麻酔科医は気楽な商売か !?

On 2015/7/20 月曜日, in hypoxia reseacrh, by bodyhacker

梅雨明け

関西も今日梅雨明けとなりました。

日差しはかなり強かったのですが朝のうちに校舎に入り冷房が効いた部屋にいたので暑さを実感することはありませんでした。

すべての写真-2469

「海の日」で休日だったので大学は閑散としていました。

研究室ではなぜか年寄り三人が実験をしているという妙な状況でした。

気分的に余裕をもって実験もできたしデスクワークもできました。

某プロジェクトもいよいよと佳境に入ってきました。あんなに単純な実験でこれほど面白い結果が得られるとは思っていませんでした。

IMG_7471


麻酔科医は気楽な商売か

ある病院の 麻酔科医師は病院の副院長、平成19年8月11日(当時53歳)に脳出血を発症し遷延性意識障害となり寝たきり状態が続いている。原告は、安全配慮義務違反を理由とする債務不履行及び不法行為、また使用者責任に基づいて損害賠償を求めている。

当時の病院の状況、「○○市の中核的な医療施設」で「広範な地域の救急に対応している病院」、ベッド数199床、医師数78名(常勤19名、非常勤59名)、麻酔科医師体制は常勤1名(原告のみ)及び非常勤3名、手術件数115件(月平均)

と要約される訴訟が本人と妻を原告として病院法人などを被告とした訴訟があり 「麻酔科医師労災訴訟を支援する会」というものが結成され支援していたところ最近その判決があったのであるがその判決が問題をはらんでいるということで全国80大学の麻酔科に支援を要請したという話があります。

確かに職場(大学病院です)にも書類が届いていました。

 

判決の要旨はここから読めます。 「麻酔科医師労災訴訟を支援する会」による要約ですのでバイアスがあるのかもしれません。

手術件数115件(月平均)の手術件数ということで火曜日、木曜日及び金曜日の手術日とすれば一日に10件弱の手術麻酔がこの病院で行われていたことになります。非常勤医師が3名ということですがどのような勤務だったのか不明なのですが各手術日に一人として全て麻酔科医が関与する手術だったと仮定すれば麻酔科医二人でその10件弱の麻酔を担当していたことになるのでしょうか。これをもって加重な勤務といえるかどうかは手術の種類にも依るので議論の対象外としたいと思います。(一日5件を週に三日間一人で担当していたとすればどのような体制でも結構な麻酔量だとは思います)

それよりも問題だと多くの麻酔科医に思われているのは判決の理由にある「手術中も容態が安定している患者であれば、麻酔科医は椅子にすわって本を読んだり、休憩のために中座することが可能であり、また、麻酔の方法もほとんど定められた方法を実施すれば足り、手術中、高度の精神的緊張を終始強いられるわけではない。」という認定の部分だと思います。

文脈上特定の麻酔科医つまり原告についてだけでなく一般に麻酔科医の業務についてこのように認定しているのだと思われるのです。

これはひどいだろうという訳です。

 

患者の「容態が安定している」場合にはそのような事が可能であることは否定しません。また高度の精神的な緊張をどのようなものと捉えるかですが麻酔科医が常に高度の精神的な緊張を強いられているかというとそうでもない場合もあることも否定しません。しかしこの言い方はひどいとぼくも思います。

一日10時間以上手術室に滞在してみたらどれほどのストレスがかかっているか解ると思います。そもそもあんな環境に一日中とか一晩中存在するだけでぐったりしますよ。

原告は控訴するとのことです。今後どうなっていくのかには関心があります。

IMG_7465


本を何冊か紹介します。

Life’s Greatest Secret: The Race to Crack the Genetic Code

まだ1/3位しか進んでいません。WatsonのDouble Helixの後の時代を活写した書物です。

WatsonのDouble Helixは明らかに彼の回想ですがこっちは歴史的な裏付けがあります。これは大きな違いだと思います。

おそらく日本語訳が登場すると思います。それくらいの良書と思います(1/3しか読んでいませんけど)。

Life's Greatest Secret: The Race to Crack the Genetic Code

 

