道路への入るところで,ラジオからリアルタイムで聞いた記憶も思い出しました。
まとめて全部読むと感慨深いです。iPadでよかったです。

小林秀雄に「匹夫不可奪志」という文章があります。
1941年に雑誌「文学界」に掲載された評論というか随筆です。

大変短くどんなにゆっくり読んでも10分で読み終わりますので折に触れて何度も読み返します。
小林秀雄全作品〈14〉無常という事」の冒頭に収録されています。
文庫本にもなっていてこれは「Xへの手紙・私小説論」に収録されています。

論語の一節
子曰、三軍可奪帥也、匹夫不可奪志也。(子曰わく、三軍(さんぐん)も帥(すい)を奪うべきなり。匹夫(ひっぷ)も志しを奪うべからざるなり。)をネタにしたものです。
「三軍の大軍であっても元帥(大将)を捕縛してその指揮権を奪うことができる。しかし、1人の人民でもその意志を強引に奪い取ることはできない」という意味だそうですが小林秀雄はそう素直には解釈しないのです。

「君子の志すところと、匹夫の志すところとは、無論大変違いがあると考えていいが、匹夫の志でも、志である以上、奪うことは出来ない。これは非常に困った事であるが、虚心に人生に接すれば、まさしくそういうものである。
自分は悧巧だと己惚れたり、あの男は悧巧だと感心してみたりしているが、悧巧というのは馬鹿との或る関係に過ぎず、馬鹿と比べてみなければ、悧巧にはなれない。実につまらぬ話であるが、だんだんと自分と周囲に見付かる馬鹿の人数を増やすというやり方、実に芸のないやり方だが、ただそういうやり方一つで世人はせっせと悧巧になる

「どうも、余り解り切った平凡な事と思われるせいもあろうし、第一ぶつぶつ言う声が甚だ低音であるせいもあって、経験というものを、何かの為にする手段とか、何かに利用する道具とか思い勝ちな人には聞こえにくいのであるが、それは兎も角、いずれにせよ、経験の方では、ぶつぶつ言うのを決して止めない。それに耳を傾けていさえすれば、経験派にも先験派にもなる必要はない。この教訓は単一だが、深さはいくらでも増して行く様である。そして、あの世界がだんだんとよく見えて来る、あの困った世界が。それぞれの馬鹿はそれぞれ馬鹿なりに完全な、どうしようもない世界が。困った世界だが、信ずるに足りる唯一の世界だ。そういう世界だけが、はっきりと見えて来て、他の世界が消えて了って、はじめて捨てようとしなくても人は己を捨てる事が出来るのだろう。志を立てようとしなくても志は立つのだろうと思える。それまでは、空想の世界にいるのである。上等な空想であろうと下等な空想であろうと。それまでは、匹夫不可奪志也と言った人が立てた志はわかろう筈もないのである。」

こんなことがずらずら書いてるのですが自分の置かれている状況がそのたびに違うので自分でも一様に解釈出来ないのです。
よくよく考えると何が言いたいのか解らないけど読む度に何か解った様に思えるのは「当麻」「無常ということ」「徒然草」も同じです。
これ全部40歳の時の文章ですからね。

リトル・ピープルの時代
Xへの手紙・私小説論 (新潮文庫)

ちょっと早起きして結構仕事片付けました。原稿を読み込んでコメントを書いてく行く仕事です。火曜日に一斉に返事させてください。


PDF
Tagged with:  

軽くなったiPad2は大歓迎

On 2011/5/1 日曜日, in books, by bodyhacker

金曜日に心斎橋のApple StoreでiPad2を触ってきました。薄いのでのですがその前に「軽い」ということが第一印象として残りました。
発売同日の予約ができずにすで出遅れてしまったので少しじっくり考えて買おうと思っています。

iPadは,現在,映画の再生機,電子書籍のリーダーとして主に使用しています。
この観点からは軽くなったのは大歓迎です。
特に電子書籍のリーダーとして使う場合,iPadの何が問題かというとぼくとしてはその重さでした。寝転がって使う場合には仰向けになって読もうと思うも両手で支えないと無理なのです。
その意味では601gとなったiPad2には期待しています。かなり改善するかもしれません。

でもKindleが 241g, ソニーのReaderが215gです。その汎用性ゆえiPad2はまだまだ重くなっています。
結局いろいろと考えるのであればKindleを一台手に入れる方が良いのかもしれません。本体だけなら$139です。

またiPadを電子書籍のリーダーとして使う場合のもう一つの問題点は眼が疲れると言うことです。これはcomputer上でKindleを使って読む場合でも事情は同じです。KindleのE InkやReaderの電子ペーパーの方が読みやすそうです。
文字列を読むという点では,紙でも電子デバイスでもどちらでもかまわないのですが眼に優しいという要素はすごく重要だと思います。
その他に電子書籍のリーダーに求めたいのはページ送りのキューが音声でできるようにしてほしいということです。「次」とか発声するとページが進んだり,「戻る」とかいうとページが戻ったりの機能をつけてほしいと思いますー実はぼくが知らないだけでできるのかもしれませんがー。要するに手を使わなくてもよいようにしてほしいのです。

Apple Storeの帰りに紀伊國屋で鬼束ちひろの”自伝的エッセー”月の破片を買って電車の中とスターバックスで読み切りました。宇多田ヒカルの点―ten―などに比較して内容が希薄だと思います。
彼女の場合,生きてエッセーを書いているという事実が重要なのかもしれません。
そもそもインタビューでもあまり気の利いたことは言わないのでエッセーもこんなものなのかもしれません。

自宅最寄りの駅にスターバックスがあり,仕事をするときは10分歩いて出かけます。禁煙だし集中できます。観ているとかなり長居している人もいますが,コーヒーを飲みきればすぐに出て行く人の方が多く,それでなんとか辻褄があっているのでしょうね。
でもあの店もう少し広くしてソファーの席なども作った方が良いですよ絶対に。


PDF

電子書籍を作ってみる

On 2010/9/7 火曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

数多くの電子書籍が出版されてきています。

自分で作ってみるということは考えてもいなかったのですがApple社のMacで動くワードプロセッサーPagesには文章を ePub形式で出力する機能が内蔵されています。これを用いて手持ちの職場で配っている麻酔マニュアルの”電子書籍”化を試みてみました。
iBookで見てみると、意外と読みやすいのでびっくりしました。

縦横で改行がうまくいかなかったりページが途中で切り替わったりと出力に少し工夫が必要なのだということは分かりました。
少し工夫して幾つかつくってみようと思います。

台風が近づいているようです。

京都でも夕方雨が少し降りました。

IMG_0747


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License