二冊目は「日本語の活かし方」

著者は横浜で国語塾を開いている方です。

日本語を使いこなす技術書です。

「書く」ための言語技術

「読む」ための言語技術

「話す・聞く」ための言語技術

の順番で17の「技術」が解説されています。 特に「話す・聞く」ための言語技術の章は目新しく実践的だと感じました。

 

一冊840円です。読んでみる価値は十分あります。

日本語の活かし方 (星海社新書)

 

すべての写真-1119

 

 もっと書くことがあったはずなのですが書き癖が治ってしまいこれくらいでギブアップです。

 

 


PDF
Tagged with:  

論理的な文章を書くために 

On 2013/4/28 日曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

職場を異動して一ヶ月が経ちました。 引っ越し荷物を開けて並べ直して細胞培養もできるようになりました。 ゴールデンウィーク明けからいろんなことを始めたいと思います。

腰部の硬膜外カテーテル留置、TAP blockなどこの数年自分ではあまりしてこなかった麻酔手技もどんどん再開しています。

カメラロール-3338

 

 論理的な文章を書くために

作文術の本は結構読んでいます。その割りには全然上達していないような気もしますが目にとまれば読みます。 最近「数学文章作法 基礎編」を読みました。 「数学ガール」シリーズの結城浩氏の著作です。 「説明文を書く人ならどなたにも役立つ内容」になって、 論理的な文章を書く必要のある人は一読する価値があると思います。

今まで「日本語作文術」と「英語流の説得力をもつ日本語文章の書き方」を薦めてきましたが本書はそれに匹敵する読んで損はない一冊だと云えます。

カメラロール-3331

 

麻酔科医が読む本

先週東京での呼吸器学会に出席した折に泊めてもらったホテルの下の丸の内オアゾで丸善で医学書を物色する機会がありました。

すごくたくさん新刊書が出ているのですね。ある意味定まった「こと」・「もの」について毎月おびただしい本が出ていることになります。医者の人数を考えれば比較的には驚異的な数です。すごい競争率です。

前回も紹介した呼吸生理学の本(参照)の他に麻酔の本も見つけました。

こちらは重そうだったので東京にいる間にamazonで注文したら帰宅したら到着していました。

 

The Anesthesia Guide“という本です。

薄い紙に文字と図表が詰まっているずっしりと重いハンドブックタイプの本になっています。

編者は二人の若い(たぶん)麻酔科医ですが13パートに分かれていてチャプターは223で構成されていて各項目はそれぞれの担当者によって執筆されています。 ます。

PART I. Preoperative

PART II. Coexisting Disease

PART III. Monitoring

PART IV. General Anesthesia

PART V. Specific Procedures

PART VI. Cardiovascular and Thoracic

PART VII. Neuroanesthesia / Neurocritical Care

PART VIII. Regional

PART IX. Acute Pain (Postoperative)

PART X. Pediatrics

PART XI. Obstetrics

PART XII. Critical Care

PART XIII. Rapid Reference

パートは以上の通りです。これは普通ですね。

 

61 Intraoperative Events

62 Postoperative Complications

69 Common PACU Problems; PACU Discharge Criteria

これらの三つのChapterはこの本の特徴をよくあらわしていると思います。 手術中・手術後に起こりそうなイベントがあり得ないほど詳しくただ淡々と記載されています。 この本とにかくものごとが網羅的に端々と記載されているのです。その意味では研修医向けでは絶対にありません。

末梢神経ブロックも以下の通りに結構網羅的です。ちょっと確認するのに便利です。これだけのブロックの全てを記憶にとどめておくことは不可能です。

130 Cervical Plexus Blocks

131 Brachial Plexus

132 Upper Limb Dermatomes, Myotomes, Sclerotomes

133 Interscalene Block

134 Supraclavicular Block

135 Infraclavicular Blocks

136 Axillary Block

137 Branch Blocks at the Elbow and the Wrist

138 Digital Blocks

139 Lumbosacral Plexus

140 Lower Limb Dermatomes, Myotomes, Sclerotomes

141 Psoas Compartment (Posterior Lumbar Plexus) Block

142 Femoral Nerve Block, FasciaIliaca Compartment Block (FICB)

143 Lateral Femoral Cutaneous Nerve Block

144 Obturator Nerve Block

145 Saphenous Nerve Blocks

146 Proximal Sciatic Blocks

147 Popliteal Blocks

148 Ankle Block

149 Thoracic Paravertebral Blocks

150 Intercostal Nerve Blocks

151 Innervation of the Abdominal Wall and Viscera

152 Transversus Abdominis Plane (TAP) Block; Ilioinguinal and Iliohypogastric Blocks

153 Regional Analgesia for Abdominal Surgery

154 Infiltration Analgesia for Lower Limb Arthroplasty

155 Superficial Blocks of the Face

要するに一冊もって身近におくとなんでも「とりあえず」調べ出すことができるというような本なのです。

極めつけはこのChaptorです

221 Commonly Used Phrases in the Operating Room

手術室で使う一般的なphrase(「目を明けてください」とか「手を握ってください」、とか)が各国語(正し日本語はありません)で記載されています。

ちょうどあるブログで紹介されてもいました。

どうなんでしょうか日本語に訳すと結構間抜けな感じになってしまいそうです。とにかく翻訳本には興味はありません。

Kindle版もあるそうです。手術室に電子デバイスを持ち込む習慣がぼくにはないのでこっちは持っていません。

この本のHPも存在してreferenceなどは全てここから参照するようになっています。サンプルもあります。興味があればいくつか読んでからどうぞ。

カメラロール-3333

 

iPad mini

関西医大の研修医の全員(現在のところのサンプル数は4)はiPad miniを持っています。いろんな教科書や参考書(まさに国試の参考書であって教科書とはちょっとちがう)が詰まっているのだそうです。見せてもらいました。

スマホもiPhoneがmajorityです。今回一人だけいる研修医くんだけがドコモのスマホを持っていました。理由はぼくには不明です。

 

カメラロール-3341

 


PDF
Tagged with:  

公平感など微塵もないのだが

On 2010/9/9 木曜日, in Thus Spoke Dr. Hypoxia, by bodyhacker

台風一過で昨晩、今朝はかなり涼しかったのですが日が高くなると結局逆戻りしてしまいましたね。彼岸まであと二週間ほどこれが続くのでしょうか。

IMG_0732

少し前に買っておいた

競争と公平感―市場経済の本当のメリット
を読了しました。
かなり頻回に新聞の書評欄などでも取り上げられた本です。

例えば読売新聞では”「市場嫌い」はなぜ?”において

本書は、現在の日本が直面している、さまざまな経済問題に対し、経済学における最新の成果を用いて答えようとする書物である。説明は分かりやすく、裏づけとなるデータや理論の信頼性も高い。経済学の先端知識と思考方法を身につけたいと思う人にとって、最良の手引書といえよう。

と評されています。

確かに解りやすいという印象はあります。

第三章は「III 働きやすさを考える」は、

・競争と公平感は私たちの働く環境にどのような影響を与えているか?

・働きやすい環境を作るポイントとは何か?

が語られます。
しかしここで示唆される解決法は医療業界とりわけ医者の世界では有効な解決法とはならないような気がしました。

労働時間についてもそもそも医者の働き方に製造ラインで働く労働者と同じ規則で規定するのは無理があるし、昼間のうちinternetに興じていても夜回診に付き合えばそのまでは超過勤務となるような素地は多いです。時間の遅い方は強調されても早い時間の出勤はその人の趣味ということにされます。どの診療科でも基本的には同じ給与体系で働いているなどとても働き手にとって”公平”に設計されていないと思います。

正社員と非正規社員の収入格差についても医者の世界では巷と真逆です。麻酔科医は、どんな働き方をしても非常勤医師として働くことが、常勤医師として働くより数倍効率的で、そのモードで働いている麻酔科医は、労働時間が長くて愚痴をいう人はいても文句は言いいません。でも明示的にサービス残業を強いる病院がたまにあってそれはそれで驚きです。

それでも大学で働き続けるのはなぜなのだろうかと考えるのだが多分ハッキリとは自分でも説明できないのです。
公平感など微塵もない職場なのだがな…何でかな〜

競争と公平感―市場経済の本当のメリット (中公新書)

ちょっと前に投稿していた症例報告は少し直せばよいだけらしい。まあ当然かな。かなり教訓的な症例だしな。

やれやれ、などと言っている場合でなく今月は次から次へと片付けていかないとな。


PDF
Tagged with:  
madeonamac.gif Creative Commons License